サウンドハウスでBLACK FRIDAYセール中!

SSL2とSSL9000コンソールのマイクプリアンプの音質を比べてみた!音源あり

SSL2 VS SSL9000!実機とラインアンプの音質を比べてみた【スタンドアローン】の続きです。

前回の記事ではSSL2とSSL9000のラインアンプの音質を聴き比べてみました。

値段を超えた音に、流石SSLとニンマリでした(((༼•̫͡•༽))) 

-スタンドアローンで使用可能-

SSL2はオーディオインターフェースですが、単体のマイクプリ/ラインアンプとしても使用できます

使い方はこちらの記事内に詳しく書いてあります。

ということで今回はマイクプリアンプの音質を調査☚(꒪ټ꒪☚) 

SSL2にハマりすぎて4記事目です、、、。

マイクプリアンプの音質を早速聴き比べ!

SSL2や、SSL9000については別記事で書き過ぎたので省かせていただきます!

-SSL9000のマイクプリ-

早速ですが、録音したファイルを聴き比べてみましょう╰(◉ᾥ◉)╯!

それぞれオーディオインターフェースはUA APOLLO Xです。

 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO X6 サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO X6 サウンドハウス

マイクはノイマン M149。

録音した音源はアコギを2トラック

パンで左右に振っています。

リズムはLOGIC Xの付属ループ。

コンプやEQのプラグイン類は一切かけず、フェーダーでの音量調整のみです。

SSL2には4KスイッチというSSL4000コンソールの音色を再現できるボタンがあるので、それをポチったverも録音しました。

それでは!

SSL2 マイクプリアンプ + UA APOLLO X

SSL2 4K マイクプリアンプ + UA APOLLO X

SSL9000 マイクプリアンプ + UA APOLLO X

聴いた感想1

SSL2と9000の音色は、とてもよく似た音色です(´⊙౪⊙)۶!!

SSLがマイクプリアンプを作ると、やっぱりこういう音の傾向になるんですね〜。

試しに、APOLLO Xに内蔵のマイクプリアンプを聴いてみるとこうです。

UA APOLLO X 内蔵マイクプリ

以前作ったファイルなので、音量バランスが違く申し訳ございません、、、。

どうやらどこかで音を上げてまとめてしまっていたようです(汗)あれ

音量調整してお聴きいただけたら幸いでございます、、、。

とはいえ、音量抜きにしても音色は全く違いますね。

APOLLOの標準プリはなんかモワッとしてます。

低音が充実しているとも言えますが。

ただAPOLLO Xはプラグインをかけどりするのが本来の使い方(UNISON機能)!

ということで、一応ユニゾン機能を使った時のファイルも並べてみます!

UA APOLLO X +API UNISON

UA APOLLO X +NEVE1073 UNISON

聴いた感想2

こうやって聴き比べると、SSLのマイクプリアンプを使った方が音がくっきりするというのが分かりますね、、。

太さもありつつ、キラキラする感じ。

録音した日が違うので、マイキングが微妙に違ったり、ピッキングのノリが違うのも影響していると思いますけども!

やっぱりマイクプリアンプは、ハード単体で使った方が有利?ということかもしれません。

UNISON機能もすごく便利なんですけどね。

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SSL2  サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SSL2 サウンドハウス

それにしてもSSL2はマイクプリアンプもいい音だなあと思いました。

SSL9000のマイクプリとほぼ音も変わらないですしね。

9000の方が若干ふくよかで枯れたような渋さを感じるくらい(気のせいかも笑)

【DTM】ハード機材とプラグインの違いについて10年目の雑感【アウトボード】

まとめ

SSL9000や4000は過去のレジェンドマシンなので、なかなか現物を手に入れることが難しいです。

さらに、高価な上そのままだと使えない(自分でDIY配線しないといけない)状態で売られていることもしばしば。

そういう点も踏まえると、現行品のSSL2は信じられないくらいリーズナブルです。

オーディオインターフェースとしてだけでなく、マイクプリアンプやラインアンプとしても、十分買う価値があるんじゃないでしょうか。

いい買い物でした(;´༎ຶٹ༎ຶ`) !

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ