サウンドハウスでポイント最大30倍!5/10まで!

ANTELOPE ZEN GOのミキサーにDAWから音を戻してプラグインをかけてみた!【エレキ録音も】

ANTELOPE ZEN GOで掛けどり意外の方法で、ANTELOPEプラグインを使ってみました(´◔౪◔)◞

ざっくりとしたやり方を記事にしました。

HI-Zインからエレキギターも録音してみました(`・ω・´)!

ANTELOPEプラグインも中々良い感じです。

エレキギターを録音してみる

まずプラグインをかける素材が必要なので、エレキギターを録音してみました。

特に何も考えず( ・ὢ・ )

ぱぱっと録音したものがこちらです。

 

リズムの音選びとか超適当ですね(笑)ダサい

すみません、あまり時間かけられずこんな感じですがお許しください。

リズムとエレキギター2本のみが鳴ってます。

ギターはANTELOPEプラグインのアンプシュミを掛けどりしました。

右チャンにはこれまた付属のモジュレーションを入れてみました。

結構良い感じ(`・ω・´)

ヘッドとキャビを合わせると結構種類があります!

パッと選んで良さげだったやつを使いました。どれを選んだのかは忘れました、、。

ギターをANTELOPE MIXER上に送ってプラグインをかける

それでは素材ができたので、ANTELOPEプラグインをMIXER上に送ってかけてみます。

ANTELOPEの上位機種は別途ソフトを購入すればDAW上でもANTELOPEプラグインが使えるのですが、、、。

残念ながらZEN GOはこの機能が使えません(;´༎ຶД༎ຶ`) イジワル!

ということで一手間かける必要があります。

ANTELOPE MIXIERのルーティング設定を変える方法

それでは実際にやってみた手順を!

ミキサーを開きます。

そしたら赤丸部分「PREAMP」となっているところをクリックします。

そしたらこんな感じで階層が出てきますので、1トラック目はCOMPUTER PLAYから3を選びます。

2トラック目も同じようにCOMPUTER PLAYから4を選びます。

これでDAW側の出力3-4chがANTELOPEミキサー上に個別に送れるようになりました。

ステレオ分のオーディオを送れます(`・ω・´)

DAW側の設定

DAW側の設定を変えます。

僕はLOGICを使ってますので、LOGICの場合がこちら。

知ってる方には釈迦に説法ですが、送りたいトラックの出力を今回だと3-4に変更します。

モノラルトラックだったら3か4でOKです。

そうすると、ANTELOPE MIXERの1、2トラックに音が流れるようになります!

DAW側にもう1トラック立ち上げて、入力を1-2にすれば設定完了!

注意!
間違えて入力を3-4には絶対にしないでください!

音がループして盛大にハウリングします!

必ずDAW側の入力は1か2か1-2にします

お疲れさまでした。

あとはMIXER側にプラグインを挿すだけ(*´ω`)ゝ

プラグインをさしてみる

それではプラグインを挿してみます!

赤丸のところをクリックするとインサート画面がでてきます。

ここに好きなプラグインを並べればOK!

今回はブレントアブリルのマイクプリっぽいやつと1176コンプを入れてみました。

実際どんな感じに音が変化したのかがこちら。

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

元の音源

左ギターだけにプラグインをかけた音源

リズムにもプラグインをかけた音源

感想

プラグインを入れるとなんかやっぱり馴染む感じになりますね(`・ω・´)

ANTELOPEのプラグインはわりかし上品な感じがします。

これはオーディオインターフェースの音にも感じます。素敵。

付属プラグインの他に、結構面白いEQなどもあるのでいつか試してみたいです。

NEUMANNのEQとか(笑)

実機を持っていたことがあるのですが、プラグインではANTELOPEで初めてみました。

Neumann W495b EQ

僕がいうのもなんですが、やはりマニアックですねANTELOPEさん。

でもこのEQ一応マスタリング用だったのですごくよかったです。

プラグインでも使いたい!

プラグインをかけたあとは必ず録音を

当然ですが、ANTELOPE MIXER上でプラグインをかけたら、DAWに戻して毎回録音しないといけません。

後から「ここやっぱこうしたい。プラグイン立ち上げてクイっ」

とかはできないんですよね( ・ὢ・ )

プラグインなのに実にアナログライクです。

実機のハードウェアと同じような使い方になってしまう点だけ注意が必要です。

ルーティングが面倒な場合

今回行ったルーティングは慣れればある程度サッとできるようになると思います。

ただ、それでも面倒な感は否めません、、、。

 ANTELOPE AUDIO / Zen Go Synergy Core サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO / Zen Go Synergy Core サウンドハウス

かけどりで音を作るのは慣れるまで、ちょっと結構難しそうですね。

実際やってみて思いました(;´༎ຶД༎ຶ`)

プラグインはできたらDAW上で使えるようにして欲しいなー。

ANTELOPEさま、アプデとかあったら泣いて喜びます、、、。

嬉しいユーザーもたくさんいると思います。

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 サウンドハウス

ANTELOPE AUDIO / Discrete 4 Synergy Core サウンドハウス

Discrete Synergy Coreシリーズだったら、DAW上でも使えるようになるのですけど(要追加ソフト)

ただ、RME Babyfaceなどと価格帯が被ってきます、、、。

お手頃とは言えない値段です( ・ὢ・ )

中々考えるところが多い商品群ですね、このあたりは!

まとめ

ANTELOPEプラグインをかけどり以外で使ってみた記事でした(´◔౪◔)◞

MIXERの設定は慣れればサッとできると思いますし、設定をSAVEすることもできるのでLOADして使えば更に楽に使えるかもしれません。

使う方の求める方向、考え方で1にも100にもなる気がだんだんしてきました。

NEUMANNのEQ試してみたすぎです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ