サウンドハウスで最大ポイント20倍!4/30まで!

オーディオインターフェースで音質は大きく変わるのか?

オーディオインターフェースで音質は変わるのか(´◔౪◔)◞?

答えはYES

機種によって変わりまくります!

特にエントリークラスの製品は個性の幅が広い印象です。

当サイトでは色々な機種を触っているので断言できます。

変わります!

実際にAIFごとに録音したファイルがありますので聴き比べてみてください( ・ὢ・ )

音が変わるポイント

音が変わるポイントですが、オーディオインターフェースを変えると

  • 聴く音
  • 録る音

両方変わります。

ただし、録音に関しては生録だけ変わります。

例えばマイクで歌を録ったり、シールドを挿してギターを録ったり。

逆に、PCソフト(DAW)の中で打ち込んだ音などは機種を変えても変わりません。

当然ですが、AIFを経由した音しか変化することはありません( ・ὢ・ )!

打ち込み主体で作業を行う方は、モニターだけ変化する感じです。

音の違いがこちら

それでは実際にどう音が変わるのか?

色々な機種で録音した音源を並べてお聞きください。

マイクは全てNeumann M149を使ってます。

録音内容ですがアコギを2トラック録音して左右にパンで振ってあります。

リズムはLogic X付属ループを。

プラグインは一切挟まず、ノンEQノンコンプです。

フェーダーのみで音量調整しています。

Neumann M149導入レビュー!手持ち真空管マイクとの違いがヤバすぎ最高
音量注意!
再生音量にお気をつけください!

PRESONUS Studio 24c + M149

MOTU M2 + M149

AUDIENT evo 4 + M149

ZOOM UAC-2 + M149

KOMPLETE AUDIO 2 + M149

Focusrite Scarlett gen3 + M149

Focusrite Scarlett gen3 AIR機能on + M149

Steinberg UR22C + M149

Roland Rubix22 + M149

Yamaha AG03 + M149

SSL2 + M149

SSL2 4Kボタンon+ M149

全然違います

このように、機種ごとにかなり音が変わってきます。

録音した日が違うので、マイキングがずれている点も否めませんが、、、

それでも音は変わります。

オーディオインターフェースはどれを選べば良い?

ということで、どれを選べば良いんだ!

というのが悩みどころですよね(;´༎ຶД༎ຶ`)

非常に個人的にですが、当サイトでおすすめなのが以下3機種

MOTU M2

2万円台までで音質を追求するのならMOTU M2がおすすめです!

 MOTU M2 オーディオインターフェイス サウンドハウス

MOTU M2 オーディオインターフェイス サウンドハウス

録音も再生もこの価格帯なら一番よかったです。

ただ、長らく在庫不足なのが難点、、、。非常に人気のある商品です。

なるべく安くバランスよく高音質を求めるならM2!

個別記事はこちら。

MOTU M2のレビュー!2万円台とは思えない高品質な音に驚愕!品薄な理由に納得

PRESONUS Studio 24c

1万円台で、音質も良く、且つお得なおまけが豪華なのがPRESONUS Studio 24c。

PRESONUS ( プレソナス ) / Studio 24c  サウンドハウス

PRESONUS ( プレソナス ) / Studio 24c サウンドハウス

MOTU M2には若干音質が届かない印象ですが、それでも十分クリアでいい音です!

そしてなんと言ってもおまけについてくるソフトがすごい!

DAWソフトは

  • Studio One Artist
  • Ableton Live 10 Lite

プラグイン系は

  • ArturiaのAnalog Lab Lite
  • Brainworx bx_opto
  • Brainworx bx_rockrack V3
  • Voltage Modular Nucleu
  • Zotope Neutron Elements
  • Klanghelm SDRR2tube
  • SynthMaster – Player
  • LexiconのMPX-i Reverb
  • MäagAudio EQ2
  • Melodics
  • REPLIKA
  • Output Movement
  • SPL Attacker
  • Trophies
  • PHAT
  • Concert Grand Model D

が無料でついてきます!

特にStudio One Artistは単体購入すると1万円ほどします

 PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 5 Artist日本語版  サウンドハウス

PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 5 Artist日本語版 サウンドハウス

おまけが豪華すぎて、本体価格が狂ってる状態なんです、、、

Studio Oneを使ってみたい方ならこのAIFから入るのが非常におすすめ!

個別記事はこちらです。

PRESONUS Studio 24cの使用レビュー!この音でこの価格は安すぎる!ハイコスパAIFだった

audient EVO 4

1万円台前半でコスパが良いなと思ったのがaudient EVO4!

 AUDIENT ( オーディエント ) / evo4  サウンドハウス

AUDIENT ( オーディエント ) / evo4 サウンドハウス

デザインもおしゃれで小型で軽量!持ち運びにも便利です。

音質も良く、使い勝手が非常によかった機種。

ただ、全然メジャーではないんですよね、、、、すごく良い製品なんですけど。

世間の評判よりも品質重視!

そして、なるべくコスパ重視の方にはとてもおすすめできます!

個別記事はこちら。

audient EVO 4のレビュー!勝手に音量調整してくれるのが便利すぎた

有名な機種が出てこなかったけど、、、

SterinbergやFocusriteやYAMAHAが出てきませんでしたが、

そちらももちろん良いAIFです!

実際使ってみて良い部分がたくさんありました!

ただ、個人的には上記3機種が良かったな〜と。

あくまでご参考までに!

高級機種はさらに音が良い?

今回比較音源に出てきたのはいわゆるエントリークラスのもの中心です。

プロ用途になるとオーディオインターフェースも10万円を超えてきます。

RME Babyface Pro FS サウンドハウス

RME Babyface Pro FS サウンドハウス

音はさらに良くなるのか?というと。

さらに良くなります!これも間違いなし!

ただ、金額に見合うほど大きな変化があるのかというと、、、

ないかもしれません(´◔౪◔)◞ !

プロ機になればなるほど、微々たる違いに大金がかかるようになってきます。

これはどのジャンルでも変わらないと思います。

楽器も微々たる違いに大金払いますしね( ・ὢ・ )!

ただ、やはり値段が上がるほど、音は良くなります。

プロっぽい音を目指すならば、この違いは大きいと言えるでしょう。

まとめ

オーディオインターフェースが変われば音は変わるのか?

の記事でした!

様々な機種があるので、どれが一番ぴったりくるのか悩みますよね。。

よろしければ是非、他のレビュー記事もお読みください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ