サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

Logicのサンプルレートとビットを変更する方法

Logicのビットとサンプルレートを変更する方法です(´◔౪◔)◞

ハイレゾレコーディングをしたい時に必須の設定です!

サンプルレートを変更する

サンプルレートを変更する場合

「ファイル」→「プロジェクト設定」→「オーディオ」を開きます。

赤線のところをクリックすると、

サンプルレートが選べるので変更します(`・ω・´)

ビットを変更する

ビットは16bitか24bitを選べます。

「Logic Pro」→「環境設定」→「録音」をクリックします。

24ビットレコーディングにチェックが入っていたら、24ビット。

外すと16ビットになります。

サンプルレートとビットはどれくらいにしておけばよい?

もちろん人それぞれ自由に設定すべきですが、僕はビットは24ビットにしてます。

サンプルレートは

  •  本気で録音する時→96kHz
  •  demoを作る時→44.1kHz

に僕はしてます(`・ω・´)

アコギや歌をマイクで録る場合は結構違いが出る気がします。

空気感がリアルになるイメージ。

ただ、サンプルレートをあげると録音ファイルの容量がガツンと増えるので、トラック数やPCスペックと相談しながら決定してください。

192kHzまで上げると、オーディオファイルの容量がかなり大変なことになります(笑)

サンプルレートの変更決定はプロジェクトの初めにしておく!

サンプルレートの変更はプロジェクトを立ち上げた初めにしておきます。

途中で変更すると、それまで録音したオーディオファイルの長さが変わってしまいます

ファイル自体の再生スピードが速くなったり遅くなったりするので、ピッチも変わります。

MIDIで打ち込んでいるトラック(ソフトウェア音源トラック)しかない場合は、いつ変えてもOKです(`・ω・´)

オーディオファイルの録音をする場合はご注意ください。

まとめ

Logicのビットとサンプルレートを変える方法でした(´◔౪◔)◞

96kHzまではファイルサイズ的にも実用的だと思うので、ハイレゾ録音にチャレンジしたい方は是非お試しください。

アコースティック系の録音は特に音が変わると思います( ・ὢ・ )

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ