サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

Neveクローンの最終兵器!?WARM AUDIO WA-73EQがリリース!!

Neveクローンの最終兵器(´◔౪◔)◞?!

かもしれない製品がリリースされました!

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

Neveクローンはもう飽和状態、市場に出尽くしたような昨今ですが、

WARM AUDIOが低価格でとんでもない新商品を発売しました(`・ω・´)

低価格なので安かろう悪かろうなのか?

と疑りたくなりますが、内部の公開写真を見る限りかなりこだわった作りになってます。

一応、僕は部品マニアなので( ・ὢ・ )ビシッとチェックしました。

実機にまだ触れてもいませんが、この商品の攻めてる部分を自分なりに記事にしたいと思います!

*後日購入したので、実機レビューはこちらに。

WARM AUDIO WA-73EQの実機使用レビュー!音源あり【NEVE 1073タイプ】

WARM AUDIO WA-73EQの中身について!

写真がネットで公開されていたのでじっくり拝見しました( ・ὢ・ )

トランスはハイエンド機種でも使われるCarnhill製を使用

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

まず注目したいのは、インプットとアウトプットのトランスです!

写真だと赤と青の四角いやつ。

赤がアウトプットトランス。

青がインプットトランス。

なんと両方ともCarnhill(カーンヒル)製です!

Neveの音の肝、Marinair(マリンエア)を生産していたのと同じメーカー(まだ現存している!)です。

まずここが熱い!

Carnhillのトランスは色々なハイエンド機材にも使われてます。

Chandler LimitedのバスコンプTG12413 ZENER LIMITERも現行品はCarnhillだったはず。

ちなみにgolden age projectのマイクプリはオプションで搭載可能だったかと思います。

それがWA73EQにはデフォルトで搭載されてます。

現行のBAE製Neveコピーもcarnhillを使ってます(´◔౪◔)◞

もちろんアンプ回路は完全ディスクリート!

アンプ回路はオリジナルNeveと同じくディスクリートで組まれています!

ディスクリートは、IC(集積回路)を使わない回路です。

Neve特有の太くたっぷりした音は、ディスクリート回路が少なからず影響していると言われてます。

逆にIC系はSSLが有名です(´◔౪◔)◞

NeveとSSLの音の違いはこんな回路設計からもきています。

電源もリニア電源でしっかり組まれている!

マイクプリにとって電源も重要なトピック!

気にしない人は気にしないと思いますが、やっぱり組む電源で音も変わります。

WARM AUDIO WA-73EQは、電源回路では割と贅沢なトロイダルトランスを使ったリニア電源で組まれています。

-トロイダルトランス-

ハイエンド機並みです( ・ὢ・ )

例えばGolden age projectは、ACアダプターでアンプを動かしてます。

ACアダプターはスイッチング方式なので、若干音響的には劣ります(と言われている)

駆動させているかと思いますが、こちらはしっかりとトロイダルトランスを内部に組み入れて安定化回路を組んでいます。

気にならなければ全然問題はないんですけど(笑)

しかし、warm audioはその点も抜かりありません!

この価格で妥協しないのは、ある意味心配!

儲けが出るのか、勝手に心配です!

ここまでこだわって10万切るという価格設定

正直、安くても15万弱くらいしてもおかしくない作りですが、10万円切ってます、、、。

しかもマイクプリに加えEQまで付いてますからね(EQもクラシックスタイルを踏襲したインダクタースタイル)

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-73EQ サウンドハウス

見た目のデザインも悪くないですし、padファンタム位相反転まで装備されています。

はっきり言って安すぎます。

NEVE(ニーブ)系マイクプリアンプ選び完全ガイド【知って得する!】

マイクプリだけならもっと安い、、、

僕が買うなら、絶対にEQ付きのやつにします。

が、ステレオ録音用Neveサウンドが欲しい!場合はマイクプリ×2もおすすめ( ・ὢ・ )

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-273 サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-273 サウンドハウス

これも安い(笑)

イカれてます。

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-273 サウンドハウス

中身も素敵!

これだけしっかりNeveコピーを作るのは大変なコストがかかるはず。

僕もDIYで機材製作をするので、なんとなくわかります( ・ὢ・ )

しかも、流石メーカーなので、仕上げがとても綺麗です。当たり前ですが。

自分で作るより、もはや買ってしまった方が費用対効果は上でしょう(笑)

Neve系ラッキングからはもう手を引くことにしました!

動画はこちら

まとめ

WARM AUDIO WA-73EQの実機予想でした!

買ってもいないのに、ここまで持ち上げるのもおかしいと思いますが、これはとても魅力的な製品だと断定してます!

買います!僕は絶対、買うと思います!

初めて買うマイクプリとしてもとても良いのではないでしょうか??

いつか購入したら、また追加でレビューさせていただきます!

*やっぱり最高でした。

最後までお読みいただきありがとうございました!

WARM AUDIO WA-73EQの実機使用レビュー!音源あり【NEVE 1073タイプ】
機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ