本日の機材セール情報!

Shure SM58の凄いところを熱く語りたい!

マイクの大定番といえば、最早知らない人はいないであろうShureのSM58。

 

バンドをやったことがある方なら100%。

ライブハウスで好きなバンドをみたことがある方なら70%。

全然マイクになんて興味がない人で30%くらいは知っている、と言うか見たことがあるんじゃないかなと思うほど、マイクの形をしているマイク

 SHURE ( シュアー ) / SM58 サウンドハウス

SHURE ( シュアー ) / SM58 サウンドハウス

 

思えば、ShureのSM58以上にマイクらしいマイクって想像できません( ꒪⌓꒪)

ドラえもんのジャイアンでさえ58の形をしたマイクに小指を立てて「ボエー」ってます。

 

そんなSM58について、このマイクのどんなところがここまで定番となってシェアを伸ばしてきた理由であるのか。

また、初心者用、入門用、と言うイメージの強いマイクですが、プロの現場でもいまだに使われ続けているその理由についてのちょっとした考察についても書いて見たいと思います。

ある意味、もっとも完成され尽くした体脂肪のないマッチョマイクと言える58を掘り下げてみましょう( ꆤωꆤ )y─┛!!

とにかく頑丈!

SM58は、あらゆるマイクの中でもとにかく耐久性に優れています

 

ということでどれだけ優れているのかを他のマイクタイプも交えてみていきましょう。

 

マイクにはざっと大きく分けると、3つのメジャーなタイプに分けることができます。

  • リボンマイク
  • ダイナミックマイク(58はこれ
  • コンデンサーマイク

リボンマイクはちょっと詳しい人じゃないと、なかなか耳にしないタイプのマイクだと思いますが、ダイナミックマイクコンデンサーマイクはDTMをやっている方やバンドマンであればよく耳にするワードだと思います。

 

それぞれのマイクタイプの耐久性をざっとあげてみます。

 

リボンマイクは虚弱!

リボンマイクは今では大昔のタイプと言えてしまうくらい、ヴィンテージなマイクに多いタイプです。

RCAという真空管でも有名な米国のメーカーの77DXが代表的ですかね。

一見すれば「あ、なんか見たことあるかも」って出で立ちの、カッチョ良いマイクです。

転載元URL

リボンマイクの特徴としては、

 

  • 音にまろやかさがある
  • 出力が低いのでS/Nが悪い
  • ローファイな温かみ
  • ジャズボーカリスト臭がすごい

 

と言う感じで、とにかくいい意味で「古い」音がします。

そして壊れやすい。

管理をしっかりしないといけませんし、歌うときの息が強いと、中の薄い部品が破れてしまうと言う、なかなかセンシティブなおマイク。

 

つまり、一般的使用には向きません

 

わかってる人が意図的に使わないと、残念にしかならない分、ハマればたまらん質感を生み出してくれるのがリボンマイク。

玄人向けです。

 

コンデンサーマイクは軟弱!

そしてお次がコンデンサーマイク。

リボンマイクとは違い、とにかくハイファイさがグッと引き伸ばされて、真逆とも言えるリアリティー溢れる音響表現を可能にした現代的な音が特徴。

代表的なマイクといえば、NeumannのU87やRODEのNT1などでしょう。

両者は値段が天と地ほども違いますが、、、、コンデンサーマイクの特徴はバリバリに出ています。

音をとにかくクリアに、リアルに収録してくれるのがコンデンサーマイク。

 

ただ、こちらもリボンマイクほどではないですが、ほぼ同じくらい注意しながら使わないと壊れてしまう可能性が高いです。

特に衝撃と湿気には要注意!

日本は欧米に比べて高温多湿な環境ですから、コンデンサーマイクがダメになるスピードが早いとも言われています。

沖縄のスタジオのマイクは特に、残念な個体が多いので、中古で買う際は気をつけないと、、、なんてことも言われちゃってたり。

 

とにかく湿度管理を徹底しないと、コンデンサーマイクの部品(カプセル)はすぐにダメになってしまいます。

 

つまり、一般的使用には向きません

 

室内でしっかり管理運用しないと、いけないのはリボンマイクと一緒です。

 

ダイナミックマイクはムキムキ!!!

そしてSM58のタイプ、ダイナミックマイクに話は移ります。

 

ダイナミックマイクは総じて、手からすっぽ抜けて床にぶつかってもまず壊れません。

唾をバシバシ飛ばし、汗まみれで熱帯雨林よろしく高温多湿な暑苦しいライブをしても壊れません。

イライラがピークになり、壁におもいっきり投げつけても、多分、、、、壊れません。

 

それくらい、とにかく作りが頑丈です。

 

この頑丈さは、内部に使われている部品の構造によるのですが、ざっくり言うと部品と部品が「ブレ」たり、「外れる」隙間がないこと大きな要因となっています。

、、、とここら辺は、本筋とずれてきてしまうので割愛しますが、とにかくリボンマイクやコンデンサーマイクとは、構造上の強固さが段違いなんですね。

 

それゆえ、マイクの使い方に不慣れな人が使っても壊れにくいため、多くの場所に普及しているのがダイナミックマイクなのです。

ですので、この点では、特に58だけが頑丈なのではなく、ダイナミックマイクと言う作りが定番となっている一つのポイントと言えます。

 

価格が安い!

SM58は、あらゆるプロ用マイクの中でも最安に位置付けています。

その理由についてみていきましょう。

 

頑丈なゆえ、広く普及しているダイナミックマイク(58もこのタイプ)

マイク自体を形成しているパーツも、コンデンサーマイクに比べて極端に少ないため、とにかくコストが抑えられます。

その上生産数も多くなってくると、必然的に一本あたりの価格も下がってきますよね。

 

スタジオやライブハウスのような不特定多数の人が使い、且つストックの本数が大量に必要になってくるような施設では、壊れにくく安いと言う点は非常に重要なポイント。

こう言うこともあり、58が輪をかけたように、爆発的に導入されていきました。

 

それでは他のタイプのマイクの価格はどうなんでしょうか。

 

リボンマイクは、まぁ、おハイソさん!!

リボンマイクは、構造は単純ですが、こちらも音質や繊細さんの面で、必要とする人の絶対数が少なくなるため(マニアックな質感)、どうしても一本あたりの価格は高くなってきます。

欲しい人しか欲しくない音質とも言えます。

しかし、すごくトロミがあっていい音なんですよね、、、、。

 

現行品でもロイヤーなどが、現代風にリアレンジしたリボンマイクをリリースしていますが、やはり高級なマイクになります。

こちらは音質的にも解像度が高く、その上リボンマイク独特の風味が見事に乗っかっている逸品です。

 ROYER ( ロイヤー ) / R121  サウンドハウス

ROYER ( ロイヤー ) / R121  サウンドハウス

 

これエレキギターの録音にマジでめっちゃいいんですよね、、、、。たまらない。欲しいなあ。

リボンマイクがよく使われるのは、やはりレコーディング現場が多いのではないでしょうか?

管理をしっかりできる環境がどうしても必要になってきてしまいますからね。

 

コンデンサーマイクも、やっぱ高い!

コンデンサーマイクも単価が高くなってきます。

これは、中身のパーツ類がダイナミックマイクの比にならないくらい多くなってくるのと、その繊細さから扱うシーンがどうしても限られてきてしまうので、市場に流れる絶対数がどうしても下がってくるのでしょうがないです。

U87はいつ眺めてもいい音がしそうです、、、。

 NEUMANN ( ノイマン ) / U87Ai  サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / U87Ai  サウンドハウス

 

しかし近年では、低価格のコンデンサーマイクが色々なメーカーからリリースされてかなり値段がこなれてきました。

DTMer人口が増加してきたのも、コンデンサーマイクの低価格化に貢献しているはず!

 

 RODE ( ロード ) / NT1-A  サウンドハウス

RODE ( ロード ) / NT1-A  サウンドハウス

僕らに同じみのRODEコンデンサーマイク。

2万円で、マイクケーブルとかポップガードまで付いてきちゃうなんて、、、すごい時代。

 

コンデンサーマイクは、ライブ現場でもドラムのトップや、緩やかめな音楽性のボーカルに使われたりしますね。

ドラマーがオーバーアクションでシンバルを叩く時、トップのマイクが心配になってしまうリスナーは、多分僕だけでしょう、、、。

関係ないのに、ヒヤッとします。

 

ダイナミックマイクは、やっぱ安い!

コンデンサーマイクも価格は下がってきましたが、

それでもやはり、ダイナミックマイクは安いです。

壊れにくいので、個人使用ですとなかなか「買い換える」ということもないマイクですが、ライブハウスやリハスタなんかでは、やはり買い換える頻度も高くなってくると思いますので、1万円ほどの価格はとても助かっているはず。

 

とは言え、コンデンサーマイク同様、近頃ではハイエンド寄りなダイナミックマイクも登場しており、安価なコンデンサーマイクよりも高価なものも販売されていたりします。

音質も、まるでコンデンサーマイクかのような解像度のものも。

 TELEFUNKEN ( テレフンケン ) / M80 RED w/ CHROME サウンドハウス

TELEFUNKEN ( テレフンケン ) / M80 RED w/ CHROME サウンドハウス

これとか、音質がコンデンサーマイク並です。

この赤バージョンかっこいい、、、。

 

Telefunken M80でダイナミックマイクはこもるというイメージは、完全破壊された

 

 

逆にくそやっすい、58のパチもんみたいのもあります(((;꒪ꈊ꒪;)))

 

 CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CM5 サウンドハウス

CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CM5 サウンドハウス

 

これ1000円ちょいです、、、、、。

58の値段を出すなら10本買えちゃいます。どう言うことだ。

音がどんな感じなのか、すみません僕は聞いたことないですが、サイトのレビュー数が半端ないので、かなり導入している人が多い様です。

しかも割と評価が良いのが気になります。

DTM用途で、じっくりEQを弄りながらこのマイクの音作りを研究していくのも、また違った意味でかなり面白そうですね、、、、。

必ずしも高いものが、いい結果を出してくれるとは限りませんからね(((༼•̫͡•༽)))

 

とは言え、この58丸出しのフォルムは権利的に大丈夫何だろうかと、ちょっと心配、、、。

 

価格面ではやはりダイナミック、不動のリーズナブルさは揺らぎません。

 

基本の音!

ここまでマイクのタイプで58の持ち味を書いてきましたが、ここからはより58の個性に近づいていきたいと思います。

 

58はダイナミックマイクで、ダイナミックマイクはとにかく普及しやすい特徴を持っていました(安い、頑丈、素人にも使える)

 

しかし、ダイナミックマイクは今まで数え切れないほどの機種が作られてきたはずですが、どうして58はその中でスタンダードの地位に登りつめることができたのでしょうか?

 

それは紛れもなく、普遍的な個性を持った音を鳴らしていたからに他なりません。

 

Shureがそこまで狙って設計したのかは不明ですが、結果的に58はある種完成された音に到達しました。

 

そう、このマイクは穴がないんです。

 

文句のつけようがない

 

注文のつけようはいくらでもあるかもしれませんが、文句のつけようがないんですね。

 

ということで、当然音質的にも非常に優れています。

 

普遍的。そして個性的。

 

決してつまらない音なんかじゃないところが眩しいです。

 

そう言う背景もあって、まず「マイクの音と言えば58」と、いつしか多くの人が聞いた時に、安心する音に置き換わっていったのではないでしょうか。

 

そのうえ、めっちゃいい音

 

ところで、58の音に関してですが、こもってて抜けが悪い、イメージありませんか?

 

 

今日も音、こもってんな〜、5(‘A`)y-~8

 

と。

 

僕も10代の頃バンドをやっていたとき、ある程度機材にも慣れてきたあたりで同じようなことを思っていましたし、

抜けが悪くても「まあ、どこにでもある安いマイクなんだからこんなもんだよね」と、普通にそう思い込んでいました。

 

現にゼンハイザーの少し値が張るものを背伸びをして手に入れた時に(僕はギタリストだったので、コーラスでしか使わないのですが)その音の抜け具合に、

 

キタコレーーc(゚∀゚∩)!!

 

となりましたし、全力で周りのバンド友達にゼンハイザーのマイクに関するウンチクをまき散らしていました。

 

けれどもあれから10年以上の月日が経ち、働くようになり、半ば趣味ではありますが音楽を続けてきたなかで出会ったたくさんのマイクたちと、改めて比較してみたら、

 

「あれ?58ってめっちゃ音よくね、、、?」

 

とある時から、認識がガラッと変わったのでした。

 

特にマイクの使い方への気遣いを少し変えるだけで、58はこもることもなく、素晴らしい音を鳴らしてくれます。

 

今では積極的にまた58をあえて使うようになるくらい、好きな音色!

 

Shure58のライブでのオススメの使い方

 

ご存知の方には「なんだそんなことか、、、」と思われてしまう事でしょうが、

僕も頭では解っていたけれど、実際に体験した時に「むむむ!」となりましたので、上級者の方はここからスルーしてください༼ꉺɷꉺ༽すみません。

 

このShure58の音が「もこもこして抜けが悪い」という大きな理由は、近接効果という、音源がマイクのダイアフラムに近づきすぎて低域が膨らむ現象のせいです。

 

Voの方は特にですが、ライブやリハーサルで、マイクのグリルが隠れてしまうくらいがっつり握ぎりこみながら口が金属に触れてしまうくらい近づけて歌ったりしていませんか?

 

これはプロのヴォーカリストを見ていてもたまに見られる現象です。

 

特にラッパーとかは意図してそのような歌い方をしていますよね?

 

あれは、わざと言葉をパンチの固まりのようにする為のテクニックであるだけで、ロックバンドなんかですと、声に抜けが欲しい場合やめたほうが良い握り方です。

 

いって↑のところまでで握るのはやめておいたほうがよいです。

 

本当はグリルの下が一番良いんですけど、握り方の見た目のかっこうよさもありますからね。

 

あとは、口をギリギリまで近づけて歌うよりも、少し放して歌う方が抜けは良くなります。なるべく音量を稼ごうと近づけたくなるんですけど、音量調整はミキサーでゲインを上げるか、バンドならばバンド全体の音量を下げて、バランスをとるようにしたいところです。

 

、、、だいたいギタリストが爆音ってパターンで(かつての僕ʕʘ‿ʘʔ)、他パート楽器も音量が上がっていく傾向が強いので、バンドメンバーはもう少しボーカルさんに優しくしてあげましょう。

生音では他の楽器に到底勝てないポジションですのでね。

しかも主役は誰なのか。

 

この意識だけでも、最終的な出音は、SM58でも相当良くなるはずです。

 

すると、他のマイクに変えた時も、さらにそのマイクの特徴が色濃く現れるはずです。

 

Shure58のRecでのオススメの使い方

 

レコーディングでも、条件が揃えばすごく良い質感で音がとれます。

 

使い方としての意識は、やはり近接効果がでないよう、一定の距離を保つようにマイクスタンドから離れてポジションをとること。

しかも、こんなに離れる?ってくらい一度口から距離をとってみてください。

 

50cm〜40cmほど。

 

そこから前後の調整をしてみてください。

 

どこかに必ず声が遠からず近からず、そしてクリアで芯のある鳴りのポイントがあるはずです。

 

ダイナミックマイクですから、部屋の残響音もコンデンサーに比べて拾い辛いので、このくらい放しても反響はあまり気にならないと思います(これは各々の録音環境に作用されると思いますが僕基準です)

 

あと、グリルケースをスポンジごと外す事。

 

距離がとれるので、このポップガードの役目をしている部分がいりません。

 

音がよりクリアになりますよ!

 

 

それと、できたら割としっかりとしたマイクプリアンプがあるとベストです。

 

ここから先は上級者の方じゃないと厳しいかもしれませんが、しっかりしたプロユースのマイクプリがあると、コンデンサーマイクや真空管マイクでの録音にも対抗出来る、「味違い」の音で選択肢に入れる事ができますよy( ꒪◊꒪)y

 

ヴィンテージの真空管マイクプリとか使えたら、とてもクリスピーで立体的な音像になります。

しかも扱いやすい音。

 

声量がかなり大きいボーカルさんだと、コンデンサーマイクよりもダイナミックマイクの方が扱い易い場合があると思います!

音も必要な情報だけぎゅっと集まりますし、かっこよきかと。

 

そう、マイクプリにまでこだわった上で58を使い出すと、すんげーこのマイクの良さが身に沁みてくるようになるんですよ!

 

芯がしっかりしていて、ほんと素敵。

 

うーん、マンダム。

 

【2018年度】ガチおすすめのマイクプリアンプTOP3!!【入門編】

 

でもやっぱり、もうちょっと抜けをよくしたい、、、

という場合は、BETA58aBETA57aという機種を試してみましょう。

 

さんざん58で十分だ的な文章を書いておいてアレですが、個人でマイクをわざわざ所有するのなら、BETAの方が更に使えるのでおすすめです(´∀`;●)。

ちょっとだけ値段が高いですが、どうせ導入するのならこっちのが絶対良い!

 

SHURE ( シュアー ) / BETA58A サウンドハウス

SHURE ( シュアー ) / BETA57A サウンドハウス

 

抜けがさらに良いです。コシもしっかりあります。

 

値段が高い以外は、58に比べてマイナスポイントは一切ありません。

たくさん所持する必要がない場合は、いきなりBETA58aを所持してしまった方がストレスはないかもしれませんね!

 

ぼくも2本持っていますが、大事に使えば10年経っても全然音質は劣化しません。

BETA57aは58タイプよりも指向性が狭いので、歌に使う場合は少し扱いが難しいです。

 

BETA58aが無難ですね。

 

まとめ

ということでちょっと脇道にもそれながら、長々と58について書いてきましたが、このマイクは底が知れません。

色々なマイクに触れて、戻ってくるたびにまた新しい顔を見せてくれます。

そして音を聞くとやっぱり安心する、、、。

 

もう、ふるさとですね(笑)

 

昔エレキギターのマイキングに58をたてているPAさんがいらっしゃって、お話しする機会があったので、どうしてわざわざ58を使っているのかを尋ねたことがありました。

 

すると返ってきた答えが、

 

「だって、めっちゃいい音なんだもん」でした。

明快!

 

プロでもやっぱりそう思う音なんだなー、となぜか僕も嬉しくなった次第であります。

 

音質研究や、レコーディング研究を自分でする上でも、一本持っておくとリファレンスになり、大変便利ですので、チャンスがあったら是非導入してみてください!

 

最安値は普通の58もBetaもぶち抜きでサウンドハウスですね。

1000円くらい他店の売値と違うので、おすすめ!

58には偽物が出回っているなんて話もあるので、下手に安いものや、大手ではないお店、オークションからの購入はなるべく避けた方が無難でしょう、、、。

サウンドハウスならその点も安心です。