サウンドハウスでBLACK FRIDAYセール中!

ANTELOPE Discrete Synergy Coreの微妙なところ?について【続・レビュー】

ANTELOPE AUDIO Discrete 8 Synergy Coreを導入して数日経過。

-ラッキング完了!-

とりあえず毎日いじって触っております(´⊙౪⊙)۶

前回のレビューANTELOPE AUDIO Discrete 8 Synergy Core導入レビュー!比較音源ありで書ききれなかったこと。

そして初回インプレッションで少し微妙だと思っていた所、よくわかっていなかったことについて、色々と変化があったので追記レビューです!

やっぱり音、すんごく良かったです(泣)

ええ、音すごく良いですね(笑)

前回のレビューで、私は以下のようなことを書いておりました。

あくまで個人的にですが、僕はApollo Xの方が音の鳴り方好きですね。

音源ごとのカラーの違いもわかりやすく感じます。

古い曲は古い質感に、新しい曲は新しい時代の音にちゃんと聴こえます。

Discrete8は色の付き方が強いのか?どの音源も近い質感に聴こえてしまう気が。

僕は古いハード機材がとても好きなので、ヴィンテージな質感の聴き分けには結構こだわってしまいます、、。

そういう聴き方をすると、Discrete8は独自の色が付き過ぎかも?

とても良い音ですけどね!

好みはAPOLLOかなあ。 記事URL

はい、すみませんでした。

耳が慣れたらとても聞きやすく、すごく素敵な音だとおもいました〜(;´༎ຶД༎ຶ`) 

Discrete  Synergy Coreは上品で解像度が高いのに、柔らかくまた爽やかさがある音

スッキリめ、そして音の情感もちゃんと鳴らしてくれます。

もちろんAPOLLO Xも相変わらず素晴らしいと思いますし、甲乙つけ難いクオリティーを持っているのは間違いありません。

ただ、Discrete  Synergy Coreもとても聴きやすく感じられるようになってきました。

僕の慣れですね。

元記事にも追記させていただきた存じ上げます。

ANTELOPE AUDIO Discrete 8 Synergy Core導入レビュー!比較音源あり【Discrete4】

電源ボタンがないのが不思議だったけど

Discrete  Synergy Coreには、なぜか電源ボタンがなく。

一体どこで電源切るんだ?

と、使用当初思っていました。

-物理的な電源スイッチがない-

「これはまさか、、安いオーディオインターフェースに良くあるケーブル直で抜き差しパターンか、、?」

なんて失礼なことを考えておりましたが、スイッチちゃんと切れました。

-ソフトの左上に電源ボタンがある-

なんとソフト側で電源操作するという仕様。予想外。

もしくは本体のファンクションボタンを長押しして、電源OFFの画面にアクセスするという!僕にとって初めての体験。

-ボタン長押しでメニューにアクセス-

電源ボタンがちゃんとあってホッとしました

とはいえ、主電源を元から切るわけではなく、あくまでスタンバイ状態にするよう。

PCのスリープと一緒ですね。

完全に電源OFFにするには、アダプターを抜かないといけないようです。

Synergy Coreと前機種の違いは何なのか?

Discreteシリーズは2019年にDiscrete Synergy Coreにアップデートしました。

 ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Discrete 8 Synergy Core サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Discrete 8 Synergy Core サウンドハウス

その前までは普通にDiscrete8やDiscrete4という名前で販売されていました。

見た目はそっくり

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Discrete 8 サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO ( アンテロープオーディオ ) / Discrete 8 サウンドハウス

どこが変わったのか?というと。

Synergy Coreへアップデートの際、内蔵DSPが追加されたようです。しかも2つ。

それまではFPGAというチップのみでプラグインの処理を行っていたよう。

FPGAのみでもこれまで約60種類のANTELOPE製のプラグインが使えましたが、どうやらディレイやコーラスのような処理はDSPじゃないと難しいらしく。

細かい技術的なことはわかりませんが、FPGAとDSPのハイブリッドインターフェースへ進化!

今後Synergy Coreでのみ使えるプラグインが増えていく?

アップデートがあったということで期待されているのが、今後増えるプラグイン

DSPを追加搭載したことで、Synergy Coreでのみ使えるプラグインが追加されるのでは?と言われています。

僕も、ここに希望をかけています!頼みますよANTELOPEさん!

そして、利用できるプラグインの数が削られた

旧機種Discreteの時には無償で使えていた50種類以上のプラグインが、アップデートにともない36種類のみの使用に制限されました

何でやねーん(;´༎ຶٹ༎ຶ`) !と言いたい所ですが。

その代わり本体の販売価格は下がっています

より手が出しやすくなったのは嬉しいポイント。

制限がかかってしまったプラグインは、必要であれば後からストアで買い足す方式に。

気にやるやつは好みで追加しましょう〜

ANTELOPEプラグインはDAWでは使えない?

Universal Audioと同じように、DAWでANTELOPEプラグイン挿すの楽しみ〜!

なんて当たり前のように思っていたのですが、どうやらそうは問屋がおろさず。

別途課金をしないと、DAW上では使えないんですって!!きゃー!!

AFX2DAWというソフトを買わないと×。

お値段は199ドル。高いわよ、、、!

しかも

  • macでしか使えない
  • Thunderbolt接続でしか使えない(USB接続はダメ)

という条件付き。

ANTELOPEのモデリングプラグインは基本オーディオインターフェース上で、掛けどりとして使うだけのものだったよう。

どうしてもプラグインをDAWで使いたい場合は、一度本体から音声をアウトしてイン時に掛け直すのがデフォ。リアンプ的な。

くそ面倒です。

AFX2DAWは無償で提供してほしいですねえ。

それでも僕は今、Synergy Coreに魅了されているぅ!

初めはあまり馴染めなかったSynergy Coreですが、たった数日ですっかりANTELOPE好きになりました。

とにかく音が良い

前回のレビューから手のひらを返すようですが、とても音楽的

早速音源作りにバシバシ活用していこうと思っています。

願わくば、AFX2DAWが欲しい。DAW中でもプラグインをバシバシ使いたい。

まとめ

ANTELOPE Synergy Coreシリーズについての追記でした!

コスパも最高ですし、サウンドに馴染んだ今、クオリティーにも大満足

また引き続き記事にさせていただきます!

Discrete4もサウンドや中身はDiscrete8と一緒のようなので、さらにリーズナブルに入手可能!

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 Synergy Core サウンドハウス

むしろこっちはヘッドフォンアウトが4つもあるという謎な太っ腹仕様、、、。

バンドで弦ものだけだったら「せーの」で録れそうです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ