4/10まで!サウンドハウスでお得な特別クーポン配布中!

Roland Rubix 22のレビュー。ハイファイな音色が気持ち良い!しかし、、!

入門機として度々名前が挙がるROLAND Rubix22

価格帯がSTEINBERG UR22とかぶることから、よく両者は比較されますね。

STEINBERG UR22C

見た目も結構クリソツ

ということで、UR22Cとも比較しながらレビューを書いてみたいと思います。

これまでに試したオーディオインターフェースとの比較音源もあります。

Rubix22を使ったアコースティックギターの録音データもアップ済み!

機材選びのご参考になれば幸いです(((༼•̫͡•༽))) 

開封!

箱です。

ツルテカな箱。

説明書や登録カードが一番上に。

きました。きました〜

付属品はUSBケーブルが一本。

USB2.0で接続です。

はい、キター(´⊙౪⊙)۶!持った瞬間にかなりズッシリと重みが。

裏側。MIDI端子が標準装備されています。この点もSTEINBERG UR22と一緒です。

192kHz 24bitまで録音可能

SSL2と上から比較するとこのくらいの大きさ。

UR22Cとはほぼ同じ大きさ。

YAMAHA AG03とはこのくらいの違い。

非常にコンパクトですね!

PCに繋いでみる

さて、それでは早速PCに繋いでみます。

イエス!

一発で点灯

僕のPCはMacなので、ドライバーなしでOKでした。

Windowsはドライバーが必要とのこと。

しかし結構スムーズにインストールも終わるようです。

セットアップはストレス0!(((༼•̫͡•༽))) 

さあ、録音をしてみよう

ということで早速録音してみました!

と、その前に一旦ヘッドフォンアンプの音質をチェック。

-耳カバーを換えたい(泣)-

流れてきた音は、、、、。

めっちゃ良い感じ!!

どちらかというとハイファイな傾向ですね(;´༎ຶ益༎ຶ`)♡

STEINBERG UR22系よりもFOCUSRITE Scarlett系な音色。

はっきりってかなり好みな鳴り方です。

STEINBERG UR22は低域がしっかりしたふくよかな音。

見た目は似ていても、出音は結構違うようです。

Rubix22 vs UR22C

それでは録音です。

まずはSTEINBERG UR22Cと録り音を比べてみます!

使ったマイクは近頃よく登場するNeumann M149

アコースティックギターを録ります。

2トラック分フレーズを録り、左右にパンで振りました。

リズムはLogic Xの付属ループを。

EQやコンプなどのプラグインは一切入れてません

録音した素の音をフェーダーのみでバランス取っています。

それではファイルをお聞きください╰(◉ᾥ◉)╯ !

Neumann M149導入レビュー!手持ち真空管マイクとの違いがヤバすぎ最高

STEINBERG UR22C + M149

Roland Rubix 22 + M149

聞き比べた感想

う〜ん、一聴するとどちらもあまり差がないように聞こえます。

が。

よーく聴いてみると、やはりRubix22の方がハイファイというかシャキッとした音に僕には聴こえます。

UR22Cはどしっとしてふくよかな成分が多く聴こえます。

どうでしたか?

他のオーディオインターフェースのデータとも聞き比べ

最近オーディオインターフェースの記事を立て続けに書いているので、データも溜まってきました。

他の機種の音とも比べてみましょう☜(◉ɷ◉ )

YAMAHA AG03 + M149

SSL2 4KボタンIN + M149

SSL2 NORMAL + M149

もう一度Rubix 22 +M149

それぞれの感想

全部違いますね(笑)

正直、同じ日に録音しているわけではないので、マイキングのズレなど多少のブレはあると思います。

あとフェーダーで音量合わせしているのでその誤差も。

すみません(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

しかしそれらを差し引いても音の傾向の違いがわかりますね。

SSL2はとにかく派手

-4Kボタンで音を立たせます-

4Kボタンというブーストみたいのを押すとより派手に。

配信でおなじみのYAMAHA AG03は一番地味な印象。悪くはないですけど普通な感じです。

Rubix22はキラッとした部分が気持ちよく鳴っている気がします。

空気感の捉え方が好き

ROLAND ( ローランド ) / Rubix22 サウンドハウス

ROLAND ( ローランド ) / Rubix22 サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SSL2  サウンドハウス

SOLID STATE LOGIC ( ソリッドステートロジック ) / SSL2 サウンドハウス

音以外にRubix22のよかったところ

音はなかなかに良く、ハイファイな音が好きな人にはピッタリじゃないかと思います!

ヘッドフォンアンプもいい感じなので、オーディオ用にもオススメ。

それでは他の部分でいいなと思ったところ。

インジケーターがピカッとなるのがイイ!

入力音量の管理用に、ゲインつまみの上にインジケーターがついています

緑がつくくらいが適量。

赤は過大音量!下げて、のサイン。

UR22Cにはクリップ用のインジケーターしかないので、この点Rubix22は優れてます。 

-クリップ防止用のピークLEDのみ-

Rubix 22の微妙なところ

微妙だなと思ったところも。

MIXつまみがない

まずは、UR22CにあってRubix22にない機能。

MIXつまみの存在です。

-UR22Cはモニターの音を調整できる-

生の録り音と、DAW側で鳴っているオケの音量差を調節するつまみです。

これ、結構あるとないのとではモニターのしやすさが変わります、、、。

ここは大きなマイナスポイントかも、、、。

当然ループバック機能もありません

ループバック機能もないので、配信用に使いたい場合は別途専用ソフトが必要です。

配信用にはやはりYAMAHA AG03をオススメします!

YAMAHA AG03のレビュー。配信の定番!音質はどう?比較音源ありマス

Rubix 22はマイクプリのS/Nが悪いかも

これは結構痛い!と思ったところ。

Rubix22はマイクプリアンプのS/Nが悪いかも、、、。

音はいいんですが、S/Nが結構悪い気がします。

S/Nとは
シグナル/ノイズ比のこと。音声に対してノイズがどれだけあるのかという指標です。単位はデシベル。S/Nが悪いとボリュームを上げた時、サーというノイズがたくさん聴こえます

例えばコンデンサーマイクなど出力の高いマイクだったら気になりませんが、

SM58などのダイナミックマイクでアコギを録音する時とかは結構厳しいかと。

僕が買った個体だけ、、?

Shure SM58betaを使って録音してみた

というわけで、一応SM58betaでもアコギを録音してみました。

よく聞くと、ノイズの感じも伝わるのではないかと。

YAMAHA AG03SSL2の58データもあるので、合わせてどうぞ。

UR22Cは今度作ってみます。

Rubix 22 + SM58

YAMAHA AG03 + SM58

SSL2 4kボタンIN + SM58

ダイナミックマイクを使う場合は注意

聴き比べると、うっすら乗っているノイズの感じに気づいていただけるかと思います。

Rubix22でダイナミック系マイクを使いたい場合は、注意が必要かも。

特に58は演奏者からある程度距離をとった方がキレイに録音できるので、その分ゲインが必要がなります。

う〜ん。

そういう用途にはあまり向いていないようです。

Rubix22はこんな人にオススメ!

というわけで、良いところ微妙なところ挙げてきましたが。

Rubix22聞き専の方にとてもおすすめというのが僕の結論です!

ROLAND ( ローランド ) / Rubix22 サウンドハウス

ROLAND ( ローランド ) / Rubix22 サウンドハウス

ヘッドフォンアンプの音がハイファイでとてもキレイです!

この価格でこの音なら、十分納得していただけるはず。

DTMには?

さて。

「DTMには、、?」という話ですが。

やっぱりS/Nが気になったので、DTMするならUR22Cの方をおすすめします彡(´∀`;●)彡 。

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22C サウンドハウス

こっちはS/Nもモニター設備もバッチリ。

録音する点においてUR22Cはやっぱり強い、、、!

まとめ

オーディオインターフェースも色々と種類がありすぎて、

スペックだけを見るとどれもこれも同じに見えます。

しかし実際に触ってみると、どの機種も個性豊かで驚きの連続(´・ω・`)

今日も勉強になりました。

今までレビューしてきた入門向けオーディオインターフェースを表にまとめました。

*下にもスクロールできます。

製品価格音質得意なとこ良いところ弱点付属DAW個別記事
UR22C

最新価格

良いDTM録音しやすい平均的CUBASE AI詳細レビュー
Scarlett 3g最新価格良い+DTMAIR機能とS/Nちょっと高め

Ableton Live Lite

Pro Tools First 

詳細レビュー
Rubix22最新価格良い聴くハイファイプリのS/N悪いAbleton Live Lite詳細レビュー
AG03最新価格普通配信機能豊富音が普通CUBASE AI詳細レビュー
SSL2最新価格良い++DTMプロっぽい音高い

Ableton Live Lite

Pro Tools First 

詳細レビュー
AUDIO 2最新価格良い+DTMコスパ最高

知名度低い

Ableton Live Lite

MASCHINE Essentials

詳細レビュー

UAC-2

最新価格良い+聴くモニターしやすい

ドライバが不安定

高い

Cubase LE

詳細レビュー

といった僕のまとめで締めさせていただきます。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

 

機材をお得にゲットしよう
 
サウンドハウスは、国内楽器通販最大手のショップ。国内最安値で手に入る機材も盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ