本日の機材セール情報!

自作エフェクターの電源を±18Vに変えて実験してみた!

今日仕事中に自作エフェクターのネタをふと思いついてしまってから、全然作業が進まず、サクッと上司に怒られました(´ゝ౪◔`)はじまりです。

 

で、その思いつたネタなんですが、エフェクターの電源電圧を上げたらどうなるんだろう?というもの。

 

Klon centaurがエフェクター内で電源の電圧を上げているなんて話をネットでよく見ていたので、それを思い出して実験してみたくなっちゃいました。

せっかく自作でエフェクターを作るなら、電源も9vにこだわる必要はありません

というわけでそんなワクワクが止まらなかった午前中、午後は仕事を早退きで実験開始です!やばいです!

電源電圧の違いで音がどう変わるのか?録音比較もしているので、ぜひ聴いてみてください。

自作オーバードライブ回路で実験

実験で使うエフェクターは、前回記事にしました自作のオーバードライブ回路を土台にします。

オーバードライブの基礎回路を自作して録音比較してみた!

増幅に使っているのはLF353Nというオペアンプ。

このオペアンプ、実は最大±18Vで駆動することができます。

と言いますか、オペアンプはだいたい±15vとかで動かすのが普通です。

±18V(プラスマイナス18V)というのは両電源です。

つまりエフェクターで定番の+9Vでは、このオペアンプの性能の半分以下しか使っていないとも言い換えられます。

う〜ん、勿体無い!

ちなみに+9Vは単電源と言います。

 

中には単電源でしか動かせないオペアンプもあるので、しっかりデータシートを確認することが必要です(∩❛ڡ❛∩)

 

両電源をどうするか?

ということで、両電源をどうするのか?という話になるんですが、エフェクターの自作本などでは両電源を作れるオペアンプが紹介されていますが(TC7662など)僕は以前、両電源を自作済みだったことを思い出したので、それを使うことにします!

すっかり押入れにしまいこんだままになっていた、SSL4000Eのモジュールを動かすための自作電源です。作りが雑なのは無視で!

昔DIYで動かして音の研究というか、遊びみたいなことをやってました、、、。

-いつかの記録、後ろで電源が光ってます-

SSLはDTMをやってる方ならご存知の方も多いはず。

多くのメーカーがプラグインにもしていますよね。

-こんなやつ-

SSL4000は±18Vで駆動するので、ちょうど今回の実験と同じ電圧です。

 

ちなみに電源の作り方は別記事にも書いてますので、どんな感じなのか気になる方は是非そちらも読んでみてください!

電源の自作方法【オーディオ、録音機材用のための】

この記事↑では単電源の作り方のみを例として書いてますが、両電源はもう一つ同じものを、マイナス電源が作れるレギュレーターという部品を使って組めば作れます。

 

これは-24v用ですが、こんな形のがレギュレーター。

 

ということで、久々の通電。

押入れの中でひっくり返っていたので、ちゃんと電圧が出てくるかドキドキです。

スイッチオン!

LEDはつきました!

さてさて、電圧はちゃんと来ているかテスターで測ってみます。

プラス側はバッチリ来てます!18Vにちょっと届きませんが、まあ良いでしょう。だいたいです。

マイナス側もバッチリ!こっちもだいたいでいいでしょう。実験なので。

 

オーバードライブの回路をちょっと整理する

単電源の+9Vをエフェクターで使う場合は、入力にバイアスをかけてギターの信号波形の下側が切れないようにしなければいけませんでした。

しかし両電源を使う場合は、マイナスにも電源電圧を送れるので、入力はバイアスなしの0VでOKです。

むしろバイアスを解除しないと、今度は波形の上半分が電源の上限に引っかかってチョン切れてしまいます。

ですので、バイアスの回路を外します。

 

で、そこから両電源につなぎなおしてみます。

負電源側のノイズ除去用パスコンはプラスとマイナスを逆につなぎます。+側をGNDに接続。

※しかしコンデンサを外した方がノイズが少なかったので(なぜ、、?)後で外しちゃいました。

で、こんな感じのごちゃついたブレッドボード上のオーバードライブ回路になりました!

回路はとても基本的なものです。

よくあるオーバードライブ回路そのもの。

ここからバイアス電源を削除して、オペアンプのマイナス電源側を0vにつないでいましたが-18vに繋ぎ直しました。

さてさて、音はどんな感じに変わるのでしょうか?

録音して聴き比べてみましょうか(◍ ´꒳` ◍)b

 

録音の条件

前回同様、

  1. DAWにラインで録音
  2. オーディオインターフェースはSteinberg UR22 mk2
  3. ギターはストラト
  4. ピックアップのポジションはリア
  5. 生のエレキギターの音に近くするため、LOGIC X のアンプシュミレーターの一番はじめにプリセットされてるvoxのやつだけトラックのプラグインに挿さった状態です↓

セッティングはこんな感じで、エフェクターを通さないとクリーンな音。

 

エフェクターなしの音と、電圧はせっかくなので+18Vの単電源も試した3パターンを比較します!

  1. エフェクターなし
  2. +9V
  3. +18V
  4. ±18V

 

それでは並べて聴いてみましょう!

 

エフェクターなし

 

+9V

※注意 ごめんさい。エフェクターを通してから音が大きくなってます。ボリュームに若干気をつけてください!

 

+18V

 

±18V

 

なぜか弾きたくなったフレーズ(´◔౪◔)

 

感想

いやー、きったない歪みですね!トーン回路も付け加えてみようかしら。

 

そこはおいといて、電圧の違いについてはいかがだったでしょうか、、?

 

プレイの質は置いておいてくださいね、、、。恥を忍んでの実験公開です。

 

僕の耳には、電圧が上がるごとに音圧も上がってくるように聴こえます!グッと密度が増えるというか、力強くなるというか、立体感が増す?ような気も?

ただ、角が立ってきて痛くなるような気も、、、。

ひずみの質はあまり変わりませんね!ここいらへんは、クリップさせる用のダイオードを変えたりしなきゃダメみたいです。

いい歪みにするには細かいノウハウが必要そうです。

 

音響回路では、作動電圧を上げていくことでヘッドルームを広く取ることができると言われています。

ヘッドルームが広いと、入力信号が歪みづらく余裕のある鳴り方をするとも。

今回はオーバードライブなので歪みもへったくれもないですが、マイクプリアンプなんかではヘッドルームがの広さはとても重要なポイントになってきます。

 

音色はともかく、やっぱりオペアンプは両電源で動かすと、気分的に気持ちいいですね☚(꒪ټ꒪☚) 使い切ってやった感があります。

 

しかし、動作電圧が低い方が好み!という場合もあると思うので、一概にどっちがいいとは言い切れませんね。

聴き比べてみても、どれが正解なのか僕にもわかりません、、、。

どうでしたでしょうか?

 

注意点

市販のエフェクターに+9v以上のアダプターを繋いで動かすのは危険ですので、やめてくださいね。

内部がどのような回路になっているのかをしっかり確認しなければ壊れちゃいます。

でも、市販品の中にも9v以上で動かしても大丈夫な回路のものもあると思います。とか言わない方がいいですね(;´༎ຶٹ༎ຶ`) やめましょう

 

あともし試してみる場合、電気を使う実験は火災が起きる可能性もあるので十分に注意してください!

まとめ

Klon centaurの音の秘密は多分、電源の昇圧にあるはずです、、、。

それは間違い無いでしょう。

とか言って、所有したことがないので、実際の音を生で聞いたことがありません。

すみません。

 

エフェクター自作の参考のようなものに少しでもなりましたら幸いな限りです!

 

お読みいただきありがとうございました(((༼•̫͡•༽)))

Fuzz Face(ファズフェイス)を自作! ゲルマニウム PNPタイプ編