サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

ANTELOPE AUDIO ZEN GOがApple M1 macに対応したので試してみた!

ANTELOPE AUDIO ZEN GOがM1 MACに対応したとのことで試してみました(´◔౪◔)◞

普段DTMでは使わない仕事用のMac book air M1 2020でトライ。

何も考えずにやったら早速失敗したので、、、そこも一緒に書きます。

結論としてはちゃんとM1世代で動作するようになりました(`・ω・´)!

ANTELOPE ZEN GOの導入レビュー!小型ハイエンドAIFの新定番になれる?

ZEN GO × Mac book air M1 2020

先日ANTELOPEからメールが届き、M1 macに対応したとのこと!

今回試してみたMacbook airです。

本業の仕事用に購入したmacなので、スペックは大したことありません。

メモリも8GB。

最新 Apple MacBook Pro Apple M1 Chip (13インチPro, 8GB RAM, 256GB SSD) – スペースグレイ
Apple(アップル)

M1にはまだプラグイン各社も対応しきれていない状況のようなので、このPCでDTMを試してみるのはまだ先かなーなんて思ってましたが( ・ὢ・ )

早速ANTELOPEさんがきっかけをくれました。

M1だと8GBでも意外とDTMいけそうな感じでした。

普通にソフトをインストール→アップデートだとダメだった

前回ZEN GO導入の記事に書いた通り、ソフトをインストールして最新版にアップデートするだけで使えるかな?と思ったらダメでした

音の入出力はOKでしたが、ANTELOPEプラグインの掛けどりができません。

-プラグインをONすると音が出なくなる-

あれ?設定間違ってるのかな?

と何度かルーティングなど確認してみましたがなんか変だなと。

ANTELOPEのHPに行ってみたら、その原因がわかりました( ・ὢ・ )

インストールの手順が結構面倒だった

ソフトのインストールの仕方が間違っていたようでした。

手順通りにやらないとちゃんと動作しないようです。

以下HPより手順の引用です。

  1. M1 Macの電源を入れる際、電源ボタンを押したままにして、macOS のリカバリモードを起動します。
  2. 起動画面の [オプション] をクリックして、[続ける] をクリックします。(歯車のアイコン)
  3. 左上の [ユーティリティ] をクリックし、[起動セキュリティユーティリティ] を選択します。
  4. [低セキュリティ] を選択し、[確認済みの開発者から提供されたカーネル機能拡張のユーザー管理を許可] オプションをオンにします。
  5. [OK] をクリックして、左上  マークからコンピュータを [再起動] します。
  6. Antelope Launcher を起動して [System] から Unified Driver 1.0.5 (new) をインストールしてください。
  7. OS がアラートを表示し、[セキュリティプライバシーを開く] をクリックします。
  8. 左下の [🔒] をクリックして、パスワードを入力後、下段の領域にある [許可] のボタンをクリックします。
  9. ドライバーのインストールが正常に終了したことを確認し、OS を再起動したら完了です。

うーん、面倒です(笑)

とはいえ、この通りにやらないといけないので一旦ドライバをアンインストールしてやり直しました。

M1 macの電源ボタンで迷う

そういえばM1 macの電源ボタンってどこにあるんだろう、、?

って調べたらキーボード右上の、Touch IDボタンが電源になっているんですね(`・ω・´)

初めのセットアップの時から、画面を開いたらすぐに電源がつくので知りませんでした。

勉強になりました!

手順通りにやったらちゃんと使えるようになった!

手順通りに再度ドライバをインストール/アップデートしたら、M1 macでしっかり動作するようになりました!

エレキギターを試しに録音してみましたが、問題なし!

別記事にて、エレキギターの音の感じをアップさせて頂こうかと思っております。

あとAntelopeミキサー上にDAWから音を送ってプラグインをかけるのも試してみました。

こちらも問題なくできたので、

ZEN GOで掛けどり以外でもAntelopeプラグインが使えました。

音の変化も次回アップさせていただきます!

ANTELOPE ZEN GOのミキサーにDAWから音を戻してプラグインをかけてみた!【エレキ録音も】

本体画面にあるバグのような点について

導入当初から気になっていたのですが、

このLOCKという文字の横に小さな白い点があるんです。

よくみないとわかりませんが、、、( ・ὢ・ )

画面を切り替えると消えるので、LCD焼けとか不良というわけではないんだろうなと思いつつ。

一応購入先にお問い合わせしたところ、回答いただけました。

メーカー本社に問い合わせたところ、プログラムのバグだそうです。

今後のアップデートで解決予定

とのことでした(*´ω`)ゝ

もし購入ずみの方で、僕と同じような症状がある方は不良品というわけではないようですので、一緒にアップデートを待ちましょう。

今回のアップデートではまだ解消しなかったようです(笑)

まとめ

ということで、M1 macでZEN GOを楽しめるようになりました(`・ω・´)!

M1 macとZEN GOでDTMを始めようと思っている方はアプデの手順だけお気をつけください!

UAプラグインもそろそろ対応してくれるとありがたいのですが、、、

最後までお読みいただきりがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ