【キター!】サウンドハウスで最大20倍ポイントバック開始!

YAMAHA AG03のレビュー。配信の定番!音質はどう?比較音源ありマス

配信の定番オーディオインターフェースYAMAHA AG03

ミキサー型の一風変わったデザイン。

見るからに多機能を備えていそうな風貌です。

ところでDTM用途にも使えるのかな

ということで録音データも作りましたので、音質含め操作感をレビューさせていただきたいと思います!

箱をオープン

箱です。

YAMAHA製品なので、おまけの付属DAWはやはりCUBASE系

iPadで使えるCUBASIS LEがついてる模様。

他にもPC用にCUBASE AIが付属しています。

箱を開けたらいきなりかわいいイラストが!

そういえば初音ミクとコラボしたAG03も発売されていましたね。

おっと、本体が包まれています。

付属品はUSBケーブルのみ。接続方法は2.0になります。

おお!かわいい!白のオーディオインターフェースってあまり見ないですが良いですね!

パッと見コネクター部分が複雑そうですが、よく見るとイラストでわかりやすくアナウンスがされています。

とはいえ、なかなか機能が盛りだくさん。すぐには使いこなせなそう。

背面はとてもシンプルです。USBは2.0なので、最近のPCならどれでもOKですね。

先日購入したSSL2との大きさ比較。AG03の方が縦長ですがコンパクトです。

SSL2STEINBERG UR22Cはこのくらいの違い。

PCに繋げてみる

早速PCにつなげてみました。

インストーラが必要なのかな?と思いましたが、

スイッチオンしたら難なく点灯!

そしてPC側も一発で認識!

MacだとインストーラーなしでもOK?でした。

曲を流したらヘッドフォンからちゃんと音も出てきます。

わお、結構良い音です!

録音してみた!

ヘッドフォンからの音がなかなか良かったので、録音も期待大

早速音を録ってみました☚(꒪ټ꒪☚)

マイクはNeumann M149で

アコースティックギターを生録します。

マイクは本気のNeumann M149

僕の一張羅。

Neumann M149

このマイクは先日記事にしたSSL2導入レビュー!期待のオーディオインターフェース実力は如何に?でも使用しました。

記事内に比較音源としてSSL2STEINBERG UR22Cのデータがあるので、今回もこの時のデータと比較してみます!

SSL2

特にUR22CAG03比較機種として語られることが多いので、意味ある実験になれば!

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C サウンドハウス

録音したのはアコースティックギター2本。

左右にパンで振ってあります。

コンプやEQなどのプラグインは一個も挟んでいません

完全素のままの録り音です。

リズムだけはLogic Xの付属ループです。

音量はフェーダーで揃えていますが、ファイル毎にどうしてもばらつきが出てしまいます。

その点ご了承くださいませ。

YAMAHA AG 03

STEINBERG UR22C

SSL SSL2

SSL SSL2 4Kボタンon

録音の感想

並べて聞くと結構音量が違うような気がしますね、、、。

ただメーターは確認しながら揃えてはいるので、誤差はあれど音の質感の違いも影響しているはず。

揃え方が悪い可能性もあります。その点はすみません!

では、それも踏まえて感想を。

 

AG03一番抜けが悪く聴こえます。残念!

UR22Cの方が低域の鳴りも、音の輪郭もハッキリ聴こえますね。

SSL2は流石に価格が倍以上するだけあって、音の押し出しが一番強いです。

特に4kボタンをポチッとするとブースト感がすごい。

-4Kを押すとより音がくっきり-

録音用途ではAG03UR22Cには届かないかなという印象。

これはギターを弾いていた段階でも感じていました。

AG03のエフェクト機能も試しに録ってみたよ

AG03には備え付けのリバーブとコンプ/EQ が付いています。

ついでと言ってはなんですが、こちらもどんな具合なのか?かけながら録音してみました。

一応アップしておきます!

ノーマル

リバーブあり

コンプ/EQあり

う〜ん。微妙です。

一応専用ソフトでPCの方からエフェクトのかかり具合は変更できるよう。

とはいえ、おまけの域は抜けないかと思います。

DTMならプラグインで処理した方がずっと良さそう。

DTM用途でのAG03の微妙なところ

ここまでまあまあ不満が出てきていますが、、、

さらに録音用途でひっかかった部分があるのでそちらも。

AG03はモニターが少しやりづらかった

AG03は録音時、少しモニターしづらかったです。

音質もなんですが、赤丸の部分全てがモニターバランスに関わるのがちょっと複雑。

UR22Cだったら、

ここだけで済みます。しかもつまみの効き具合もDTMするのにちょうどいいバランスに収まっている感じ。

DTM用にはやっぱりUR22Cの方が向いているのかな?

ヘッドフォンアンプのS/Nが良くない?

これもモニターに関わる部分ですね。

ヘッドフォンアンプのS/Nがあまりよくないのかなと。

結構ホワイトノイズが大きい気がします。

UR22Cはほとんどノイズが聴こえません。

S/Nとは
シグナル/ノイズ比のこと。音声に対してノイズがどれだけあるのかという指標です。単位はデシベル。S/Nが悪いとボリュームを上げた時、サーというノイズがたくさん聴こえます

え?じゃあAG03って微妙なの?

いいえ。

そんなことは全くありません!

AG03は配信用に作られたものと割り切れば素晴らしい!

録音用途では何個か微妙な点ありますが、配信用のミキサーと捉えれば話は別

よくもまあこのサイズ、この値段にして、ここまでの多機能を詰め込みましたね!と。

 YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03  サウンドハウス

YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03 サウンドハウス

配信ということはLIVEなわけで

LIVEの面白さって音質じゃないんですよね。そんなのは正直どうでも良い

その場の熱量や、テンションが視聴者に伝わればいい。

その点において、AG03には必要なものが全て備わっています。

しかも15000円を切る価格で、、、!

そもそも開発された目線がDTM用の物とは違いますもんね。

勝手にその領域で比較記事を書いてしまって申し訳ございません(´⊙౪⊙)۶!

Shure SM58一本でもちゃんとよく録れます

Shure 58があれば配信もちゃんとできると思います。

もちろん、コンデンサーマイクがあった方がもっとクリアに収録できると思いますが。

手持ちの58 betaでも録音してみました。

AG03 + Shure SM 58 beta

こんな感じでバッチリアコギの音が録れます!

プラグインとか何もなし。

歌も同じ質感でいけるはず。

AG03 + Neumann  M149

比較用に先ほどの真空管マイクも再度貼っておきます。

比べても、58いいですよね!

録音の仕方だけ少し工夫すれば十分クリアにいけます。

AG03の良いところ

がっつりDTMするのには向きませんが、配信用としてなら素晴らしいマシン

実際未だに売れ続けているみたいですね。

僕的にここが良かった!という点を最後にピックアップして終わりたいと思います(((༼•̫͡•༽))) 

電源スイッチがついている!

これ。意外や意外。電源ボタンがついている機種があまりない中。

ついてます!

対抗馬UR22Cはもちろん、価格帯的に中級機種のSSL2にも電源ボタンはついていません

ON OFFはケーブルの抜き差しのみ

かなり原始的、、、。

ボタンがあるのはとても嬉しい。

フェーダーのボリューム操作が秀逸

フェーダーがあるおかげで、ボリュームの上げ下げが非常にスムーズに行えます。

つまみよりも直感的に音量操作が可能。

両者の差は0.3秒くらいかもしれません。

しかし体感的にはこの差はでかい

生配信の現場ではなおさらでしょう。

動きも滑らかで気持ちがいいです。

モニターの音は普通に良い音!

ヘッドフォンアンプのS/Nが微妙と書きましたが、音質自体はモニターする分には問題ないです!

上を見たらキリがありませんが、DTMでも初心者向けなら十分モニターできます。

めっちゃ良い音か?

と言うと、そうではないです。

おまけのエフェクトが配信現場で化ける!

エフェクトはおまけレベル

だなんて上から目線で先ほど書いちゃいましたが、、、、それはDTMでのお話

LIVE配信ではコンプやリバーブは非常に役に立ちます

生演奏や会話のテンションが上がった時、コンプがあればある程度音割れを防いでくれます

また、歌を歌う場合は雰囲気的にリバーブは必須でしょう。

それらをボタン一発でON OFFができる利点は計り知れません。

会話→生演奏→会話

「→」のタイミングでボタンをぽちっと押せばOK!!

これはUR22Cには無理な話ですね。

まとめ

というわけで、配信に大人気なAG03の秘密がわかった1日でした。

DTM用に使うことももちろん可能です!

ただ初めからDTMだけをやる目的ならUR22Cの方がおすすめですね。

今までレビューしてきた入門向けオーディオインターフェースを表にまとめました。

*下にもスクロールできます。

製品価格音質得意なとこ良いところ弱点付属DAW個別記事
UR22C

最新価格

良いDTM録音しやすい平均的CUBASE AI詳細レビュー
Scarlett 3g最新価格良い+DTMAIR機能とS/Nちょっと高め

Ableton Live Lite

Pro Tools First 

詳細レビュー
Rubix22最新価格良い聴くハイファイプリのS/N悪いAbleton Live Lite詳細レビュー
AG03最新価格普通配信機能豊富音が普通CUBASE AI詳細レビュー
SSL2最新価格良い++DTMプロっぽい音高い

Ableton Live Lite

Pro Tools First 

詳細レビュー
AUDIO 2最新価格良い+DTMコスパ最高

知名度低い

Ableton Live Lite

MASCHINE Essentials

詳細レビュー

UAC-2

最新価格良い+聴くモニターしやすい

ドライバが不安定

高い

Cubase LE

詳細レビュー

evo 4

最新価格良い+DTMコスパ最高

知名度低い

24bit96kHzまで

Cubase LE

詳細レビュー

それではお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ