サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

費用対効果が高いDTMアイテムはどれだったか?200以上レビューして見えたもの

DTMの環境構築はこだわればこだわるほど終わりがありませんよね、、、(-ω- /)

DTM関連のアイテムには実に様々なものがあります。

当サイトでは気付けば230本以上の機材レビュー記事を書いてました!

その中で、アイテムの費用対効果について一定の見解ができたのでまとめました(`・ω・´)

ちなみに僕は生録派DTMerなので、打ち込み中心の方はまた違ってくると思います!

「費用対効果が高い」とは?

まず本記事における「費用対効果が高い」とは何か?ですが、

単純にコスパが良いかどうかということで話を進めさせていただきます。

DTM環境を構築する上で、かけたお金に対してちゃんとリターンがあったか?

というのがこの記事の趣旨となります。

  • PC
  • DAW

についてはそもそも必須に近いアイテムなため除外します!

僕自身はMAC×Logic ユーザーです。

この組み合わせに大変満足しています。

費用対効果が最強のアイテム

僕が環境づくりをしてきた中で費用対効果が一番高いと思ったのは、

  • 200V電源工事
  • 電源ダウントランスの導入

の二つでした!

トータルで10万弱くらいかかりましたが、効果は抜群

音質に関する全てのクオリティーが上がります( ・ὢ・ )!

かけた金額に対してのバックが圧倒的だと思います。

どんな機材を買うよりまず200V電源工事をするのが、

音源のクオリティーアップの近道(((༼•̫͡•༽)))!

費用対効果が高いアイテム

電源ほどではないけれど、すごくコスパが良かったのが、

  • 2-3万円台のオーディオインターフェース
  • 3万円台のコンデンサーマイク
  • サブウーファー
  • 本当に必要で買ったプラグイン
  • 本当に必要で買ったソフト音源

の5つ!

オーディオインターフェースは、特に2-3万円台の製品が非常にコスパ良し。

 MOTU M2 オーディオインターフェイス サウンドハウス

MOTU M2 オーディオインターフェイス サウンドハウス

MOTU M2はコスパ面でどの機種も勝てないと思いました( ・ὢ・ )

音質面では流石に高級機種に負けますが、かなり音も良いです!

入門用として買うなら長い間不満なく使えるやつ!

あと、同じくエントリークラスなのにしっかり録音できてしまうコンデンサーマイク!

 audio technica  AT4040 サウンドハウス

audio technica AT4040 サウンドハウス

オーテクAT4040すごすぎです(笑)

AKG ( アーカーゲー ) / C214  サウンドハウス

AKG ( アーカーゲー ) / C214 サウンドハウス

AKGのC214も値段に対して出来が素晴らしい。

この2本は色々アイテムを触ってきた中でもすごく良かったです。

そして、地味にすごいアイテムがサブウーファー。

EVE AUDIO ( イブオーディオ ) / TS107 サウンドハウス

モニタースピーカー本体をグレードアップするより、

追加でサブウーファーを入れた方がコスパ面でずっと優れていると思います。

めっちゃミックスしやすくなる!

低音は見る(聴く)のではなくて体で感じるものなのだと勉強になりました!

そして、プラグインやソフト音源はやっぱりコスパ良いものが多い

デジタル製品はこの点強いですね。

ただし、あくまで強調したいのが本当に必要なプラグイン/ソフト音源という点。

最後に出てきますが、プラグイン類は費用対効果がもっとも低いアイテムにもピックアップしています、、。

理由は後ほど。

費用対効果は普通のアイテム

かけた費用に対してちゃんと効果を返してくれたアイテムは、

  • ヘッドフォン
  • 定番のオーディオケーブル
  • 吸音材
  • 防音室
  • モニタースピーカー
  • 各楽器類
  • フィジカルコントローラー
  • midiキーボード
  • 入門用コンデンサーマイク

でした!

個別のアイテムがどうこう、というよりアイテムジャンルとしてまとめて感じた印象です。

基本的には定番のものはほとんどハズレがないです。

もちろん「うおー!!これすごい!」というものもたくさんあります。

ただ、そういうアイテムはちょっと高かったりします。

コスパ面では普通と言えるでしょう。

吸音関係は個人的にドツボにハマり、かなり散財してしまいました(;´༎ຶД༎ຶ`)

吸音に悩んでいる方いましたら、僕の失敗をぜひ参考にしていただけたら幸いです。

費用対効果が低いアイテム

それではここからコスパが低いと言わざる得ないアイテムを!

それは、

  • マイクプリアンプ
  • コンプレッサー(アウトボード)
  • EQ(アウトボード)
  • 電源ケーブル
  • 電源タップ
  • オーディオマニア向けのケーブル
  • プロ用コンデンサーマイク
  • プロ用オーディオインターフェース
  • リフレクションフィルター

です!

見事に、個人的に大好きなものばかり( ・ὢ・; )!!

本当に好きで、まだ記事にしていないもの含めたくさん触ってきました。

ただし、どれもこれもコスパが悪いと言わざるを得ません、、、。

とにかく単価が高いです。

効果は大きく感じられますが、、、何せ高い!

しかし音楽的と言われる部分は、これらのアイテム群で作られることが多いのも事実。

プロ志向の方や本格的にDTM制作を究めていきたい方なら、いずれ不可避なトピックとなるでしょう。

プロ向け製品は価格が高い割に、リターン比率は微々たるもの。

ほんのちょっとのランクアップ、質感の変化に数十万かかることも、、。

ただ、どんなにコスパが悪くても、美しく設計され、

自分の求めていた音質を与えてくれるならば、、、。

どんなコスパの良い製品も霞んでしまいます

ほんの少しの音質の違いが、作品に大きな躍動を与えてくれます。

最高の質感に出会えたときが、ミュージシャンとしては最も幸せ!

費用対効果がとても低いアイテム

そして最後に、費用対効果がとても低いアイテムを。

それは

  • セールでなんとなく買ったプラグイン
  • セールでなんとなく買ったソフト音源
  • 根拠が怪しすぎるオーディオ向けアクセサリー

です。

これはもう(笑)

とはいえ、わかっちゃいるけどやめられない(買ってしまう)のがDTMerの性。

オーディオマニアの性です。

セールの時期は本当に罪なる季節ですよね( ・ὢ・ )

こないだwavesプラグインがセールだったので「これ使うかも!」と買ったんですが、

見事に全然使っていません!

またやっちまった(´⊙౪⊙)۶!!

懲りずにまた、やってしまいました。

DTMで買って失敗したアイテム7選、、、。

DTMアイテムを揃えていくのなら

以上のことから、DTMアイテムを綺麗に揃えていくのなら

  1. 電源環境構築!
  2. コスパの良いマイクとオーディオインターフェースを買う
  3. とにかく定番で評判の良いプラグイン類を中心に買う
  4. モニタースピーカーを買うならできたらサブウーファーもセットで

とやると、かなりスタイリッシュな、

ほぼ無駄のないDTMライフに一気に到達できるんじゃないかなと思います!

「電源環境は難しい、、、」となるのも当然かと思います。

だだ、本当におすすめなんですこれだけは

電源メーカーとかの人間ではありませんので悪しからず(笑)

ただのリーマンDTMブロガーです(`・ω・´)

audio-technica AT4040 単一指向性 大口径ダイアフラム
Audio Technica(オーディオテクニカ)
プロケーブル アイソレーション電源トランス 1500W 100V仕様
プロケーブル

オーガニックな質感を求めるほど費用がかかるようです

とても感覚的な話になりますが、オーガニックな質感を求めるほど高い機材が必要になる気がします。

逆にパキッとしたDTMサウンドらしい質感は比較的低予算でも作りやすいと思います。

例えばエレキギターだったら下手にマイク録音するより、

オーディオインターフェース直挿しの方が今時っぽい音に!

空気感、肉厚さは減りますがソリッドさが増します。

前述のコスパが良いアイテムを揃えればほぼOKでしょう!

 

そうではなく、あくまで生録っぽい音にこだわりたい方は、

残念ながらちょっと遠回りする必要があるかもしれません(-ω- )

 

どちらが良い悪いではなく、あくまで表現方法へのこだわり方の違いです。

闇雲に機材にお金をかける必要は全くありません。

自分が思い描いた音楽を作れるのならそれが全てです。

 

まとめ

DTMアイテムを費用対効果別に分けてみた記事でした!

これからも機材のレビューを書いていきますので、その中で考えが変化するかもしれません。

その時はまた更新させていただきます!

DTMをシンプルにデジタル方向で突き詰めるか、

オーガニックな質感重視でアナログを交えてトライアンドエラーしていくか。

作りたい音楽、表現したい世界観によって大きく変わりますね。

僕は今の所やっぱりオーガニック方向じゃないと嫌なのでそっちに進んで行きます( ・ὢ・ )

最後までお読みいただきありがとうございました!

高価なDTM機材ほど音が良いのは事実?”コスパが良い”の本当の意味とは
機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ