MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

audio technica AT4040の使用レビュー!本格派!な音を3万円台で実現するコンデンサーマイク

audio technica AT4040の使用レビューです(´◔౪◔)◞

先日レビューしたaudio technica AT2020がとても良かったので、

上位機種のAT4040も追加で買ってしまいました。

オーテクサウンドは癖がない故、それが癖になります、、、。

個性は抑え目だけど、エクセレント。

ある意味凄いカラーですよねこれって( ・ὢ・ )

DTMでも人気のAT4040の音質やいかに。

他のマイクとの比較音源も作成してみました!

あわせて読みたい
audio technica AT2020の使用レビュー!最高の入門用コンデンサーマイク! audio technica AT2020の使用レビューです(´◔౪◔)◞ コンデンサーマイクの入門機として人気のAT2020。 1万円のオーテクマイクがどんな音なのか試してみました。 同価格帯...

*過去記事を加筆修正しました

目次

AT2020とAT4040の違いについて

まずはAT2020とAT4040の違いについてざっとおさらいを。

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

AT2020は1万円ほどで購入できる入門用におすすめのコンデンサーマイク。

初めて使うならば十分すぎるクオリティーの音質をしています!

 audio technica AT4040 サウンドハウス

audio technica AT4040 サウンドハウス

一方AT4040はもう1段階上のラインナップになります。

値段は3万円台で、DTMを本気でやり始めるタイミングで試してみたいマイクですね。

後ほど音色の比較検証もしますが、やはりこちらの方が更に音がクッキリします。

この2本の大きな違いはマイクカプセルです。

-マイクカプセルのイメージ。実機のものではありません-

AT2020はバックエレクトレット(右のタイプのイメージ)

AT4040はラージダイヤフラム(左のタイプのイメージ)をマイクカプセルに使用しています。

中上級機で人気の機種はだいたいがラージダイヤフラムを採用しています。

エレクトレットマイクカプセルの方がコストが安いです。

とはいえ、極端に性能が落ちるわけではないのでご安心を。

逆に、AT2020の音を聴いて「エレクトレットコンデンサーマイクも良いっ!」

と思った次第です。

箱開封!

それではレビューを!

箱です。

箱側面の写真。

マイク内部はこんな感じなんでしょうか。カッコe〜。

箱、オープン!

まず奥にあった袋から開封。

マイクをいれる袋?

白い箱を開封。

マイクホルダーが入ってました。

パッと見プラっぽいですが、金属です。かなりしっかりしてます。

AT2020の時も思いましたが、マイクホルダーの出来が素晴らしい(笑)

こういうところで信頼性がグッと上がります。

オーテクさん、ありがとう(*´ω`)ゝ!

マイクスタンドに取り付ける際の変換ネジもついてるので安心です。

そしてとうとう本体にご対面。

ぱかり。

きたー!!マットブラックが光るぅ〜!

AT4040さん、チィーッス(;´༎ຶД༎ຶ`) !!

ウハー、かっこいい(;´༎ຶД༎ຶ`)

ダイヤフラムがいわゆるラージのやつになってます。

このロゴがまた良いですよね〜。

所有欲を満たしてくれる、、、。

背面。

ローカットスイッチと、

PADスイッチ。これをポチれば大音量の収録に対応可能。

AT2020と同様、指向性は単一指向性のみ

前面からの音しか拾いません。

Vo録音やナレーション録り、アコギのクローズRECなどに最適です。

配信ライブもオフめに設定すれば、単一指向性で十分音を拾えます。

58と並ぶとサイズ感はこんな感じ。

思ったほど大きくなかったですね。

このサイズなら持ち運びもセッティングもかなり自由度高くできそうです。

ということで、この流れのまま早速録音チェックをしてみました。

今回聴き比べてみるのはこの4本!

左からNeumann U87ai、AT4040、AT2020、AKG C414XLSとなります。

AT4040とAT2020の質感の違いを確認しつつ、

さらにノイマンやAKGとも聴き比べられればと思います。

AT4040を好むプロミュージシャンもおられますしね( ・ὢ・ )!

価格以上の音をしているはず!と期待大。

あわせて読みたい
NEUMANN(ノイマン) U87aiの使用レビュー!やっぱり最高峰!音源あり NEUMANN U87aiのレビューです(´◔౪◔)◞ 2020年、キャッシュレス還元が終了する前にまた買い直しました。 色々あってこれでU87aiを所有するのは3回目です。 いやあ、最高で...
あわせて読みたい
AKG C414 XLSの使用レビュー。最前線でオールマイティーに使える優等生マイク! AKG C414 XLSのレビューです。  レコスタでも定番のコンデンサーマイク。 Voにはもちろんのこと、エレキギターのクローズにも立っていたりと、 かなり万能なイメージの...

録音してみる

それでは録音してみます!

オーディオインターフェースはPrism Sound Titanを使用しました。

マイクプリは、

warm audio wa73-EQを使いました。見た目通りNeveコピー製品です(´◔౪◔)◞

DAWはLogic X。

アコギを2トラック録音して、左右に軽くパンで振ります。

リズムトラックはLogic X の付属ループ。

トラックにプラグインは挿していません。ノンEQ、ノンコンプです。

フェーダーで音量を揃えたのみになります。

だいたいですので、多少の音量のバラつきはご勘弁を、、、。

それでは聴き比べてみましょう!!

あわせて読みたい
Prism Sound Titanの導入レビュー!最高峰オーディオインターフェースに感涙! Prism Sound Titanの導入レビューです(´◔౪◔)◞ ついにやりました!長年の夢。 Prism Sound製品をゲット(;´༎ຶД༎ຶ`)ぉぅ!! 高い高い壁をようやく乗り越え、現行機最高峰...
あわせて読みたい
WARM AUDIO WA-73EQの実機使用レビュー!音源あり【NEVE 1073タイプ】 WARM AUDIO WA-73EQを導入したのでレビューです(´◔౪◔)◞ WARM AUDIOの気合の入ったNEVEコピー。しかもお手頃価格。 当サイトでも過去に別記事で取り上げさせていただいて...

再生音量にお気をつけください!

audio technica AT4040

audio technica AT2020

Neumann U87ai

AKG C414XLS

感想

オーテクサウンドとはこのことか( ・ὢ・ )!!

と、やっと確信的にわかった気がします。

クールですね。熱きクールな音をしています。

やはりAT2020もAT4040もサウンドの方向性は同じでしたね(´◔౪◔)◞

ただ、AT4040の方が音像が大きく聴こえます。

特にストロークだと低域の量感が結構変わってくる様です。

AT4040は、とにかく録ったまんまでこれだけバランス良いのが凄い。

僕の下手な演奏でも(笑)

カチ、カチっとして線が見えやすいですし、

クールな音ですが決して「冷たい音」なわけではないですね、、。

うーん、面白い音です。ここが人気の秘密なのでしょうね(*´ω`)o!!

逆にNeumman U87aiはとても熱い、クールとは無縁の音に感じます!

暖かさもありますし、ミッドが気持ちよく出てくれます。さすが定番機。

ストロークのあたりはちょっとEQでいじりたくなる音ではあります。

AKG C414 XLSはとてもフラットな印象。

オーテクもフラットと言われますが、

僕はAKG C414 XLSの方がフラットな音だなーと思います。

フラットというか、ナチュラルですね。

すごく自然な音にしてくれるマイクだなと!

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLII サウンドハウス

AKG ( アーカーゲー ) / C414 XLII サウンドハウス

もっとキラッと行きたい場合は、C414 XLⅡが良いようです。

これもいつか試してみたい、、、。

AKG C414 XLS コンデンサーマイクロホン
アーカーゲー(AKG)
audio-technica AT2020 動画配信・宅録・実況・DTM 【国内正規品】
Audio Technica(オーディオテクニカ)

AT4040が3万円台は高い?

AT4040は約3万円で入手できます。

 audio technica AT4040 サウンドハウス

audio technica AT4040 サウンドハウス

これは高いのか、安いのか。

個人的には、めっちゃ安いと思います(笑)

いや、3万円は高い買い物だと承知しつつ、、、、

3万円でこんな音を出しちゃいます?という意味で。

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

 

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

AT2020が約1万円で、こちらも入門用ではコスパ最強マイクですが、

AT4040はさらにコスパ高いと思います。

DTMで使うには、かなり長ーくメインマイクで楽しめるはず。

いつかもっと生録にこだわりたくなったら、さらに上位のマイクに手を出すのもアリ!

ただ、そんなマニアになる方は恐らくごく一部、、、。

マニアになると泥沼です。僕がそう(;´༎ຶД༎ຶ`)

そこにハマる手前で、コスパ良く楽しむならAT4040がイチ推し!

あわせて読みたい
Neumannマイクの特徴と10機種の使用感レビューまとめ【おすすめノイマン】 Neumann(ノイマン)といえばDTMに携わっている方ならば、一度は耳にしたことがあるであろうメジャーなマイクブランド。 -何のソースに使っても間違いないNeumann M149-...

AT4040はこんな人におすすめ

AT4040はAT2020よりも2万円ほど高いですが、

DTMを本格的にやるぞ!

となった方なら是非とも選択肢に入れていただきたいマイク。

前述の通り、3万円で手に入るとは思えないほど良い音だと思います。

audio-technica AT4040 単一指向性 大口径ダイアフラム
Audio Technica(オーディオテクニカ)

宅録のVo録音、生楽器のクローズ録音に最適です。

配信に使うのも良さげ!

*追記!後日配信に使ったところめちゃくちゃいい音でした!

後日配信ライブでaudio technica AT4040を使う機会があったので、ここから追記です

先日知り合いのライブ配信のお手伝いをさせていただいた際AT4040を使いました。

改めてコスパ的に最高なマイクだなと思い至った次第です(`・ω・´)

配信ライブの環境

僕がお邪魔した配信ライブの内容ですが、アコギ弾き語りのLIVE配信でした。

シンガーソングライターのライブですね。

場所はカフェくらいの大きさで、そこに配信機材を持ちこんで行いました。

僕は映像関連に疎いので、細かいPC設定などは全くわかりません( ・ὢ・ )

他の方に僕の役割を教えてもらいながら、音響機器だけ扱ってました。

オーディオインターフェースはRME Babyface Pro FSを使いました。

RME Babyface Pro FSは2chマイクを繋げるので、当初は

  • ダイナミックマイク(58)を歌専用
  •  AT4040をエアー用
  • アコギのバランスが悪かったらHI-Z/ライン録音を追加

    で考えていました。

    が、結果としてAT4040一本で十分バランスよく拾うことができました(笑)

    AT4040を一本立てておくだけで、十分ハイクオリティになるという結果に!

    RME Babyface Pro FSはmax4ch同時録音できる

    余談ですが、RME Babyface Pro FSはマイク入力は2chのみですが、更に2ch分HI-Z/ラインを同時入力、録音できます。

    小型ライブ配信に非常に便利な仕様です( ・ὢ・ )

    詳しいレビューはこちらに。

    あわせて読みたい
    RME Babyface Pro FSの使用レビュー!どこまでも透明でフラットな音色が凄い! RME Babyface Pro FSのレビューです(´◔౪◔)◞ コロナの影響もありなかなか在庫が増えませんね、、。 僕も注文後、かなり待ってようやくGETしました。 どちらかと言うと音...
    あわせて読みたい
    RME Babyface Pro FSをしばらく使っての追記レビュー。良いところ微妙なところ RME Babyface Pro FSをしばらく使ってみての追加レビューです(´◔౪◔)◞ ファーストインプレッションの記事から20日ほど経ち、 実作業で使用を続けてみた結果、改めて感...

    audio technica AT4040一本で十分だった理由

    audio technica AT4040一本で十分になってしまった理由ですが、アコギの弾き語りだったので、ボーカルマイクやアコギのラインをそのまま取り込んでミックスするよりも

    • メインスピーカーから出ている歌やギターの音
    • 生の歌声やギターが空間に響いている音

      をエアーで拾ってマイク録音した方がLIVEっぽい音になるからでした。

      全然こっちの方が良い!

      カフェとかだと基本的に空間の響きがいい場所も多いですしね(´◔౪◔)◞

      演奏もシビアに聞こえすぎず、程よく上手に聴こえると思います。

      視聴者の方のコメントにも「音良かった!」というメッセージがあったので勘違いではないはず( ・ὢ・ )!

      RME Babyface Pro FS サウンドハウス

      RME Babyface Pro FS サウンドハウス

      RME Babyface Pro FSの内蔵マイクプリも非常にクリアなので、それも相乗効果になっていたかもしれません。

      時間があったので、マイキングはじっくり調整しました!

      単一指向性で大丈夫だったか?

      audio technica AT4040は指向性が単一指向性のみですが、空間の音を十分収録できました!

      スイッチ類も一切いじらず、でした。

      もちろんモノラル録音になりますが、ライブだと全く違和感は感じません(笑)

      モノラル1chの収録でも十分胸に来ます。

      でも、ライブは音質よりもハートが大事

      ライブ配信の音質は良いことに越したことはありません!

      しかし、やっぱりライブの良いところは配信でも熱量がどれだけあるかだなーと改めて思いました。

      あと、ファンとアーティストのリアルタイムなやりとりも見ていて良いなーと(`・ω・´)

      現場の空気を久しぶりに味わって、深夜まで眠れませんでした(笑)

      良いマイクでハイクオリティーな配信を

      audio technica AT4040を使うととてもハイクオリティーな配信ができます!

      もちろんDTMで使ってもと輪郭のしっかりした音で録音できます。

      あともし最悪ぶつけたり、壊してしまっても、最悪の最悪、まだあきらめがつく値段でもあります。

      めちゃくちゃ凹むと思いますけどね( ・ὢ・ )

      いや、すみません、やっぱり凹みます。

      でも、ライブ用に持ち出すなら、AT4040くらいまでがリスク的に限界かもしれません。

      これ以上高価なマイクになるとビクビクしてしまい、全くライブを楽しめなさそうです(涙)

      これを配信で使うと「なんか音めちゃよくない?」って言われる可能性大!

      ピアノの弾き語りとかにも良さそうです(´◔౪◔)◞!!

      audio-technica AT4040 単一指向性 大口径ダイアフラム
      Audio Technica(オーディオテクニカ)

      あわせて読みたい
      Elgato Stream Deck XLのレビュー!ボタンにコマンドを割り当てて作業効率化! Elgato Stream Deck XLの使用レビューです(´◔౪◔)◞ 主にブログ更新の作業効率UPメインで買いました。 DTMのフィジカルコントローラーとしても使えます(`・ω・´) 方々での評...
      あわせて読みたい
      AKG C214コンデンサーマイクの使用レビュー!高域がキラッと抜ける音楽的な一本! AKG C214コンデンサーマイクのレビューです(´◔౪◔)◞ 初心者用マイクからのステップアップとして人気の本機。 入門用マイクとの音質の差はどれくらいなのか? AKGマイクの...

      あわせて読みたい
      audio technica AT4040の使用レビュー!本格派!な音を3万円台で実現するコンデンサーマイク audio technica AT4040の使用レビューです(´◔౪◔)◞ 先日レビューしたaudio technica AT2020がとても良かったので、 上位機種のAT4040も追加で買ってしまいました。 オー...
      あわせて読みたい
      費用対効果が高いDTMアイテムはどれだったか?200以上レビューして見えたもの DTMの環境構築はこだわればこだわるほど終わりがありませんよね、、、(-ω- /) DTM関連のアイテムには実に様々なものがあります。 当サイトでは気付けば230本以上の機材...

      まとめ

      長くなりましたが、オーテクAT4040のレビュー記事でした。

      いやー、現代的な音ですごく良いマイクです( ・ὢ・ )

      なんで今まで試さなかったんだろう、、、。

      さらに上位機種の4050にも手を伸ばしてしまいそう、、、。

      ちなみにポップガードは付属していませんので、Vo録音に使う場合は別途用意する必要があります!

      最後までお読みいただきありがとうございました!

      あわせて読みたい
      audio technica AT2020の使用レビュー!最高の入門用コンデンサーマイク! audio technica AT2020の使用レビューです(´◔౪◔)◞ コンデンサーマイクの入門機として人気のAT2020。 1万円のオーテクマイクがどんな音なのか試してみました。 同価格帯...
      あわせて読みたい
      MXL V67Gの実機使用レビュー。ノイマンU87コピーのお手頃コンデンサーマイク! MXL V67Gコンデンサーマイクの使用レビューです(´◔౪◔)◞ 約1万円でゲットできる価格ながら、クオリティーが高く人気のコンデンサーマイク。 NEUMANN U87の回路をコピー...

      おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

      あわせて読みたい
      オーディオインターフェースおすすめ18選!選び方のポイントについても【2022】 価格帯別におすすめのオーディオインターフェース(AIF)をまとめてみました! ものすごい数の製品があるので、どれを選べばいいのか迷いますよね(;´༎ຶД༎ຶ`)  これまで...
      あわせて読みたい
      SSL2導入レビュー!期待のオーディオインターフェース実力は如何に? SSLから期待のオーディオインターフェースが発売されました! その名もSSL2。 SSLといえばプラグインでご存知の方も多いはず。 80年代初頭からプロスタジオを席巻し続...

      あわせて読みたい
      STEINBERG UR22Cの使用感レビュー!UR22mk2との違いは? ずっと気になっていたSTEINBERG UR22Cが手元に来ました(´⊙౪⊙)۶ 実際に使用してみたので使用感などを記事にさせていただきます! ライバル機となるオーディオインターフ...
      あわせて読みたい
      ANTELOPE AUDIO Discrete 8 Synergy Core導入レビュー!比較音源あり【Discrete4】 ANTELOPE AUDIO Discrete 8 Synergy Coreを導入してしまいました(;´༎ຶД༎ຶ`)  コロナの自粛に耐えられず、、、機材を買ってストレス解消に走りました! 巷ではUniversal ...

      あわせて読みたい
      KOMPLETE AUDIO 2の使用レビュー!コスパ最強かも?! KOMPLETE AUDIO 2のレビューです。  入門機種としてNative Instrumentsが2019年に発売した本機。 価格も安く、手を伸ばしやすいオーディオインターフェースですが性能は...
      あわせて読みたい
      Focusrite Scarlett 3rd genの使用レビュー!AIRボタンで抜けアップ! Focusrite Scarlettの第3世代verのレビューです。  個人的に第2世代のScarlettがサブ機として本当に好きだったので、 第3世代になり、どんなパワーアップをしたのか...

      あわせて読みたい
      audient EVO 4のレビュー!勝手に音量調整してくれるのが便利すぎた 使ってみたら色々と凄かったaudient EVO 4のレビューです(´◔౪◔)◞ audientといえば、少し堅い感じで値段高めなメーカーというイメージでした。 しかしEVO 4はデザインも...
      あわせて読みたい
      YAMAHA AG03のレビュー。配信の定番!音質はどう?比較音源ありマス 配信の定番オーディオインターフェースYAMAHA AG03。 ミキサー型の一風変わったデザイン。 見るからに多機能を備えていそうな風貌です。 ところでDTM用途にも使えるのか...

      あわせて読みたい
      【TWIN】UNIVERSAL AUDIO APOLLO Xの音質チェック!マイク録音でSSL2他と比較してみた 2019年末UNIVERSAL AUDIO APOLLO Xシリーズに2chオーディオインターフェース版TWINが加わりました。 UNIVERSAL AUDIO / APOLLO TWIN X / DUO Heritage Edition サウン...
      あわせて読みたい
      最上位級!UNIVERSAL AUDIO APOLLO TWIN Xが今オススメな理由! 2019/10月universal audioからとうとうAPOLLO TWIN Xが出ました! 同社フラッグシップモデルの2ch版ということで、UA愛好者の僕としてはかなりオススメな機材です。  UN...

      あわせて読みたい
      Roland Rubix 22のレビュー。ハイファイな音色が気持ち良い!しかし、、! 入門機として度々名前が挙がるROLAND Rubix22。 価格帯がSTEINBERG UR22とかぶることから、よく両者は比較されますね。 -STEINBERG UR22C- 見た目も結構クリソツ。 とい...
      あわせて読みたい
      RME Babyface Pro FSの使用レビュー!どこまでも透明でフラットな音色が凄い! RME Babyface Pro FSのレビューです(´◔౪◔)◞ コロナの影響もありなかなか在庫が増えませんね、、。 僕も注文後、かなり待ってようやくGETしました。 どちらかと言うと音...

      あわせて読みたい
      Universal Audio Apollo X6導入!感動したのでレビューを 先日発売されたUniversal Audio Apollo Xを導入しました(´◔౪◔)◞ 使用レビューをざっと書いてみたいと思います( ・ὢ・ )最高! *過去記事を加筆修正しました 【ヘッドフォ...
      あわせて読みたい
      SSL2のLINE INの音質をキーボードでチェック!SSL2+も欲しくなってしまう結果に 前回別記事にてSSL2のマイクインは録音でチェックしました。 関連記事 SSL2導入レビュー!期待のオーディオインターフェース実力は如何に? ライン入力をまだ試してい...

      あわせて読みたい
      SSL2 VS SSL9000!実機とラインアンプの音質を比べてみた【スタンドアローン】 SSL2をスタンドアローンで起動し、オーディオインターフェースとしてではなく、ラインアンプ単体としてテストしてみました(´⊙౪⊙)۶! この使い方はSSLの広報の方もネット...
      あわせて読みたい
      SSL2とSSL9000コンソールのマイクプリアンプの音質を比べてみた!音源あり SSL2 VS SSL9000!実機とラインアンプの音質を比べてみた【スタンドアローン】の続きです。 前回の記事ではSSL2とSSL9000のラインアンプの音質を聴き比べてみました。 ...

      あわせて読みたい
      ZOOM UAC-2の使用レビュー!まだまだ現役な高品質AIFの実力は? ZOOM UAC-2の使用レビューです。 ZOOMといえば、近年低価格で高品質なアイテムを連発している日本メーカー。 ミュージシャン仲間の間にもファンが多いです。 レコーダー...
      あわせて読みたい
      Prism Sound Titanの導入レビュー!最高峰オーディオインターフェースに感涙! Prism Sound Titanの導入レビューです(´◔౪◔)◞ ついにやりました!長年の夢。 Prism Sound製品をゲット(;´༎ຶД༎ຶ`)ぉぅ!! 高い高い壁をようやく乗り越え、現行機最高峰...

      あわせて読みたい
      ANTELOPE Discrete Synergy Coreの微妙なところ?について【続・レビュー】 ANTELOPE AUDIO Discrete 8 Synergy Coreを導入して数日経過。 -ラッキング完了!- とりあえず毎日いじって触っております(´⊙౪⊙)۶ 前回のレビューANTELOPE AUDIO Discre...
      あわせて読みたい
      Prism Sound TitanでDTMしてみて良かったところ微妙なところ Prism Sound Titanを導入してから2曲ほど楽曲制作をしてみました。 その中で、良かったところ微妙なところがより解ってきたので前回記事の追記です(´◔౪◔)◞ PRISM SOUND...

      あわせて読みたい
      RME Babyface Pro FSをしばらく使っての追記レビュー。良いところ微妙なところ RME Babyface Pro FSをしばらく使ってみての追加レビューです(´◔౪◔)◞ ファーストインプレッションの記事から20日ほど経ち、 実作業で使用を続けてみた結果、改めて感...
      あわせて読みたい
      MOTU M2のレビュー!2万円台とは思えない高品質な音に驚愕!品薄な理由に納得 MOTU M2オーディオインターフェースの使用レビューです(´◔౪◔)◞ やっと手に入った、、、。 いやー、ものすごく待ちました。 たまたまRock oNさんに入荷されているのを発...

      あわせて読みたい
      PRESONUS Studio 24cの使用レビュー!この音でこの価格は安すぎる!ハイコスパAIFだった PRESONUS Studio 24cのレビューです(´◔౪◔)◞ オーディオインターフェースのまとめ記事を書いた時からずっと触ってみたかった機種! ようやく在庫が入ってきてるようでゲ...
      あわせて読みたい
      オーディオインターフェースで音質は大きく変わるのか? オーディオインターフェースで音質は変わるのか(´◔౪◔)◞? 答えはYES! 機種によって変わりまくります! 特にエントリークラスの製品は個性の幅が広い印象です。 当サイ...

      あわせて読みたい
      音質重視ならどのオーディオインターフェースが一番良い?RME UA ANTELOPEを選ぶポイントまとめ 音質重視でオーディオインターフェースを選ぶならどれが一番良い( ・ὢ・ )? 現在、DTMerの多くが挙げる高性能AIFといえば RME Universal Audio Antelope の3メーカーじ...
      あわせて読みたい
      ANTELOPE ZEN GOの導入レビュー!小型ハイエンドAIFの新定番になれる? ANTELOPE ZEN GOの導入レビューです(´◔౪◔)◞ 予約していたので、ほぼ発売と同時に届きました! ANTELOPEの2chデスクトップタイプAIF! Discrete 8 Synergy Coreもとても...

      あわせて読みたい
      ANTELOPE AUDIO ZEN GOがApple M1 macに対応したので試してみた! ANTELOPE AUDIO ZEN GOがM1 MACに対応したとのことで試してみました(´◔౪◔)◞ 普段DTMでは使わない仕事用のMac book air M1 2020でトライ。 何も考えずにやったら早速失敗...
      あわせて読みたい
      ANTELOPE ZEN GOのミキサーにDAWから音を戻してプラグインをかけてみた!【エレキ録音も】 ANTELOPE ZEN GOで掛けどり以外の方法で、ANTELOPEプラグインを使ってみました(´◔౪◔)◞ ざっくりとしたやり方を記事にしました。 HI-Zインからエレキギターも録音してみ...

      あわせて読みたい
      【最高峰】Prism Sound Titan導入から半年経ってわかった他機種との違い【UA RME Antelope】 Prism Sound Titanを導入して半年経ちました(´◔౪◔)◞ 半年の間にDTM制作も繰り返したきたので、実践の中で感じるTitanの良さを! 「最高峰AIF」と称されるだけあってしっ...
      あわせて読みたい
      厳選!音楽鑑賞におすすめのオーディオインターフェースまとめ 音楽鑑賞におすすめのオーディオインターフェースをまとめました(´◔౪◔)◞ 今まで15機種以上実機レビューをしてきた経験からピックアップします。 *全部自腹です* 後、...

      あわせて読みたい
      MOTU M2でエレキギターをライン録音してみた感想レビュー! MOTU M2でエレキギターをライン録音してみた感想です(´◔౪◔)◞ 久しぶりにリスニングで使いたくなりM2をPCに接続。 やっぱり出音がいいですね( ・ὢ・ )!これこれ。 そう言...
      あわせて読みたい
      オーディオインターフェースはギターやベースアンプの代わりになる?練習用ならかなりおすすめ! オーディオインターフェースは、ギターやベースの自宅練習用アンプに使えるのか(´◔౪◔)◞? 答えはYESです! 自宅練習用ならば、むしろアンプ&キャビよりもおすすめか...

      あわせて読みたい
      APOGEE Duet 3の導入レビュー!解像度抜群の音質で遂にレジェンドが殴り込み! APOGEE Duet 3の導入レビューです(´◔౪◔)◞ オーディオインターフェースの5〜10万円レンジに、とうとうApogeeが殴り込み! 初代APOGEE、2を経て遂に3にバージョンア...
      あわせて読みたい
      APOGEE DUET3を使用して一週間経過!気になった点などの追記レビュー APOGEE DUET3を導入してから一週間ほど経った後の追記レビューです(´◔౪◔)◞ 音質や簡単な使用感などについては別記事にて書かせていただいたので、今回は前回書けなかっ...

      あわせて読みたい
      Universal Audio VOLT276の実機導入レビュー!エントリークラスの新たな王になれるか?! Universal Audio VOLT276の実機を購入したのでファーストレビューです(´◔౪◔)◞ プロも愛用のUAが遂に1〜3万円台のオーディオインターフェースを発売しました! Apollo...
      あわせて読みたい
      Universal Audio VOLT 276をスタンドアローンで使いリアンプしてみた!プラグインとの質感の違いは? Universal Audio VOLT 276をスタンドアローンで使い、音源をリアンプしてみました(´◔౪◔)◞ Universal Audio VOLT 276はSSL2同様、PCに繋がなくても単体機として機能しま...

      注目の編曲サービス!

      Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

      • 本気でオリジナル曲デビューしたい
      • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
      • プロと自分の差を知りたい
      • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

      例えばこんな方におすすめです。破格!

      返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

      お得に機材をゲットしよう!

      サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

      Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

      PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

      Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

      ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

      この記事が気に入ったら
      フォローしてね!

      よろしければシェアしてください
      URLをコピーする
      URLをコピーしました!
      目次
      閉じる