本日の機材セール情報!

NEVE(ニーブ)系マイクプリアンプ選び完全ガイド【知って得する!】

マイクプリアンプの代表機種、世界一有名なブランドといえば。

そう。

NEVEです!

読みはニーブ。またはニーヴ。

DTMerにもプラグインなので馴染みが深いかと思います。

-UAD Neve1073-

現在Neveはコピー品、復刻品、本物をメンテナンスしてラッキングしたものなど、、、本当に様々なタイプの製品が乱立していて一見するとどれがどれだかわからないような状態でもあります。

ということで、Neve関連製品をわかりやすく分類し、さらに最もイケてるNeve系マイクプリはどれなのか!

を完全なる独自見解でご紹介させていただきますლ(´ڡ`ლ)

Neveというブランドの本性

まず、このNeveというあまりにも神聖化してしまった響き。

これは今に始まったことではなく、もう数十年も前から世界中で支持され続けています。

現在でもAMS NEVEという会社が存在し、伝説的なneve1073などの設計を基にしたリイシューマイクプリアンプを世に出し続けています。

しかし、

現在のAMS NEVEと、所謂巷で神聖化されている「NEVE」というのは別物である事実を知っておくことは今後のDTMライフを送る皆様にとってマイナスにはならないでしょう。

MEMO

現在のAMS NEVEとヴィンテージのNeveは名前こそ同じでも会社は別物!

1985年にNeveは独シーメンスグループに買収され、すでに買収されていたAMSと合併され現在のAMS Neveになりました。

AMS NEVEは現代の部品を使った復刻品ながら、ヴィンテージものに迫るお値段で「Neveモデル」を販売していたりします。

 NEVE ( ニーヴ ) / 1073DPD

NEVE ( ニーヴ ) / 1073DPD

こちらはAMS NEVEが復刻した1073のマイクプリアンプ部のもの↑

Neve 1073 Preamp + EQ with rare Vintage Marinair Transformers (icluding Octal) | eBay

本物のOld Neve1073はこっちですね↑

AMS NEVE言うなればNEVEインスパイアのマイクプリアンプを販売しているメイカーと同列みたいなものです。

MEMO2

当然プロの音楽家やエンジニアが賛辞を送っているのは、買収され合併される前のNEVE(Neve Electronics)のことです。

そんな中、NEVE系のマイクプリアンプで、現代最高峰の製品を販売しているメイカーはAURORA AUDIOとも言われています、、、。その理由は後ほど。

複雑なんです。

ですので「Neveを導入するぞ!」と思った時は、

どのNeveを導入するのか?をしっかりと認識しておくことが必要です。

Old Neve(本物)のメンテナンスされているものを入手したいのか、それともリイシュー品の新品を入手したいのか。

これを間違ってしまうと、悲惨です。

でも意外とプロのエンジニアさんでも、この違いに無頓着な方もいたりします。

いい音でとれれば問題ないということなんでしょうけどね(((༼•̫͡•༽)))

しかし、しっかりこだわりたい方や、機材を売りにしてこれからエンジニアリングをやる方の場合は、ちゃんと違いを知っておいた方がいいでしょう!

AMS NEVEの名器について

とはいえ、AMS NEVEにも最高な名器が存在していることも付け加えさせていただきます。

Neve のVシリーズと呼ばれるV1~V3、そしてVR。

-Neve VR コンソール-

参照元URL

2-Neve VR Racked Channels / Microphone Preamp, EQ, Compressor/Limiter, Filters | eBay

これは個別でラッキングされたもの。

 

このシリーズは間違いなくレジェンド機で、音も素晴らしくいいです。

日本のレコーディングスタジオでもお目にかかることが度々ありました。

今はなき一口坂スタジオにもあったはず。

いわゆるOld Neveとは全く似ていない音質ですが、僕個人としてはこちらのNeveシリーズの方が好みでした。

NEVE VR MODULE CHANNEL STRIP FOR VR CONSOLE | eBay

僕自身、実際こういうバラになったチャンネルストリップを購入して、DIYで配線を組んで使っていたこともありましたが、すごくEQもコンプも良かったですね。

昔VRのコンソールでドラムレコーディングをしてもらったことがありますが(バンド時代)その音もハイファイな方向ではないですけど、太くてかっこいい音でした。

UADのAMS NEVEについて

UADのプラグインにもAMS NEVEの卓をモデリングしたものがあり、めっちゃ使える音してます。

こちらはVRコンソールをさらに進化させたある意味AMSサウンドの完成系、88RSコンソールのチャンネルストリップです。

僕はUAD1073よりも、こっちのが好きですね!

いい音してますし、とにかく汎用性が高くて何にでも使えるのがありがたい。

AMS NEVEも素晴らしいものは素晴らしい

このように、AMS NEVEはルパートニーブさんの作ったオールドNeveとは全く設計思想が異なるのですが(例えばIC中心でアンプが設計されていたり)、 それでも素晴らしい製品を作ってきたのは間違いありません。

しかし現在では、上述のVシリーズをラックサイズ化したものなどは正式に販売されていません。

販売しているのはOld Neveの復刻品ばかり、、、。

 NEVE ( ニーヴ ) / 8051 サウンドハウス

NEVE ( ニーヴ ) / 8051 サウンドハウス

これとかも素晴らしいコンプなんでしょうけど、なぜVシリーズのものをリリースしてくれないんでしょう、、、と嘆くAMSのファンの一人であります。

というわけで、非常にわかりにくいのですが、AMS NEVEはいわゆる「NEVE」ではないということです。

そして素晴らしいコンソール時代の製品は、中古のバラ売りでしか現在ゲットすることができません。

それかUADですね。

 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD サウンドハウス

UADのAMS NEVEシリーズプラグインは出来が本当に素晴らしい!

デジタルリバーブのAMS RMX16も最高にかっこいい音してますね!

なんだかAMS信者のようですね僕。

Neve関連マイクプリアンプをリリースしているメイカーたち

AMS NEVEの他にもたくさんの機材メーカーがOld Neveに関連した製品を販売しています。

数が多い上に、オリジナルとデザインが似ているものも多いのでこれがまた非常にややこしい、、、。

初めてNeveを意識したとき、どれがどれだか全くわかりませんでした。

ということで、代表的なメーカーのものを一つづつ列挙させて行きます!

BAE(ブレントアブリル)

BAEは元々ブレントアブリルというレコーディングエンジニアが立ち上げたガレージメーカーのようなブランドでした。

初期のブレントアブリル製品は本物のOld Neve卓から抜き出したモジュールをラッキングしたものを販売していました。

つまり自身で製品を設計するというよりも、ラッキング業者のような形で営業していたんですね。

MEMO

ブレントアブリルの最大の功績は、ラインアンプだったOld Neve1272をマイクプリアンプとして転用して世に広めたことと言われています。

そのおかげで1073よりも手の届きやすい『EQなしの1073』であるマイクプリアンプとしてのNeve1272が生まれたのでした。

現在でも中古市場でのみ、本物の1073や1272をブレントアブリルがラッキングしたマイクプリアンプが高値で取引されています。

しかし、中にはブレントアブリル自身がNeve回路を元にリイシューした1073や1272も見た目そっくりで流れていたりするので注意が必要です。

Early Brent Averill Enterprises BAE 1073 Mic Pre & EQ Equalizer w/ Power Supply | eBay

これとかは、トランスを見ればわかるんですが、マリンエアではなくカーンヒルなのでリイシュー品です。

基盤の裏側もオリジナルアンプカードとは違い現代的にカクカクとしています。

値段が50万円以下のブレントアブリルはリイシューの可能性があるのでお気を付けください。

 

そして現行品で販売されているBAEブランドの製品は全てリイシュー品です。

Old Neveとはパーツが違います。設計回路を共有している製品ですね。

 BAE ( ビーエーイー ) / 1073 Mic/Line Preamp & EQ サウンドハウス

BAE ( ビーエーイー ) / 1073 Mic/Line Preamp & EQ サウンドハウス

とはいえ、名だたるレコスタに導入されている機種ですので、間違いなく音は良いです。

悪いはずがありません。回路はNeveですもん。

僕も現場で何度も聞いた音です。

タムとかの鉄板ですね。

ただ、本物のヴィンテージNeveは中古のブレントアブリルにしか存在しないのでその点だけ注意が必要です!

VINTECH AUDIO

VINTECH AUDIOは「Neveの音の再現度が高い!」と発売当時かな〜り話題になったメーカーでした。

音のイメージとしてはOld Neveよりも若干高域に特徴があって元気な感じだったように思います(過去に聞いた記憶)

 VINTECH AUDIO ( ビンテックオーディオ ) / X73i サウンドハウス

VINTECH AUDIO ( ビンテックオーディオ ) / X73i サウンドハウス

価格は20万円台前半と、なかなか良心的なお値段です。

個人には、お高いですけどね、、、。

レコスタだとチャンネル数が必要な場合や、マルチチャンネルRECで少しキャラの違うNeve感が欲しいときに使われているイメージ。

DTM用途では、はっきり言って十分主力級の実力でしょう!

こちらもBAE同様Neveの回路を元に中身は設計されています!

EQのポイントがオリジナルとは違うようです。これはよりEQしやすいように改良されているんだとか。

参考ページ

CHAMELEON LABS

こちらもNeveインスパイア系が台頭してきた時に話題をかっさらって言ったメイカーでした。

現在では前機種7602mk2から進化して、全く見た目からNeve感を感じることのない(笑)姿にアップデートしています。

これはこれで個性的でいいですね。

 CHAMELEON LABS ( カメレオンラボ ) / 7603 Mic Preamp サウンドハウス

CHAMELEON LABS ( カメレオンラボ ) / 7603 Mic Preamp サウンドハウス

前機種はシルバーでした。

このマイクプリアンプで印象的だったのは、Toneflakeカスタムという、日本でも有数の機材テックさん(佐藤さんという方)が内部を改良したモデルが販売されていたこと。

オールドNeveの音色の肝といえばトランスと言われていますが、ToneflakeカスタムではオリジナルNeveと同じマリンエアにトランスをチェンジしているようでした。

贅沢!

NEVE MARINAIR 10368 MIXING BUSS OR SUMMING AMP INPUT TRANSFORMER 1272 | eBay

イエローラベルのマリンエアは見てるだけでいい気分になってきますね、、、、。酔えます。

Toneflakeカスタムは他にも内部の音質に関わる部分をかなりこだわったパーツに変えたりと、お値段が20万円以上してましたが、それに見合ったアップデートを行っていたようでした。

今ではヤフオクでたまに流れているくらいでしょうか。

 

カスタムされていない普通の7062を友人が所有していたので、以前借りて録音に使わせてもらったことがありました。

正直、音にNeve感はあまり感じませんでしたが、十分にマイクプリアンプの出来としては良かった記憶があります。

特にEQの効きが特に良かったですね〜。

気持ち良いくらい簡単にサウンドメイキングできたのを覚えています。

CHAMELEON LABS ( カメレオンラボ ) / 7603 もあのEQの質感を受け継いでいるとしたら、それだけでも惹かれるものがありますね、、、。

価格が10万円を切ってくるので、導入はしやすいですね。Neve感はちょっと薄れますけど。

WARM AUDIO

様々なヴィンテージ機材を安価にリリースしている新進気鋭のメイカーWARM AUDIO!

とうとうNeveのコピーを出してきました。

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

見た目は完全にNeveです(笑)

中身もすごいこだわってます。

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

AMS NEVEやBAEと比べると安価なメイカーのラインナップになってくるWARM AUDIOですが、この機材の造りを見るとVINTECH AUDIOにも負けないクオリティーを感じざるを得ません、、、。

電源もしっかりトロイダルトランスを使った安定化電源を組み上げています。

こういうところでコストがかかってくるので、販売価格10万円を切ってくるのが信じられないですね、、、。

個人的にはNeveインスパイア系の中でこれは一押しの一つです。

AURORA AUDIO

現在のNeve復刻マイクプリの大本命といったらこのメイカーでしょう。

AURORA AUDIO!

 AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTQC サウンドハウス

AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTQC サウンドハウス

このメイカーのどこがすごいのかというと、創設者のジェフターナーさんその人です。

実はルパートニーブさん時代の初期Neveから、一緒にエンジニアとして1073の設計に関わっていた方なんです。

マリンエアの開発や工場への発注もこの方が行なっていたんだとか、、。

ルパートニーブさんよりも実質Neveのサウンドを作っていた人とも言われています。

マリンエアの音を熟知しているのも、回路に精通しているのもこのかた。

ということは、そんな人物が作ったNeve型マイクプリアンプが良くないわけがありません

現代で最も本物のOld Neveに近い(当時のNeveに近い)音を再現しているのは間違いなくAURORA AUDIOです。

実際、このマイクプリアンプで録音したドラムはたまらなく太く説得力のある音をしていました。

 AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTP8 サウンドハウス

AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTP8 サウンドハウス

ドラムのマルチ録音に必要なものだと8chとかになりますが、さすがになかなかな金額になってきます、、、。

ただ、すご〜く良い音で録レます、、、。

過去バンド活動時代にこちらも運良くレコスタで経験させていただきました。

最高でしたね。

個人的感想ですが、BAEの現行品やAMS NEVEを買うんだったらAURORA AUDIOの方が絶対推しです。

設計がジェフさんなのが圧倒的です。

多分、トランスもマリンエアなんじゃないですか(笑)

形は違えど、音は当時のマリンエアそのものなんじゃないでしょうか。

本人が発注しているのですからね!

Golden Age Project

今までのNeve系ラインナップの中では一番手の届きやすい価格帯なのがGolden Age Projectです!

https://www.soundhouse.co.jp/images/shop/prod_img/g/ga_pre73mk3e.jpg サウンドハウス

Golden Age Project ( ゴールデンエイジプロジェクト ) / PRE-73 mk3 サウンドハウス

初めて買うマイクプリアンプとしても別記事でオススメさせていただいています。

中の作りもしっかりとしていますし、Neveの音の質感を手の届く価格でどうにか手にしたい!という場合は最有力候補じゃないでしょうか。

中身を自分で改造をすれば、さらにNeve感をアップさせることもできます。

DIY精神強めな方なら、なんとかなるレベルの改造ですのでもしよろしければ上記記事もお読み頂ければ幸いです。

よりコンパクトで安価なこんなタイプのものもありますね!これはかわいい!

 Golden Age Project ( ゴールデンエイジプロジェクト ) / PRE-73 Jr サウンドハウス

Golden Age Project ( ゴールデンエイジプロジェクト ) / PRE-73 Jr サウンドハウス

宅録にはぴったりなサイズ感。

中身もオールディスクリート(ICを使わないオリジナルNeveと同じ回路設計)で、Neve感を再現しているようです。

こういうシンプルさ、良いですね。

Neve系ではないけど、ルパートニーブが関わっているメイカーたち

Neveの創始者ルパートニーブさんはNeve Electronicsを退社後、様々なメーカーを渡り歩きながら伝説的な名器をさらに開発し続けてきました。

どれだけレコーディングの歴史に爪痕を残すのでしょう、、、。

そして現在でもRUPERT NEVE DESIGNS名義のメイカーで新製品を作り続けています。

もうおじいちゃんなのに、とにかく神としか言いようがないですね。

そんなニーブさんが関わってきたメーカーと代表的製品について。

FOCUSRITE

FOCUSRITEといえば、近年オーディオインターフェースでも大躍進しているメーカーですが、元々はプロ用のアナログ音響機材を設計していました。

ここにもルパートニーヴさん在籍していました。

そして開発したのがISA110というマイクプリアンプを搭載したコンソール。

もともとは1985年にかの有名なジョージ・マーティンがニーヴさんにコンソールの設計を依頼したところから始まったようです。

そして出来上がったコンソールの音色があまりにも良かったため、四方八方に一気に噂が広がり注文殺到。

ISA110は1980年代を代表する音色とまで言わしめるようになった模様。

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA Two

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA Two

その音色は現在でもかなり安価に入手することが可能です!

2chマイクプリアンプの中では最強にコスパがいいと思っているISA Two。

ステレオ仕様で8万円台とか、内容が一級品なだけにこれを超えるコスパアイテムはなかなかないと思います!

個人的に今一番欲しいと思っているマイクプリアンプです、、、。

1chだったらこちら。

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One Analogue サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One Analogue サウンドハウス

マイクプリアンプの入門として各所で激推しされていますね。

これももともとの設計はルパートニーヴさんが行なっているのでした。

Neveの親戚です。音色は違いますけど。

AMEK

現行品としてはもう販売していませんが(メイカー自体がないのかな?)オークションでは今も活発に取引されているAMEKの機材。

こちらにもルパートニーヴさんが関わっています。

有名なやつだとこれとか。

Amek / Neve 9098 Mic Pre / EQ Equalizer | eBay

レコーディングスタジオでよくみるマイクプリですね。

あらゆる楽器をそつなくこなしてくれるのが重宝すると、かつてレコーディングエンジニアさんが教えてくれました。

コンプも非常に良いです。

AMEK Series 9098 Dual Compressor & Limiter Designed by Rupert Neve Stereo #32156 | eBay

見た目は地味ですけど、、、これを見るとプレイヤーとしてはなぜか安心しますね。

スタンダードな地位をがっちり確立している機材ブランドです。

ニーヴさんゴイスーすぎ。

RUPERT NEVE DESIGNS

そして現在ニーヴさんが現役で製品を発表しているメーカーがRUPERT NEVE DESIGNSです。

Old neveとは違い、より現代の音楽事情にマッチしつつ美味しいところを突き詰めていく洗練されたスタイルが特徴。

それぞれの好みは置いておいても、製品自体は間違いなく最高峰のものばかりです。

 RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / Portico 5017 サウンドハウス

RUPERT NEVE DESIGNS ( ルパート・ニーブ・デザイン ) / Portico 5017 サウンドハウス

 

こちらはコンプ付きで、ギターやベースとボーカルの2chを同時録音までできる優れもの。

このサイズ感によく搭載させましたね、、。

値段も10万付近なので、コンプ付きと考えるとコスパは相当いい製品と言わざるを得ません。

宅録用途でのマイクプリ選び候補には間違いなく入るラインですね。

未来志向で、リパートニーヴ個人のファンなら追いかけて見る価値があるでしょう!

いつの時代もニーヴさんの追求した音色がもれなく音楽界に影響を与えている事実は無視できないので、、、、。

Neve系マイクプリアンプのおすすめTOP3

というわけで、最後にここまで出てきたメーカーの中で僕が個人的にオススメしたいのを恐縮ながらまとめさせていただきます!

第1位!Aurora Audio

 AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTQC サウンドハウス

AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTQC サウンドハウス

これは圧倒的です。

現行品で限りなく本物のNeveの音を求めるのならAurora Audio一択でしょう。

再度書きますがジェフターナーさんはNeve歴史の根幹に関わってきた方。

回路や部品についての知識は他のエンジニアの追随を許しません。

Aurora Audioの公式HPにはジェフさんにOld Neveのマニアックな質問を投稿できるフォーラムもあり、多くの素晴らしい情報が溢れています。

http://auroraaudio.net/forums/

英語ですが、文を追っていくだけでもジェフさんの知識の深さとエンジニアとしての真摯な姿勢が伝わってきます、、、。

Vintage Neveが気になる方は是非一読をおすすめします!

Aurora Audioの評価
Neve力
(5.0)
コスパ
(4.0)
ブランド力
(4.5)
総合評価
(4.5)

音質もめっちゃいいです。

太くてハリがあって元気。

Old Neveも当時はこんな音だったんだろうなぁと、、、感慨深い気持ちにさせてくれる名器ですね。

数十年後はAurora Audio製品も間違いなく往年のヴィンテージ機材に列挙されているでしょう(笑)

Neveのリイシュー系では最強だと思います。

第2位!AMS NEVE

単純にAMS Neve機材のファンというのもありますが、やはり現在Neveの冠を掲げているブランドですので音質にも並々ならぬこだわりをかけている同社。

 NEVE ( ニーヴ ) / 1073DPD

NEVE ( ニーヴ ) / 1073DPD

レコーディングスタジオでも定番です。

apiのランチボックスサイズの500シリーズもよく見かけますね。

全体的にお値段が高いので、コストパフォーマンスの面では若干「?」ですがNeveのブランドを直系で受け継いでいるのでそこも含めて所有したい方には、半端ない満足感を与えてくれるのではないでしょうか(´◔౪◔)◞

僕はコスパ重視人間なので、あまりメーカーにこだわりはないのですが、こちらは資産の価値が他の製品よりも高く保てそうですね。

後々手放す可能性がある場合、値下がりが起きにくいかもしれません。

個人的にはNeve 8816というサミングミキサーがずっと気になっています、、、。

AMS Neve 8816 summing mixer | eBay

DAW用途だとサミングミキサーって憧れの機材ですよね。アナログ感をつけたいときが多々あります、、、。

伝統重視!な方にはやはりAMS NEVEが一番のおすすめです!

AMS NEVEの評価
Neve力
(4.5)
コスパ
(3.0)
ブランド力
(5.0)
総合評価
(4.0)

完全プロ志向なサウンドを作り上げたいならこの価格帯を選ぶべきでしょう!

世界のスタンダードな音色ですからね!

第3位!Warm Audio

コスパ重視でNeveサウンドを選ぶなら現在Warm Audioを激推しします。

とにかく販売価格と作り込んでいる内容のバランスが良い意味でおかしいと言わざるを得ません、、、。すごいクオリティ。

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

新進気鋭の歴史はまだ浅いメーカーですが、Neveの他にもPultec EQやLa2aと言ったレジェンド機材のリイシュー品を数多く低価格でリリースしてきていますので、その技術力は相当高いメーカーです。

DTMerには一番の味方になりつつあるんじゃないでしょうかฅ(ミ・ﻌ・ミ)ฅ

僕もWarm audioの1176持ってます!十分いい感じですよ。

Warm Audioの評価
Neve力
(4.0)
コスパ
(5.0)
ブランド力
(3.0)
総合評価
(4.0)

コストパフォーマンス重視ならAMS Neveよりもこっちですね。

DTMerには最適です。

プロのレコーディングスタジオだったらこれじゃかっこつかないんでAMS NEVEを導入してください(。・ω・。)ノ

カッコつけるのは超大事ですからね。

ブランドの力は侮れません。

まとめ

だらだらとした記事になってきてしまいましたが、ここまで見たきたようにNeve関連の製品は煩雑な裏事情が蠢いています。

NeveなのにNeveじゃない!」って事態に不本意な状態で陥らないようにご注意くださいね。

Neveという響きは強すぎる力です。

うまくいなして、自分にぴったりのマイクマイクプリアンプをゲットしてください!

DIY能力を磨けば、オリジナルオールドNeveを格安でゲット、ラッキングできるようにもなりますのでいつかそんな記事もかけたら。

最後までお読みいただきありがとうございました!