腰痛・ケア

  (更新日:2018.05.14)

アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話

本業が座り仕事なもので、いつからか慢性的に悩まされていることがありました。

音楽制作したりブログを書く方も同様に解っていただけるはず。

それは、避けようのない宿命、、、( ꒪﹃ ꒪)

そう、腰痛&肩こりです。

 

この記事は、僕の人生を救ってくれた、そして今も腰痛と肩こり解消に抜群の効果を発揮してくれている椅子についてのお話です(´◔౪◔)◞

椅子が何より大事だった

腰痛もそうですが、体に合わない椅子に長時間座り続けていると肩こりや頭痛も起きてきます。

そして姿勢が崩れ、呼吸が浅くなり、それが長期間続いていくと鬱や不眠症の精神疾患にも繋がります。

、、、僕が経験者です、、、。

一時期精神を病んでしまい非常に辛かったのですが、今思えば長時間の座り作業+椅子が体に合っていなかったことが体調不良の原因だったのではないかと本気で思ってます。

それくらい作業用の椅子って大事なんですね!身を以て知りました。

体が痛くなってくると、マッサージや整体、鍼治療院に行ったり、果ては漢方まで飲んでみたりしましたが、一時的に良くはなっても結局また腰痛&肩こりは襲ってきます。

やっぱり根本から原因を抑えていかないと腰痛や肩こりはよくなりません。

見た目は変だけど最高な椅子、アーユルチェア!

ということで、どうにかするにはやっぱり長時間座っていても腰が痛くならない作業椅子をゲットするしかありません。

しかし椅子も様々なものを試してみましたが、なかなかしっくりくるものと出会えず1〜2年相当無駄なお金を椅子君たちにつぎ込みました。

そして残ったのは邪魔なだけの5〜6脚の椅子たち。

虚しい粗大ゴミです(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

 

しかし、僕は今、最高の椅子に座ってこの文章を書いております。

そう!やっと出会えたんですよ、ぴったりの椅子に!

これ↓

めっちゃ変な形の椅子です╰(◉ᾥ◉)╯

もうかれこれ3〜4年使ってます。

アーユルチェアっていう名前なんですけど、これに椅子を変えてから腰痛&肩こりがかな〜り良くなっちゃったのでした。

いや、ほんと。

座骨を立てて座る?というのが良いらしい

座骨という腰というかお尻にある骨で座るのが腰痛や肩こり改善に効くようです。

公式サイトで説明されている腰痛軽減の理屈↓

画像参照URL

どうやら昔の日本人はちゃんと座骨で座る習慣があったらしいのですが、西洋化して椅子を生活に導入するにしたがって座り方が下手になって行った模様。

日本の国民病と言われるほど腰痛が蔓延しているのは、座骨で座る習慣が消えてしまったからみたいです。

 

だいたい座骨で座るってどゆこと、、、?って感じですもんね。

 

このアーユルチェアは、その「座骨で座る」という感覚を強制的に味わわせてくれる矯正椅子です。

ですので普通の座り方ではなく、足を開脚して座ることになります。

こうしないと座骨で椅子に座ることができません。

 

これも公式HPよりですが、すんごく身に覚えがある座り方ばかりです、、、↓

画像参照URL

アーユルチェアは、こんな座り方ができないように作られているのも大きな特徴です。

かなり無理しないと足も組めません。

やろうとするととってもきついです。

長時間座っていると”お尻”が痛くなってくるメリット

初めのうちは慣れるまでお尻が痛いです。

15分くらいするともう痛くて座ってられなくなります。

ただ腰が痛い訳ではありません。

お尻が痛くなるんです。

 

これはあえてそうデザインされているっぽく、長時間座ることを回避させるための仕掛けらしいです。

ほんとかな、、、、?って初めはただの設計ミスかなんかじゃないの、、、?と疑ってましたが、実際別の椅子に長時間座っていた時と、アーユルチェアでお尻が痛くなるたびに立ち上がってみるのとでは、一日が終わった時の腰への負担が全然違うことに気づきました。

 

作業に集中できることは非常に素晴らしいことですが、熱中しすぎるのは体にとっては好ましくありません。

何時間も同じ姿勢でいると、腰があぼーんです(古くてすみません)

 

アーユルチェアだと頑張っても30分くらいでお尻が痛くなってくるので、そうやって強制的に座る時間を区切ることで、逆説的ですが腰への負担を分散させてくれます。

まさに逆転の発想!

作業時間が短く区切られてしまいますが、その分腰が痛くならないため短期集中的に、そしてそれを何回も繰り返せるようになったので、トータルで見ると作業の質も量も上がっています。

 

ダメな椅子の時はまずもって、作業に集中できません。

腰が痛いんだもん。

 

作業時間は集中して短く、そしてそれを多く。

 

これが一番効率がいい作業の仕方だと椅子くんに気づかせてもらいました。

座面が二つに割れている不思議なデザイン

アーユルチェアは見た目が変わってますが、僕的にはデザインも非常に気に入ってます!

椅子もインテリアですから、やっぱりなるべく気に入るデザインのものを作業部屋や仕事場には置きたいものです。

その点、アーユルチェアの個性的な見た目は音楽制作の部屋にもぴったりと馴染みますよ。

まあ、これは僕の主観なのでなんともですが。

この割れた部分がうまいことカーブしていて、ちょうど座骨を立てないと座れないようになっています。

個性的なものが好きな方には、デザイン的にも面白くてオススメです(´⊙౪⊙)۶

お値段はそれなり

実はこれ、こう見えて結構良いお値段がします。

僕の買ったタイプは「ルナ」という名前の足の部分が満月のように丸く、キャスターがついていないデザインのもの。

これで約40000円。

ちょっとお高いですよね。

 

椅子で高級なイメージあるのは、ハーマンミラーのアーロンチェアやイームズとかがパッと浮かんできますが、あれに比べたら安いのかなというレベルの価格帯。

当時アーロンチェアも、購入候補に入れて散々悩んだ椅子のうちの一つでした。

 

正直見た目も、アーユルチェアを上回るかっこよさです、、、。

腕のとこがギタリスト的には邪魔ですけど。あれ動くのかな?

あと、実はイームズの椅子は一脚持っているんですが、腰にはよくないのが難点で、、、結局使わず放置してある椅子の中に入ってます。

今では完全なる飾りです。デザインは可愛くて好きなんですけど。

機能面においては、アーユルチェアで十分満足していますが、いつかアーロンチェアは手に入れてみたいですね、、、。

ギターは弾けるのかな?

アーユルチェアはギターもちゃんと弾けます

肘掛もないですし座面自体も普通の椅子よりコンパクトなので、とにかく省スペースなところもお気に入り。

僕はギターを弾くので、肘掛けがある椅子はそもそもNGなのですが、アーユルチェアはギターもしっかり弾けます。

しかもめっちゃ良い姿勢でw

 

はっきり言って弾いてる見た目はカッコよくありません。

猫背になって鬱屈とした感情を音に変えていくのがギタリストの本懐というものですから(僕の勝手なイメージ)、胸を張ってアコギを爪弾く姿はちょっと滑稽です。

 

しかし、、、この姿勢がいいんだぁ。

 

すごく腰が楽だぁ。

 

そして足を組めないので、姿勢が崩れません。

音楽制作時の孤独な時間においては、別にカッコはどうでも良いので、胸張ってギターを弾いてます。

 

ちなみに職場でもこの椅子を使っているので、僕は2台持ちです!同じやつ。

腰を完全ガード。

 

半分トレーニングしている感覚のような椅子

あとアーユルチェアは普通の椅子と違って、楽して座る椅子ではなく、半分トレーニングしているような感覚の椅子です。

ちょっとマゾなお椅子。お尻痛いし。

多分ですけど、姿勢を保つために体幹も結構鍛えられているはず。

そして腰や肩が楽になるだけでなく、姿勢が正されて肋骨も開くので、座った時の呼吸が深くなります。

例えば、これは歌をうたう人にとっては、とても大きなメリットだと思います。

悪い姿勢がボーカルに与える計り知れない影響について

前述のように、僕は長時間の座り作業で姿勢がひどく崩れて、呼吸が浅くなり精神も不安定になりました。

その時のことで印象的だったのが、大きい声が全く出なくなったことです。

猫背になると、肩が内側に引っ張られて胸が開かなくなります。

PC作業が常態化している方は、かなりの確率で猫背傾向にあるはず。

そんな状態が続いてそのまま筋肉が固まってしまうと、肋骨も閉じるので肺や横隔膜まで広がらなくなります。

腹式呼吸が大事と言いますけど、あれは実際にお腹で呼吸をしているわけでありません。

呼吸は全て肺で行なっていますので、お腹で呼吸するというのは単なるイメージの話です。

横隔膜を動かしているんですね。

胸が閉じると横隔膜も動かせなくなり、結果として腹式呼吸が出来なくなります。

これで、恐ろしいほど声が出なくなりました、、、、。

 

僕はボーカリストではありませんが、曲作りやコーラスで一応声は使うので、その時のショックたるや尋常ではなく(;;;՞;ਊ՞;;)

さらに鬱が悪化する結果に、、、。ああ嫌だ。

 

二度とああならないためにも、姿勢をなるべく正しく保つことを肝に命じております。

ボーカリストで腰痛持ち、肩こりがひどい方は要注意かも?しれません。

お気をつけくださいね。

 

本家サイトで椅子のお試し無料レンタルをやってます!

アーユルチェアは、

形が変!

お尻が痛くなる!

高い!

 

という、いきなり購入するには若干ハードルが高い椅子かと思います。

しかし安心してください!

本家サイトで一週間無料の貸し出しキャンペーンを行なってます!

詳細はこちら

僕も初めは、無料レンタルで試してから購入しました。

 

しかし送料はユーザー負担になってしまいますから、その点だけ注意が必要です。

往復だと結構高いです、、、。

約4000~5000円かかってしまうという↓

そんなに払えるか!という場合は、原宿にショールームがあるので直接出向いて実際に座るという手もあります↓

 

アクセスできる位置にいる方は、ぜひお試しあれ。

ショールームの詳細はこちら

アーユルチェアには数種類のタイプがあります

アーユルチェアには数種類のタイプがあって、それぞれニーズに合わせて選べるようになってます。

 

フラッグシップのキャスタータイプ

ラインナップの中で一番高いのがこのキャスターがアルミダイキャストのタイプ。

座り位置の調整幅も一番広そうなので、僕もこれにしとけばよかったかなと、少しだけ後悔。

今のでも良いですけど「あとちょっと座面を高くしたい!」と、少し思ってます。

お値段は約70000円。高い!

普通のキャスタータイプ

これは足が普通のプラっぽい感じになってるキャスター付きの椅子。

高級感はアルミダイキャストに劣りますが、値段はかなり安くなってます。

お値段はだいたい50000円。

底が丸い僕が使ってるタイプ

これはまさに僕が愛用しているタイプのやつです。

キャスターが入らない方には良いかと。

あと足がない分、省スペースですみます。作業場が狭い僕のようなタイプにはこの点ぴったりです。

ただ高さがもう少しだけ上がったらパーフェクトだったなあ、というのが少しだけ惜しいところ。でも全然問題ない範囲です。

お値段はだいたい41000円。

スツールタイプ

僕が購入した当時はなかったラインナップのスツールタイプ。

高さが固定なのが、ちょっと不安なところ。

これは絶対に一度無料レンタルをした方が良さそうですね。

お値段はだいたい28000円。

座椅子タイプ

これも新しい?ラインナップなのかな。座椅子になっているタイプです。

これはなかなか良さそうだなって思いますね。

うまくいけば今お持ちの椅子に置いたり、リビングで床に座るときに使ったりと場面ごとに良い使い方がありそうです。

別売りの足を買えば、スツールにもなるみたいですよ。詳しくはサイトにて。

お値段はだいたい17000円。

 

他にもオプションが多々あり

他にもお尻が痛くてどうしようもない!という方用に専用のクッションがあったり、子供や身長が低い方用に足起きがあったりと、結構豊富にオプションも扱っています。

僕もお尻クッションを追加購入しました。

今では慣れたので外してしまってますけど、クッションありだと確かにお尻の痛さは軽減されますよ!

初めのうちは座り方にも慣れていないでしょうし、あった方がストレスなく座れて良いかもしれません( ꆤωꆤ )y─┛

 

アーユルチェアの関連動画

テレビとかでも結構特集されているようです。

密かなる注目度ですね。

 

 

 

雑誌とかにも結構載ってるみたいです

 

公式サイト に行くと、びっくりするくらいメディアで紹介されているアピールしてます。

いつのまにか実は有名な椅子になっていたのかな?

 

どこで買うのが得なのか?

ネットで買うなら基本的にどこで買っても値段は変わりません。

amazonでも楽天でもアーユルチェアは買えますし販売元も全て同じメーカーなので、本家サイトで買っても良いと思います。

 

ただ無料レンタルは本家サイト でないとできないので、とりあえずまずはそこから攻めて行くのが定石でしょう。

またもし追加でオプションの商品を買いそうだったり、2台目を買う!なんて予定がありそうでしたら、本家サイトで購入すると5%のポイントがもらえるのでオススメです!全ECサイトの中は一番のポイントバックです。

 

もう買うことを絶対に決めていて、且つ楽天ポイントとかが余ってる方は好きな場所で買ってしまうのが一番お得だと思います!

 

>アーユルチェア公式サイト

 

まとめ

とにかく、腰痛や肩こりは定常的な姿勢から生まれます。

同じ姿勢を保ちながら、業務をこなしていくということは之即ちスポーツ競技に等しいもの。

デスクワークがもしオリンピックの種目になったら、日本は全階級金メダル取れちゃうでしょうね、、、、。

働きすぎだよ

 

立ち上がりましょう。

仕事でも趣味でも、座り続けないで、一定時間経ったら立ちましょう。

これで腰痛や肩こりはかなり改善されるはず。

アーユルチェアはマゾな要素はあるけれど、トータルで見ると非常に腰に優しい椅子をなのでガチでオススメです。

 

腰は本当に大事なので、しっかりとケアしてあげてくださいね!

下手をすると、あなたの健康の全てを奪い去る可能性がありますから、、、、。

 

長々とお読みいただきありがとうございました(´∀`艸)♡

ピックアップ記事

  1. オーバードライブの基礎回路を自作して録音比較してみた!
  2. 【知らなきゃ怖い?】ファンタム電源の仕組みと注意すべきポイント【知って安心】
  3. 【最強】スロートコートの効果と、最速で入手する方法について!【喉ケアドリンク】
  4. 【初心者】DTMに必要な機材、たったこれだけでOKな時代へ( ´∀`)/!!【2…
  5. アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話

Recent Post

  1. 200v電源と壁コン100v電源で録音にどれだけ差が出るのか…
  2. UADのリバーブ聴き比べ!トラックを作って比較してみました!…
  3. UADのUNISON機能で音にどれだけ違いが出るのか実験!【…
  4. SSL 4000Eプラグインの各メーカーごとに音を比較してみ…
  5. TCDのテーマはSEOに弱い?移行してから実際のところはこう…
  6. WAXタイプのコンデンサを録音して聴き比べてみた!【最強!ワ…
  7. 自作オーバードライブにローパスフィルターとバッファー回路を追…
  8. 秋葉原で電子パーツを買おう!オススメなお店と効率的な歩き方
  9. 自作エフェクターの電源を±18Vに変えて実験してみた!
  10. アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話
  1. DIY

    ギターのコンデンサーを変えて音色がどう変わるのか録音してみた!
  2. マイク

    SENNHEISER E935のイケメンな音質!とE945の美麗さを語るレビュ…
  3. 初心者

    【初心者】DTMに必要な機材、たったこれだけでOKな時代へ( ´∀`)/!!【2…
  4. マイク

    Neumann M 149 TUBE マイクの使用感レビュー。現代最高峰マイクの…
  5. オーディオインターフェース

    STEINBERG UR22mkII レビュー Focusrite Scarl…
PAGE TOP