サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

APOGEE Duet 3の導入レビュー!解像度抜群の音質で遂にレジェンドが殴り込み!

APOGEE Duet 3の導入レビューです(´◔౪◔)◞

オーディオインターフェースの5〜10万円レンジに、とうとうApogeeが殴り込み!

初代APOGEE、2を経て遂に3にバージョンアップ。

待ってました!

1、2とも使用していたので、久しぶりのAPOGEEサウンドにテンション爆上がりです( ・ὢ・ )

今までレビューしてきた他機種との使用感の違いなどについても書いてみたいと思います。

やっぱりサウンドイイですね〜!

マイク録音した比較音源もあります!

APOGEEとは?

APOGEEはアメリカの音響機器メーカーです。

僕が記憶している2000年〜10年代頭あたりのレコーディング、マスタリングスタジオでは、APOGEE ROSETTAという機種がコンバーターとして特によく使われていたイメージです。

完全プロ仕様の製品を作ってきたメーカー。正に、レジェンド的存在です。

そんなメーカーが2007年、コンシューマー向けに初代APOGEE DUETを発売。

MAC専用オーディオインターフェースでしたが、そのサウンドはとにかく革命的でした( ・ὢ・ )

-初代DUET-

解像度が超高い!

僕もこれ買いましたが、当時こんな音を出す製品自体触ったこともなかったので、あまりの音の良さに漏らしそうになりました(´⊙౪⊙)۶

デザインもmacに寄せてあり、まさに未来のギアと言った感じで、僕の周りでも使用している人がとても多かったです。

-DUET 2-

その後もDUETは2へとバージョンアップ。2013年ごろでした。

こちらも買いましたが、サウンドの方向性が変わってしまい(ソリッドからファットな方向へ)個人的にはあまりしっくりこなかった思い出があります。

APOGEE ( アポジー ) / Symphony I/O MKII サウンドハウス

APOGEE ( アポジー ) / Symphony I/O MKII サウンドハウス

その後もレコーディングスタジオに導入されるレベルのプロ用製品はリリースし続けてましたが、デスクトップで気軽に使えるコンシューマー向けの製品は販売されていませんでした。

 APOGEE ( アポジー ) / Symphony Desktop  サウンドハウス

APOGEE ( アポジー ) / Symphony Desktop サウンドハウス

そして昨年、とうとう久しぶりにデスクトップで使えるタイプが登場!

もしかしたらそろそろDUET3出るのかな?と思っていたら、

 APOGEE ( アポジー ) / Duet 3  サウンドハウス

APOGEE ( アポジー ) / Duet 3 サウンドハウス

出ました( ・ὢ・ )!!DUET3!

2からは実に7年ぶりのアップデートです。

10年前あたりはDTMユーザーの間でもRMEやMOTUと並び人気を3分していましたが、現在人気のUAやANTELOPEにまた対抗していけるでしょうか?

先に結論を書くと、サウンド面では十分戦えます!というか、やっぱりAPOGEEの音は素晴らしいです。

価格やサウンド以外の機能面では他メーカーと差異があるので、そちらは後ほど詳しくレビューさせていただきます。

実物開封レビュー

それでは実物レビューです(´◔౪◔)◞

箱です。

裏。ちなみに9月いっぱいまでイントロプライスで安くなっています!

封を開封したら返品不可。

オープン!

保証書や簡単なマニュアルなど。

日本の代理店はメディアインテグレーションさん。

製品登録すると一年保証してくれるようです。

箱の中にはポーチケースが。

オープン!やっぱりAPOGEEはデザインがスタイリッシュですね( ・ὢ・ )

本体かっこいいー!!そして小さい。

本体に行く前に付属品を!

小さなポーチにブレークアウトケーブルが入ってました。

DUET3は初代と変わらず、本体にブレークアウトケーブルを繋げて使います。

そしてUSBケーブル。本体はUSB-C端子でつなぎます。

PC接続側はUSB-Aか、

カバーを外せばUSB-C端子でつなげるようになってます。フレキシブルです!

そして本体へまた戻ります!

本体はかなり薄く、小さいですが、割とずっしりしてます。

操作ボタン系は中央のノブひとつのみ。押すとクリック感があります。回しても気持ちの良いいクリック感。

本体下部側面にヘッドフォン端子がひとつ。

ミニフォンジャックでの接続になります。

本体上部側面にはブレークアウトケーブル端子、USB-C端子が2つ。

USB-C端子のもう片方は給電等に使えるそうです。

ノートPCに接続する場合は端子数を稼げるので助かりますね。

本体表面は強化ガラスで覆われています。

この装飾のおかげでかなり高級感があります(`・ω・´)

7〜8万円のアイテム分の所有欲は十分満たせる外装!

側面やノブの銀色部分もプラではなく、金属っぽい質感です。

見た目的にはこの時点で、デスクトップAIF中一番かっこいいと思いました(笑)

PCに繋いでみる

PCに繋いで動作確認をしてみます〜!

MACに繋ぎました。

特にドライバなど入れなくても認識されました!

曲を再生すると、音も問題なく出ます!

専用ソフトApogee Control2をインストールする

DUET3にはApogee Control2という専用ソフトがあります。

こちらのサイトからDLしてインストール。

特に製品登録等せずにDLできました。

こちらが、ソフトの画面。

RMEのTOTAL MIXのようなUIです。このソフトで基本的な細かい操作を行います。

パッと触っただけだと、使い方がわかりませんでした、、、。

ちゃんとマニュアル読まないとダメですね(`・ω・´)僕の場合。

DUET3はエフェクト専用DSP内蔵です、しかし

DUET3はUA ApolloやAntelope Zen Goのようにプラグイン専用のDSPを搭載しています。

PCに負荷をかけずにエフェクトを使用することが可能!

ただ、現在使えるエフェクトはこのApogee Channel FXというプラグインのみ。

正直、UAやAntelopeには大分見劣りします、、、。

しかも、入力音に対する掛けどりしか対応してません

UAのように「モニターにだけ掛ける」にも現状未対応。

上位機種のSymphony DesktopではNeveやAmpexのモデリングプラグインが使えるので、今後もしかしたらDUET3でも使用が解禁されるかもしれません。

現在、DSPの使用法に関しては上位機種との間に明確な線が引かれているようです。

メモ
Apogee Channel FXは、オプション購入すればDAW上でも使用可能なようです。

が、わざわざ使いたいプラグインなのか?というと、、、う〜ん。

音を聴いてみる!

ということで、何はともあれ、音ですよ、音。

DSPや専用ソフト、プラグインもとても気になるところですが、Apogeeと言ったらやっぱり音

今手持ちにあって比べたら面白そう?な

  •  Universal Audio Apollo X
  •  MOTU M2

の2機種とDUET3を交互に比較視聴してみました!

MOTU M2は低価格ながら、上位機種に迫る音質で発売後からずっと評価が上がり続けている製品。

UA Apollo Xはご存知、プロクリエーターにも愛用者が多い定番のハイエンド機種。

僕のはラックタイプですが、デスクトップタイプと出音は変わりません。

価格的には、

UA Apollo x > DUET3 > M2

となります。

ApolloはUADプラグインが使える、という強力な付帯機能があるため、競合の中では割高です(`・ω・´)

音質面ではDUET3がかなり良い勝負をするのではないかと予想してますが、如何に?!

Universal Audio Apollo Twin X/DUO Heritage Edition【国内正規品】
UNIVERSAL AUDIO

Apogee DUET3はソリッドで非常に解像度の高い音だった!

とりあえずDUET3から音を聴いてみました。

音の比較はヘッドフォンで行っております(`・ω・´)

再生ポチー。

すると、そこには正にベールが剥がされまくったピリッとした音世界が!

バーン!

ってきました(´⊙౪⊙)۶

思った通りの方向のAPOGEEの音です!

個人的に苦手だったDUET2方向ではなく、初代のような非常にソリッドで解像度が高い方向!

しかも、当然ですが2007年のDAチップとは比較にならないくらい性能も上がっているはずで、とても現代的な音色に感じました!

これ、好きな人は完全ドンピシャな音じゃないかなと。とてもAPOGEEです!

MOTU M2と聴き比べるとどうか?

MOTU M2と聴き比べたざっとした感想です。

MOTU ( モツ ) / M2  サウンドハウス

MOTU ( モツ ) / M2 サウンドハウス

MOTU M2も非常に音楽的な鳴りだな〜と、改めてコスパ高すぎな製品だと思いました。

しかし、解像度や音の輪郭の表現はApogeeの方がかなり上に感じました。

そもそも両者の音作りはかなり違うのだなと。

こうやって比べると、M2はどちらかというとUAに似たような音色に感じました。

太く、滑らかで、心地良い音です。APOGEEを聞かなければ、十分解像度も高いです(`・ω・´)

そんな印象の違い。

MOTU M2のレビュー!2万円台とは思えない高品質な音に驚愕!品薄な理由に納得

UA Apollo Xと聴き比べるとどうか?

一方UA Apollo Xとき比べるとどうか?

印象としてはMOTU M2に感じた時と同じような感想です!

APOGEE DUET3は、Apollo Xと比べて

  •  現代的
  •  ソリッド
  •  分離感、解像度が高い
  • ステレオの広がりも若干広く感じる
  • 中低音が若干引っ込んだバランスに聞こえる

音。

逆にApollo Xの方が、

  • ロックで骨太
  • ローのふくよかさが気持ちいい
  • オールドスクール感がある
  • オーガニック

な音、と言った感じを受けました。

Apollo Xの音が若干籠もって感じる方にはAPOGEE DUET3はかなりしっくりくると思います(`・ω・´)

個人的にはApollo Xのチューニング、僕は好きですけど、苦手な人もいるようなので。

【TWIN】UNIVERSAL AUDIO APOLLO Xの音質チェック!マイク録音でSSL2他と比較してみた

RMEやANTELOPEとの音の違いは?

現在手持ちにはないですが、RMEやANTELOPEとの音の違いについても、記憶の中から比べてみると。

  • もしかしたらDUET3はRMEより解像度が高く聞こえるかもしれません
  • RMEの方がフラットで透明感があります
  • ANTELOPEも解像度高めの音ですが、DUET3の方が更に高く感じました
  • ANTELOPEの音の方が色気を感じます
  • DUET3はとにかくパキッと、くっきりとした音です

と言った感じです。

あくまで個人的な感想となります点、ご了承ください(`・ω・´)

DUET3、音質的にはやっぱりUAにもRMEにもANTELOPEにも負けてませんでした!

はっきり言ってかなり良いです。

ただ、解像度高すぎてちょっと聴き疲れするかもしれません(笑)

UA Apollo XやMOTU M2の方が聴き疲れしない音色をしています。

ちなみにどのアイテムも、慣れれば十分DTMミックスできるレベルの製品です。

あくまで優劣ではなく、傾向として捉えていただければなと思います(´◔౪◔)◞!

録音してみる

ということで、ADやマイクプリの質感もチェックしてみるべくマイク録音しました。

マイクはNEUMANN M149。

以前録音した他のAIFと全く同じギター、マイク、フレーズで比較音源を作ります。

マイクプリは付属のものを。

LOGIC Xでアコギ演奏を2トラック録ってパンで左右に振りました。

リズムは付属ループを。

プラグインは一切かけていません。録ったままの音です。

DUET3以外の比較対象は、

  • UA Apollo X
  • RME Babyface Pro fs
  • Antelope Zen Go
  • Antelope  Discrete 8 Synergy Core

です。

以前これらで録音したファイルを並べます(´◔౪◔)◞

それでは!

Neumann M149導入レビュー!手持ち真空管マイクとの違いがヤバすぎ最高
音量注意!
再生音量にお気をつけください!

APOGEE DUET 3

UNIVERSAL AUDIO APOLLO X

RME Babyface Pro fs

Antelope Zen Go

Antelope  Discrete 8 Synergy Core

感想

はい、こんな感じの音色の違いがありました!

並べて聴いてみると、大体リスニングで聴いた時の印象とどの機種も近いです(`・ω・´)

Apogee DUET3はマイク録音の音もくっきりハイファイ、解像度高め、音色も硬め(ソリッド)な印象。

RMEやANTELOPE Discrete 8 Synergy Coreもクリアな音色ですが、また方向性がそれぞれ若干違います。

UAとAntelopeはここからプラグインの掛けどりで音色を大きく変えることも可能なので、あくまでデフォルトサウンドとしてご参考ください(´◔౪◔)◞

音質と価格で考えるとDUET3は買いな製品なのか?

DUET3は買いな製品なのか?

僕個人の感想でいうと、とても魅力的だと思いました( ・ὢ・ )!!

7〜8万円という価格は決して安くはありませんが、更に高価なRMEやUAやANTELOPE Synergy Coreと比べても決して見劣りしないサウンドをしてると思います。

むしろ解像度や分離感に関しては光るものがあります。

それぞれキャラが結構違うので、一番しっくりくるタイプがDUET3!となるならば、

上級者向けサウンドが比較的お手頃に手に入ってしまいます。

 APOGEE ( アポジー ) / Duet 3  サウンドハウス

APOGEE ( アポジー ) / Duet 3 サウンドハウス

あとは、内蔵DSPで使えるプラグインの制限などが今後どこまで撤廃されていくかでしょう( ・ὢ・ )

言い換えればどれだけ使えるプラグインが増えるのか?

せっかくDSPが入っているのに、現状エフェクト一つだけしか使えないのはかなり勿体ないですよね。

またリバーブ、ディレイなどの空間系エフェクトも欲しいところです。

モニターにだけ空間系プラグインをかけられたりしたら、更にDUET3の存在感が増してくると思うのですが、どうなるのでしょうか。

ループバック機能もあるので、リバーブがあると配信にも使いやすくなりますよね。

今後の拡張性に非常に期待しております!

サウンドが素晴らしいだけにー(`・ω・´)!

まとめ

他にも細かい使い勝手で気になった部分、よかった部分、いくつかありました。

ブレークアウトケーブルも意外と悪くないな( ・ὢ・ )とか。

既に文字数がかなり多くなってしまったので、、、

また後日、操作性など追記させていただきます!*追記レビュー書きました

とりあえずDUET3、僕はとても気に入りました!

最後までお読みいただきありがとうございました!

APOGEE DUET3を使用して一週間経過!気になった点などの追記レビュー

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ