サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

AKG C414XLSをボーカルに使った感想!Nuemann U87aiとの使い分け方など

AKG C414XLSをボーカル録音に使った感想です(´◔౪◔)◞

とにかくナチュラルでオーガニックなマイクです。

AKG特有の癖みたいなものをなぜか感じません(笑)

個人的には手持ちコンデンサーマイクの中で一番基準にしている音でもあります。

オーテク4040よりも素直な音です(`・ω・´)

AKG C414XLSとは

AKG C414XLSは、AKGコンデンサーマイクC414シリーズのナチュラル派担当です。

 AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS  サウンドハウス

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLS サウンドハウス

プロ用マイクとしては非常にリーズナブルな価格も魅力の一つ!

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLII  サウンドハウス

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLII サウンドハウス

一方、同価格帯の派手な音担当がこちらのC414XLⅡ。

見た目はそっくりですが、こちらは高域に独特の癖があります。

僕のイメージするAKGサウンドはこちらの方(´◔౪◔)◞

AKGはかなりクセのあるブランドという認識です(個人的に)

その中にあって、今回記事にするC414XLSは、びっくりするくらいナチュラルでオーガニックなサウンドにチューニングされています( ・ὢ・ )

欲しい音色によって評価が分かれるところですが、どちらも非常に人気があります。

AKG C414XLSをボーカル録音に使ってみた感想

僕はボーカリストではないのですが、コーラスをよく録音します。

また、たまに友達の歌を録音することがあります(`・ω・´)

AKGC414XLSはボーカル録音にとてもよく合うマイクです!

大体どんな声質でも良い感じにまとめてくれます。カバー範囲が非常に広い印象!

そして先ほども書きましたが、変な癖が全然なく、聴いていて心地よい音をしています。

音色は暖かさあり、ジュワッとしたジューシーさがあり、程よい肉厚感もあります。

価格以上にずっと上品な感じ( ・ὢ・ )

パンチ感はそこまでありませんが、マイクプリやコンプと組み合わせることでしっかり反応もしてくれます。

AKG C414 XLS コンデンサーマイクロホン
アーカーゲー(AKG)

個人的にはコーラスマイクで多用中

コーラス用のマイクとしては一番使っています。

メインのマイクはNeumann U87aiかM149を使うことが多いので、それと組み合わせるとC414XLSはコーラスにとてもよく合います(´⊙౪⊙)۶

LogicのFlex Pitchでコーラス(歌のハモリ)を作る方法

Neumann U87aiとの違い

ボーカル録音マイクとしてもポピュラーなNeumann U87aiとはどんな音質の違いがあるのか?

というと。

イメージ的には芯の部分はあまり変わりません。

どちらのマイクも存在感はバッチリ出てきます(`・ω・´)

主な違いは、

  • C414XLSの方が表面が柔らかい
  • U87aiの方が輪郭がはっきりしている
  • U87aiの方が若干音像が大きい
  • C414XLSの方がより自然な音

といった感じ。

2つを比較すると、U87aiはやっぱりデフォルメ感があります(いい意味で)

歌の輪郭が強調されるのもありますが、中域のパンチ感がカッコイイです( ・ὢ・ )

比べるとC414XLSは地味に感じます。が、しかし。

アコースティック系の曲などではU87aiの音は少し違和感が出ることも。

そんな時にはC414XLSの方がメインボーカル用として合ったります。

個人的にはそんな違いを感じています(`・ω・´)

C414XLⅡ的な音が欲しい時は

C414XLSではキャラが物足りない時は、C214を使っています。

C214はC414XLⅡと同じカプセルを使っているのでキャラが似ているようです。

確かに高域のクセがあります。

音抜けが欲しい、且つAKG C451Bほどシャリシャリにしたくない時に活躍中。

アコギのストローク(エアー用)でよく使います。

C414XLⅡの廉価版的ポジションですが、C214も良いですよ(`・ω・´)

10万円以下のボーカル用マイクとしてはどうか?

10万円以下で選ぶボーカル用マイクとして、AKGC414XLSは非常に良いと思います!

癖がないですし、将来的に別マイクを購入した場合、歌以外でも使える場面が多いです。

  •  コーラス用
  •  エレキのアンプ用
  •  アコギ用

など、癖がない分、どんな楽器にも流用可能です。

かといってつまらない音などではなく、癖がないながらもオーガニックな質感は非常に特徴的

ここがAKG C414XLSの大きな武器、人気の理由なのだと思います( ・ὢ・ )

AKG C414 XLS コンデンサーマイクロホン
アーカーゲー(AKG)

まとめ

AKG C414XLSをボーカル録音に使った感想でした!

文句のつけようがあまりないマイクですが、唯一のデメリットはやはり癖のない部分です。

癖好きの方には若干物足りないかもしれません(笑)

メリットであり、デメリット(`・ω・´)

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ