サウンドハウス今日のセール商品はこちら

EVE AUDIO SC208モニタースピーカーのレビュー。デカいモニターはメリットもデカいのか?

モニタースピーカーEVE AUDIO SC208のレビューです(´◔౪◔)◞

以前デスクトップにちょうど良いサイズのEVE AUDIO SC205を記事にしました。

EVE AUDIO SC205モニタースピーカーのレビュー!キレがあるのに優しい音色の理由

やはりEVE AUDIOとの相性に運命を感じたので、最大サイズのSC208へバージョンアップ

同じメーカーの同ラインナップのサイズ違い。

モニタースピーカーにおいて、サイズが変わると音がどう変わるのか?

も含めてレビューです(((༼•̫͡•༽)))

 EVE AUDIO  SC208  サウンドハウス

EVE AUDIO SC208 サウンドハウス

サイズアップすると音の鳴り方がどう変わるのか知りたい!

まず、何故SC205からSC208に変更したのか?ということですが、、、

補足
SC205→SC208になると、サイズ、スペック、価格があがります

過去記事でSC205をべた褒めし、実際その後も楽しく制作してました。

EVE AUDIO SC205モニタースピーカーのレビュー!キレがあるのに優しい音色の理由

出音のバランス、質感に関して特に不満もなし!

サイズ感も宅録にちょうどよく、小音量でもばっちりモニターしやすい

それなのに何故?

-EVE AUDIO SC208-

単純にシリーズ中一番でかいサイズだとどうなるのか聴いてみたかったから、です(´⊙౪⊙)۶!!

いや、やってみたかった。

本当にただの好奇心。探究心からでした。

サイズが大きくなるほど低音が出るようになる?

モニタースピーカーはサイズが大きくなるほど、低域が再生されやすくなります。

直接的な理由としては、ウーファーが大きなるからですね。

再生周波数帯域の違いは以下の通り。

SC205 →53Hz – 21kHz

SC208 →36Hz – 21kHz

高域は変わりませんが、低域は結構下まで鳴る様になります。

たった17Hzの違いですが、低域の17Hzはエネルギー量がだいぶ違います。

現代音楽だと、低域は30Hz台まで音が鳴ってくれた方がモニター的にはベターです。

EDMやヒップホップ系に限っては必須な帯域ですね。

SC205でも低域を補うために

SC205を使用していた時でも、低域をもっと下まで鳴らすためにサブウーファーを導入していました。

-EVE AUDIO TS107-

EVE AUDIO TS107という型。

これを組み合わせることで、33Hzまで下を鳴らすことが可能に!

 EVE AUDIO ( イブオーディオ ) / TS107   サウンドハウス

EVE AUDIO ( イブオーディオ ) / TS107 サウンドハウス

既にこちらも導入していたので、ぶっちゃけSC205との組み合わせでも十分ローは鳴ってました

サブウーファーがあるとDTMのミックスがすごく楽に!その理由とは?

サブウーファーなしで、どこまで低音は鳴るのか?

つまるところ、サブウーファーなしでどこまで低音をモニターすることができるのか

これを体験したかったんですね(((༼•̫͡•༽)))

すごく無駄遣いといえば無駄です。

しかし、やってみたかったのです。

サイズはどのくらい変わったか

ちなみにSC205とSC208のサイズ感ですが、このくらい違います。

比較対象のSHURE57を横に置くと、大きさは結構違います。

何故かマイクがコラっぽいですが、ちゃんとリアルです。

写真で見るよりも実物は更にビッグに感じます(笑)奥行きも増えます。

正直、買った当初は「失敗した、、、?」と思いました。デカすぎる。

設置するスペース足りるかな?と、、、(-ω- ?)

しかし、なんとかギリギリ設置OKでほっとしました(;´༎ຶД༎ຶ`) 

SC208 vs SC205+サブウーファー の結果は?

ということで、SC208単体とSC205+サブウーファーを聴き比べたらどっちの方がモニターしやすいのか?

また低音も聴きやすいのか?

言い換えると、

サイズが大きいモニタースピーカー単体 vs 通常サイズモニター+サブウーファー

の結果ですが、、、

サブウーファーはどちらにせよあった方がいい!!

という結論に至りました!

SC208は意外と低音が出なかった、、、

SC208はサイズの割に、単体では低音がそこまで出るようには感じませんでした。

サブウーファーの方が圧倒的に低音が出ますね。

というか、低音の出も細かく調整しやすいです。

スペックシートだと、サブウーファーの方が3Hzだけ下まで伸びる数値でしたが、

SC 208→36Hz

TS 107→33Hz

体感としては、圧倒的にサブウーファーの方が低音出とる

サブウーファーは、どちらにせよあった方がモニター環境を構築しやすいのだなと思いました。

音の出方が大きく違った!

しかし、やっぱりSC208の方が良かった点もあります。

音の出方に余裕があるんですね!

SC205だけ使っていた時には全然気づきませんでしたが、SC208と比べると、

SC205は少し音が止まっている?ような気がします。比べるとですが。

スピーカーはサイズが大きくなると、よりナチュラルに音が飛んでくるのかな?と。

この体験は大きな収穫でした(*´ω`)o

可能ならば、スピーカーはでかい方が良い

可能ならば。

でかいスピーカーのデメリットは?

そしてもちろん大きいスピーカーにもデメリットがあります。

  • 値段が高い
  • サイズがでかい
  • 重い
  • 消費電力が多い
  • 自宅で本当のスペック限界まで発揮できるかわからない

結構ありますね、デメリット、、、(汗)

自宅でDTMを楽しむならば、やはりコンパクトで高性能なモニターの方が良いのかもしれません。

 EVE AUDIO  SC205 サウンドハウス

EVE AUDIO SC205 サウンドハウス

結局、でかいサイズのモニターでDTMを続けるのか?

僕は、でかいEVE AUDIO SC208をメインモニターにすることに決めました╰(◉ᾥ◉)╯

 EVE AUDIO  SC208  サウンドハウス

EVE AUDIO SC208 サウンドハウス

なんだかんだ書きましたが、やっぱり音に余裕があるのは大きなメリットです。

ただ、それ以上に前述したデメリットの比重の方がでかいです。

正直。

それでも、、、サブウーファーと一緒に使うSC208は今まで使ってきたモニターの中で一番しっくりきます。

本当は、サブウーファーもサイズを上げないといけないんですが、そこまではまだ手が回りません!

今後の課題( ・ὢ・ )

でもメインはヘッドフォンミックス

ここまでチマチマ検証したことを書いてきましたが、基本的に僕はヘッドフォンでミックスする派です(´⊙౪⊙)۶!!

モニタースピーカーは、あくまでヘッドフォンミックスの補助の立ち位置。

ここいらへんはDTMerっぽいかなと思っております。

まとめ

どうでも良いような記事となりました。

ただ、大きなサイズのスピーカー2発単体を入れるなら、

普通サイズ+サブウーファーを入れた方が良い結果になることだけはわかりました。

もしEVE AUDIOに興味がある方いましたら、少しでも参考になりましたら幸いです(´◔౪◔)◞

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ