MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

SSL実機 vs SSLプラグイン!音はどう変わるのか?音声データで比較【アナログ】

SSL9000の実機とプラグインの音の違いを聞き比べてみようとファイルを作ってみました。

近頃空き時間はいつもこんなことばかりやっています、、、

アナログ機材って面白いです(´⊙౪⊙)۶

[kanren id=”10827″]

目次

SSL9000に2ミックスを流してみる

以前も記事にさせていただきましたSSL9000チャンネルストリップの実機。

DIYパワーを駆使しして稼働させています!

この機種9000は、Super Analogue 回路と言って音声経路にコンデンサーを使っていないのが特徴のようで。

4000よりもピュアな音楽性の表現が可能となっているというのが売り。

クラシック音楽などにもオススメだとか。

現行品だとサミングミキサーのX deskもSuper Analogue 回路を継承していますね。

 SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / X-Desk サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / X-Desk サウンドハウス

さて、これに用意した2MIXファイルを通してコンプとEQをかけてみます。

元のデータはLogic Xのループファイルを組み合わせたこちら。

 

どう変化するのでしょうか?!

SSL9000のセッティング

コンプやEQはなんとなく僕の好みで設定させていただきました。

 

LINE INは1時。

コンプは薄く、軽くリダクションする感じで。

EQは全バンド(4バンド)ブースト方向で使っています。

SSLのEQはブーストがほんと気持ちいい、、、(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

9000は、4000のEタイプとGタイプのEQカーブが選べます

今回はEタイプを選びました。

こんな風に変化しました

音量が上がるので、SSLの方のファイルを再生する際は気を付けてください!

元のファイル

SSL9000実機 EQ+COMP

パワフル!!

プラグインで同じセッティングにしてみるとどうなるか?

SSLはプラグインでも色々なメーカーからモデリングされて販売されていますよね。

プラグインの比較記事も以前書かせていただきました。

残念ながら9000をモデリングしたプラグインが手持ちにないので、今回はWavesの4000プラグインで再現してみました。

おそらく世界で一番売れているSSLプラグインだろうと思います(`・ω・´)

セッティングを同じようにしてみる

細かく言えば、9000と4000は別物なので比較対象にするのは間違っている気もしますが、、、。

同じSSLということでご勘弁を。

セッティングはこのようになりました。

比較ファイルの音量を揃えるために、アウトのフェーダーで調整しています。

さて、プラグインだとどんな音に変わるのでしょう。

元のファイル

SSL 9000実機

SSL 4000 E プラグイン

 

おお!かなり近い感じになります!

エンジニアの方々が好んで使う理由がよくわかりますね!

実機とプラグインの違いについて

今回わかったのは、このようにプラグインもかな〜り良い!ということでした。

しかし厳密には違いますし、何回も聴いていると結構違うのかな?という気もしますが、好みの割合も大きい気がします。

プラグインの方が音が明るめで、実機の方がやはりドシッとしてレンジが広い感じでしょうか。

SSLには他にもUADがモデリングしたものや、 Sofutubeがモデリングしたものでもかなり音色や挙動が違います

SSL 4000Eプラグインの各メーカーごとに音を比較してみた!【オススメはこれ】の記事にも書かせていただきましたが、僕はSofutubeのConsole1が一番好きです。

しかし今はもう手元にないので(実機を手にしてから手放しました)、、、できたら今回比較してみたかったですね。

 SOFTUBE ( ソフチューブ ) / Console 1 Mk II サウンドハウス

SOFTUBE ( ソフチューブ ) / Console 1 Mk II サウンドハウス

実機の方が音決めがとても早く済む

そして今日も一番身に染みたこと。

それは実機のアナログ機材の方が好きな音を作るのに時間がかからない!ということでした。

ノリでいじっているのもありますが、5分ぐらいで「ここがいい!」となれます。

 SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / X-Rack Dynamics Module サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / X-Rack Dynamics Module サウンドハウス

正直プラグインの方から音を作っていっていたら、3倍以上時間がかかっていたと思います、、、。

なんでそんなことになるんだろう?というと。

実機の方が、音の変化が圧倒的にわかりやすいからだと思います。

なんかグイグイかかるんですよプラグインより気持ちいい感じで。

しかもEQの基本はカット方向に使う、なんていいますが、実機だとためらいなくブースト方向に使いたくなります

 SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / X-Rack Channel EQ Module サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / X-Rack Channel EQ Module サウンドハウス

出てくる音も力強いので、ブースト方向にも自信をもてるのかも?しれませんね。

まとめ

SSLの実機とプラグインの違いについての記事でした。

チャンネルストリップ系のプラグインは、いじればいじるほどその本性が掴み切れるようになるのでしょう。

しかしそんな暇はない!!という場合は、実機を触ってみると一気に理解が捗るかもしれません(`・ω・´)いや、捗ります。

お読みいただきありがとうございました!

WAVES SSL 4000 Collection バンドル 国内正規品 ダウンロード版
Waves

お得に機材をゲットしよう!

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

IKEBE楽器は、品揃え国内最大級のショップ。他のショップで見つからないアイテムもここなら見つかるかも?!是非チェックして欲しいお店。渋谷にある巨大な実店舗は圧巻。

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。英語がわからなくてもなんとかなります。

注目の編曲サービス!

Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

  • 本気でオリジナル曲デビューしたい
  • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
  • プロと自分の差を知りたい
  • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

例えばこんな方におすすめです。破格!

返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる