サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

BELDEN 88760ケーブルの使用感レビュー!メリットとデメリットについて

フラットな音質として知られるケーブルBELDEN88760についての記事です(´◔౪◔)◞

僕はこのケーブルを、

  • DTMのモニター用ケーブル
  • アウトボードのラインケーブル
  • DIY用の内部配線

などで長年愛用しています( ・ὢ・ )

切り売りケーブルから自作ケーブルも大量に作ってます。

自作ならかなりリーズナブルです(´⊙౪⊙)۶

*過去記事を加筆修正しました

音質はフラットでクリア!色付けの少ないケーブル

音質は

  • フラット
  • クリア
  • ほぼ色付けを感じない

と言った感じです。

ネットでの評判も概ね一緒。僕も完全同意です(`・ω・´)

機材の音をそのまま伝えてくれるイメージ。

オーディオマニアの皆さんに支持される理由も、非常に納得。

個人的にBeldenケーブルは

  •  88760
  •  8412
  •  1503A

をよく使うんですが、色付けをあまりしたくない箇所、頻繁につなぎかえる必要がない場所には88760ばかり使ってます(`・ω・´)

透明感があります。

とはいえ、音源がツルッとする感じではありません

ざらついたソースはざらつき、乾いた音は乾いた音で伝えてくれます。

1、2本持っておくだけでも活躍する場面がたくさんでてきます。

Belden8412の使用レビュー!DTM用に一本持っておきたいケーブル!

ケーブルで本当に音が変わるのか?

ケーブルで本当に音が変わるのか、、、?

そんなもんで音が変わるわけがない」と言う方もいらっしゃるかもしれませんが(僕も昔はそう思っていました)、、

変わります( ・ὢ・ )

こちらの記事で検証してみました。

ケーブルで音が変わる?Belden88760 vs クラシックプロで比較実験してみた

もしよろしければ併せてお読みいただければと思います。

ケーブルにこだわるエンジニアさん

僕が関わってきたエンジニアさんは、マイクRECの時にケーブルを変えて音の質感調整をやったりしています。

あまり頓着しない方もいらっしゃいましたが、ほとんどの方がケーブルにこだわってました(`・ω・´)

プロでも行なっている作業ですから、ケーブル選定はやはり大事なプロセスなのだと思います。

マスタリングエンジニアさんは、特にケーブル選定に魂込めてますよね(`・ω・´)

僕も見習わなければと思いつつ、88760で満足してしまってます、、、。

自作ができるとたくさんケーブルが作れます

切り売りケーブルを買って自作すると、かなりコストが抑えられます。

DIYが得意な方にとてもおすすめです(`・ω・´)

ラインケーブルの作り方はこちらに。

マイクケーブルの作り方はこちらに、書かせていただいております!

僕は切り売りケーブルをサウンドハウスで買っています。安い。

BELDEN ( ベルデン ) / 88760 サウンドハウス

コネクターもここでまるっと。

NEUTRIK ( ノイトリック ) / NC3MXX-B   サウンドハウス

オスメス、必要です。

NEUTRIK ( ノイトリック ) / NC3FXX-B  サウンドハウス

ケーブル作りは慣れると簡単にできるようになります。

ただ、時間はある程度必要です(`・ω・´)

そんな時間はない!と言う場合は、プロケーブルなどのケーブルショップで買うのがおすすめです。

BELDEN 88760 XLR(オス)-TRS(ステレオフォン) 2本ペア (1m)
CABLECRAFT 音光堂

プラグ部分もXLRやPhoneなど色々なタイプを選べます。

【うそ?】プロケーブルって結局どうなの?【怪しい?】

88760の唯一の不満、デメリット

音質的には全く問題のない88760。

しかし、一つだけ、、、大きなデメリットがあります。

ケーブルがめっちゃ硬い(;´༎ຶД༎ຶ`) !!

取り回しの点では最悪級です、、、。

外装がテフロンという材質で、中にも針金のような(ずっと柔らかいですけど)グランド用の線が入っているため、とにかく硬いです。

そのため僕はマイクケーブルには使いません。

音質はいいんですけどね、、。

  • DTMのモニター用ケーブル
  • アウトボードのラインケーブル
  • DIY用の内部配線

など、あまり配線変更がない箇所に使用するのが、一番収まりがいいですね。

この点だけ、導入前に心のご準備を(`・ω・´)

見た目はとても良い、、、、

色々なケーブルがありますが、88760は見た目がすごくいいです、、、、。

音に関係ないところですけど。

テフロン加工されてツヤツヤした赤が、美しい、、、。

自作する場合はとても扱いやすいケーブルです!

ケーブルを自作する場合は、線自体も細いですし、中の2音声ケーブルもしっかりしているので、初心者の方でも比較的作業がしやすいケーブルになっています!

グランド線も一本一本が太めなので、ハンダづけがしやすい!

ケーブル作りには、すごくGoodです( ・ὢ・ )

まとめ

と言うわけで、88760はバランスがいい上に、音質的には悪いところがないケーブル。

積極的に使っていける音響用品です。

気をつける点は、線が硬いこと(`・ω・´)

自作するならサウンドハウスが安いです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

BELDEN 88760 XLR(オス)-TRS(ステレオフォン) 2本ペア (1m)
CABLECRAFT 音光堂
機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ