サウンドハウス今日のセール商品はこちら

audio technica AT2020の使用レビュー!最高の入門用コンデンサーマイク!

audio technica AT2020の使用レビューです(´◔౪◔)◞

コンデンサーマイクの入門機として人気のAT2020。

1万円のオーテクマイクがどんな音なのか試してみました。

同価格帯で同じく人気のMXL V67Gとの比較音源も作りました(*´ω`)ゝ

聴き比べてみると違いがよくわかりますのでそちらも合わせてどうぞ!

MXL V67Gの実機使用レビュー。ノイマンU87コピーのお手頃コンデンサーマイク!

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020  サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

コンデンサーマイクとは

まずコンデンサーマイクについて軽く触れておきます。

コンデンサーマイクは、

  • 音が綺麗
  • 解像度が高い
  • ファンタム電源が必要
  • 繊細な機器なので扱いに注意が必要

と言った特徴があります。

 SHURE ( シュアー ) / SM58 サウンドハウス

SHURE ( シュアー ) / SM58 サウンドハウス

SHURE58に代表されるダイナミックマイクよりも音をクリアに収録できる代わりに、

少し使い方を気をつけないといけません。

壊れやすいので雑に扱ってはダメです。

またAT2020を使用するにはファンタム電源も必須です。

オーディオインターフェースを既にお持ちなら、ファンタム電源はほぼ標準装備されています。

ただ、一応購入前にチェックしておくことをおすすめします。

箱開封

それでは、レビュー開始です。

箱。

世界に誇る日本のオーディオメーカーaudio technica!

本社は町田の成瀬!

パカっと開けると説明書が。ちゃんと日本語です。

指向性は単一指向性。このマイクは目の前の音だけを拾います

Vo録音やナレーション、アコギのクローズ録音に最適。

マイクの接続は3ピンのXLRコネクタを使ったマイクケーブルで行います。

いわゆるごく普通のマイクケーブルでOK。

さらに中を開くと、はいキタ!

マイク本体より前に目を引いたソフトケース。

質感や厚みがかなりしっかりしています!

マイクホルダーがケースの中に入ってました。

こちらも価格の割にかなり精巧に作られています。手に持った瞬間にわかる品質の良さ!

マイクスタンドに接続するための変換ホルダーもあらかじめついています。

マイクホルダーがほんとしっかりしてます、、、。

そしていよいよ本体とご対面!!

どうも!こんにちは!

おー!本体すごくしっかりしていますね。

マイクの表面にはつぶつぶがまぶされたデザイン。

一瞬傷かと思ったら(笑)デザインでした。個性的。

マイクの前後がちゃんとわかるように裏目には「BACK」の文字が。

製造は中国のようです。

うーん、メッシュの質感も価格の割に素晴らしいです。安っぽさが全然ありません。

しかもかなり頑丈な太さ。

これは音質にも期待が膨らみます、、、。

人気の入門マイクMXL V67Gと並べるとこんな感じです。

AT2020の方が高さは低く、体が太い。

メッシュや筐体の作りはAT2020の方がしっかりした印象!

MXL67Gはデザインが派手です(笑)この感じも嫌いじゃありません!

ということで録音して音のチェックをしてみましょう!

MXL V67Gの実機使用レビュー。ノイマンU87コピーのお手頃コンデンサーマイク!

録音してみる

今回の録音で使用するオーディオインターフェースは

個人的にとても好きなKOMPLETE AUDIO2という機種。

エントリーモデルの中では1、2番目くらいに好き。

録り音、再生が肉厚な方向のデザイン。

マイクプリアンプはKOMPLETE AUDIO2に内蔵のものを。

ファンタム電源もここから供給します。

アコギの演奏を録音しました。

2トラック演奏して左右にパンで振っています。

DAWはLOGIC Xです。

音源を比較するマイクはMXL V67G。

あとSHURE BETA58Aでも試しに録音してみました。

録音後のデータはプラグインは一切かけていません。ノンEQノンコンプです。

フェーダーで音量を揃えたのみ。

リズムはLOGIC Xのループ素材です。

それでは聴き比べを!

音量注意!
再生音量にお気をつけください!

audio technica AT2020

MXL V67G

SHURE BETA58A

感想

AT2020の音かなり好きですー!

めっちゃ嫌味のない素直な音ですね( ・ὢ・ )!

え!これで1万円ですって、、、

巷で言われている「癖のない音」の意味もよくわかりました。

音の一つ一つがハッキリ分かれてハキハキした音でもあります。

特にストロークの感じが◎!

一方、MXL V67GはAT2020と比べると癖を感じます。

こちらはなんかエロい音ですね(´⊙౪⊙)۶

音の繋がりが「ヌターん」として妙な色気を感じます。

見た目がケバめなので余計そう感じるのかもしれません(笑)

ゲインはMXL V67Gの方が大きかったです。

ダイナミックマイクの58はやはりコンデンサーマイク2機種と比べると音のレンジが狭く聴こえます。

ただ、ギュッとしたミッド感の男らしさは、これはこれでアリですね。

やっぱり58もいいマイクです。

他の2本同様、58はあまりギターに近づけず少し離して(オフめに)セッティングしています。

マイクの距離は3本とも同じ位置に固定です。

AT2020のストロークの音いいなー、、、

バックエレクトレットとは

と、こんないい感じな音のAT2020ですが、音を拾う心臓部分のダイヤフラムがバックエレクトレットという部品になっています。

-エレクトレットマイクカプセル-

バックエレクトレットは写真のようなエレクトレットマイクカプセル(ECM)の一種。

安価で高品質な小型コンデンサーマイクカプセルです。

一方MXL V67Gはラージダイヤフラムという往年タイプのマイクカプセルを使っています。

-ラージダイヤフラム-

このダイヤフラムは高級路線のコンデンサーマイクに使われることが多いです。

現行でもプロ用機種はほぼこれ。

写真のやつはDIY様にストックしてあった物です。

-もっと小さいECMもあります-

とはいえ、エレクトレットマイクカプセルも本来の性能はかなり良いようで、

うまい設計をされるとAT2020のように高品質な音になるようです。

というのを今回身を以て知りました!

AT2020が1万円台で販売されているのも、マイクカプセルをエレクトレット(ECM)にしているからでしょう。

高品質でもコストを抑えられます。

エレクトレットマイクカプセルでイヤフォンを高音質化するDIYもありますよね。

ゲーム用のヘッドセットに使われているのもECMが多いです。

USBで直接繋ぐAT2020もある

AT2020にはUSB接続タイプもあります。

audio technica  AT2020USB+ サウンドハウス

audio technica AT2020USB+ サウンドハウス

こちらはPCとUSB接続するだけですぐ使えるマイク。

オーディオインターフェースもファンタム電源もいりません

テレワークやゲーム用に使うならこちらの方が接続がスッキリしますね。

USBからの電力供給でマイクを動かせるのもエレクトレットマイクだからできる技。

上位機種AT4040からダイヤフラムが変わる

そしてこの流れで上位機種との違いについてを。

 audio technica AT2035 サウンドハウス

audio technica AT2035 サウンドハウス

一つランクが上のAT2035、もう一つ上のAT2050まではまだエレクトレットマイクのようです。

対ノイズなどのスペックがそのまま上がり、AT2050は指向性の選択肢が増えています。

資金に余裕があったらこれらを選ぶのもアリですね。

 audio technica AT4040 サウンドハウス

audio technica AT4040 サウンドハウス

そしてDTM用マイクの定番AT4040になると、マイクカプセルがラージダイヤフラムに変わります

中上級者向けの製品はここからほとんどラージダイヤフラム。

DTMに慣れてさらに本格レコーディングをしたくなったら使ってみたい一本!

audio technica AT4040の使用レビュー!本格派!な音を3万円台で実現するコンデンサーマイク

保管や使用には注意が必要だけど

コンデンサーマイクは保管の仕方や使用方法に注意が必要ですが、

エレクトレットマイクは比較的耐久性が高いので、

ラージダイヤフラムタイプに比べるとまだ扱いやすいと言えます。

この点も初めてのコンデンサーにおすすめ!

とは言えできるだけ湿度の低い場所で保管し、

使用する時は衝撃を与えない様に注意した方がいいでしょう( ・ὢ・ )

防湿庫でマイクを守ろう!保管方法や最適な湿度について【デシケーター】

AT2020は買いのアイテムか?

AT2020はコスパ最高だと思います( ・ὢ・ )キリッ!!

何にも考えず、とりあえず買ってしまって良いレベルの製品!

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020  サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT2020 サウンドハウス

1万円とは思えない作りと音。

付属のマイクホルダーも作りがとても良い。

人気が高いのも深く納得!

ただ、Vo録音をする場合は別途ポップガードを用意した方がいいです。

 K&M ( ケーアンドエム ) / 23956 ポップガード  サウンドハウス

K&M ( ケーアンドエム ) / 23956 ポップガード サウンドハウス

これがないと息が「ボッ」って入りますし、唾がマイクに飛びます、、、。

マイクスタンドはどれでも良いと思いますが、卓上のやつとかでサクッと使うセッティングも合いそうだなと思いました。

値段もリーズナブルなので、保管をあまり気にせず外に出しっぱにしちゃっても良い気も、、、。

散々保管がどうの書いてますが、エレクトレットですし(´⊙౪⊙)۶

アイディアをすぐにDAWに取り込むマイクとして常設しておくのも良いなーと!

何にせよ1万円は安すぎる

そんなクオリティのマイクです。

KOMPLETE AUDIO2との相性も良かったです(´◔౪◔)◞

まとめ

オーテクマイクのサッパリとした音質は癖になります╰(◉ᾥ◉)╯

ノイマン系とはまた違った魅力がありますね。

上位機種もいずれ試してみたいです( ・ὢ・ )!

最後までお読みいただきありがとうございました!

おすすめのオーディオインターフェース記事一覧

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ