本日の機材セール情報!

Neumann M149導入レビュー!手持ち真空管マイクとの違いがヤバすぎ最高

ずっと欲しかった真空管マイクロフォンNeumann M 149を導入したので、実際に手持ちのマイクと比べてレビューをしてみたいと思います。

とりあえず言えるのは、本当に素晴らしいマイクということです、、。

DTMで使う分には最早これ以上のマイクはなかなかないんじゃないかと思うほど(´;Д;`)

Neumann M149のパッケージ

まずパッケージですが、

  1. マイク本体
  2. サスペンションホルダー
  3. 専用電源
  4. 電源専用のケーブル
  5. アルミケース

が付いています。

マイクは想像よりも軽かったですが、とてもしっかりとした作りで見ているだけでテンションが上がります、、、。

サスペンションはノイマンお馴染みの精巧に作られたもの。

電源はノイマン N 149という専用のパワーサプライ。

こちらも全体が黒塗りで非常にかっこいいですね。

ユニバーサル電源になっているので90〜250ボルトまで様々な国で使えるようになっています。

周波数も50/60hz対応なので、国内では関東関西地域を考えることなく使うことができます。

持ち上げた感じの重量はなかなかあります。

 

マイクと電源をつなぐ専用ケーブルは、非常に長いノイマンの純正品です。

全長は測っていませんが、広いスタジオでも端まで届いてしまうぐらいの長さです。

こんなに長いと音の劣化が少し気になってしまうところですが、そこはNeumann。

この長さでも音声信号が劣化しないように、マイク本体の回路でそこをクリアしているようです。

 

そしてアルミケースは、オレンジ白黒銀のいつものデザイン。

仮にどこかにぶつけたとしてもなかなか壊れそうにないしっかりとしたものです。

付属品の一つ一つが”フラッグシップ感”を見事に醸し出しています。

Neumann M149が作られた意図

M 149は現在ノイマンが製造している中で最も高価なラインナップ、つまりフラッグシップモデルと言える製品です。

 NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

Neumannが公にしているこのマイクの製造理念は、U47やM 49と言った同社の伝説的真空管マイクロフォンを現代に蘇らせ、プロフェッショナルな現場に最高の信頼性あるアイテムを送り込むことだそう。

つまり多くのミュージシャンが手に入れて使うというものよりも、プロフェッショナルでも限られた現場で使われることを想定とされているため、お値段もなかなかなものになっています。

しかしその信念通りというかなんというか、、、、コンシューマー向けのマイクとは一線を画す音質をしてます!

後で詳しくレビューしますが、簡易的に動作させた感じでもう本当に素晴らしいサウンド(;´༎ຶД༎ຶ`)

 

NeumannのU 47はご存知歴史にその名を刻み込んだノイマンの代表的名器ですが、そのヘッドに搭載されていたK49というマイクカプセルがM 149にも搭載されています。

-昔とあるレコスタで使わせていただいたU47-

同じマイクカプセルを使ったからと言って、伝説のビンテージマイクと同じような音色になることは当然ありませんが、ノイマンはU 47の質感をそのまま現代に持ってくるのではなく、今の僕らが使いたい音質にチューニングを合わせ新しい真空管マイクを作り上げてくれました。

かつてよく通っていたレコーディングスタジオにもM 149があり、僕も何度か使わせていただいていた時期がありましたが、そのサウンドはとても鮮烈で、ずっと忘れることができない憧れの記憶ヽ(´Д`)ノ

今回自分で手に入れてみていつものDTM環境で使ってみましたが、やはり期待を裏切らない最高のサウンドを鳴らしてくれています!

ブラボー!

U47の初期マイクカプセルについての補足

U 47やM 49に搭載されていたカプセルは K 47 や K 49と言われていますが、実は最初期に使われていたカプセルは M 7というものでした。

-取り外し可能なM7カプセル-

M 7は、U47よりも前に量産型真空管マイクとして開発され成功を収めたCMV3というイカついマイクに搭載されていたカプセルです。

Restored Telefunken Ela MZ 028/1 (Neumann CMV3A) Tube Microphone C. 1935 Vintage | eBay

CMV3はかの総統閣下も演説の壇上で使用していました(カプセルは違う物っぽいですが)

参考URL:wikipedia

M 7を改良したものが K 49や47カプセルです。

ここら辺はちょっと混乱しそうになるところですね。

ちなみにK47とM7は単一指向性。

K49とM9は無指向性だそう。

改良後も型番がそれぞれ共通していますね。

Neumann M 149の音の印象(再レビュー)

以前も記事にしたことがありましたが、その時はかつてレコスタで使わせていただいていた際の記憶を元にレビューでした(十数回使用した時の記憶)

今回自分で所持できたので、他の手持ちマイクと比べながら改めて再レビューをしてみようかなと思います。

比べたマイクその1 RODE CLASSIC

ロードのクラシックは、ロードのラインナップの中では最も高価なもので、長らく僕のメインマイクでした。

僕の手持ちは現行機のⅡではなく、初期の無印の方。

アコースティックギターの録音に長年使っていましたが、RODE製品でよくマイナスポイントとして挙げられるハイのキンキンした感じはあまり感じられないので非常に重宝します。使いやすい音です。

また歌のレコーディングだと、母音の押し出しが強いような歌い方をする男性ボーカリストの方(胸なりが強いような声)には、とてもマッチするような音質だと思っています。

こちらのマイクと M 149を今回比べてみた感じ、圧倒的に違うと思ったのは、ローとミッドの密度感、そして力強さの部分

それと音像全体の容積が M 149は圧倒的にBIGでした。

両方を比較してしまうとRODEのCLASSICの方が音がスカスカしたような感じに聞こえます(実際今まではそんなに気になっていませんでしたが)

M 149の密度感は、目が覚めるほど圧倒的。

とはいえ程よくハイ伸びしたRODEのCLASSICはコードストロークでは扱いやすいというメリットも。

これからは奏法や楽器、パートによって使い分けていくと面白そうです。

しかしクオリティーで言ってしまうと、M149の圧勝です。さすがにここまでくるとRODEは完敗、、、。

 RODE ( ロード ) / Classic II

RODE ( ロード ) / Classic II “Collectors Edition” サウンドハウス

比べたマイクその2 CMV563

もう一本、Neumann CMV 563というビンテージ真空管マイクと聴き比べてみました。

CMV 563は前述したNeumann U 47の初期に搭載されていたM 7カプセルを使うことができるビンテージマイクです。

型番からも推測できるように、CMV3の血統を受け継いでいるっぽいです。サイズが全然違いますけど(汗)

このマイクを入手したのは、なるべく安価に U 47の質感を手に入れることができないかな?という目的からでした。

CMV563の音質は、U47と完璧に同じということはありませんが、音色の方向性は非常に似ています

腰の座りぐあいと音像の広さ、U47的なカラーを確かに感じます。

若干CMV563の方が音色が暗いかもしれませんね。

 

このマイクとM149比べてみた感想ですが、アコースティックギターだったらCMV563の方が良いような場面もあるのかなあと思いました。

ただ曲調を選びます(バラード系やヴィンテージっぽい質感が合う曲だったらCMV563の方が味があって良かも!?)

その点M149はアベレージが非常に高い音

どんな曲調にも合うオールラウンダー。ロックでもヒップホップでもレゲエでも、、、。

声の録音に関してはM149の方が圧倒的にいいなと思いました。

ただこれも曲調によりけり、またマイクプリとの組み合わせでも印象は大きく変わるような気もしますね、、、( •́ ⍨ •̀)

M149はとにかくクリア、でかい、暖かい、そしてハイエンドも伸びているのに全く耳に痛くない

一番欲しいところを、欲しいままにキャプチャーしてくれます!

帯域も凸凹したところがなく、EQもほぼいじる必要がないくらい出来上がった音をしています。

CMV563も方向性違いでとても素晴らしいマイクなので、この先この二つは手放せそうにないですね。

NEUMANN CMV563 +M55K +M7 +power + cable | eBay

U47モデルの兄弟機、M147との印象の違い

U47を元に復刻されたマイクにはM149の他にも、neumann M 147というマイクがあります。

名前も見た目も、 M149よりも本家に近い形をしています。

 NEUMANN ( ノイマン ) / M147 TUBE サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / M147 TUBE サウンドハウス

僕はこちらのマイクを実際に使用したことはありませんが、以前M147を所有しているエンジニアの方にM 149との違いについて尋ねてみたところ、音のキャラクターは両者で結構違うようです。

M 147の方がよりクリアな感じで、すっきりとしているそう。

海外の掲示板などを見ていると、音の評価はM 149の方が基本的に高いようです。

というか、そもそもM 147は U 47とは全く違った音色と考えた方が良いようです。

またM 147は指向性が単一指向性のみです。

ボーカルマイクとして考えればいいのかな?

増幅部分にFETを使ったNeumann TLM49

増幅部分に真空管を使った(どうやら増幅ではなく、バッファーという情報もありますが、、、)M 149の他にも、真空管に代わってFET(トランジスタの一種)を使ったTLM49と言うコンデンサーマイクもリリースされています。

こちらはより手が届きやすい価格帯になっています。

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM49 サウンドハウス

マイクカプセルもK47カプセル(K49の単一指向性版)なので、M149と音の方向性は近いはず。

初めは僕もこちらを入手しようかなと思っていましたが、これを買うんだったらもう少し頑張って M 149を買った方が最終的に幸せになれる気がする、、、と我慢して何度か購入を見送っていました。

とはいえ、 DTMで音楽を楽しむ分には M149は、オーバースペックな気もします、、、。

僕は長らくM 149に強烈な憧れを持っていたためにそちらをゲットしましたが、 TLM49も相当評判の良いマイクですので、良いボーカルマイクを探している方は選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

現在のノイマンの社長さんも、現行品だとTLM49とM149がお気に入りのようですよ。

DTMerにとってM149は買いか?

重複しますが M 149は、DTM用途ではオーバースペックになるかもしれません。

が、ミックスがめちゃめちゃやりやすくなる気しかしません

収録した音がしっかりしていると、びっくりするぐらいEQのかかりやコンプの効きもよくなります。

どんなにミックスを頑張っても、収録した音質のせいで越えることができない壁というものはどうしても出てしまいます(今まで死ぬほど経験してきました)

M 149はそこを楽に飛び越えるための最良のアイテムとなるでしょう。

価格以上のコストパフォーマンスは間違いなく有しているマイクですこれは。

楽したい方、僕と一緒に行っちゃいましょうよ( •́ .̫ •̀ )ボソ

 NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

プロの方には是非とも試していただきたい最強マイクです!

まとめ

とにかくようやく欲しかった本物のマイクを手に入れることができました!

一生モノのアイテムになると思うので大切に使っていきたいと思います。

今度時間ができたら比較音源も作ってみたいと思います!

最後までお読みいただきありがとうございました!