サウンドハウスで最大ポイント20倍!4/30まで!

RUPERT NEVE DESIGNS Portico 511のレビュー!柔らかくて熱い音で録れるマイクプリアンプ

RUPERT NEVE DESIGNS Portico 511のレビューです(`・ω・´)

API500フォーマットのマイクプリの中では比較的リーズナブルな本機。

しかし音色は絶対に最高だろうなー、と思ってました。

そして実際に使ってみたら、やっぱり最高

これはとても役に立つやつ(´⊙౪⊙)۶!

実際に録音をしたファイルも作りましたので、併せてレビューします。

すごく使い勝手が良いマイクプリアンプです(((༼•̫͡•༽)))

RUPERT NEVE DESIGNSとは

RUPERT NEVE DESIGNSはあの伝説の音響回路設計者、ルパートニーブさんが現在進行形で運営されているメーカーです。

ニーブさんは時代と共に様々な音響メーカーの立ち上げに関わってきました。

  • Neve Electronics
  • FOCUSRITE
  • AMEK
  • RUPERT NEVE DESIGNS

など、どれもスタジオ機材として最高峰のメーカーばかり!

FOCUSRITEはオーディオインターフェースでも近年ブイブイ言わせてますよね。

そんなニーブさんが磨き続けてきた技術の結晶!

 RUPERT NEVE DESIGNS / Portico 511 サウンドハウス

RUPERT NEVE DESIGNS / Portico 511 サウンドハウス

それがRUPERT NEVE DESIGNS製品です。

Portico 511はAPI500フォーマットのモジュールなので、ランチボックスが必要です。

 RUPERT NEVE DESIGNS R6 サウンドハウス

RUPERT NEVE DESIGNS R6 サウンドハウス

これが一台あると好きなモジュールを自由に差し替えられるので非常に便利!

僕は本家API製のものを使ってます。

ランチボックスはどのメーカーのものでも互換性があります(*´ω`)o

箱開封!

それでは写真を交えてレビューを!

箱!

オープン!保証書です。

今回ブラックフライデーセールを利用し、サウンドハウスで購入しました。

マニュアルやカタログなど。

付属品はランチボックスに固定するためのネジが2本。

そして本体!

この白ベースに赤と紺のつまみが良いですよね〜。

デザインセンスも良すぎます。

新品購入なのですが、、、側面にかなり傷が付いてます。

どうやら目に見えない部分は初めからこうなっている模様。

サウンドハウスの購入者レビューにお店からの返答がありました。

めっちゃケガキ線が走ってます(笑)

確かにスロットに挿せば目に見えませんが、、、

いきなりこれをみたら、ちょっとびっくりしますね( ・ὢ・ )

前面の操作部分上部。

GAINはクリック式の6dBステップになってます。

TRIMは無段階のポテンショメーター式。こちらで細かい調整をします。

Max72dB稼げるので、どのマイクでも十分使えると思います。

ハイパスフィルターは結構上の帯域(250Hz)までローカットできます。ハイハットの録音の時とかに便利そう。

そしてRUPERT NEVE DESIGNSの代名詞、TEXTUREつまみ!

SILKボタンをONにすると、その名の通りシルキーさをプラスできます。

音の変化が楽しみです!

ということで、今回こちらの3機種を使い音の違いを比較してみます。

左から

  • API 512c
  • Chandler Limited TG 2-500
  • RUPERT NEVE DESIGNS Portico 511

となります!

更にPortico 511だけ、TEXTUREを加えたファイルを二つ録りました。

合計5ファイル作ってみます。

録音してみる

アコギを録音します。

マイクはNeumann U87を使います。

オーディオインターフェースはPrism Sound Titanを。

アコギは2トラック録音して、パンで左右に振ります。

リズムとベースはLoopcloudのサンプルで組み立てました。

トラック作りには、コスパ良すぎるサービス( ・ὢ・ )!

録音したファイルはプラグインは一切かけていません。

ノーコンプ、ノーEQです。

それでは聴き比べを!

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

RUPERT NEVE DESIGNS Portico 511

Portico 511 silk mode Texture Half(つまみ半分)

Portico 511 silk mode Texture Full(つまみ全開)

Chandler Limited TG 2-500

API 512C

感想

う〜む、ガシッとしつつも柔らかい素敵な音色(;´༎ຶД༎ຶ`) !

Portico 511かなり好きですね〜これ!

音が滲まない!優しさを感じる!

なのに芯がしっかりしていてパワー感がある!

Old Neveのイメージとは全然違いますが、汎用性が非常に高い音色だなーと思いました。

そしてTEXTUREつまみを回した音。

これは意外にも予想していた音色変化とはでした。

つまみを回していくと単純に「高域が強調されていくのかなー?」と思ってましたが、

逆に高域はオケに馴染んでいくように聴こえます。

その分ギターの輪郭が全体的に太くなっていくような、力強さが増すような変化に感じます。

機能としては中高音の倍音を増やすようですが、聴感上はまさしく「シルキー」になっていく感じ。

「抜け」でなく「音像」が増す感じ?

個人的にはTEXTREつまみは1/4回すぐらいがちょうど良いのかなーと( ・ὢ・ )好み的に。

どちらにせよ、一台で音色変化を結構起こせるので楽しいですね!

Chandler Limited TG 2-500は、やっぱりちょっとヴィンテージっぽい感じがしますね。

API512Cは抜けが良い音。こちらも今まで使ってきたイメージのまま。

ドシっと聴かすというより、軽やかに羽ばたくような音色をしています。

RUPERT NEVE DESIGNS Portico 511は買い?

Portico 511はとっても買いなアイテムだと思います( ・ὢ・ )!

誰が使っても良くなるやつ。

 RUPERT NEVE DESIGNS / Portico 511 サウンドハウス

RUPERT NEVE DESIGNS / Portico 511 サウンドハウス

定番っぽい音がバッチリしてますし、欲しい帯域をしっかりキャプチャーしてくれます。

しかも500シーリーズの中ではリーズナブル

ランチボックスでアイテムを揃えていくのならマストで入れておいて損はないと思います!

Vo録音とかにも良いんだろうなー(*´ω`)o

僕は歌えませんけども、、、。

自分のプロジェクトでは次回絶対使ってみたいと思いました!

まとめ

RUPERT NEVE DESIGNSはやはり音のキャラに一貫性がありますね。

本当気持ちの良い滑らかさやムチムチ感を感じます。

上品で強い。

RUPERT NEVE DESIGNS Portico II Master Buss Processor

マスタリング用のバスコンプを常々愛用し続けてますが、やっぱり同じ質感を感じます。

こちらもとっても良いコンプ。もう手放せません、、、(´◔౪◔)◞

ああ、ヤバイ、EQも欲しくなってきてしまいました。

 RUPERT NEVE DESIGNS Shelford Channel サウンドハウス

RUPERT NEVE DESIGNS Shelford Channel サウンドハウス

黒いパネルのチャンネルストリップもめっちゃ良さそうなんですよねー。

物欲が止まりません。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ