MENU
サウンドハウスで新春SALE開催中!

Shure SM58の凄いところを熱く語りたい!

マイクの大定番Shure SM58

一体何でこんなに有名なんでしょうか?

どこがそんなに凄いの?

[box class=”box29″ title=”音がこもるのを秒で解決したい方はこちらへ”]

    バンドをやったことがある方なら100%知っているマイク。

    ライブハウスで好きなバンドをみたことがある方なら70%は知っているはず。

    全然マイクになんて興味がない人でも30%くらいは知っているんじゃないか??と思うほど、マイクの形をしているマイク

     SHURE ( シュアー ) / SM58 サウンドハウス

    SHURE ( シュアー ) / SM58 サウンドハウス

    思えば、ShureのSM58以上にマイクらしい形のマイクって想像できませんね( ꒪⌓꒪)

    初心者用、入門用、と言うイメージの強いマイクですがプロの現場でもいまだに使われ続けています。

    身近すぎて本当のスゴさに気付き辛いこのマイク。

    最早完成され尽くしたと言っても過言ではないSHURE SM58の世界を、掘り下げてみましょう( ꆤωꆤ )y─┛!!

    目次

    Shure SM58はとにかく頑丈!

    SM58はあらゆるマイクの中でもとにかく耐久性に優れています

    ということでどれだけ優れているのかを他のマイクタイプも交えて比べてみます。

    マイクにはざっと大きく分けると、3つのメジャーなタイプに分けることができます。

    • リボンマイク
    • ダイナミックマイク(58はこれ)
    • コンデンサーマイク

      リボンマイクは音響に詳しい人じゃないと、なかなか耳にしないタイプのマイクだと思いますが、ダイナミックマイクコンデンサーマイクはDTMをやっている方やバンドマンであればよく耳にするワードではないでしょうか。

      それではまず、それぞれのマイクタイプの耐久性をざっとご紹介。

      リボンマイクは虚弱!

      リボンマイクは、ヴィンテージなマイクに多いタイプ。

      仕組みも古いです。

      RCA 77DXが代表的ですね。

      RCA 77-D Ribbon Microphone #1324 (Vintage): Multi-pattern ribbon microphone | eBay

      「あ、なんか見たことあるかも」って気がしませんか?古い映画にも出てきそうなデザイン。

      RCAは真空管でも有名です。

      リボンマイクの特徴としては、

      • 音にまろやかさがある
      • 出力が低いのでS/Nが悪い
      • ローファイな温かみ
      • ジャズボーカリスト臭がすごい

        と言う感じで、とにかくいい意味で「古い」音がします。

        しかし壊れやすい

        管理をしっかりしないといけませんし、歌うときの息が強いと中の薄い部品が破れてしまうと言う、かなりセンシティブなマイク

        つまり、一般的使用には向きません

        わかってる人が意図的に使うようなマイク。

        けれど、ハマればたまらん質感を生み出してくれます。玄人向け。

        コンデンサーマイクは軟弱!

        そして、コンデンサーマイク。

        リボンマイクとは違い、とにかくハイファイ方向に進化したマイク

        リアリティー溢れる音響表現を可能にした現代的な音が特徴

        DTMer的に思い浮かぶのは、やはりNeumann U87RODEのNT1などでしょうか。

         NEUMANN ( ノイマン ) / U87Ai 定番コンデンサーマイク サウンドハウス

        NEUMANN ( ノイマン ) / U87Ai 定番コンデンサーマイク サウンドハウス

         RODE ( ロード ) / NT1-A コンデンサーマイク サウンドハウス

        RODE ( ロード ) / NT1-A コンデンサーマイク サウンドハウス

        音をとにかくクリアに収録してくれるのがコンデンサーマイク。

        ただ、リボンマイクほどではないですが、こちらも注意しながら使わないと壊れてしまう可能性が高いです。

        特に衝撃と湿気には要注意!

        日本は欧米に比べて高温多湿な環境ですから、コンデンサーマイクがダメになるスピードが早いとも言われています。

        湿度管理を徹底しないと、コンデンサーマイクの部品(カプセル)はすぐにダメな状態に。

        レコーディングスタジオではデシケーター(防湿庫)で保管するのが常識。

        つまり、一般的使用には向きません

        室内でしっかり管理運用しないと、いけないのはリボンマイクと一緒です。

        ダイナミックマイクはムキムキ!!!

        そしてSM58のマイクタイプ。

        ダイナミックマイクはとにかく頑丈

        手からすっぽ抜けて床にぶつかってもまず壊れません。

        高温多湿な暑苦しいライブをしても壊れません。

        イライラがピークになり壁におもいっきり投げつけても。

        多分、、、、壊れません。

        それくらい作りが頑丈です。

        この頑丈さは、内部に使われている部品の構造によります。

        ざっくり言うと部品と部品が「ブレ」たり「外れる」隙間がないこと大きな要因となっています。

        リボンマイクやコンデンサーマイクとは、構造上の強固さが段違いなんですね。

        そのためマイクの使い方に不慣れな人が使っても壊れにくいので、ダイナミックマイクは多くの場所に普及しています。

        やべー動画です。

        58を車で潰しても使えるのか実験してます(笑)

        Shure SM58は価格が安い!

        そんな頑丈な58ですが、ご存知の通り。

        あらゆるプロ用マイクの中でも価格帯が最安

        品質が悪いからじゃありません。

        品質が良いから安いんです。

        その理由について。

        売れてて部品が少なくて安いから、また売れて安くなる

        頑丈なゆえ、広く普及しているダイナミックマイク

        マイク自体を形成しているパーツも、コンデンサーマイクに比べて極端に少ないため、とにかくコストが抑えられます。

        その上生産数も多い。

        すると必然的に一本あたりの価格も下がってきますよね。

        スタジオやライブハウスのように、不特定多数の人がマイクを使い、且つストックが大量に必要になってくるような施設では、壊れにくく安いと言う点は非常に重要なポイント。

        結果、爆発的に音楽関係各所に導入されていき、また安くなる。

        まさに正のスパイラル。

        Shure58は流石にもうブランド化しているのでこれ以上安くはならないと思いますが、

        現在でも売れまくっています

        さて、それに比べ他のタイプのマイクの価格はどうなんでしょう?

        リボンマイクは、高級品!!

        リボンマイクは構造は単純です。

        しかし必要とする人の絶対数が少ないため(マニアックな音質)、どうしても一本あたりの価格は高くなってきます。

        欲しい人がとにかく欲しいマイク。

        すごくトロミがあっていい音なんですよ、、、、。

        現行品ではロイヤーが、現代風にリアレンジしたリボンマイクをリリースしていますが、やはり高級なマイクになります。

        ロイヤーのマイクは音質的にも解像度が高く、その上リボンマイク独特の風味が見事に乗っかっている逸品。

         ROYER ( ロイヤー ) / R121  サウンドハウス

        ROYER ( ロイヤー ) / R121  サウンドハウス

        これエレキギターの録音にマジでめっちゃいいんですよね、、、、。

        リボンマイクがよく使われるのは、やはりレコーディング現場が多いのではないでしょうか?

        管理をしっかりできる環境がどうしても必要になってきてしまいますからね。

        コンデンサーマイクも、やっぱり高級品!

        コンデンサーマイクも単価が高くなってきます。

        その繊細さから扱うシーンがどうしても限られてきてしまうため、売れる絶対数がどうしても少ないからですね。

        また、中身のパーツ類がダイナミックマイクの比にならないくらい多いです。

        コストもかかっています。

        しかし近年では、低価格のコンデンサーマイクがリリースされかなり値段がこなれてきました

        DTMer人口が増加してきたのも、コンデンサーマイクの低価格化に貢献しているはず!

         

         RODE ( ロード ) / NT1-A  サウンドハウス

        RODE ( ロード ) / NT1-A  サウンドハウス

        RODEコンデンサーマイクは、2万円でマイクケーブルやポップガードまで付いてきちゃいます。

        コンデンサーマイクはライブ現場でもポイントポイントで使われます。

        ドラムのトップに使ったり、プロならボーカルで使う場合も。

         AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク サウンドハウス

        AKG ( アーカーゲー ) / C451B コンデンサーマイク サウンドハウス

         SHURE ( シュアー ) / BETA87A ボーカル用コンデンサーマイク サウンドハウス

        SHURE ( シュアー ) / BETA87A ボーカル用コンデンサーマイク サウンドハウス

        ダイナミックマイクは、やっぱり安い!

        コンデンサーマイクも価格は下がってきましたが、

        それでもやはりダイナミックマイクは平均的に安いです。

        だから58もお手ごろです。

        壊れにくいので「買い換える」ということもない滅多にないマイクタイプですが、

        ライブハウスやリハスタなどでは買い換える頻度も高くなってくると思いますので、1万円代で買える価格はとても助かっているはず。

        しかし近年ではハイエンド寄りなダイナミックマイクも登場しており、安価なコンデンサーマイクよりも高価なものも販売されていたりします。

        音質もまるでコンデンサーマイクのような高解像度

         TELEFUNKEN ( テレフンケン ) / M80 RED w/ CHROME サウンドハウス

        TELEFUNKEN ( テレフンケン ) / M80 RED w/ CHROME サウンドハウス

        これとか音質がコンデンサーマイク並です。

        かっこいいです。

        逆にくそやっすい、58のパチもんみたいのもあります(((;꒪ꈊ꒪;)))

         

         CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CM5 サウンドハウス

        CLASSIC PRO ( クラシックプロ ) / CM5 サウンドハウス

         

        これ1000円ちょいです、、、、、。

        どう言うことだ?

         サイトのレビュー数が半端ないのでかなり導入している人が多い様。

        しかも割と評価が良いのが気になります。

        必ずしも高いものがいい結果を出してくれるとは限りませんからね。

        価格面ではやはりダイナミック、不動のリーズナブルさは揺らぎません。

        Shure SM58は基本の音、なのに個性的!

        ここまでマイクタイプ別の特徴を絡めて、58の持ち味について書いてきました。

        ここからはより58の個性に近づいていきたいと思います。

        58はダイナミックマイクで、ダイナミックマイクはとにかく普及しやすい特徴を持っていました

        • 安い
        • 頑丈
        • 素人にも使える

          しかし今まで数え切れないほどたくさんのダイナミックマイクが作られてきたはずですが、どうして58はその中でスタンダードの地位に登りつめることができたのでしょうか?

          それは紛れもなく普遍的な個性を持った音を鳴らしていたからに他なりません。

          Shureがそこまで狙って設計したのかは不明ですが、結果的に58はある種完成された音に到達しました。

          そう、このマイクは穴がないんです。

          文句のつけようがない

          注文のつけようはいくらでもあるかもしれませんが、文句のつけようがないんですね。

          ということで、当然音質的にも非常に優れています

          普遍的。そして個性的

          決してつまらない音なんかじゃないところが眩しいです。

          そう言う背景もあり、まず「マイクの音と言えば58」と。

          いつしか多くの人が聞いた時に安心する音に置き換わっていったのではないでしょうか。

          58って音がこもってる?

          ところで、58の音に関してですがこもってて抜けが悪いイメージがありませんか?

          今日も音、こもってんな〜、5(‘A`)y-~8

          と。

          僕もバンドをやっていたとき、同じようなことを思っていました。

          しかしそれから10数年、趣味ではありますが音楽を続けてきたなかでたくさんのマイクと出会い、今では58の認識は180度変わっています

          -愛機Neumann CMV 563-

          「あれ?58ってめっちゃ音よくね、、、?」って。

          マイクの使い方への気遣いを少し変えるだけで、58はこもることもなく素晴らしい音を鳴らしてくれるのだなって。

          今では積極的に58を使うことも多くなりました。

          もう、こもらない!Shure58の正しい使い方(ライブ編)

          Shure58の音がもこもこして抜けが悪いと感じる大きな理由は、近接効果のせい。

          [“近接効果とは?”]音源(口)がマイクのダイアフラムに近づきすぎて低域が膨らむ現象です。

          ハンドマイクで歌うVoの方は特にですが、マイクのグリルが隠れてしまうくらい握ぎりこんで歌っていませんか?

          -これ↑やるとこもります

          また口がグリルに触れてしまうくらい近づけて歌ったりしていませんか?

          これがこもる原因です。

          これはプロのヴォーカリストを見ていてもたまに見られる現象です。

          特にラッパーとかは意図してそのような歌い方をしていますよね?

          あれは、わざと言葉をパンチの固まりにするテクニックなので、声に抜けが欲しい場合はやめたほうが良い握り方です。

           

          ↑のところまでで握るのはやめておくべき。

          本当はグリルの下が一番良いんですけど、握り方がかっこ悪いとしょうがありませんからね。

          あとは、口をギリギリまで近づけて歌わず、少し離した方が抜けが良くなります。

          なるべく声量を稼ぐために口を近づけたくなるのは100も承知ですが、

          • 声が小さかったらミキサーでゲインを上げる
          • バンドなら楽器全体の音量を下げてバランスをとる

            こっちの方がクオリティーは上がります。

            だいたいギタリストが爆音ってパターンが多いでしょう?(僕です。反省)

            バンドメンバーはもう少しボーカルさんに優しくしてあげましょう〜!

            生音では他の楽器に到底勝てないポジションですので。

            主役は誰なのか?

            この意識だけでも、最終的な出音はSM58でも相当良くなるはずです。

            他のマイクに変えた時も、さらにそのマイクの特徴が色濃く現れるはず。

            もう、こもらない!Shure58のRecでのオススメの使い方

            レコーディングでも条件が揃えばとても良い質感で演奏を収録できます

            以下の音源はSSL2導入レビュー!期待のオーディオインターフェース実力は如何に?という別記事で58を使った録音を試したもの。

             

            アコースティックギターを録りましたが、こもっていないですよね?

            ちなみにEQやコンプは一切かけていません。

            どう録るのがおすすめか?ということですが。

             

            一番大事なのは近接効果が出ないよう、マイクスタンドから一定の距離を保ったポジションをとること。

            こんなに離れる?ってくらい試しに一度マイクから距離をとってみてください。

            50cm〜40cmほど。

            そこから始めて前後の調整をしてみると良いです。

            どこかに必ずクリアで芯のある鳴りのポイントがあるはずです。

            ダイナミックマイクですから部屋の残響音も拾い辛いので、距離を離しても残響はあまり気になりません(環境によりますけども)

            あと、グリルケースをスポンジごと外すのが効果的

             

            距離をとって録音するのなら、ポップガードの役割でもあるグリルはいりません。

            グリルを外すとより音がクリアになりますよ!

            オーディオインターフェース直でもクリアに録れますが、

            更に、しっかりとしたマイクプリアンプ使うとベストです。

            音の存在感がぐっと上がります。

             FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One Analogue マイクプリアンプ サウンドハウス

            FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One サウンドハウス

            マイクプリまで揃えるのは上級者じゃないと厳しいかもしれません。

            しかしプロユースのマイクプリがあると、コンデンサーマイクや真空管マイクにも対抗出来る音になります。

            味違い」ってやつです。

            真空管マイクプリと合わせると、それはそれはとてもクリスピーで立体的な音像に、、、。

             UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / SOLO/610 サウンドハウス

            UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / SOLO/610 サウンドハウス

            しかも扱いやすい音。

            声量が大きいVoさんには、実はコンデンサーマイクよりダイナミックマイクの方が良い結果になるパターンもあります。

            必要な情報だけぎゅっと集まりますし、力強くかっこいい音に。

             

            そうなんです。

            マイクプリにこだわった上で58を使い出すと、すんげーこのマイクの良さが染みてくるようになるんです。

            芯がしっかりしていて、ほんと素敵。

            でもやっぱり、もうちょっと抜けをよくしたい、、、

            という場合はBETA58aBETA57aという機種を試してみてください。

            さんざん58最高!と書いておきながらあれですが、わざわざ買うのならBETAの方が更に使えるのでおすすめです(´∀`;●)。

            ちょっとだけ値段が高いですが、どうせ導入するのならこっちのが絶対良い!

             

            SHURE ( シュアー ) / BETA58A サウンドハウス

            SHURE ( シュアー ) / BETA57A サウンドハウス

             

            抜けがさらにUP!コシもしっかりあります。

            値段が少し高い以外は58と比較してマイナスポイントは一切ありません。

            たくさん所持する必要がない場合は、いきなりBETA58aを所持してしまった方がストレスはないかもしれませんね!

            大事に使えば10年経っても全然劣化しません。

            BETA57aは58タイプよりも指向性が狭いので、歌に使う場合は少し扱いが難しいです。

            【国内正規品】SHURE ダイナミック マイクロフォン BETA58A
            SHURE
            SHURE ダイナミックマイク BETA 57A【国内正規品】
            SHURE

            Shure SM58のまとめ!

            ということで脇道にもそれながら長々と58について熱く語ってしまいました。

            とにかくこのマイクは底が知れません

            色々なマイクに触れて、戻ってくるたびにまた新しい顔を見せてくれます

            音を聞くとやっぱり安心する、、、。もう、ふるさとですね(笑)

            レコーディング研究をする上でも一本持っておくとリファレンスになり、大変便利ですのでチャンスがあったら是非導入してみてください!

            最安値は普通の58もBetaもぶち抜きでサウンドハウスですね。

            1000円くらい他店の売値と違うので、おすすめ!

            58には偽物が出回っているなんて話もあるので、サウンドハウスならその点も安心でしょう。

            最後までお読みいただきありがとうございました!

            DTM DRIVER!のアナログリアンプサービスについて

            当サイトではプロ仕様のアナログ機材を使用したリアンプサービスを行っております!

            プラグインでは埋まらない音の隙間を整えたい時、是非ご利用ください(´◔౪◔)◞

            リアンプサービスをおすすめする方
            • アナログ実機とプラグインの違いを自分の楽曲で確かめてみたい
            • 本格的な音をリーズナブルな価格で試してみたい
            • メイントラックの質感を整えたい
            • 2MIXにアナログ感を加えたい
            • PC内で作る音の質感が苦手
            • アウトボードを導入するかどうか迷っている
            • 音が薄い気がする
            • 実機を買う前に質感を試したい

            こんな方に特におすすめです!

            詳しくは以下のページをご覧ください→

            お得に機材をゲットしよう!

            サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

            Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

            PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

            Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

            ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

            この記事が気に入ったら
            フォローしてね!

            よろしければシェアしてください
            URLをコピーする
            URLをコピーしました!