サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

Logicで音を打ち込む方法【DTM】

Logic Proで音を打ち込む時の基本操作についてです(´◔౪◔)◞

Logicの打ち込み基本操作

Logicの打ち込みに関する基本操作について!

ソフトウェ音源トラックを立ち上げる

打ち込みをする場合は左上の「+」をクリックソフトウェア音源作成を選択します。

track

するとピンク枠のようなトラックが立ち上がります。

トラックとは

トラックは、イラレやフォトショでいうレイヤーに相当します。

楽器を描くための、一枚の透明フィルムだと思ってください( ・ὢ・ )

楽器レイヤーを重ねて音楽を構築していきます。

トラックひとつに対しては、ひとつの楽器パートを配置できます。

instrmentから楽器を読み込む

inst

トラック左にあるinstrmentをクリックして楽器を読み込みます。

instrmentでは、

  • ドラム音源
  • ベース音源
  • ピアノ音源
  • シンセの音源

などを読み込ますことができます。

syuri

クリックすると階層状にソフトウェアがでてきます。

今回仮にドラムの音を読み込んでみます。

上から2番目のDrum Kit Designerを選びます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-21-51-31

ステレオとマルチ出力が選べますが、とりあえずステレオを選択してください。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-21-51-56

すると、こんなドラムキット画面がでてきます。

試しにドラムキットにカーソルを当ててクリックしてみてください。

ドラムの音がクリックにあわせて再生されるかと思います。

結構生っぽいリアルな音です( ・ὢ・ )

ピアノロール画面を出す

次にピアノロールを呼び出します。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-21-52-22

-ピアノロール-

ピアノロールで音を打ち込んでいきます。

ウィンドウ→ピアノロールを選択してもいいですが、command ⌘ +4のショートカットキーを使うと便利です。

command ⌘ +4=ピアノロール

ピアノロールが出て来たら、鍵盤の部分をクリックしてみてください。

Drum Kit DesignerではC1にキックが配置されているので、クリックするとキックの音が鳴るはず(´◔౪◔)◞

打ち込んでみる

いよいよ打ち込み作業に入ります。

icon

画像のピンク部分に選択カーソルとペンのマークが出ていると思います。

左側がメイン、右側がサブの編集ツールです。

ここをクリックすると、色々な種類のツールが選択出来ますが、とりあえず今回はこのままで大丈夫です。

メイン⇔サブの切り替えは、command ⌘キーを押し続けると切り替わります。

とりあえず打ち込みたいので、command ⌘キーを押してカーソルをペンに切り替えます。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-2016-10-27-21-57-08

鍵盤C1の横にある黒いマス目をクリックして、ブロックを書き込みます。

このブロックが音符になります。

お疲れ様でした!これで打ち込み完了です。

Returnキー→スペースを押して、打ち込んだ音を再生させます。

どうでしょうか?リズムがこれで鳴らせたと思います。

あとはここから色々なリズムパターンを構築していくことになります。

まとめ

ドラムの打ち込み方はこちらの記事で紹介していますので、よろしければ併せてご覧ください。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ