本日の機材セール情報!

【知らなきゃ怖い?】ファンタム電源の仕組みと注意すべきポイント【知って安心】

前回、マイクケーブルの自作方法についての記事を書かせていただきました(՞ټ՞☝☝

 

今回はファンタム電源についてのお話を書かせていただこうと思います。

ファンタム電源って、DIやコンデンサーマイクに必要な一見なんだかよくわからないアレです、、、。

 

実は、マイクケーブルとファンタム電源は切っても切れない関係にあります!

 

逆に、ギターのシールドケーブルにはファンタム電源は使用できません!

 

その理由、わかりますか?

 

というわけで、マイクケーブルの自作の延長としても是非知っておくべきファンタム電源についてのことを。

ファンタム電源の役目

DTMですと、オーディオインターフェースやマイクプリアンプにほぼ標準で搭載されているファンタム電源。

コンデンサーマイクの動作にとりあえず必要ということをご存知の方も多いと思います。

単体だとこんなのが↓

 BEHRINGER ( ベリンガー ) / PS400 MICROPOWER  サウンドハウス

BEHRINGER ( ベリンガー ) / PS400 MICROPOWER  サウンドハウス

 

コンデンサーマイクはダイナミックマイクと違い、音源が震わすダイヤフラムの振動を、静電容量の変化を用いて音声信号化することで、非常に繊細な音を捉えることが可能となっています!

 

、、、わかりづらいですね(´⊙౪⊙)۶こんなのは覚えなくて大丈夫です!

 

とりあえず!繊細な音を拾うための仕組みには、構造的に電気が必要になります。

 

それと、この時発生する電気信号自体がとても小さいので、その信号をマイク内蔵の小型のプリアンプで増幅する必要があるため、その駆動にも電気が必要になります。

実は、コンデンサーマイクの中には小型のプリアンプが入っているのでした!

 

というわけでダイナミックマイクに比べて、マイク自体の体積も大きくなりますし、構造も複雑になっていくので価格が高めになってくるわけです。

 

またライブの現場でよく使われるDIにも、電源が必要なタイプ(アクティブタイプ)のものはPA卓からファンタムを送って稼働させています。

電源は必要でないDIはパッシブタイプと呼ばれます。

 

パッシブタイプだとこれ、よく見ますよね↓

 RADIAL ( ラジアル ) / JDI Stereo サウンドハウス

RADIAL ( ラジアル ) / JDI Stereo サウンドハウス

 

 

ここら辺はアクティブですね、ライブハウスで一番よくみるやつ↓

 BOSS ( ボス ) / DI-1 サウンドハウス

BOSS ( ボス ) / DI-1 サウンドハウス

 

 COUNTRYMAN ( カントリーマン ) / TYPE85 ダイレクトボックス サウンドハウス

COUNTRYMAN ( カントリーマン ) / TYPE85 ダイレクトボックス サウンドハウス

 

 

 

DIがなんで必要になるのか?どんな時に必要なのか?も、マイクケーブルを深く理解する上でとても重要なトピックになってきますので、また別の機会に記事にさせていただきます!

今回はとりあえずファンタム電源のみに焦点を当てて行きます。

 

ファンタム電源はDC+48vが基本

ファンタム電源の電圧はDC+48Vが基本として決められています。

DCは直流のこと。

理由は、昔にそう決まったので今もそのまま、ということだけ。

日本のコンセントの電圧が100Vということと同じで、特に意味はございません!ソウダカラ、そうなのです!

 

とはいえ、一応僕の推測としては、昔のレコーディングコンソールはDC+24で動作するものが多かったですから(Neveや60年代ドイツのトランジスタ卓)、結線の仕方で倍の電圧であるDC+48vが作りやすかったからではないかと思ってます。

 

現在では、コンデンサーマイクと非常によく似ているエレクトレットマイクというものもあって(PCのUSBから電源をとるあれ)それなんかだと5Vで動作します。

プラグインパワーと言われてますね。

 

実際問題、コンデンサーマイクの中にも、内部駆動に+48vもいらないので、電圧をわざわざ下げる回路を組んでマイクを作動させているものも多いです。

9V電池を内部に入れて動かせるやつもありますしね(僕の手持ちだと、RODEのNT3がそうだったと思います)

 RODE ( ロード ) / NT3 バッテリー駆動対応コンデンサーマイク サウンドハウス

RODE ( ロード ) / NT3 バッテリー駆動対応コンデンサーマイク サウンドハウス

とにかく+48Vは、昔からの慣習なので、現在でもヴィンテージマイクがちゃんと動かせるように、今もその規格が守られていると考えておいてください。

 

ファンタム電源の名前の由来

コンデンサーマイクにファンタム電源を送る時、どうやって送っているのかわかりますか、、、?

オーディオインターフェースのファンタムをONにするとき、電源ケーブルのようなものをコンデンサーマイクに繋いで電気を送っているわけではありませんよね。

そんな物、見たことある人はいないはずです。

 

このように目に見えない電気の送り方をしているのが、ファンタム(幽霊)電源の名前の由来になっているんだとか、、、、。

 

それではこの幽霊の正体を暴いて行きましょう。

 

ファンタム電源はマイクケーブルの中を通ってマイクに繋がっていた!!

初めてこの事実を知った時は驚きました!

どうです?!びっくりしませんか?!!

 

マイクケーブルの中って、音声信号が通っているだけだと当然思ってましたし、電流なんか流しちゃっていいのかよ!?とちょっと怖くもなりましたね(;;;՞;ਊ՞;;)

 

ファンタム電源は、ケーブルの音声経路に乗っかっていく

ここで、マイクケーブルのGND、HOT、COLDの3つのピンを思い浮かべてください。

よくわからない方は、マイクケーブルの自作記事に詳しく書いていますので是非ご参照ください。

 

グランド、ホット、コールド。

 

それぞれの役目は、

 

1、グランド→ノイズを0vに流す役目の線

2、ホット→音声信号の正相を流す線

3、コールド→音声信号の逆相(ホットの信号の真逆の形の信号)を流す線

 

でした。

 

「あ!」という声をマイクに発すると「あ!」の音声信号が、通常の波形と真逆の形をした波形の2つ、同時にマイクケーブル内を流れていく仕掛けになっていますよね。

 

これは外部からのノイズに強くするための構造です。

 

そしてファンタム電源の電流ですが、なんとホット線とコールド線の両方を通ってコンデンサーマイク内部の回路に繋がっているのでした!

 

そしてぐるっと回った電流は、ケーブルのグランド線を通ってファンタム電源のマイナス極(0V)に戻ってくるのです!

 

改めて考えてみても、凄まじく攻めたシステム(;´゚Д゚)ゞ!!

 

音声経路に電流なんか乗せちゃっていいもんなんですね、、、と、思っちゃいますが、

 

これは音声が交流なのに対して、ファンタム電源の電流が直流なので、無問題ということなんです。不思議です、、、。

イメージでは、同じ経路に二つの流れがあったら、めちゃくちゃに混ざっちゃいそうなもんですけど。

 

とはいえ、アンプ回路も見方を変えれば全く同じ原理で動作しているので、ファンタム電源とマイクケーブルの関係が特殊なわけでもないんです。

というか、めっちゃ普通のこと!

 

、、、でも不思議ですね。

 

ということで、マイクケーブル制作は間違えずにしっかり配線しましょう!!

マイクケーブルの自作は、電気工作の中ではかなり初歩的な部類になるビギナー向けの制作ですが、ファンタム電源にも使うケーブルとして作る場合には若干の注意が必要です!

 

必ず、3芯それぞれがショートしないように配線しましょう!

ショートすると、ファンタムの電流もショートして、最悪繋いでる機器が壊れる可能性があります!

 

あとはピン番号と3芯それぞれの接続を、とにかく間違えないようにすることです。

 

特にグランドは必ずピン1につけるようにします!

ホットとコールドを逆にしてしまってもファンタム的には大丈夫ですが、グランドをホットの2ピンに接続とかしてしまうと、、、、怖いですね。

 

ファンタムはアンバランスケーブルでは使ってはいけません!

ファンタム電源が使えるのは、バランスケーブルのみです!

あまりないですが、XLRコネクターを使ったアンバランスケーブルにファンタムを流すと、これも一発でショートします。

 

なぜかというと、

 

もしXLRケーブルでアンバランスを作るとしたら、

 

1番グランド+3番コールド

2番ホット

 

として、1番ピンと3番ピンを結線して作るからです。

これで、出力信号は2番ホットの正相のみなりますのでバランスではない、つまりアンバランス出力になる、というわけです。

でもこんな使い方は滅多にしませんよね(‘・c_・` ;)だからほぼないと考えていいです。

 

記事冒頭でも書きましたが、ギターのシールドケーブルはアンバランスケーブルですので、当然ファンタム電源を流すことはできません。

、、、、と書きながら、ちゃんと意図を持って結線を行えばできるっちゃできます。

ただ用途がありません、、、。

無理やり、パッと想像できるものとしては、アクティブベースに送る電源(普通は電池)をベースアンプのジャックからシールド伝いに取るとかですかね、、、、。

でも、シールドの抜き差しの度にファンタムを切らなくてはいけなくなるので、特にライブ中なんかは現実的ではありませんね、、、。

やはり用途がない!

 

ということで、ファンタム電源を発するジャックは全てXLRタイプとなっているんですね。

つまりマイクケーブルを挿せるところにしかファンタムはそもそも流すことができないようになっています。

 

シールドのようなフォンジャックタイプのファンタム電源って、見ませんよね、、、?

どっかにはあるのかな、、、とりあえず僕は知りません。

 

ダイナミックマイクにもファンタムは流しちゃだめ!

ということで、一番ありえるファンタム電源のミスとしては、ダイナミックマイクにファンタム電源を使ってしまうことです。

これはありえますよね。

しかし、すぐに壊れたりはしないのでもしやってしまった場合は焦らず、そっと電源をオフにしてください、、、、。

 

一番ダメなのは、電源を切らずにコネクターを抜いてしまうこと!挿すのもダメです。

 

これはファンタム電源抜きでも基本のことですが、機材へダメージがいきますので、コネクターの抜き差しは必ず電源をオフにしてから行ってくださいね。

 

ファンタムをオンにする時は、スピーカーに繋がっているアンプの音量は絞っておく!!

これも、レコスタなんかでは特にエンジニアさんが気をつけていることですが、ファンタムをonにする時、スピーカーのパワーアンプを絞っておかないと、最悪スピーカーが飛ぶらしいです、、、、、おっかねえ。

ファンタム電源が入る時、でっかい音が「ボン!!」っとなることありますよね?

あれ、実は結構なパワー出てるらしいですよ。

同様にヘッドフォンをしながらファンタムを入れるのも極力避けた方がいいでしょう。

 

耳にきたら、最恐です、、、。

 

まとめ

以上、ファンタム電源のお話でした。

途中からちょっと怖い感じになってしまいましたが、基本的に微弱な電流しか流れないので(割と高電圧ですが、使用する電流量はチョロチョロっとしたものです)しっかりと使い方を守っていれば、極端なトラブルが起こることはありません。

 

アンバランスXLRにファンタム電源ONとかがヤバいぐらいです。

 

ちなみにファンタム電源の自作なんてのもあったりします(ノω・`。)!

 

僕はここまでやったことはないですが、確かに、プロ用機でもファンタムの部分って結構まだこだわれる余地があるものが多い気がしますね、、、。

 

電源の良し悪しで音質が変わるのは、僕も経験済みですので、いつかこだわりのファンタム電源を自作してみるのも面白いかもしれません(=`ェ´=;)ゞ

 

マイクケーブル自作方法のすべて【完全保存版】

【2018年度】ガチおすすめのマイクプリアンプTOP3!!【入門編】

おすすめのハイエンド系マイクプリアンプ5選!これがあればもうプロ級!

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう