サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

MANLEY Massive Passive Stereo Tube EQの実機使用レビュー!正真正銘のモンスターマシンの音

MANLEY Massive Passive Stereo Tube EQの使用レビューです(´◔౪◔)◞

いやー、とうとうゲットしました、憧れのEQゥ(;´༎ຶД༎ຶ`)

これがずっと欲しかった!ヤバイ、ヤバすぎる。

まだまだ使い込めていないですが、ざっと2〜3曲に使ってみたので感想を。

圧倒的に良いです、やはり良かったです( ・ὢ・ )

MANLEY Massive Passive Stereo Tube EQとは

ご存知の方には既に説明不要かと思いますが、Manley社の怪物真空管EQです。

 MANLEY ( マンレイ ) / Massive Passive Stereo Tube EQ  サウンドハウス

MANLEY ( マンレイ ) / Massive Passive Stereo Tube EQ サウンドハウス

Massive Passiveは通常版とマスタリングverがあり、僕のは通常版。

 MANLEY ( マンレイ ) / Massive Passive Stereo Tube EQ Mastering Ver   サウンドハウス

MANLEY ( マンレイ ) / Massive Passive Stereo Tube EQ Mastering Ver サウンドハウス

マスタリングverは

  • つまみが全てステップ式
  • 左右が完全にマッチング
  • リコールが完璧
  • 更に高価

な点が違いに挙げられます。

あと、

  • 通常版EQのブースト/カット量は最大20dB
  • マスタリングverのブースト/カット量は最大11dB

という点がかなり結構大きな違いです。

どちらにするか散々悩んだのですが、動画をみて通常版のEQの効き方の方がしっくりきそうだったのでこちらに決。

ステレオソースにかけるには左右のマッチングに気を使わないといけませんが、概ね操作性に関しては満足です(´◔౪◔)◞

というか、めちゃくちゃ気に入りました。

なんだこれは(笑)

実物レビュー

ということで、どんな構造、音なのかは後にして、まず実物をレビューします。

このようにパッと見るとかなりつまみが多く、操作が難しそうな面構えをしています( ・ὢ・ )

でもセクションで見ていくと、普通のEQとパラメーターは変わりません。

ただし、効き方はかなり独特です。それは後ほどに(`・ω・´)

左からロー→ハイになるんですが、一つのバンドのカバー範囲が異常に広いです(笑)

ローが最大1Kまでカバーしてます。

各バンドはブーストかカットを選択してEQします。

センターにはゲインとハイ/ローパスフィルターを装備。

通常盤なので、ゲインは無段階のトリムになってます。

EQをオンオフした時に音量差が出るので、ゲインで聴感を揃えると使いやすいです。

背面です。

最新のMANLEY製品はパワーサプライが刷新されて、スイッチング電源に変わりました。

僕のは昔のAC100V入力リニア電源バージョンです(`・ω・´)

パワーサプライ変更で更に低ノイズ、音が明瞭になったと代理店のHOOKUPさんの説明にあります。

どのくらいパワーアップしたのかは正直わかりません。

しかし、旧バージョンでもノイズは全然気になりません。

環境によるのかもしれません。

接続は至ってシンプルです。

基本的にはバランスで接続したいので、XLRを使ってます。

せっかくなので、上蓋をパカリ、、、。

うわー、、、すげえ(笑)なんじゃこりゃあ、、、!!

機材マニア的にはたまらん構造しています。というか、すごい構成です。

フィルムコンデンサーはWIMAがたっぷり使われてます。

奥にはインダクタらしきものが見えます。

フィルター用のコイルでしょうか。

MANLEYオリジナルのチョークコイル(インダクタ)のよう。

かっこいい、、、(;´༎ຶД༎ຶ`)

笑ってしまったのが、巨大なフィルムコンらしきものもMANLEY製だったこと。

コンデンサーまで自社製ってすごい。

小さいコンデンサーもMANLEY印があります。

回路図見てないのでわかりませんが、重要な音声経路だったりするんでしょうか( ・ὢ・ )

今度調べてみたいと思います。

うーん、マイレイ。

まさにモンスターです!

今まで所有してきた機材の中でもトップクラスで高級感があります。

中の構造も、今まで見てきた中で一番衝撃受けました

クレイジーです。もちろんいい意味でです。

よくこんな物作ろうと思ったなと(笑)

MANLEYの大ファンになりました。

Massive PassiveはパッシブEQ

Massive Passiveのその名の通り、EQは全てパッシブ回路です。

先ほどの中身にあったコイルとコンデンサーで、電気を使わずEQします。

パッシブ回路を通った後は、音量が減衰するので、その分を真空管で補っています。

パッシブEQで有名なのはパルテックです。

Massive PassiveもパルテックEQにインスパイアされているのは間違いないでしょう。

対してAPIなどはアクティブEQです。

電気を使った回路でEQします。

Massive Passiveの音について

Massive Passiveを使った試聴音源、比較音源を作りたいのですが、時間が取れず、、、

また別の機会にアップさせていただきます(´◔౪◔)◞

*記事追加しました!

Manley Massive Passive EQ実機の音質テストレビュー!

誰に求められているわけでもないのですが、僕の覚書としていつも残しています。

Massive Passiveの音ですが、UADプラグインで聴いたことがあったくらいで、実物を生で聴くのは初めてでした。

とにかく豊潤で芳醇です(;´༎ຶД༎ຶ`)

しっかり設計された真空管機器らしいめっちゃクリアな音、そこにEQが超絶滑らかに反応します。

クリアなのに芳醇。クリアな香りがするEQ。

カット方向も良いですが、特にブーストする音の変化がヤバイ。

商品説明通り、全然いやらしくない音の伸び方をします。

ジリジリ、ジャリジャリ、ギャギャっとした質感が全くありません。

初めからこんな音だったように、EQしてくれます。

こんなEQはなかなかない気がします。

したい音にできるEQ

とにかく気持ち悪いくらいクイッと音を変えられます(気持ちいいんですけど)

これはずるいです。

Massive Passive通常版の操作性について

2ミックスに使うのなら、正直マスタリングバージョンの方が良かったかも、、、

なんて若干思ってましたが、最近通常版の操作にも慣れてきました(`・ω・´)

とはいえ、カチカチ回すロータリースイッチの方がEQのセットはやりやすいでしょう。

ただ、じっくり時間をかけられるのなら通常版も悪くないです。

というかこちらのverの方がかなりグイグイEQがかかるので、使っていて面白いのではないかと思います。

事実、楽しいです(`・ω・´)

また、僕の場合ですが、11dB付近までEQしているケースがあったので(マスタリングverだと最大値)、ここは通常版の方が強いなと思います。

時間がない中で仕上げにバシバシEQするのならマスタリングverの方がいいかもしれません!

楽曲に「製品感」を出すならとてもおすすめです

あくまで僕のイメージです。

Massive PassiveでEQすると曲に「製品っぽさ」が一気に加わります

ミックスをして、マスタリングまで来て、最後の仕上げまでできたけど、何か物足りない、、。

って時にMassive Passiveでハイを上げると、すごいそれっぽくなります( ・ὢ・ )

実際はそんなに単純な話じゃないと思いますが、かなり本気で思ってます。

「これじゃないか!」って思いました。

実際、Massive Passiveを使う前と後では、華やかさが違っている気がします。

僕にはかなりしっくり来るEQでした!やっぱりすごかった。MANLEY。

 MANLEY ( マンレイ ) / Massive Passive Stereo Tube EQ  サウンドハウス

MANLEY ( マンレイ ) / Massive Passive Stereo Tube EQ サウンドハウス

まとめ

MANLEY Massive Passive Stereo Tube EQの初回使用レビューでした!

次回は、使用した音源も作ってみようと思います。

最後までお読みいただきありがとうございました!

Manley Massive Passive EQ実機の音質テストレビュー!
機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ