最大30倍 ポイント還元祭中!サウンドハウスをチェック!

【オカルト?】電源で音が変わる理由を簡単な方法で説明してみます【科学?】

電源や電源ケーブルを変えたら音が良くなった!

というのを見聞きしたことがある方いらっしゃるかと思います(´◔౪◔)◞

僕もこのサイトでいくつかそんな記事を書いております。

音楽を作るにも聴くにも、音質が良いことに越したことはありません。

しかし、なぜ電源を変えると音が良くなるのか?

そもそもそんな話信じられない、、、。という方もいらっしゃると思います。

ということで、僕の中で一番腑に落ちる理屈を使い、その理由を説明させていただきます。

オカルトじみた話はなしで、なるべくわかりやすく、を目指します╰(◉ᾥ◉)╯

トランジスタの動作回路で考えると一発でわかります

電源で音が良くなったり悪くなったりする理由を考えるとき、いろんな方法があると思いますが、

僕はトランジスタの動作回路に一番わかりやすい答えがあると思ってます。

ということで、ちょっと電子回路のお話になりますがお付き合いください(((༼•̫͡•༽)))

トランジスタとは?

トランジスタには色々な使い方がありますが、ポピュラーな役目はやはり信号の増幅です。

音楽には切っても切り離せないアンプ回路にも良く使われています。

-トランジスタ-

みんな大好きOld Neveにも、アンプ部分に漏れなくトランジスタが使われています。

真空管やオペアンプといった部品もトランジスタと同じく増幅目的に使われますが、どれも根本的な動作原理は一緒なので、ここではトランジスタを中心に話を進めていきます。

音声信号を増幅する仕組み

いきなりですが、音声信号ってどうやって増幅していると思いますか?

多分こんなイメージだと思います。

手書きの汚い図で失礼します、、、。

入力から信号(声とか演奏とか)が入って、トランジスタの何かしらのパワーでその信号がそのまま増幅される

僕も部品をいじったりする以前までは漠然とこんなイメージを持ってました。

 

しかし、違うのです☚(꒪ټ꒪☚) !

 

実際はこう!

なんと入力された大元の信号はそのまま0vに流れて消えてしまいます

代わりに電源から供給される電流に乗って、信号が増幅されるのです。

つまりアンプで増幅された音声というものは、最早生の声でも演奏でもなんでもなく電源から来た電流そのもの(元の波形をコピーしたもの)とも言えるわけです。

物理的にも二つの信号(入力と出力の信号)は、離れています(絶縁されています)

もう少し詳しく知りたい方は

どうしてそんなことになるのか?

もっとしっかり教えろ!という方は、是非こちらの本をお読みください╰(◉ᾥ◉)╯

トランジスタ教科書の金字塔です。

P20〜P21にその内容がまさに記してあります。

僕もこの本のこのページを読み、

「あ、アンプの音って、電気そのものなんだ」と理解した次第であります。

出力信号が逆相になる理由もこの本を読めばしっかりわかります。

この図だと信号が逆になってるかどうかわかりませんね、、、すみません。

電気が音そのもの

以上のことから、アンプ回路を通した音は例外なく、根本の部分から電気の影響を受けざるを得ないということです。

電子回路の教科書に、もうそのまま答えが記されています。

ということは、当然電源の質によって音声の良し悪しが変わってくるのは自明の理ですよね?

電源の質がいいとは?

では、電源の質が良いとはなんでしょう?

オカルトっぽい話を一切抜きにしたら、ノイズがない電気を供給できるのが良い電源の指標と言えます。

-僕はこれを愛用中-

家庭用電源って、ほんとノイズにまみれているようで、、、、。

家庭じゃなくても、例えばライブハウスでライブをやったことがある方なら100%わかると思うんですが(リハスタでも)、

場所によってギターアンプやベースアンプに半端じゃないノイズが乗る場合がありますよね。

あれこそまさに、極端に電源がバッチイ証です。

家庭ではそこまででなくても、実に細かいチリのようなノイズが電源に混じり込んでいます。

それを除去すると音がクリアになります

これは僕も経験済み。

というわけで音質にこだわりたいDTMerやオーディオマニアが作業部屋、音楽鑑賞部屋に200Vを引く工事をしたりするのは、ノイズのない電源を愛機に供給するためなんです。

マスタリングをする商用スタジオ等は必ずそういう工事をしています。

電池が一番?

実は電池が一番音が良い、なんていう説もあります。

理由は電線を使わないので理論的にはノイズが皆無だから。

実際知り合いのエンジニアさんも試したことがあるようですが、、、、流石にちょっと引きますね╰(◉ᾥ◉)╯

オーディオマニアの方はバッテリーで音響器具を動かしたりもする??ような話を見かけたことがあります(本当かな)

う〜ん、狂気を感じます(;´༎ຶД༎ຶ`)!!

若干のオカルティックも残っている、、、

ちなみに、最新の電源が全て良いのか?というとそうでもなく。

僕はあえて古い時代に作られた電源を使っています。

-最近お気に入りのTelefunken N624-

現代の電源より、使い古されているこの手の電源の方が音が濃くなる、ように感じるんです、、、。

 

この「電源」というのもAC(交流)とDC(直流)で随分良い悪い(と言われている)の定義が変わってきますので、また別の機会に記事にさせていただきます。

直流化電源の方法でも随分音質は変わってきます、、、。

まとめ

以上僕なりの電源と音質の関連性への見解となります!

変なところあったらすみません。あくまで一意見ということで、ご参考までに。

しかし電源方向からだけでなく増幅素子の方向からも考えてみると、オカルトに見られやすいこの手の話、また少し前進するのではないでしょうか。

既出ですがトランジスタだけでなく真空管やICオペアンプも、同じような動作原理で音声増幅を行います。

本当に電源は重要ということであります。

お読みいただきありがとうございました(´◔౪◔)◞