マイク

  (更新日:2018.05.14)

RODE NT1-Aのレビュー!NT2-Aとの違いについても

以前RODEのコンデンサーマイクNT2-Aについての記事を書かせていただきましたが、今回はさらにお手頃価格で「歌ってみた」でもよく見かけるNT1-Aについての記事になります。

 

見た目がもそっくりで、一体どこが違うのか、、、?気になる方もいらっしゃいると思います。

 RODE ( ロード ) / NT1-A サウンドハウス

僕は、NT1-Aをあまり長く所持していたわけではないですが、NT2-Aと所持していた時期が被っていた期間もあったので、聴き比べ経験の話もさせていただければ♫꒰・◡・๑꒱

NT1-Aの破壊力は、その価格!

コンデンサーマイクがものすごく効果だった時代をぶち壊したのが、RODEのNT2-Aでした(一昔前まではNT2-Aの方がNT1-Aよりもずっと存在感が大きかった印象です)

とにかくそれまでの常識を覆し、5万円を大きく切る形でコンデンサーマイク製品群に殴り込みをかけた勢いは、現在の他社も含めた低価格帯コンデンサーマイクの普及を見れば分かるように、まだまだ衰えることを知らなそうです。

僕らDTMerにとって、RODEは貴族の遊びを、庶民の手が届くところまで引き下げてくれました。

クリアな音質をリーズナブルな価格で提供してくれた、その革命は、未来まで讃えられる偉業といっても差し支えないかと、、、、思います(なんつって)

 

とにかく、大御所であり、コンデンサーマイクの本家と言ってもいい、Neumann(ノイマン)にまで低価格帯のマイクを発売させたのは、すごいことです。

歴史が動きましたねNT2-Aで。

 

そして、そんなNT2-Aからさらに機能を絞り込んで、価格をグッと下げたのがNT1-Aです。

まだ安くなんのかい、、、、と、当時のマイク業界はさぞ天を仰いで、白目を剥いたことでしょう、、、、。

 

NT1-Aはとにかくシンプルな設計

そしてNT1-Aと、レジェンドNT2-Aの違いですが、NT1-Aはとにかくシンプルに、付加機能がない設計になっています。

 

 RODE ( ロード ) / NT1-A サウンドハウス

RODE ( ロード ) / NT1-A サウンドハウス

、、、男らしく、なんもスイッチ系がついてない!

 

PAD(入力音量を下げるためのボタン。ミュート)や、フィルターカットスイッチ、指向性切り替え用のスイッチもありません。

フィルタースイッチは、不要な低域をカットするためのもの。

歌入れでは、想像以上に低音がマイクに入り込んでくるので、フィルターは結構役立ちます。

指向性切り替えスイッチは、その名の通りマイクの目の前の音を拾うだけでなく(主に歌入れ時はこれ)、全方位から音を拾うこともできるようにできます(主にドラムのルーム録音や、アコギのエアー感を出したい時はこれを使います)

 

ですので、NT1-Aは歌を録音するのを想定して作られたマイクと思っておけば間違いないでしょう。

フィルターはありませんが、余分なローが入った場合は、あとでEQでカットすればほぼ問題もありません。

 

NTI-Aは、ただのNT2-Aの機能限定版、、、という訳ではない

これは僕が所持していたNT1-AとNT2-Aで録音をして聴き比べてみたときの印象ですが、

単純にスイッチなどの機能が少ないか多いかだけで、音はそんなに大差ないだろうと思っていましたが、結構音色が違っていたのに驚きました。

 

ざっくりいうと、

 

  • NT1-Aは音が明るくて高域がジャリっとしている
  • NT2-Aは中域がふくよかめで、高域はNT1-Aに比べて落ち着いている

 

と言った感じで、

 

「なんだ、なんだ、中身が違うのかな、、、?」

 

という興味から、昔にちょっと分解してみたことがありました。

真ん中のマイクの横にあるのがNT1-Aですが、まあ、部品数も違うわけですから(機能面の違い)やはりNT2-Aとは内部が違っていましたネ。

この分解以降、NT1-Aは価格がリーズナブルだったからということもあり、僕の実験、改造用マイクの道へとお進みになられました、、、。

 

マイクカプセルを変えたりすると、結構良くなって面白いんですよ〜(((༼•̫͡•༽)))壊れても自己責任ですけど。

 

Pelusoというアメリカのブティック系メーカーでマイクカプセルや、マイク用のトランスの販売を行なっているので、そこで部品を買って改造するためにNT1-Aを導入するのも、マニアアックですが面白いです、、、。

うまくいけばマイクが化けて、費用対効果が上がるかもしれませんよ、、、、!自己責任ですけど。

 

僕のマイク、NT1-A改、は現在友人に引き取られ、第二の人生で活躍しているようです。たまに借ります。

手前味噌ですが、結構良い音してると思います( ꆤωꆤ )y─┛

 

高域のシャリ感が結構気になる、、、?

そもそもなんで改造なんかしたかというと、ちょっと高域のジャリっとした感じが好みでなかったんですよね、、、個人的に。

RODEのマイクはどれも基本ハイ上がりの音作りになっていて、音色が明るめです。

明るめだけならいいのですが、声質や声量によっては、僕の場合、結構ミックスで後々弄らないときつい音質になることもあったので、改造しちゃいました。

 

NT2-Aもなかなかハイが抜けてくるマイクですが、まだ中域がしっかりついてくるので後で処理すればまとまりやすいという所感です。

 

ですので、二つのタイプで迷っている場合は、この音質傾向の違いも参考にするとより選び方がはっきりしてくると思います。

 

プレイヤーの個性や、音の好みの問題ですね、、、。

 

ちなみに、話変わりますがアデルのレコーディングエンジニアであるトム・エルムハーストもRODEで彼女の歌を録音しているようですよ!

 

I recorded all Adele’s vocals with my Rode Classic 2, going through my UA 6176 mic pre, and never went back to them.

引用元:SOUND ON SOUND

 

フラッグシップモデルのClassic 2とUAの6176をマイクプリで使っているので、プロ仕様なのには変わりありませんが、アデルほどヒットした歌手でもハマればRODEを使うんだ!というのが単純に驚きですよね。

 

なんだか身近に感じてしまいます、、(錯覚)

 

 

個人的にはNT2-Aの方が買いかと

NT1-Aも素晴らしいですが、より広い範囲をカバーできつつ、後々のDTMライフでの応用性のことを考えると、個人的にはNT2-Aの方が総合的におすすめです。

なぜなら、ある程度DTMを続けると必ず次のマイクが欲しくなってくると思うんですよ、、、、。

 

そうなった時に、NT1-Aだと、サブになった時のカバー範囲が狭いので、マイクの持ち腐れになってしまう可能性が高いからです。

 

特に指向性の切り替えがないのが、もったいないなあと思います。

 

その点 NT2-Aは音質面でも、機能面でも、サブになった時にまだ十分活躍できるチャンスが多いと思いますよ!

 

 RODE ( ロード ) / NT2-A  サウンドハウス

RODE ( ロード ) / NT2-A  サウンドハウス

 

 

アコギ録音のエアー担当とか、普通に今でも僕は使っていますがなかなか良いですし、オーディオ録音のトラックが重なってくると、なるべくマイクは変えて行きたい派なので、NT2-Aは結構重宝しています。

 

 

もうコンデンサーマイクは一本買ったらそんなにこだわらない!とりあえず音を体感してみたい!

という場合はNT1-Aですね。

 

悩みますね。

 

他のシリーズとの比較

僕独自の体感は下記のような感じ。

今ままで実際に使って見た時の感想です!

ご参考までに!

 

パッケージ内容が豊富すぎるのは大きなメリット

そして、最後に。

NT1-AとNT2-A共通してですが、初めからついてくるパッケージ内容がとにかく太っ腹です!

こんなにつけなくていいのに〜!っていうほど、ご丁寧に色々くれちゃいます。

 

特にショックマウントとポップガードが一体になっているこれは最高です!

ノイマンとか、ショックマウントだけでNT2-Aの価格超えちゃいますからね、、、、。

NEUMANN ( ノイマン ) / EA87

ポップガードも別でわざわざ用意しなくても問題ないくらい、RODE付属のもので十分吹かれを予防することができます。

これにマイクスタンドがあればもうバッチリでしょう(((༼•̫͡•༽)))

 

まとめ

という訳で、NT1-Aの特徴や、NT2-Aとの違いについてのお話でした。

この二つには価格差もしっかりありますが、内容も単純な比較が難しいレベルでカラーが変わってきますので、使い方に合わせた選択が少し必要となります。

 

とはいえ、どちらのマイクも初めてコンデンサーマイクを使うタイミングや、2本目に選ぶ分には十分すぎるスペックのクオリティーを持っていますので、安心してゲットしちゃってください( ᵕ́ૢ‧̮ᵕ̀ૢ)‧̊·*

 

それではお読みいただきありがとうございました〜!

 

 

RODE NT2-Aでコンデンサーマイクの衝撃を味わいました

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう

ピックアップ記事

  1. アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話
  2. SENNHEISER E935のイケメンな音質!とE945の美麗さを語るレビュ…
  3. Elektron Digitone 導入レビュー①
  4. Elektron Analog Rytmの使用感レビュー!
  5. マイクプリアンプが必要な理由

関連記事

  1. マイク

    Neumann U 87はまさにCDの音!伝説の名機から現代に続く輝く歴史の結晶!

    レコーディング用のコンデンサーマイクの中で、最も知名度の高いモデルのう…

  2. マイク

    Neumann M 149 TUBE マイクの使用感レビュー。現代最高峰マイクの一つ、、、!

    Neumannといえば、マイク界の重鎮的ポジションに居座る歴史的にも五…

  3. マイク

    RODE NT2-Aでコンデンサーマイクの衝撃を味わいました

    こんにちは、はじまりですฅ(≚ᄌ≚)コスパ…

  4. マイク

    NEUMANN TLM102 MIC レビュー

    高価格帯なNeumannマイクの中でも最も手が出し易い価格設定で、販売…

  5. マイク

    SENNHEISER MD421 / Vintage 白クジラ

    SENNHEISER MD421のVintageバージョン、通称「白ク…

Recent Post

  1. SSL 4000Eプラグインの各メーカーごとに音を比較してみ…
  2. TCDのテーマはSEOに弱い?移行してから実際のところはこう…
  3. WAXタイプのコンデンサを録音して聴き比べてみた!【最強!ワ…
  4. 自作オーバードライブにローパスフィルターとバッファー回路を追…
  5. 秋葉原で電子パーツを買おう!オススメなお店と効率的な歩き方
  6. 自作エフェクターの電源を±18Vに変えて実験してみた!
  7. アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話
  8. デシベル自動計算器
  9. オーバードライブの基礎回路を自作して録音比較してみた!
  10. カットオフ周波数自動計算器
  1. マイク

    RODE NT1-Aのレビュー!NT2-Aとの違いについても
  2. エフェクター自作

    自作オーバードライブにローパスフィルターとバッファー回路を追加してみる実験
  3. DIY

    ギターのコンデンサーを変えて音色がどう変わるのか録音してみた!
  4. 喉を大事にする画像

    喉・ケア

    ボーカルの喉ケア最強グッズ8選!これでダメなら病院へ!
  5. 喉・ケア

    花粉、喉ケアにおすすめの吸入器はこれ!ボーカルの必需品!
PAGE TOP