サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

APOGEE DUET3を使用して一週間経過!気になった点などの追記レビュー

APOGEE DUET3を導入してから一週間ほど経った後の追記レビューです(´◔౪◔)◞

音質や簡単な使用感などについては別記事にて書かせていただいたので、今回は前回書けなかったことや、使用する中で気づいたことを。

とりあえずDUET3は、やっぱりお洒落ですねデザイン(`・ω・´)

音の輪郭もくっきりハッキリです。

APOGEE Duet 3の導入レビュー!解像度抜群の音質で遂にレジェンドが殴り込み!

本体の発熱について

長時間使用すると、DUET3は割と熱を持ちます。

触ると「ほんのりあったかい」よりは「お、熱い」ぐらいの熱感。

「触れないくらい熱くなる」とかではないので、許容範囲かと思いますが、発熱はするタイプでした(´◔౪◔)◞

僕記憶の中ではRME Baby Pro fsよりも若干熱くなるようなイメージ。

ブレークアウトケーブル、使いやすいです!

APOGEE DUET3は音声出力や入力をブレークアウトケーブルを介して行います。

こういうまとまった分岐ケーブルを、

側面上部に接続して使います。

このブレークアウトケーブル、ネガティブな意見も度々見るのですが、

個人的にはこの手のデスクトップサイズの場合、とても使い勝手が良いと思います(´◔౪◔)◞

というのも、作業机の上がケーブル類でごちゃごちゃせずに済むからです。

机の裏や横からケーブルを垂らすなどすれば、視界にも入らなくなり、配線がすっきり見えます。

例えば、RME Baby Pro fsだと、スピーカーアウトやラインインを繋ぐとこんな感じになります。

デザインのカッコよさは割とスポイルされます(笑)

配線しないとシュッとしててカッコいいんですけどね。

DUET3の場合、ブレークアウトケーブルで配線が隠れるため、フルでインアウトを挿してもカッコいいままです。

デザイン的にはとても良いなと思いました!

どうしてもブレークアウトケーブルが嫌な場合

それでも、どうしてもブレークアウトケーブルでの配線が嫌な場合は、DUET3用の別売オプションが販売されてます。

 APOGEE ( アポジー ) / Duet Dock  サウンドハウス

 APOGEE ( アポジー ) / Duet Dock  サウンドハウス

APOGEE ( アポジー ) / Duet Dock サウンドハウス

本体をガチャっと嵌めると、Baby Faceのような接続方法で使えるようになります。

ただ、このオプションはかなりお高いです( ・ὢ・ )

個人的にはこの値段かけるなら、別の機材買いたいなと思いました。

ノブ一個による操作性について

DUET3は本体中心のノブをクリック、回転することでいくつかの操作を行います。

基本的には、

  •  スピーカーアウト
  •  ヘッドフォンアウト
  •  マイク/ラインイン

などの音量調整をします。

デザイン的にはとてもカッコ良いんですが、慣れるまで若干時間が必要でした。

今も度々、どこのラインを調整してるのかわからなくなることがあります(笑)

ただこれは僕の慣れな気がしますね。

ノブのLEDがゲイン確認用だったら嬉しかった

ノブの下にはかっこいいLEDが光ってますが、これはただ光ってるだけです( ・ὢ・ )

「回転すると光加減が変化して音量状態を教えてくれる」とかの機能ではありません。

ただ、カッコよく光ってるだけです。

もしこの光がゲインに追従して変わってくれたりすると、すごく嬉しかったなーと思いました。

ワンノブ操作はシンプルですが、操作ラインの切替えなど、作業の手間が若干増えるのが難点です( ・ὢ・ )

ちなみにノブを長押しすると、ヘッドフォンやスピーカーアウトをミュートできます。

ヘッドフォンアウトがミニジャックのみな点

DUET3のヘッドフォンアウトはミニジャックのみです。

本体がとても薄く、小型なのでしょうがないですが、例えば1/4フォンプラグのヘッドフォン(SONY MDR-900STなど)を使う場合は変換プラグが必要になります。

メインで使用するヘッドフォンのプラグ形状はチェックしておくことをお勧めします(´◔౪◔)◞

SONY MDR-CD900ST のレビュー!定番すぎたモニターヘッドフォンのおすすめの使い方

改めてDUET3の良かったところ!

と、ここまで重箱の隅を突くような細かい点書いてきましたが、全体で見るとDUET3はやっぱり良いオーディオインターフェースだと思います!

なんと言っても解像度が高く良い音してます!

あと、デザインが洗練されていて、とてもかっこいい。

これまで20種類以上のオーディオインターフェースを入手して触ってきましたが、一番デザイン好きです(`・ω・´)

MAC系の意識高めなガジェットアイテムと並べても当たり前のようになじみます(笑)

  • ワンノブ操作
  • ブレークアウトケーブル
  • ミニフォンジャック

この点は、若干使いづらい面、苦手だと感じる方もいると思いますが、同時にとても魅力的なデザインでもあります。

見る角度、使用する人の感性で良くも悪くもなるなと( ・ὢ・ )

僕の場合はこの記事で書いたとおりになりますが、人によっては真逆の感想になるかもしれません。

あくまでご参考まで!

 APOGEE ( アポジー ) / Duet 3  サウンドハウス

APOGEE ( アポジー ) / Duet 3 サウンドハウス

ただ、マクロな視点で捉えると、DUET3は間違いなく良い製品だと思います!

音も良いので、よろしければ別記事の参考音源も併せてチェックしてみてください(´◔౪◔)◞

APOGEE Duet 3の導入レビュー!解像度抜群の音質で遂にレジェンドが殴り込み!

まとめ

APOGEE DUET3の追記レビューでした!

音がよく、イカしたデザインのオーディオインターフェースが欲しい場合、これは間違いなくおすすめです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ