サウンドハウスでBLACK FRIDAYセール中!

audient EVO 4のレビュー!勝手に音量調整してくれるのが便利すぎた

使ってみたら色々と凄かったaudient EVO 4のレビューです。

audientといえば、少し堅い感じで値段高めなメーカーというイメージでした。

しかしEVO 4はデザインも柔らかく価格も手頃で入門用オーディオインターフェースに最適です。

さらに音、操作性共に非常に良いですよコレ(´⊙౪⊙)۶!

知名度はまだまだですが定番機のSTEINBERG UR22Cと比べても、十分太刀打ちできるレベル。

というかそれ以上かもしれません。

他機種との比較音源もあるので、ご参考まで!

箱開封

箱。

ビニールに包まれていてまるでガジェット系家電の様な佇まい。

日本語の説明書が背中に張り付いておりました。

蓋を開けてると、やはりガジェットっぽい雰囲気。

なんだか高級そう。

iPhoneが収まっていそうなプラスチックケースの下にUSBケーブルが一本。

接続はUSB2.0。

本体!

いやあ、かっこいいです。

オーディオインターフェースっておっさん臭いデザインのものや、サイバー感溢れるものも多い中。

evo 4は可愛らしさもありつつ、洗練されている見た目。

前面は超シンプル。

ヘッドフォンアウトとHI-Z入力(ギターやベースを繋ぐジャック)のみ。

背面にモニターアウトとUSB接続端子、そしてマイク/ライン入力を配置。

小型AIFで、背面にマイク/ライン入力があるのってかなり珍しいですね。

そして本体がとても小さい

2chのオーディオインターフェースなら最小なのではないかというくらい。

隣に並んでいるKOMPLETE AUDIO2もオーディオインターフェースの中ではかなり小さいタイプ。

Roland Rubix22と比べるとコレくらいのサイズ。

それが、

こう!

すんごいコンパクト。

その分高さが少しあります。横幅はコンパクト。

evo 4は奥行きが更に短く。6.7cm。

爪楊枝一本分くらいの長さです。ちなみに高さも6.7cm。

そして、軽い!重量はなんと360g。

りんご一個分ほどの重さ。350缶コーラほどの重さ。持ち運びも自由自在です!

 AUDIENT ( オーディエント ) / evo4  サウンドハウス

AUDIENT ( オーディエント ) / evo4 サウンドハウス

ちなみにSTEINBERG UR22Cは1kg。軽量のノートパソコンくらいの重さ。

持ち運びには、ちょっと重いですね。

audient EVO 4の独自機能がすごく便利

audient EVO 4にはとっても使える独自機能があります。

それが「スマートゲイン」という機能。

入力音量を自動的に調整してくれるんです。

緑のボタンを長押しして、1か2のトラックボタンを押すと、

こんな感じでLEDがビッカビカに。

この状態でギターを弾いたり、歌を歌ったりすると最適な音量に自動調整してくれます。

使ってみると、コレがめっちゃ便利なんですよ☜(◉ɷ◉ )!!

浮かんだアイディアをサッと記録しておく時や、手早くデモを作りたい時はもの凄く役に立ちます。

こんな機能があるのはaudient EVO 4だけ。他のオーディオインターフェースでは見かけません。

LEDの数が多くてボリュームの確認がしやすい

同じ価格帯のオーディオインターフェースの中では段違いにボリューム確認がしやすいのもaudient EVO 4の特徴です。

このLEDでモニター/ヘッドフォンアウトの音量調整から出力状態の確認までできます。

録音時は入力の音量表示にも。

他社のエントリークラスの製品だと、この部分にこれだけコストをかけているものはありません。

当サイトでこれ迄試したエントリークラスの中で一番音量の視認性が良かったのはKOMPLETE AUDIO2でしたが、audient EVO 4がNO.1になりましたね╰(◉ᾥ◉)╯ 

普通は大体こんなです。しかも入力のクリップ防止(過大入力防止)にしか使えません。

モニター/ヘッドフォンのアウトプットまで表示してくれる物はとても珍しいです。

ループバック機能もあり

ライブ配信用にあったら嬉しいループバック機能もあります。

ただ本体だけでは操作できなくて、PCに専用ソフトをインストールしてコントロールします。

音質もバッチリ良いです

ヘッドフォンアウトからしかまだ確認できていませんが、再生音もとても良いですよ〜。

綺麗めで解像度が高いタイプかと!

メイン機を別で持っていても、こちらでも聴きたくなる様な音色。

1万円台と考えれば、ほんと恐ろしいほどよくできていると思います、、、(;´༎ຶД༎ຶ`) 

リスニング用にもおすすめ!

録音してみた

というわけで、実際にマイク録音して他の機種との音色の違いもチェックしてみました。

マイクはNeumann M149。

LOGICでアコギを2トラック録音。

録音したファイルにはプラグインは一切ささず、フェーダーで音量調整したのみ。

リズムはLOGICの付属ループです!

それでは聴き比べを!

audient EVO 4+M149

ZOOM UAC-2 + M149

KOMPLETE AUDIO 2 + M149

Focusrite Scarlett gen3 + M149

Focusrite Scarlett gen3 AIR機能on + M149

Steinberg UR22C + M149

Roland Rubix22 + M149

Yamaha AG03 + M149

SSL2 + M149

SSL2 4Kボタンon+ M149

聴き比べた感想

audient EVO 4はかなり綺麗に音が録れるなー!と。

もったりした感じが一切なく、すっきりしてます。

空気感も他の機種よりキャプチャーできているようにも。

ただ、録音した日がそれぞれバラバラですので、厳密にはマイキングのズレや弦の劣化具合なども影響していると思います。

比較はあくまで参考程度に留めておいてくださいませ(((༼•̫͡•༽)))

一応全てファイルを通して弦は一度も変えておりません!

ハイファイな感じが好きな方にはaudient EVO 4おすすめできますね。

録音は24bit 96kHzまで!

一点、audient EVO 4は最近のオーディオインターフェースよりスペックで劣っている箇所があります。

録音形式の上限は24bit 96kHzまで。

他の機種は大体24bit 192kHzまでカバーしています。

しかし、はっきり言って192kHzで録音することはほぼありません

理由は192kHzまでサンプリングレートを上げるとデータが重くなりすぎるから。

プロでも96kHzで録音している現場もたくさんあると聞きます。

それとジャンルによっては、192kHzでも96kHzでも耳で聴いて大差ない場合もあります。

ロックとかは48kHzでも良いくらい。

逆にそっちの方が音をまとめやすいというエンジニアさんもいるくらいです。

アコースティックでウィスパーな感じだと192kHzとか、鳥肌立つくらいリアルに聴けたりはします。

トラックが少ない音楽ほどハイレゾの恩恵は大きい気がしますね。

DTMだったら24bit 96kHzで十分かなと個人的には思います╰(◉ᾥ◉)╯

まとめ

AUDIENT evo4 のレビューでした!

コスパ最強!と思っていたInstruments KOMPLETE AUDIO 2よりも更にコスパが良いアイテムかもしれません。

 

 AUDIENT ( オーディエント ) / evo4  サウンドハウス

AUDIENT ( オーディエント ) / evo4 サウンドハウス

筐体がこれだけ小さいのに、これでもかというほど機能性抜群

音質も良いですし、何よりスマートゲイン(入力自動調整)機能が秀逸すぎる(涙)

新しい設計思想!というのがめちゃくちゃ伝わってきました。

それに、机にポンとおくだけでなんかお洒落です。

今までレビューしてきた入門向けオーディオインターフェースを表にまとめました。

*下にもスクロールできます。

製品価格音質得意なとこ良いところ弱点付属DAW個別記事
UR22C

最新価格

良いDTM録音しやすい平均的CUBASE AI詳細レビュー
Scarlett 3g最新価格良い+DTMAIR機能とS/Nちょっと高め

Ableton Live Lite

Pro Tools First 

詳細レビュー
Rubix22最新価格良い聴くハイファイプリのS/N悪いAbleton Live Lite詳細レビュー
AG03最新価格普通配信機能豊富音は良くないCUBASE AI詳細レビュー
SSL2最新価格良い++DTMプロっぽい音高い

Ableton Live Lite

Pro Tools First 

詳細レビュー
AUDIO 2最新価格良い+DTMコスパ最高

知名度低い

Ableton Live Lite

MASCHINE Essentials

詳細レビュー

UAC-2

最新価格良い+聴くモニターしやすい

ドライバが不安定

高い

Cubase LE

詳細レビュー

evo 4

最新価格良い+DTMコスパ最高

知名度低い

24bit96kHzまで

Cubase LE

詳細レビュー

MOTU M2

最新価格良い++DTM、聴く音質最高◎

特になし!

MOTU Performer Lite

Ableton Live Lite

詳細レビュー

STUDIO 24c

最新価格良い++DTM、聴く

音質クリア!

コスパ◎

知名度低い

Presonus Studio ONE Artist

Ableton Live Lite

詳細レビュー

おまけの付属DAWも人気のCubase LEとツボを抑えてくれてます。

他にもユーザー登録するとおまけソフトが色々もらえるよう。

evo4は定番機と比べると知名度はまだまだかと思いますが、実力は上な気がしました。

個性的なものが好きな方には特におすすめです(((༼•̫͡•༽))) !

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ