サウンドハウスでポイント最大30倍!5/10まで!

【最高峰】Prism Sound Titan導入から半年経ってわかった他機種との違い【UA RME Antelope】

Prism Sound Titanを導入して半年経ちました(´◔౪◔)◞

半年の間にDTM制作も繰り返したきたので、実践の中で感じるTitanの良さを!

「最高峰AIF」と称されるだけあってしっかり働いてくれる相棒となりました。

録音する音がすごく自然

Prism Soundの音はよくピュアと言われてますが、まさしくその通り!

ピュアオーディオで人気のRMEもピュアでフラットと言われますが、

もしかして「RMEでさえ色がついているのかな、、?」という気がしてきました。

RMEは透明な音ですが、Prism Soundは透明とかでもない何とも自然な音です。

制作をいくつかこなす前はこの音の感じがどう転ぶのか?と思ってましたが( ・ὢ・ )

Prism Soundは非常にふくよかで、大きい音像で、自然な音なんだなーと今は感じています。

このメリットは特にVo録音で感じることに。

一応補足しておきますが、RMEサウンドもすごく素敵です!

あえて細かい違いを表現するのならという話です。

Voが痛くなくなった

UAやAntelopeやRMEを一通り使ってきましたが、どの機種も僕のプロジェクトではVoのess処理が必須でした。

いわゆる歯擦音の除去。ディエッサー処理です。

ヴィンテージのマイクプリを挟んでまろやかさを狙っても、ミックスにトータルコンプをかけた辺りからesが気になってくるんですよね( ・ὢ・ )

これがPrism Soundを使うようになってからなくなりました!

機材は同じものを使っているのに、です。

理由はあくまで推測なんですが、やっぱり誇張のないサウンドだから?なのかなと、、。

Prism Soundの自然さがこういうところでも効いている気がします。

ちなみに、essが出てこないということは「抜けが悪いのか?」というとそんな事は一切ありません。

むしろめっちゃ抜けてきます(笑)

ハイがどうとかではなく、存在自体がバン!ってきます。

電源のON OFFが一瞬なのがやっぱり嬉しい

これは別記事にも既に書いてますが、電源のオンオフがボタンで一瞬です(`・ω・´)

意外とこれができないAIFが多いのでとても快適です。

UA APOLLO X6も並行してバリバリ愛用中ですが、立ち上がりが毎回遅い、、、。

PCがAIF本体を認識する時間もAPOLLO x6はすごく遅いです、、。

UADのDSPも絡んでいるので仕方ないのかもしれませんけど!

微妙なところはやっぱり微妙なまま、、

Prism sound Titanにもいいところだけでなく微妙なところがあります。

Prism Sound TitanでDTMしてみて良かったところ微妙なところ

別記事に詳しく書かせていただきましたが、

  • 本体がかなり熱を持つ
  • 本体のレベルメーターが見づらい

点は相変わらず「ビミョー!」です( ・ὢ・ )

特にレベルメーターは表示が見辛く参考になりません、、、。

クリップするのが怖いので、レベル管理は連携のPCソフト側でするのが必須です。

熱に関してはこれからまた暖かい季節になってくるので、、覚悟してます。

防音室内はかなりヒートアップします( ・ὢ・ )

UA ANTELOPE RMEとの差ってどれくらい?

そして最後に、UA ANTELOPE RMEの人気機種とPrism Soundの差ってどれくらいなのか?ですが。

各オプション機能などなしの純粋な音だけの部分で言うと、やっぱり1ランクくらいの差はあると思います。

好みがどうとかではなく、単純に差を感じます。

出音もすごくビシッとしつつ、肉厚感もありつつ、低音がよく見えるので更にミックスしやすいです。

ただ、値段に見合った音の違いがあるのか?と言うと、、、どうなんでしょう、、と言った感じです。

これ!あくま僕個人の感想です(`・ω・´)

最近Antelopeの炎上もあったりなので、、、あくまでいち意見としてです。

この事件は悲しいなあ、、、。

いろんな人が悲しくなった気がします。

僕も個人的に友達に勧めていたので(;´༎ຶД༎ຶ`)

ANTELOPEさん、音は良いです。それだけは間違いないのですが。

改めまして、僕もZEN GOのレビューを書いていますので、今回残念な気持ちになってしまった方申し訳ございませんでした。

まとめ

Prism Sound Titanの半年経過後の感想でした!

 PRISM SOUND ( プリズムサウンド ) / Titan サウンドハウス

PRISM SOUND ( プリズムサウンド ) / Titan サウンドハウス

メイン機としての地位はもう揺るぎないです。

末長く使っていきます。

ナチュラル系の音楽には特に合うので、生録にも最適ですよ( ・ὢ・ )!

PCオーディオにも!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ