サウンドハウスでポイント最大30倍!5/10まで!

ハード機材は最高!最近DTM制作で使ったアウトボードの感想まとめ API NEVE SSL

ここ最近自分の制作や知り合いの案件のお手伝いをやっていたのですが、

やっぱりハード機材って最高ですね(;´༎ຶД༎ຶ`)

むしろこれらがないなんてもう考えられない!

っていつも書いている気がしますが、改めて!

特に生録では必須だなと、強く思いました( ・ὢ・ )

現在の僕の手持ちの機材たち。

当サイトで個別レビューも書いてきた機材ですが、

実際の制作を続けた中で、どのパートにどの機材がよかったか?

超個人的に羅列していきます!ただの日記です(笑)

リズム系にAPIシリーズを使うとそこは天国の入り口

APIの音ってなんでこんなに良いんでしょう、、、( ・ὢ・ )

もともとそこまでAPI派ではなかったのですが、気付けばヘビーユーザーです。

特にステレオEQのAPI5500とバスコンプのAPI2500は、リズム系に使い倒し中!

これはもう、プラグインとは別物です!似てるようで、全然違う。

特にEQの質感ったら、最高ですね(;´༎ຶД༎ຶ`)

リズムのトータルにも、パート別にもかけますが、

ハイをちょっと上げて、ローもちょっと上げて、ローミッドを少し削ると、もう良い感じ(`・ω・´)

音が太いとか抜けが良いとかももちろんありますが、質感が一気によくなります

プラグインでブーストカットするのとは根本的に変化のポイントが違います、、、

うまく説明ができません、、、。

コンプのAPI2500は最近マイナーモデルチェンジしたようです。

 API ( エーピーアイ ) / 2500+  サウンドハウス

API ( エーピーアイ ) / 2500+ サウンドハウス

アウトプットでコンプと原音のミックスできるようになったのだとか!

パラレルコンプがOKになったということですね。

正直、すごく羨ましいモデルチェンジ(´◔౪◔)◞ !

僕の使っているのは旧型なので、場合によってはがっつりかかりすぎちゃうんですよね。

アウトをブレンドできる機能は、すっごく欲しい、、、、。

ベース録音にはNeve系+コンプが最高

ベース録音にはNeveコピーとEmpirical Labs FATSO Jrを使いまくってます。

NeveコピーはWARM AUDIO WA-73EQというやつを使ってますが、すごく良い音!

太い上にフレッシュ(笑)

本物のNeveのような侘び寂び感は0ですが、パリッパリの新しい音でドスンとしてます。

ベースだけでなくどのパートにも合う音。

コーラスやギターのエアーとかもにもよく使ってます。

EQはまろやかにかかる感じで、ローをちょっとブーストさせるとベースらしさがモリモリに。

ハイもサラっと滑らかにブーストカットできます。

お手頃価格で買えるのに汎用性が非常に高い!

そしてコンプ&倍音調整でEmpirical Labs FATSO Jrを使ってます。

ボタンがいっぱいあって結構機能豊富なんですが、

マニュアルを読み込んだら、簡単に欲しい音が作れるようになりました。

勘だけで使うと何がなんだか解りづらい機材でもあります。

FATSO Jrはどちらかというと解像度が高い系の音ではないので、

ベースとかバックで鳴らすシンセ系によく使います。

FATSO Jrで倍音を加えてあげると、オケにすごく馴染む&曲がイケてる感じになります。

音の位置が下に下がるので、腰高なソースにも◎。

簡単に音がプロっぽくなるズルい機材(`・ω・´)!

歌やギターなどのメインパートには色々使ってみる

voやギターなど特に目立つパートは、まだ試行錯誤中です。

色々試してます。

Vo録音にChandler Limited TG2-500を使ったセッションがあったのですが、

めちゃんこよかったです(`・ω・´)!男性voの録音で、とてもよく合いました。

いい意味で擦れた紙みたいな肌触りがします。

オールディッシュな雰囲気もあるのに、解像度はとても高い!

「NeveとAPIの間」とも評されているようですが、

太さや抜け感のことなら「なるほど」と思います。

Neve portico 511はめっちゃ何にでも使える音!

アコギの録音やエレキの録音で多用!

抜けもよく、かつ上品な音。コスパめっちゃいいです。

API512Cは、最近あまり出番がありません、、、

エアーで使うくらいかも(´◔౪◔)◞

ヴィンテージ系機材はガッツリと色がつくけど素晴らしい

メインパート系は、新しい機材に加えヴィンテージ系もよく使います。

特にドイツものの機材が好きなので、よく使います。

ヴィンテージ機材は色付け感が濃厚なものが多いです(笑)

しかしそれがどれも心地よい、、、。

特にTAB U73bという真空管コンプは、

通すだけで音の位置が下がる+音像が大きくなるので、Voによく通してます。

ちょっと解像度は落ちる気がしますが、それ以上に心地よい音にかわります。

最近Neveのオールドモジュールも購入したんですが、まだちゃんと使えてません、、。

勿体無い。

テストの音を聴いた感じだと、色付けしたい時にめっちゃ重宝しそうだなと思いました。

どのパートに合うのかはまだ不明です!

業者さんにラッキングを依頼中なので楽しみ(`・ω・´)

トータルコンプでぎゅいっと美味しくまとめる!

そしてミックスの最後に使うトータルコンプ!

これは毎回外せません!

RUPERT NEVE DESIGNS Portico II Master Buss Processor!!

プラグインではつけられない音の厚みやジューシーさを加えられます(`・ω・´)

マスタリングコンプとしては割と新しい機材ですが、これはもう確実に名器!

友人が使っていてめっちゃいい音だったので、我慢できず、、、僕も購入しました。

パラレルコンプもできますし、

低域にコンプをかけないサイドチェインフィルターも便利です!

何より音の質感が柔らかくも力強い感じで、RND節全開!

SILKスイッチで倍音を加えると、2MIXの輪郭がくっきりします。

 RUPERT NEVE DESIGNS  Portico II Master Buss Processor (black)

RUPERT NEVE DESIGNS Portico II Master Buss Processor (black)

API2500と同じく、最近ニューパネルにマイナーチェンジしました。

SHELFORDカラーですね( ・ὢ・ )

つい先日Neveさんがお亡くなりになられましたが、

本当に素晴らしい製品群を残し続けてくれて僕らは感謝しかないですね。

ブラックフェイスもかっこいいいな。欲しいなー

RNDが今後どんな展開をしていくのか、非常に気になりますね。

まとめ

完全に日記記事になってしまいましたが、

レビューを書いてきた機材で実際に制作をしてきてみての簡単な感想でした( ・ὢ・ )

プラグインで済んでしまいそうなところを、一手間かける。

そうするとやっぱり出来上がりが、一段上がる気がします。

楽曲の芯が強くなる感じ。

そういえばSSLもよく使います!忘れてました、、。

ピアノ音源や、上物全般をよく通します。

特にトラック数が多めの曲のウワモノを整理するのに大活躍!

EQとコンプで一気に立ち位置の調整ができちゃいます。

SSLはほんとーによくできてます(´◔౪◔)◞

プラグインもいいですが、実機の方がオケに馴染みやすいイメージ。

音の感じはクリアで芯がある+少しだけザラッとする質感。たまりません。

「ハード機材ってどうなんだ?」

という方、ぜひぜひチャンスがあれば使ってみてください!

DTMが3倍面白くなります!

最後までお読みいただきありがとうございました(`・ω・´)

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ