本日の機材セール情報!

自作電源に±15Vを追加してNTP179-160モジュールを動かしてみた【DIY】

ずっとストックしたまま手付かずだったアナログコンプのモジュールを動かすために、自作電源部分に新しい回路を増設しました(((༼•̫͡•༽)))

今回はかなりマニアックなただの日記です。

DIYはやっぱり楽しいですね。

自分が使うためのものなので、かな〜り適当な作りですが、、。

こんな状態でもバッチリモジュールは動きますよ。という記事です。

ちょっと普通じゃないやり方で電源供給もしてみましたので、それについても。

NTP179-160を動かすために

自作電源の増設の目的はNTP179-160という知る人ぞ知る系のコンプ/リミッターを動かすためでした。

-NTP179-160-

デンマーク製の、非常にナチュラルなコンプ感が売りの機材。

リーズナブルながらマスタリングにも使えるグレードです。

以前も所有していたことがあったのですが、金欠で手放してしまい、、、またこの音色が欲しくなったので入手しました。

その後手付かずで押入れに長く放置されていたので、今回ようやく重い腰を上げて配線やら何やらを加えた次第です。

±15Vの電源が必要だったので追加

このモジュールを動かすには±15vの電源が必要になります。

-NTP179-160のピンアウト-

APIやNeveのVシリーズもほぼ同じ電圧。

中身の増幅にオペアンプを使っているタイプは、大抵±15~18vあたりの電源が必要になります。

そういえば今年の真ん中あたりで、±18vを使った歪み系エフェクターなんてのを作ってみたりしました(笑)

そしてこの度、録音用の自作電源には+24V出力の回路しか積んでいなかったので、今回±15vの回路を基盤で組んだのでした。

自作電源の汚い中身

そして、こうなりました。うへ。

右側が±15vのやつです。

-±15V基盤。すごく雑(;´༎ຶٹ༎ຶ`)ぅ! –

真ん中のが+24Vを出しているやつ。

-これも大概にひどい-

実際は最大で±28Vを出力できるようになってます。

というのは、Quad eightのAM10というオペアンプも動かしたいなあ、という意図で電圧を可変できるタイプのレギュレーターを使用しました。

なんというか、一応便利ですლ(´ڡ`ლ)

電源トランスは最高品質と名高いRコア。メーカー不明。

ここから、AC25Vと31.5を取り出せます。

DCに整流すると1.41倍の電圧になるので、ちょっと欲しい電圧よりも高くなりすぎるきらいがありますが、特に嫌な発熱もなく問題もありません。

AC25V→整流DC35.2V→安定化で±15V。

AC31.5V→整流DC44.4V→安定化で最大±28v。

てな感じです。

 

こんなに作りが汚くても、一応しっかり必要な電源は取り出せていますよお╰(◉ᾥ◉)╯

レッツDIY!

そして電源供給コネクタに3ピンXLRを使ってみた

この電源からモジュールに供給するためのコネクターが手元になかったため、マイクケーブルとかのコネクターに使うXLRで代用してみました。

0V→1番グランド

+15V→2番ホット

-15V→3番コールド

耐圧とかどうなってるのかよく分からないですけど、、、ファンタム電源の電流も流してることですし、多分大丈夫でしょう!ということで、、。

真似しないでくださいませ。

でも4ピンのXLRが電源供給用に使われていたりはするので、ダメっとことはないんじゃないか?と。どうなんでしょ。

現に僕のUAオーディオインターフェースの電源コネクターは4ピンのXLRです。

今度ちゃんとしたコネクターを仕入れて付け替えるつもりです(とか言って問題なければこのまま使っちゃいそう、、、)

とりあえず3ピンXLRコネクターでもちゃんと電源供給はできました(そりゃそうだ)

そして、無事電源供給完了

しっかりと動いてくれました!

ノイズも皆無で、恐ろしいほどS/Nも良きです、、、。

う〜ん、透明ながらシルキーな質感がたまらないコンプですね。

ファンクションが異様にたくさんあるので、慣れるまで時間がかかりそうですが、久しぶりに使ってみてもかなり良さげな雰囲気。

NTP 179-160 Modules , Mastering Neumann Class .ONE PAIR ( 2 items as seen )

いつかアナログコンプとプラグインのコンプの違いとか、聴き比べてみたいですね。

まとめ

というわけで、自作電源に関する単なる日記でした。

自分で使用する分には漏電や感電にさえ気をつければ、割と性能の良いものは作れちゃいます。

作りにもこだわれる方なら、それを生業に商売もできるようになるかも、、、?

現にラッキングサービスを行っている方も国内にいらっしゃいますしね。

こんな電源、プロの方が見たら卒倒するかと思いますが、、、あくまで自分用なので「バカだな」とスルーしてくださいませ。

それではみなさん、お気をつけてお楽しみください(´◔౪◔)◞