サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

Neumann M 149 TUBE マイクの使用感レビュー。現代最高峰マイクの一つ、、、!

Neumannといえば、マイク界の重鎮( ・ὢ・ )!

フラッグシップモデルのM149は、U87以上にリッチな質感の最高級真空管マイクです。

現行モデルにはM147という似たタイプもありますが(U47に似ているやつ)音は別物です。

M149は、音が広くて大きくて、あなたがボーカリストだとしたら、きっと歌が歌いやすく感じるはず(´◔౪◔)◞

僕のようなイチDTMerが個人所有することは中々難しい製品、、、

ですが、過去には数え切れないほどレコスタで使用しましたので、その時の所感を書いてみます。

*2018/9/5追記。

M149をとうとう買ってしまいました!

もう一方で踏み込んだレビューはこちらです。

Neumann現行機の中では間違いなくトップレベルのクオリティー

クオリティーもすごいですが、値段も半端ないです(;´༎ຶД༎ຶ`)

 NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube    サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / M149 Tube サウンドハウス

とはいえ、Neumannのヴィンテージマイクはもっと高い!

それに比べれば安い、とも言えます(めっちゃ高いですが)

その分、現行のノイマン機種の中では、U87以上に素晴らしい音をしています。

間違いなくトップクオリティー!

M149はどんな質感なのか?

現代のハイエンドマイクには BRAUNER ( ブラウナー ) や、SONY C-800G/9X など更に高価(倍近い価格!)なアイテムもあります。

M149はそれらと比べると「ハイファイな感じではない」と言えます。

 

 BRAUNER ( ブラウナー ) / VMA  サウンドハウス

 

 

 SONY ( ソニー ) / C-800G/9X   サウンドハウス

SONY ( ソニー ) / C-800G/9X サウンドハウス

M149は解像度が高いクリア系、というより独特のカラーが強く乗っている感じ。

そして、その質感がめっちゃ気持ちいいんですよね(;´༎ຶД༎ຶ`)

少しヴィンテージな感じもありつつ、特に歌の録音ではどんなボーカリストの声も美味しくまとめてくれる印象でした。

腰も座っていますし、ハイの抜けも素晴らしい!

モニターがとてもしやすい!

そして、録音の時、返しの音が非常にしやすいマイクです( ・ὢ・ )

特に歌の録音のモニターがすごくしやすい。

故にボーカリストの方は、M149だととても良いパフォーマンスになりやすいです。

これって何よりレコーディングで重要なことですよね。

BRAUNERとM149を交互に使い比べて「どっちが歌いやすいか?」

と歌い手さんに聞くと、ほぼM149を選ぶと思います(`・ω・´)

ブラウナーは解像度が非常に高いマイクですが、慣れるまでちょっとモニターしづらい印象のマイク。

音の情報収集能力が高すぎて、モニターに違和感感じるレベルなんですよね、、すごいんですけど。

僕が知る限り、ボーカリストは皆んなM149の方が歌いやすいと言ってました(笑)

M149はモニターのしやすさまで含め、全てが高いレベルでまとまっているマイクだと思います。

最高峰真空管マイク!Brauner VM1のレビュー

ヴィンテージものよりM149を選択する方が正解かも?

ノイマンとえば、U47やU67などのヴィンテージマイクも憧れの的。

皆んな欲しいマイク、、、。

しかし、ヴィンテージもの年々購入するリスクが高くなってます。

カプセル修理ができる職人さんが年々減っていますし、もともと国内には一人二人ほどしか熟練の方がいないと聞きます。

もう引退されている可能性もあるかもしれません、結構前に聞いた話なので。

そうなると、海外に修理やメンテ以来をしないといけない、ということが増えてきます。

海外輸送、これまたリスキーな選択です。

僕もノイマンCMV563という少しマニアックなヴィンテージマイクを所有してます。

このマイクカプセルも、いつダメになってしまうかビクビクしてます。

僕が手に入れたCMV563は、運よく問題ない個体でしたが、いつ故障するかはこれまた運次第。

なるべくマイクは現行品を手に入れられた方が、2021年現在、非常に安全安心な選択かと思います。

その中でM149は、クオリティ的に最善の選択だと強く思います( ・ὢ・ )

Neumann M149導入レビュー!手持ち真空管マイクとの違いがヤバすぎ最高

U87とはどれだけ違う?

NEUMANN U87もノイマンの代表的マイク!

M149とどんな違いがあるのかというと。

どちらも最高峰のマイクであることに代わりはありませんが、やはりキャラが違います。

一番大きな違いは、

  • 真空管コンデンサーマイク
  • FET(トランジスタ)コンデンサーマイク

の部品構成、そしてカプセルの違いです。

僕の感覚としては、真空管マイクは一般的に立体感の表現に優れています

奥行きが出ます。

通常のコンデンサーマイクは、音が前に張り付くようにガッツが出るイメージ。

また、M149はU87よりも音像が大きく録音できると思います。

これはカプセルの違いから来るのかもしれません(`・ω・´)

あとM149はとてもゲインが高いマイクです。

マイクプリによっては、入力にPADを入れたくなる場合もあるほどゲインが高いです(笑)

M149の動画

M149の動画です。

 

まとめ

Neumann M 149のざっとした印象、レビューでした!

なかなか個人所有が難しい機種ですが、チャンスがあれば是非一度は試して欲しいマイクです(´◔౪◔)◞

あらゆる面で頭3つは飛び抜けてます。

M149導入後の更に細かい使用レビューはこちらに!

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ