本日の機材セール情報!

【初心者】DTMに必要な機材、たったこれだけでOKな時代へ( ´∀`)/!!【2018年】

こんにちは、はじまりです(๑øェø๑)

 

DTMを始めるにあたって必要な機材、色々あってどれが本当に必要なのかわからなくなってしまいますよね( ꒪﹃ ꒪)

しかもいきなり全部を揃えようとすると、結構な金額にもなってしまいます。

 

僕もDTMを始めた当初、一年半くらいの間はPCにDAWソフトを入れただけで、あとはSONYのヘッドフォンがあったくらいでとにかく打ち込みを楽しんでおりました。

 

確かにやりたいこと、目指すクオリティーによって、機材というものはどんどん必要になってきます。

しかし、まず始めはPCとDAWソフトさえあれば結構楽しめてしまうものでもありますので、僕的にDTMに必要な機材のプライオリティーを、過去の自分のことを振り返ってみながらご紹介したいと思います。

スマホ

まずはPCがないとどうしようもありません。

と、、、、、数年前なら言っていたでしょうが、今ではスマホでもDTMが楽しめる時代です。

 

i PhoneのGarage Bandアプリなんかは、かなり楽しめる内容になっていますよ(((༼•̫͡•༽)))

しかも無料!!

 

本格的に配信音源を作ってやる!という段階になったら、PCがあった方がもちろんいいですが(操作が楽チン、処理スペックが段違い、CDレベルを作るには必須)、音源を仕上げる前のネタ作りはスマホでも遊びながらできてしまいます。

 

しかもマイクがなくてもスマホの受話器がマイクの代わりになるので、そこからオーディオ録音(歌やアコギなど)もできちゃうという。

 

僕も仕事で出張に出る旅路、Garage Bandはよくいじって遊んでいますが、たまにガチでお気に入りのトラックができてしまうこともあるので、そういうネタはどんどんストックして、あとで掘り返すこともしばしば。これも立派なDTMです。デスクトップじゃないですけどね。

 

Cubaseもスマホじゃないですがi PAD用アプリをリリースしていますし、DTMには必ずしもPCが必要であるとも言えない時代になってきています。

AndroidだとFL Studio mobileも良さそう!

 

まず手軽にDTMってどんな感じなのかな?というのを知りたい方は、スマホから入るのもあり!

 

いい時代だー!

 

PC

とは言え、スマホだけで音楽を仕上げていくのはやはり困難に感じてくる地点がやってきます。

ここまできたら、あなたはきっとDTMに向いているに違いありません(((༼•̫͡•༽)))どっぷりとハマり始めてください。

 

この段になってもしPCを持っていなかったら、購入を検討するのがいいでしょう。

僕はMacを圧倒的にオススメします。

DTMをやる上でのトラブルがWinと比べてとても少ないので、後々まで安心して使えます。

DTMのトラブルって、割とイラっとくるんですよ、、、、わけわかんないタイミングで起こりますから、、、、。

WinでのDTMも長年やっていたので、個人的には身に沁みてます。最近はどうなのかは、ちょっとわかんないですけど。

 

ただ、Macの方がWinよりずっと高いので、ここは考え所ですね。

 

CPUのスペックは、現在売られているものでしたら何でもOkかと。

動画編集をするわけでもないので、めっちゃハイスペックなものじゃなくて大丈夫です。

 

メモリは後々のことを考えると8GBは欲しいところです。

最低でも4GBはないときつい

 

16GBあればプロ級!

 

あとMacには標準で、PC版のGarage Band(DAWソフト)も付いてきます

ということで、次はソフトへ。

 

無料のDAWソフト

DAWソフトは、始めは無料のもので十分です。

曲をまず作っていかないと、いくら機能がたくさんあって充実していても、どうせそれらのほとんどを使うことがないからです。

 

あ、マニュアルを全ページ読むとかから入るのは、やめておいた方がいいですよ。

 

結局学んだ80%はすぐに忘れてしまいますから、、、、、。

 

なんとなくいじっていきながら、やりたいこと、必要な機能をネットやマニュアルから逆引きしていくのが、最も簡単にDAWソフトを習得する方法です。

 

ガレバン(Garage Band)。

 

プロのミュージシャンが使っている(使っていた)記事もよくみますし、上位版のLogicよりもずっと操作画面もわかりやすく、DTMを楽しむことをまず目的とするならば、ガレバンは最強のDAWの一つだと思います。これがフリーソフトということがアンビリーバボー!

より本格的な音源が作りたくなったら、操作感がそっくりなので上位版のLogicに移行するのも簡単です。

Logicは僕の中では一番オススメのDAWソフト。これをマスターすればCDレベルはバッチリ作れます。

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう

 

その他オススメの無料DAWソフトは、Studio One のフリーソフト、Studio One Prime!

 

こちらにDLの方法が書いてありますよ。

このソフトはとにかく音が綺麗!

機能制限はもちろんありますが、初めて触るには十分な内容です。

 

以上!

これだけあれば、まずはいいんじゃないでしょうか?

 

、、、、って、よくDTM系のサイトで紹介されている機材が全然出てきてないですが、僕的にはスマホかPC、そして無料のDAWソフトがあれば、当分は遊べますし、始めの導入では十分かなと思いますよ♫꒰・◡・๑꒱

ヘッドフォンはなくても、ミニフォンプラグに手持ちのイヤホン刺せばいいですし、マイクはスマホの受話器、もしくはPCにもマックならマイクが付いてます(デスクトップはどうだったかな、、、?、ノートは付いてる)

それらを代用すればDTMできます。

 

多分、ここで物足りなさを感じてくる方は、もうDTMにハマる素質が十分な人だと思うので、自分で必要なものも自ずとわかってくるはず。

逆に、これで十分!、もしくは飽きちゃった!となる人も当然いるはずですので、そうしたら何も必要ありませんよね。

 

実際僕も、冒頭でも書きましたが一年半ほどの間はPC(Macのノート)と、DAWソフト(ガレバン)、そしてSONYのヘッドフォンのみでDTMを十分楽しんでおりました。

 

その後、あれやりたい、これやりたい、というのが具体的に出てきまして、そこからDTMの沼に突入していった次第であります、、、。

 

とはいえ、あったら便利なもの

そうとはいえ、これあったら便利だったなというものも一応、書いておきます。

マストではないです。

 

オーディオインターフェース

歌ってみたの歌い手さん、バンドでギターをやってる人には、このオーディオインターフェースは始めからないと少しきついかもですね。

ざっくりいうと、クリアに音を録音するために必要な機材です。

マイクをマイクケーブルでこの機材に繋いだり、ギターのシールドを刺したりして、ライン録音できるようにするためのもの。

ありとなしとでは、音質的には雲泥の差となります。音にまでこだわる人には必需品。

 

僕のオススメはこの二台!

 

 STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII  サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII  サウンドハウス

 

Cubaseの体験版も付いてきます!音質、コスパ、人気、共に申し分なし!

 

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2 サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2 サウンドハウス

付属のプラグインやループ音源、ピアノ音源の内容が下手したら本体価格を超える!というくらい充実しています。

おまけもすごいですが、音のクオリティーも高い!初心者用と言い切れないクオリティーの高さ!

こちらにレビュー記事も書いてます。

 

他にも色々ありますが、この二つ、実際僕も使ってみていいと思いました♡⍢⃝♡

かつて、初めて購入したローランドのオーディオインターフェースはこれらよりも高かったですが、、、、音はひどかったですね、、、。

当時、素人ながら、音の悪さにドン引きした記憶があります。

 

それに比べて、今は何というクオリティーの高さなのだろうと。

当時よりも値段もグッと下がっていますし。

機能もパッケージ内容も抜群に良くなっています!

 

ヘッドフォン

これも、イヤホンよりしっかりと音が聴けるようになるので、どこかのタイミングで導入すると、さらにDTMが楽しくなりますよ( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*

 

プロのレコーディングでも定番のこちらを使っておけばまず問題ないでしょう。僕も未だに愛用してます(3代目)

 

 

SONY MDR-CD900ST 定番 モニターヘッドフォン

 

耐久性、そして交換パーツも売っているので、消耗したら自分でメンテできるのもいいところ。

音の解像度も高いです。

 

マイク

歌い手さんには必須のマイク。

まずはダイナミックマイク、そして次はコンデンサーマイクというのが一般的なチョイスかと思いますが、歌のためにマイクを導入したい!という場合は、いきなりコンデンサーマイクにいっちゃった方がいいでしょう。

僕もでしたが、みなさんダイナミックマイクじゃ満足できなくなって、どうせあとで買うことになりますから(((༼•̫͡•༽)))

コンデンサーマイクはかつて高級機材でしたが、今ではダイナミックマイクと価格的に大差ないものがリリースされています(なんて時代だ!)

質も十分なものが多い!

 

コンデンサーマイクを使う場合は、ファンタム電源というのが必要になってきますので、オーディオインターフェース自体を所有しているのはもちろんのこと、ちゃんとファンタム電源が搭載されているものを持っておいてください。

 

 RODE ( ロード ) / NT1-A サウンドハウス

RODE ( ロード ) / NT1-A サウンドハウス

歌用の定番と言ったらこれ。有名な歌い手もよく使っていますよね。

 

 

これも僕的におすすめです↓

 audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

定価が一万円切ってきます、、、Shureの58と値段変わりません、、、。

しかもオーディオテクニカ製!世界でも人気の日本メーカーです。

音は素直でクリアです!ちゃんとオーテクっぽい。

モニタースピーカー

これも最終的な音量バランス、ミックスバランスのことまで意識しだしたら、導入してみてください。

 

特にそんなもん、まだ気にしない!

 

という方には、いりません!!ヘッドフォンで十分です。

 

モニタースピーカーは、設置の方法や、DTMをやる部屋の環境のことも、こだわり始めると考慮していく必要が出てきてしまうため、初めはなくていいと思います。

ヘッドフォン以外では、僕は4年間くらいPCのしょぼいスピーカーから音を出して、モニターしていました

もちろん、今思うと全然モニターできてませんでしたが、、、、。

それでも、楽しく過ごしておりましたよ( ꆤωꆤ )y─┛

 

作った曲の出来上がりまで、しっかりクオリティーをあげたくなったら、モニタースピーカーは必須になります。

 

 YAMAHA ( ヤマハ ) / MSP3 PAIR サウンドハウス

YAMAHA ( ヤマハ ) / MSP3 PAIR サウンドハウス

 

ど定番ならこれ。僕も使ってましたが、サイズも音量もちょうどよかったです。

ただ低音があまりでないので、ある程度ミックスに慣れてくるとそこだけちょっと不満でした。

このもう一つ上のグレードのMSP5は低音もちゃんと聴きやすいですね。

これ以上のモデルになると、かなりの爆音を鳴らさないと逆にモニターできなくなってくる(性能がちゃんと出てこない)ので、ホームユースならMSP5辺りが限界なのかなと、、、、、。

 

モニタースピーカーも、上を見るとキリがないので、沼にはお気をつけください、、、。

 

まとめ

ということで、後半は途中から買い足していけばいいものだと僕は思います♫꒰・◡・๑꒱

他にも、いろんなアクセサリーがあったり、便利なアイテムはたくさんあります。

しかしまず初めはスマホPC、そして無料DAWを使って、DTMに触れてみてください。

 

そして、どんどん深みにはまって行ってもらえると、仲間が増えて僕もとても嬉しいです(((༼•̫͡•༽)))

 

待ってますよー(∩❛ڡ❛∩)