サウンドハウスのBlack Friday情報をチェック!

RODE NT2-Aの使用レビュー!コンデンサーマイクの衝撃を初めて味わった一本!

コスパの高いコンデンサーマイクとして高い支持を得てきたRODE NT2-Aの記事です(´◔౪◔)◞

僕が人生で一番初めて買ったコンデンサーマイクはNT2-Aでした。

2012年頃だったと思います( ・ὢ・ )

DTMに本格的にはまり始め、RECやミックスのことを意識し始めた頃でした。

現在はオーテクマイクなどが入門用マイクで人気を集めていますが、当時はRODE一色でした(`・ω・´)

思い出も含めてRODE NT2-Aのことを。

*過去記事を加筆修正しました

RODEの特徴がNT2-Aに詰まっている

NT2-AはまさにRODEの音作りの方向性が詰まっている一本だと思います。

 RODE  NT2-A サウンドハウス

RODE NT2-A サウンドハウス

RODEマイクは、

  • NT-1(初代)
  • NT2-A
  • NT3
  • Classic(初期)

を今まで使ってきました(´◔౪◔)◞主要なラインナップは一通り行きましたね。

RODEのマイクは基本的に「ハイ上がり」な音がします。

抜け重視なチューニングなのか、ハイに特徴があります。

 RODE ( ロード ) / Classic II

RODE ( ロード ) / Classic II “Collectors Edition” サウンドハウス

フラッグシップClassicとNT2-Aの質感はもちろん違いましたが、それでも抜け重視な音は同じイメージでした。

-RODE Classic初代-

Classicは真空管マイクで更にレンジが広く、立体的で、ジューシーな感じ。

そんな違いはありつつも、NT2-AはRODEシリーズの中で、最も基本になっている音だなと思います。

そして当時は最も手にしやすい本格的なコンデンサーマイクでした(2万円台でした)

いつからかいきなり値上げ?をして、もはやお手軽価格ではなくなってしまいましたね(;´༎ຶД༎ຶ`)

NT2-Aの起こした革命

とにかく当時は値段の安さに衝撃的を受けました( ・ὢ・ )

これに尽きると思います。

今でこそ低価格なコンデンサーマイクが増えてきましたが、当時まだコンデンサーマイクは高級機材でした。

DTM用に「サクッと買う」とかはできなかったです。

NT2-Aが音楽市場に与えた影響は計り知れなかったと思います。

天下のノイマンがコンシューマー向けのマイクをリリースしたのも、RODEマイクが市場を広く開いたからでしょう。

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

Neumannも最近値上がりしてしまいましたが、それでも10万円以下で買えるようなブランドではありませんでした。

RODEがノイマンをコンシューマー市場に引きみました。まさに革命(´⊙౪⊙)۶

NEUMANN TLM102のレビュー。ノイマンだけど、、使い辛いマイクかも

マイク以外の道具も一通りセットでパッケージされている

そしてNT2-Aのもう一つすごいところ。

低価格ながらマイク本体以外にも

  • ケーブル
  • マイクホルダー
  • ポップガード

などの付属品がセットでパッケージされているんです!

 RODE  NT2-A サウンドハウス

RODE NT2-A サウンドハウス

なんてビギナー想いなんでしょう(;´༎ຶД༎ຶ`)

ポップガードまでついてくるとは。

当時とても助かりました。

NT2-Aの音質と実力

RODE NT2-Aの音質についてですが、DTMビギナーが使うには十分な性能です!

ダイナミックマイクと比べると、解像度の高さに驚くと思います(´◔౪◔)◞

ただ、値上がりしている現在は、初めて買うマイクとしては高いかな?とも

もちろん「RODEマイクが欲しい!」という場合は全然OKだと思いますが、なんとなく「初心者用だから買おうかな」という場合は、他のマイクも良いものがあります。

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020  サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

個人的にはオーテクAT2020か、

 audio technica AT4040 サウンドハウス

audio technica AT4040 サウンドハウス

AT4040の方がずっとコスパ高いかなと思います(´◔౪◔)◞

ただ、付属品は少ないので別途揃えないといけない手間はかかります。

でもこの2本の方が2021年現在では安くて、音も扱いやすいかなと思います。

audio-technica AT2020 動画配信・宅録・実況・DTM 【国内正規品】
Audio Technica(オーディオテクニカ)
audio-technica AT4040 単一指向性 大口径ダイアフラム
Audio Technica(オーディオテクニカ)

プロも使っていたNT2-A

NT2-Aは初心者用マイクの印象が強いですが、プロもこのマイクをRECで使ってました。

例えば、

  • ドラムのオーバーヘッド
  • ルームマイク
  • アコギのエアー

など。

人によってはこのマイクの特徴が合うボーカリストもいらっしゃるようです。

相性良ければマイクの値段って関係ないんですよね。

いつかマイクを買い換えた時も、長く付き合えるマイクではないかなと思います!

他のシリーズとの比較

あくまで個人的な感覚としてですが、RODEシリーズの比較表を(´◔౪◔)◞

 ハイの強さ(ギラつき)価格特徴
NT-1(初期型)★★★★★★★★★星9安いNT-2Aの簡易版。音のギラつきが一番強い。
NT-2A★★★★★★★星7基本汎用性が高い。指向性の切り替えなど、細かい設定にも対応。
NT3★★★★★★★★星8安い指向性が狭い。アコギの録音にあっている。
classic(初期型)★★★★★★星6高い レンジがとても広く、抜群にリアルな音が録れる。リッチな質感。

という感じです。

特にClassicは、さすがに質感良きです。

RODE ( ロード ) / Classic II

RODE ( ロード ) / Classic II “Collectors Edition” サウンドハウス

立体感が出るので歌の録音とかにとても良かったです。

しかし、やはりNT2-AがRODEの中心的存在!値段がもう一度下がってくれれば嬉しいですね!

コンデンサーマイクを使う場合、部屋鳴りにも注意を

ダイナミックマイクと違い、コンデンサーマイクは感度が抜群に良いです。

そのため、部屋の反響音も綺麗に集音してしまいます。

もし「録音の音がなんか変?」だと思ったら、部屋の反響対策をした方がよいかもしれません。

布を天井に貼る、とかでも結構変わってきますよ(`・ω・´)

もしくは毛布をかぶって歌の録音をする、なども定番の方法です。

まとめ

NT2-Aのレビューでした!

現在では手放してしまった一本ですが、長らくDTM生活を支えてくれた大事なマイクでした(´◔౪◔)◞

コンデンサーマイクの素晴らしさを知ることができるマイクです。

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ