サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

SONY MDR-CD900ST のレビュー!定番すぎたモニターヘッドフォンのおすすめの使い方

レコーディング用モニターヘッドフォンの定番SONY MDR-CD900STについてです(´◔౪◔)◞

Shure SM58同様、日本のレコスタにも必ず置いてあるヘッドフォンになります。

*過去記事を加筆修正しました

SONY MDR-CD900STの特徴

どんなところが特徴なのかと言いますと、、、

  • 安い
  • 音の解像度が高い
  • 補修パーツが豊富
  • ミックスの粗探しに最適

と言ったところが挙げられます。

 SONY MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン サウンドハウス

SONY MDR-CD900ST 密閉型スタジオモニターヘッドホン サウンドハウス

SONY MDR-CD900STは”オーディオ的に気持ちいい”というような脚色や味付けはされていません!

ただひたすら冷静に音響バランスを再生します。

そのためずっと聞いていると疲れるなんていう感想も。

とても細かい部分まで音を再生するので、のような違和感まで耳に入ってきてしまうからだと思います。

長時間使っていると、確かに疲れます(;´༎ຶД༎ຶ`)

楽しくリスニングする用途には合いません。

ただ、音質研究や、ミックスのノイズ発見等には役に立つこと間違いなし。

また、

  • 消耗品の交換が容易
  • ケーブルに癖がなく取り回しが容易

な点も魅力的です。

 SONY MDR-CD900ST用イヤーパッド  サウンドハウス

SONY MDR-CD900ST用イヤーパッド サウンドハウス

イヤーパッドや、

 SONY MDR-CD900ST用ヘッドバンド  サウンドハウス

SONY MDR-CD900ST用ヘッドバンド サウンドハウス

ヘッドバンドまでバラ売りしています( ・ὢ・ )

1989年の発売から未だに人気機種に君臨しているのは驚異ですよね(´⊙౪⊙)۶

SONY MDR-CD900STのぼろぼろイヤーパッドを交換してみた【安くて簡単】

もうひとつ基準のヘッドフォンがあると完璧です

ただ、このヘッドフォン。

音に癖があります(`・ω・´)

-上位機種のSONY MDR-M1ST(左)は全然癖がない-

DTMを始めた10数年前は「フラット」「味付けなし」と言われ、絶対的定番とそこかしこで言われていましたが、、、

現在では更に使いやすく、買いやすいヘッドフォンが増えた、もしくは認知されてきたのも事実です。

 SONY MDR-7506 モニターヘッドホン サウンドハウス

SONY MDR-7506 モニターヘッドホン サウンドハウス

兄弟分のMDR-7506の方が海外では既にスタンダードなんだそうな(`・ω・´)

日本でも近年こちらの方に人気がシフトしている流れがあります。

音質などについてはこちらの記事に。

SONY MDR-7506モニターヘッドホンのレビュー!モニターヘッドフォンの新定番!

とは言え、SONY MDR-CD900STの解像度は未だに強力なので( ・ὢ・ )

もうひとつ、弱点を補えるようなヘッドフォンを持っていると、かなり実用的になって便利です。

 AKG  K240MK2 セミオープン型ヘッドホン サウンドハウス

AKG K240MK2 セミオープン型ヘッドホン サウンドハウス

僕はAKGのK240MKIIを補完用ヘッドフォンとして長年使ってきました。

このヘッドフォンの方がや、

  • 音の奥行き
  • 低域の鳴り
  • パンの位置

がわかりやすいからです( ・ὢ・ )

逆に言うと、SONY MDR-CD900STは上記の点がとても苦手です。

MDR-CD900STは低域の量感が少ないです。

また立体感、奥行きがあまり感じられません。

面で全ての楽器が耳に迫ってきます(笑)

音の解像度、スピード感がとても高いんですけど、、、。

足りない部分は他のヘッドフォンで埋める作戦は、個人的にかなり効果的だと思ってます(`・ω・´)

まとめ

ミックスではスピーカーでも音を鳴らしてバランスをとらなければなりません!

しかし宅録では、スピーカー設置や音量上限など、制限が多いのも事実( ・ὢ・ )

モニタースピーカーの選び方【六畳間のDTM宅録編】

そんな僕らに、良いモニターヘッドフォンは必須になってきます。

ヘッドフォンミックスにもたくさんの利点があります(´◔౪◔)◞

もしよろしければこちらの記事もどうぞ!

ヘッドフォンミックスは悪手なのか?実はとってもおすすめです

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ