【延長!】サウンドハウスで在庫商品10倍ポイントバック中!

オーディオインターフェースおすすめ16選!選び方のポイントについても【2020】

価格帯別におすすめのオーディオインターフェース(AIF)をまとめてみました!

ものすごい数の製品があるので、どれを選べばいいのか迷いますよね(;´༎ຶД༎ຶ`) 

これまで20種類以上のオーディオインターフェースを実際に使ってきた僕が、

選び方のポイントにも焦点を当てながら、あなたにぴったりの一台をご提案!

是非ご参考ください。

なるべく最新機種を選ぶ

まず前提として、オーディオインターフェースは最新機種を中心に選ぶのが正解です。

-第三世代のScarlett-

音響機器の中にはヴィンテージと言って、古い機材にも大きな価値がつくものも多いです。

しかし、オーディオインターフェースのようなデジタル音響機器においては、古い機種になるに従って性能が落ちる傾向にあります。

型落ちで値段が安くなるものもありますが、そこまで値下がりしないものが多いので、

なるべく発売年が最近の機種を選ぶのが正解!!

ここは要確認ポイント!

24bit 192kHzの製品を選ぶ

近年のオーディオインターフェースは、初心者用のものでもハイレゾ録音に対応しているものばかり

参照URL

  • サンプリングレート(kHz)
  • ビットデプス(bit)

この二つの数値が高いほど、高音質で録再生できます。

具体的な数値としては

  • 24bit(ビット)
  • 192kHz(キロヘルツ)

の録音方式に対応している機材を選べばOK。

プロの現場でもこの数値マックスまで使うことはあまりありません

理由は、データが重くなりすぎるから。

つまりDTMやリスニング目的でAIFを使用するのなら、十分なスペックということです。

ちなみにCDは16bit 44.1kHzまでのデーターしか収録できません。

CD以上の規格で録音された音源は全てハイレゾと呼ばれます。

DTMでハイレゾを簡単に楽しめる時代!

接続方法を確認する

PCとの接続方法を確認します。

2020年現在、おすすめオーディオインターフェースの主な接続方法は3つ。

  • USB 2.0
  • USB 3.0
  • Thunderbolt(1〜3)

一昔前まではfirewire接続のものも多かったですが、現在ではほぼ消滅。

USB2.0は未だに現役で最新機種に使われています。

それぞれの違いは転送速度の速さ。

しかしオーディオインターフェースにおいては、転送速度の違いは性能(音質)に影響を与えないのが実感としてあります。

USB2.0も3.0もThunderboltも、音質は変わらない。

高価な製品ほどThunderbolt接続を用いているケースが多いです。

Universal Audio Apollo X6導入!感動したのでレビューを

が、音質に関しての差異は別の部分の影響の方が多いです。

接続方法は使用するPCに合わせるだけでOK!

USB3.0用でも2.0接続できる機種も多いので、スペック表をよくチェックすることをお勧めします。

必要なチャンネル数を確認する

入出力の数がどれだけ必要なのか?も大事なポイント。

基本は2ch

そこから足し引きして考えます。

  • DTM用→2ch〜
  • リスニング→1ch
  • バンド録音→4ch〜

がオススメ。

リスニング用に使う場合は、1chで十分です。

入力が1chでも出力は2ch分あるのがデフォルトなので、ちゃんとステレオで音楽を聴けます。

電源はどうしたい?

電源はUSBから取れるものがお手軽でオススメ。

USBバスパワーというやつ。

USBを繋げるだけで電源がつくので、卓上がすっきりします。

入出力が4CH以上の製品になってくると、別電源が必要になるものが多くなってきます。

気軽にPCミュージックを楽しみたい場合はバスパワー対応がオススメ。

もち運びする?しない?

同じようなスペック、価格帯のものでも製品ごとに重量がかなり違います。

例えば2chAIFの定番STEINBERG UR22C1Kg

 STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C  サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C サウンドハウス

Native Instrumentsが2019年に発売した新しいAIFKOMPLETE AUDIO 2はたったの360g

Native Instruments  KOMPLETE AUDIO 2  サウンドハウス

Native Instruments KOMPLETE AUDIO 2 サウンドハウス

半分以上重量に差があります。

実際に手にしてみると、かなりの違いを感じます。

卓上にほぼ備え付けで楽しむ場合は、堅牢で重いものがいいでしょう。

しかし、頻繁に持ち出しする場合は、軽くてコンパクトなAIFも魅力的!

重さやサイズもAIF選びに取り入れると、失敗しません!

プロユースのラックサイズAIFはラックケースにマウントして運ぶしかないので、結構大変、、、。

クラシックプロのお手頃ラックケースを追加。サウンドハウスはやっぱり安い!

欲しい付属DAWは?

これからDTMを始める!という方にとって、とても大事なポイント!

それはオーディオインターフェースに同梱されている無料の付属DAWの存在

無料とはいえ、中には高額な有料ソフトが付いてくる場合も。

 PRESONUS ( プレソナス ) / Studio 24c サウンドハウス

PRESONUS ( プレソナス ) / Studio 24c サウンドハウス

PRESONUS Studio 24cは実売価格17000円付近

おまけの付属のソフトはStudio One 4 Artist。

 PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 4 Artist 日本語版(ボックス)  サウンドハウス

PRESONUS / Studio One 4 Artist サウンドハウス

このソフト、普通に買ったら14000円分(税込)ほどします(;´༎ຶД༎ຶ`)

つまり、PRESONUS Studio 24cは実質3000円ほどで買えてしまう計算に、、、。

おかしい!!

フルバージョンにアップグレードしたくなった場合も、クロスグレード版を買えばかなりお得に。

 PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 4 Crossgrade 日本語版(ボックス)   サウンドハウス

PRESONUS  Studio One 4 Crossgrade サウンドハウス

他にもCubaseやAbleton Live、Protoolesの入門ソフトが付いてくる製品があります。

これからDTMを始めようと思っている方は、無料の付属ソフトで基本的な操作を覚えていくと、面白さや難しさを体感できると思います。

オススメのDAWについて別記事にて。

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2020年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう

iPadやiPhoneでも使いたい?

PCだけでなくiPadやiPhoneに接続して使えるオーディオインターフェースも発売されています。

ただ、使える/使えないは販売価格の高い低いに左右されません

使えるものは安くても使えますし、高くてもiPad/iPhoneで使えない製品も多くあります。

-配信の定番AG03はiPadでも使用可能-

ここはスペック表をみてチェックするのをお勧めします。

iPadなどに接続する場合は、

  • Apple iPad Camera Connection Kit
  • Lightning – USB カメラアダプタ

などの専用ケーブルが別途必要。要チェック

初めて買うなら1万円台からでOK?

初めてAIFを買うなら、一万円台のオーディオインターフェースで大丈夫か?

僕は十分だと思います。

「〇〇円以下は音が良くない!」と言う意見を見かけることもありますが、

僕は入門価格の機種も結構音良いと思いますよ!

-KOMPLETE AUDIO2はコスパ高い!-

特に2020年現在近く発表された製品ほど、びっくりするくらいコスパの良いものが多いです。

安いからといって、めちゃめちゃ悪い音ということはありません。

音楽を楽しむ分には十分な製品が多いです。

ただし、価格が上がるにつれて、質が上がっていくのも事実

3万円〜からの製品はさらなるステップアップを目指す方にお勧めです。

PCから直で音を聴く→オーディオインターフェースで聴く、の体験

余談ですが、

PCから直で音を聴いている方が、オーディオインターフェースで初めて音楽を聴いた場合

音の激変に笑ってしまうはず。

そのくらい音が良くなるので、PCで音楽を楽しみたい方は1万円台からでもAIFは超おすすめ!

入門用におすすめのオーディオインターフェース12選!

それでは入門用におすすめのオーディオインターフェースからご紹介していきます!

予算としては1〜2万円台のものをピックアップ。

過去に個別でレビューした機種は、参考音源も貼り付けてありますのでご参考ください!

-Neumann M149-

アコギをNeumann M149というマイクで録ったファイルとなります╰(◉ᾥ◉)╯

それでは、入門用におすすめの機種紹介スタート!!

STEINBERG UR22C

入門用オーディオインターフェースの大定番STEUNBERG UR22 MK2の後継機種。

STEINBERG UR22C

 STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C  サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C サウンドハウス

価格、機能、音質、付属DAW、、、

どこを取ってもバランスの良さは随一

さらにUR22Cになってからは32bit 192kHzの録音にも対応し、PCに負荷を与えずエフェクトをかけられる内蔵DSPも搭載

入門クラスでこの性能はなかなかないです!

-シャーシがとにかく頑丈-

STEINBERG UR22C
  • 32bit 192kHz
  • 付属DAW:Cubase AI
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:◯
  • 接続:USB 3.0
  • iPad:◯
  • 1kg

また付属DAWがCubaseの簡易版、Cubase AI。

CubaseはDAWの中でもトップクラスにおすすめです。

ループバック機能もついているので配信用途にも安心して使えます!

録音した音質はこんな感じ。

STERINBERG UR22Cの音質

 

マイクでアコギ2本を録音しています。

音質は低音をしっかりと拾ってくれる傾向。

クリア!というタイプではありませんが、がっしりとした音で録音できます。

質実剛健。

モニターの音もハイファイ方向ではなく、太くもっちりした感じで再生してくれます。

Focusrite Scarlett 2i2 gen3

地球規模では最大勢力を誇るFocusrite Scarlettシリーズ!

2019年に待望の第三世代が登場しました!

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 (gen. 3) サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 (gen. 3) サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 (gen. 3) サウンドハウス

マイクプリアンプが刷新され、音質が向上。

更にAIR MODEというFocusrite ISA ONEの挙動をモデリングした機能が追加。

Focusrite ISA ONEはプロ品質のマイクプリアンプ。

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One Analogue マイクプリアンプ  サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One Analogue マイクプリアンプ サウンドハウス

AIR MODEボタンをONにすると、高域の空気感が持ち上がりよりメリハリが効いた音で録音ができます。

実際に試したのがこちら。

Scarlett NOMAL

Scarlett AIR MODE

 

かなりはっきりと違いが出ますね!

Focusrite Scarlett 2i2 gen3
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Pro Tools First / Ableton Live Lite
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:△
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:×
  • 470g

ループバックに関しては、公式にはサポート表明されていません。

ただ条件が合えばiPadでも使用できるようです。

付属DAWの他にもかなり豪華なプラグインが付いてくる点もオススメポイント。

音質は、ハイがシャッキリとしたクリアめな傾向。

ノイズもとても少ない機種なので綺麗に録音/再生したい方にぴったり!

Focusrite Scarlett 3rd genの使用レビュー!キュートで赤い魔法の威力

YAMAHA AG03

配信用の定番オーディオインターフェースといえばYAMAHA AG03。

最近の機種ではありませんが、機能性の高さから未だに人気が高いです!

 YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03  サウンドハウス

YAMAHA ( ヤマハ ) / AG03 サウンドハウス

左に備えられたフェーダーはLIVE配信時のとっさのボリューム調整に重宝します。

音質に関しては

純粋なDTM用にはあまり向いてません。

YAMAHA AG03
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Cubase AI
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:◯
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:◯
  • 800g

配信に特化した一台!

音質はこんな感じ。

YAMAHA AG03の音質

 

クリア!とか太い!とか、そういう感じではありませんね。

いたってスタンダード。

しかしライブ配信用には十分な音質です。

LIVEは音質よりも雰囲気や熱の方がずっと大事

本体にはコンプやリバーブがあらかじめ内蔵されています。

LIVE配信では、雰囲気作りのための強力な相棒になってくれます!

YAMAHA AG03のレビュー。配信の定番!音質はどう?比較音源ありマス

Native Instruments KOMPLETE AUDIO 2

DTM用ソフトで幅広い支持を得ているNative Instrumentsが2019年に発売したKOMPLETE AUDIO 2。

競合機種の中でも価格設定が低く手が伸ばしやすい製品です。

Native Instruments  KOMPLETE AUDIO 2  サウンドハウス

Native Instruments KOMPLETE AUDIO 2 サウンドハウス

しかし、安いからといってクオリティーが低いわけではありません!

むしろ音質や機能面での作り込みは、同価格帯の中でもトップレベル

例えば入力音量のレベルメーターがとても見やすいです。

このように5段階で音量を目視可能。一万円台ではまずお目にかかれない機能。

そして軽い!たったの360gです。

持ち運び用にもぴったり。サイズも小さいので小型のバッグにだって入っちゃいます。

KOMPLETE AUDIO 2
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Ableton Live Lite/MASCHINE Essentials
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:×
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:×
  • 360g

そして肝心の音質ですが、太くしっかりとした音で録音できます!

KOMPLETE AUDIO 2の音質

 

知名度は低いですが、コスパに関しては抜きん出ているので、安くて良いものを探している方にオススメ!

詳しくはこちらの記事もご参考ください。

KOMPLETE AUDIO 2の使用レビュー!コスパ最強かも?!

audient EVO 4

今まで割と高級機路線だったaudient社がリーズナブルな値段で発売したEVEO4。

2020年発売なので他機種に比べ技術的な部分で頭ひとつ抜けている印象

 AUDIENT ( オーディエント ) / evo4  サウンドハウス

AUDIENT ( オーディエント ) / evo4 サウンドハウス

ガジェット系な外観がおしゃれで、デスクにポンとおきやすいのも大きな魅力。

そしてサイズが競合の中で最も小さいです。

-すごく小さいKOMPLETE AUDIO2より更に小型!-

スマホぐらいのサイズ。

そして360gとこれまた最軽量クラス。持ち運びにも◎。

スマートゲイン機能で録音レベルを瞬時に自動調整してくれるのもすごく便利です。

レベル確認用のLEDの数もダントツ。すごくみやすいです。

audient EVO4
  • 24bit 96kHz
  • 付属DAW:Cubase LE
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:◯
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:?
  • 360g

録音のMAXサンプリングレートが96kHzとなる点だけが他機種に比べて劣るくらい。

しかし、96kHzまでカバーできていれば実質録音で困ることはほぼありません。

audient EVO4の音質

 

音質もとても良いです!クリアな質感。

KOMPLETE AUDIO2と同じくコスパ重視で選ぶなら最有力候補になるでしょう╰(◉ᾥ◉)╯

エントリークラスでは後発組なので、知名度はまだまだですが、、、機能面はずば抜けてます。

個別の参考記事はこちら!

audient EVO 4のレビュー!勝手に音量調整してくれるのが便利すぎた

Roland Rubix 22

様々な伝説的機材を世界に送り出し続けてきたメーカーRoland。

そんな大御所がリリースしているのがRubix22。

入門用としても非常に人気が高い機種。

ROLAND ( ローランド ) / Rubix22 サウンドハウス

サイズや重さがSTEINBERG UR22とそっくり

明らかに意識しているのが読み取れます(´◔౪◔)◞

特徴としては、ヘッドフォンからの音がとても美しく、細かな描写を聴き取ることができます。

音の作り方はSTEINBERG UR22とは真逆に近いです。

こちらの方が繊細でハイファイな音色

STEINBERG UR22はもっと無骨な感じ。

故にRubix22はPCオーディオ用にも人気があります。

Roland Rubix22
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Ableton Live Lite
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:×
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:◯
  • 1kg

ただ、唯一の欠点がありまして。

マイクプリアンプのS/Nがあまり良くないです。

他機種に比べ、マイク入力の音量を上げていくとノイズが乗ってくるタイミングが早い

つまり音量をたくさん稼ぎたい場合は、きついです。

DTMでダイナミックマイクを使いたい場合は注意が必要

Roland Rubix22の音質

 

ノイズの感じは別記事にて確認できます。

Roland Rubix 22のレビュー。ハイファイな音色が気持ち良い!しかし、、!

DAC(聴くだけ)として使用する分には、再生音のノイズが少なく、音も綺麗なので、オススメします!

PCオーディオ向け。

PRESONUS  Studio 24c

大人気DAWソフトStudio Oneの発売元PRESONUSが放つオーディオインターフェースStudio 24c。

 PRESONUS ( プレソナス ) / Studio 24c サウンドハウス

PRESONUS ( プレソナス ) / Studio 24c サウンドハウス

音質はクリアで透明と評判の一品。

そして何より大きなアドバンテージが付属のDAWソフト

なんと14000円分(税込)の有料版がタダで手に入ります╰(◉ᾥ◉)╯ 

 PRESONUS ( プレソナス ) / Studio One 4 Artist 日本語版(ボックス)  サウンドハウス

PRESONUS / Studio One 4 Artist サウンドハウス

本体が17000円ほどなので、差し引き金額は3000円、、、。

どんな格安オーディオインターフェースよりも安いです。

しかも機能は同価格帯に引けをとりません。

Studio 24c
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Studio One Artist 4
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:◯
  • 接続:USB 2.0/3.0
  • iPad:◯
  • 900g

専用のソフトを使うことでループバック機能のON/OFF、iPadやiPhoneとの接続も可能!

使用方法の幅が広いのも魅力的!

DAWソフトStudio Oneは並み居る競合の中でも、日本で今一番の勢い

設計が新しいため、音はクリアでUIも洗練されています。

Studio Oneを使ってみたい場合、Studio 24cは第一候補になるオーディオインターフェースでしょう!

*後日使用レビュー追加予定

Solid State Logic SSL2

プロのレコーディング用コンソールとして世界的なシェアを獲得しているSolid State Logic

正真正銘のハイブランドですが、なんと2万円台でオーディオインターフェースをリリースしてきました!

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SSL2  サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SSL2 サウンドハウス

その名もSSL2!

本来だったらもっと高価格帯で勝負しても良いレベルの製品ですが、お手ごろにプロっぽい質感を手に入れられちゃいます!

音が良いのはもちろんですが、一番の特徴は4Kスイッチ

ここをONにすると、SSL4000コンソールの質感を再現することが可能に!

SSL4000は未だに世界中で愛され続けているヴィンテージコンソールです。

個人的にSSL9000という後継機種を使っていますが、本当に素晴らしい!

SSL9000ダイナミクスコンプの使用感レビュー。EQと組み合わせることで最強の威力を発揮!

色々な音源で聴いたことがある音がします。

Studio 24c
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Pro Tools First / Ableton Live Lite
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:×
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:×
  • 1180g

スペック的には重かったり、サイズが大きかったり、ループバック機能がなかったり、、、。

なんでもできる柔軟性には乏しいですが、その反面、録音方向では頭2つ抜けたぐらい良い音です。

ヘッドフォンアンプの音も良い。

完全DTM向け。

入門向けとしては価格が2万円後半と高めですが、本格的に音楽を始めたい方にはぴったりでしょう。

長く付き合える相棒になってくれます。

SSL2 NORMALの音質

SSL2 4K onの音質

 

4KボタンをONにすると、このような感じに変化します。

シャキッとして粒だちが良くなります。

本格的な音色。プロっぽい!

*以下個別のレビュー記事です。

MOTU M2

SSL2と同じく話題沸騰中なのが、MOTU M2。

高品質なハイエンドモデルをリリースし続けてきたMark Of The Unicornのコンシューマー向け新製品。

 MOTU ( モツ ) / M2 サウンドハウス

MOTU ( モツ ) / M2 サウンドハウス

MOTUといえば、10年くらい前までは多くのプロクリエーターさん達も導入していた記憶があります。

最近はあまり目立っていませんでしたが、ここにきて2万円台の製品を投入と、古参DTMerにとってはかなり胸熱な展開に。

実際僕も10年前ラックタイプのMOTU製品を使っていました。

音質は太く密度がありましたね。

当時の競合はRMEやAPOGEEといったハイエンドメーカー。

MOTUはとても入門向けアイテムを出してくるはずのないメーカーなので、どんなアイテムなのか?

自然と期待が高まります!

MOTU M2
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:MOTU Performer Lite / Ableton Live Lite
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:○
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:○
  • 610g

ただ、大人気なのか?現在品薄状態が続いており、、、。

僕も注文したまま、入荷を待っている状態。

後日使用してレビューも書きたいと思っています。非常に楽しみ!

ZOOM UAC-2

手の届きやすい価格で高性能な製品を連発しているZOOM発のUAC-2。

ZOOMは僕の周りのミュージシャンの間でも非常に支持が高いです。

 ZOOM ( ズーム ) / UAC-2  USB3.0  サウンドハウス

ZOOM ( ズーム ) / UAC-2 USB3.0 サウンドハウス

UAC-2は発売日が2015年と古いですが、未だに現役で人気があります。

特にPCオーディオ分野で支持が熱いイメージ。

というのも、再生音が非常に綺麗でリスニングするのが気持ちいいんです。

前述のRubix22と本機は鳴り方が近い印象。

どちらも音がクリアで滑らかです。

またレイテンシーが非常に低いのも売りの一つ。

レイテンシーとは?

音の遅延のことです。

PCから音を返すと必ず音が遅延します。

レイテンシーが低いほど演奏している音が遅れて聴こえません。

マイクプリアンプのS/Nも良いので、ノイズレスで録音可能です。

ZOOM UAC-2
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Cubase LE
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:○
  • 接続:USB 3.0
  • iPad:○
  • 750g

入門機として性能的には申し分のないUAC-2。

ただ、一つ、不満点があるとしたらドライバーが不安定な点。

基本的にMACにはドライバーが必要ないのがデフォルトですが、UAC-2の場合インストールが必要

そのあとも本体を認識しないなどのトラブルが起こる場合もあります(僕もでした)

ただ解決方法はありますので、その点はご安心ください。

詳しくはこちらに。

ZOOM UAC-2の使用レビュー!まだまだ現役な高品質AIFの実力は?

ZOOM UAC-2の音質

 

音質はとても綺麗ですね!

2万円台と入門用としては安くないですが、その分の性能はバッチリ持っています!

サイバーなデザインが好きな方にもオススメの一品。

M-AUDIO AIR 192|6

かつてはPro ToolsをDTMで使うための必須だったメーカーM-AUDIO。

現在両者は別れ、M-AUDIOは低価格かつ高品質な音響製品を製造販売しています。

 M-AUDIO / AIR 192|6  サウンドハウス

 M-AUDIO / AIR 192|6  サウンドハウス

 M-AUDIO / AIR 192|6  サウンドハウス

M-AUDIO / AIR 192|6 サウンドハウス

この製品は2019年末に発売されました。

評判の良かった前身機種2X2 M-Trackの性能を更に向上!

特にマイクプリアンプがとてもクリアで低ノイズな点が売り!

M-AUDIO 192|6
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Pro Tools First M-Audio Edition / Ableton Live Lite
  • 入出力:2イン/2アウト
  • ループバック機能:?
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:?
  • 950g

比較的新しいオーディオインターフェースなので、情報がまだ少ないですね!

ただ、価格の割にメーターもしっかりと付いていて使いやすそうです。

音が良かったらオススメ上位にも食い込むかも?

いずれ実際に使いレビューをしたいと思います!

BEHRINGER UM2 U-PHORIA

これまで1〜2万円台のものをピックアップしてきましたが、

どうしても予算をかけられない!

どうにかもっとお手軽にオーディオインターフェースを手に入れられないか?

という方への最終兵器がこれ!

BEHRINGER  UM2 U-PHORIA

 

BEHRINGER  / UM2  サウンドハウス

BEHRINGER  / UM2  サウンドハウス

BEHRINGER / UM2 サウンドハウス

ベリンガーは品質はそれなり!

しかし、とにかく安く!製品を販売してくれる最後の砦のメーカー。

サウンドハウスのCLASSIC PROシリーズと並び、お金がない時の僕らを優しく助けてくれます。

価格は税込みで5000円台

破格!

BEHRINGER UM2
  • 16bit 48kHz
  • 付属DAW:なし
  • 入出力:2イン/ 2アウト
  • ループバック機能:×
  • 接続:USB 2.0
  • iPad:×
  • 300g

ただ、値段が値段なので機能がやっぱりしょぼいです。

録音は16bit 48kHzまで

付属DAWもなし。ループバックもなし。

とはいえ、ちゃんとファンタム電源も付いてるのでコンデンサーマイクも使えます。

とりあえず、

  • オーディオインターフェースに触ってみたい
  • PCジャック直よりもいい音で音楽を聴きたい
  • とにかくお金をかけたくない

という場合にはオススメできます。

実際、世界中で価格に対するコスパの良さが認められ意外に好評なようですよ!

ただ、長くは使えないでしょう(ステップアップしたくなるはず)

中・上級者におすすめのオーディオインターフェース4選!

ここからは、DTMにも慣れ、さらなるステップアップを目指す方に向けた機種をピックアップ!

価格も10万円〜と一気に高くなりますが、品質はプロレベルでも通用するようになってきます!

ちなみにここまで2chのものを中心にピックアップしてきましたが、

当然同じシリーズの4ch、8ch、のオーディオインターフェースもあります!

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44 サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR44 サウンドハウス

ただ、2chのものと性能は基本的に変わらないので今回の記事からは除外しています。

必要なch数と予算に合わせて選んでみてくださいね!

UNIVERSAL AUDIO  APOLLO TWIN X

伝説的ヴィンテージ機材の精緻なモデリングプラグインで不動の地位を気づいているUNIVERSAL AUDIO

2019年、フラッグシップ並の音質に進化した待望の2chオーディオインターフェースをリリースしました!

 UNIVERSAL AUDIO / APOLLO TWIN X DUO サウンドハウス

 UNIVERSAL AUDIO / APOLLO TWIN X DUO サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO / APOLLO TWIN X DUO サウンドハウス

僕もこのAPOLLO TWIN Xのラック版、APOLLO TWIN X 6をメイン機として使用していますが、めっちゃええです!

Universal Audio Apollo X6導入!感動したのでレビューを

音質ももちろん良いんですが、

前述した通りUNIVERSAL AUDIOのプラグインが良すぎて困るんですよ(;´༎ຶД༎ຶ`)

一回使ってしまうともう手放せません。

そして、UAD(UNIVERSAL AUDIOのプラグイン)を使うためにはAPOLLOシリーズ内蔵のDSPが必要です。

つまり、本体がないとUADは使えない仕組みになっているんです。

うまいことやりますよねUAさん、、、。

その他にも、マイクプリアンプの音色そのものを変化させるという驚きの機能が秀逸!

Neve、API、SSL、、、と言った貴重で高価なヴィンテージマイクプリの音色をそのまま再現させることが可能に!

その名もUNISONテクノロジーと言います。

つまり一台持っていれば、様々な味違いのマイクプリアンプを所有できてしまうのがこの機種の最大のメリット

個別に全ての実機を揃えようとすると数百万単位では効かないでしょう、、、。

ヴィンテージ機材を自由にいじれるので、DTMが更に楽しくなる一台です!

UA APOLLO X ノーマルの音質

UA APOLLO X + UA 610 UNISON

UA APOLLO X + API CONSOLE UNISON

UA APOLLO X + NEVE1073 UNISON

UA APOLLO X + UA 610 UNISON + LA2A

この音の変化に関して詳しくは別記事にて。

【TWIN】UNIVERSAL AUDIO APOLLO Xの音質チェック!マイク録音でSSL2他と比較してみた
APOLLO TWIN X
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:Luna(2020年春頃リリース予定)
  • 入出力:2イン/4アウト(モニター用出力2CH)
  • ループバック機能:×
  • 接続:Thunderbolt 3
  • iPad:×
  • 1070g

スペックとしてはDTM向けに全振り。

音楽制作のためのマシンです。

そして何と2020年春ごろに、UA独自のDAWソフトLunaのリリースが告知されています。

APOLLOユーザーは無料で利用可能なようですので、リリースされたら僕もインストールしてみようと思います!

どうやら既存のDAWにはない、ぶっ飛んだ機能が色々盛り込まれているようです、、、。

RME Babyface Pro FS

どこまでもフラットで透明なモニタリングを可能にしてくれるRME社製のオーディオインターフェース。

音色の再現性があまりに高いため、PCオーディオ界隈での支持も激烈に高いです。

2020年、2chモデルのフラッグシップBabyface Proが更に進化しBabyface Pro FSとなりました!

 

RME ( Babyface Pro FS サウンドハウス

RME ( Babyface Pro FS サウンドハウス

RME Babyface Pro FS サウンドハウス

ただでさえ狂気じみたクリアさに到達していた前モデルから更に進歩するって??

僕は以前RME800という8CHの旧モデルを使用していましたが、既にその頃音質はスーパークリアでした。

録り音もですが、とにかくヘッドフォンモニターの透明感がやばい

「出音がフラット」ってこういうことか、と。

Babyface Pro FS
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:なし
  • 入出力:4イン(楽器入力2/マイク入力2)/2アウト(最大12イン/12アウト)
  • ループバック機能:×
  • 接続:USB2.0
  • iPad:◯
  • 680g

この機種も付属DAWが付いていないなど、既にDTM環境を構築済みのユーザーを対象にしているのがわかります。

音質、クロックの精度は誰もが認めるトップクオリティーですが、

僕的にはRME専用ミキシングソフトのTotal MIXが、RME最大の強みではないかなと思っています。

Total MIXはDAWと併用できます。

使い方は慣れるまで「?」ですが、

使い方が分かった後、その便利さを知ってしまうと、他のミキシングソフト(例えばUAのやつ)が野暮ったく感じます。

本当によくできているソフト。

  • モニターをきっちり確認したい!
  • 音の色付けは別の機材に任せる!
  • フラットな音がどんなものか体感したい!

という方には非常におすすめ!

音質の透明さに焦点を当てるのなら、現状でもUAは勝てません。

僕はメインマシンをUAにしましたが、やっぱりモニターのしやすさはRMEの方が上だと思います。

UAはとにかくプラグインが、、、以下省略。

ANTELOPE AUDIO Discrete 4 Synergy Core

ANTELOPEといえば高品質のクロックジェネレーターがまず思い出されます。

長年培ってきた高い音響開発技術を携えてオーディオインターフェース界でも驀進中。

音質が飛び抜けて良い」と色々なところで見聞きします。

そんなANTELOPE Discreteシリーズが2019年中盤にリニューアルされ新製品としてリリース!

 

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 Synergy Core サウンドハウス

特にリニューアルで大きな変化はないですが、今後?新製品にしかできない機能が期待できるのだとか。

 

そして特筆すべきは、RMEよりも音が良いという話をよく見かける点。

「そんなことがあるのか、、」とちょっとびっくりです。

 

更に、ここまでご紹介した2機種よりもコスパが良いです。

というのも、価格は同じくらいなのに対して入出力数が4イン/4アウト。

しかもUADのように内蔵DSPで駆動するモデリングプラグインFPGA FXも搭載。

モデリングされている機材も渋いです。

例えばこれ。

Neveのラッキングから名を馳せてきたBrent Avrilの1073をモデリングしています。

かなりマニアック(笑)!!

 BAE ( ビーエーイー ) / 1073MP Single Channel  サウンドハウス

BAE ( ビーエーイー ) / 1073MP Single Channel サウンドハウス

UADとは「被らせないぞ!」という意思を感じます。

他にもUADにはない名機をモデリングしているので、UAユーザーも利用するメリットがあります。

そしてクロックジェネレーターのメーカーですから、本体内蔵のものも性能がやばい模様。

複数のオーディオインターフェースをチェーンする場合は、絶対にメインはANTELEOPEにするでしょうね。

RMEもクロックは評判いいですけど。

無償で付いてくるプラグインもたくさんありますが、有料プラグインを後々購入可能。

音質の良さ、DSPモデリングプラグイン、、、

まるでUAとRMEのいいとこ取りをしたような製品ですね。

Discrete Synergy Core ノーマルの音質

Discrete Synergy Core + BA-31 PREAMP

Discrete Synergy Core + BA-31 PREAMP + 1176COMP

ANTELEOPE Discrete 4
  • 24bit 192kHz
  • 付属DAW:なし
  • 入出力:4イン/4アウト(最大14イン/16アウト)
  • ループバック機能:×
  • 接続:Thunderbolt2 / USB2.0
  • iPad:×
  • 1.7kg

*2020/3/27追記  8chバージョン買っちゃいました。以下使用レビューです!

APOGEE Symphony Desktop

まだ未発売ですが、APOGEEがフラッグシップモデルの2CHオーディオインターフェースを発表しています。

APOGEE Symphony Desktopという名前のようです。

プロの現場でもAPOGEE製品は多く導入されていますし、マスタリングスタジオでも一時期覇権を握るほど。

最近はあまり動きがなかったところ、めっちゃ良さそうな小型AIFを出してくれますね!

僕が初めて買った高性能オーディオインターフェースがAPOGEEの初代DUETでした。

もう12〜3年ぐらい前でしょうか、、、。当時はmacでしか使えませんでした。

APOGEE  / Duet  サウンドハウス

APOGEE / Duet サウンドハウス

今販売されているのは第二世代ですが、こちらももう10年以上前から?販売されているもの。

やっとDTMerにも手が届きやすい新製品が出ます、、、、。

こちらも楽しみです!

まとめ

他にもまだまだオーディオインターフェースはあります。

もっと高いやつも全然あります。

 PRISM SOUND ( プリズムサウンド ) / Titan   サウンドハウス

PRISM SOUND ( プリズムサウンド ) / Titan サウンドハウス

しかしこんな製品は一部のマニアか、最大クオリティー重視のマスタリングスタジオが使うようなもの、、、。

DTMや音楽を聴く分には今回ピックアップしたもので十分満足できると思います!

あとは用途や目指しているクオリティーによって選ぶ製品が変わっていくのみ(((༼•̫͡•༽)))

ぜひご自分にぴったりのオーディオインターフェースを手に入れてください!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ