本日の機材セール情報!

TCDのテーマはSEOに弱い?移行してから実際のところはこうでした!

WordPressのテーマを有料テーマAFFINGERからTCD MAGに移して2週間弱くらいの現在。

導入時に懸念していた「SEOに弱い」というネット上の噂は、どうやら僕のサイトには影響を及ぼさなかったようです。ホっ。

ただ、何も施作せずに移行していたら、もしかしたら検索順位がガタ落ちしていたかも?!

 

ということで「これをやったらSEOに問題はなかった!」ということを書こうと思います。

MEMO
現在はSANGOにテーマを移しています

TCDはデザイン重視でSEOに弱い?

TCDの作成しているテーマはとにかくデザインが素晴らしく、僕のようなセンスの低い人間でもそれらしくかっこいいサイトが作れてしまうのが魅力!

>>MAGのDemoサイト<<

SEOに強いと言われているテーマでも、デザインがしっくりこないとそれがすごく気になって、、、記事更新に集中できないんですよね。

前に使っていたAFFINGERは、ご存知SEOに強いと評判の有料テーマ。

実際に無料テーマから移行して数週間後に検索順位が上がったのかアクセス数が上昇したのを覚えています。

ただ、デザインや文字のフォントがずっとしっくりこなくて、、、色々といじっては「う〜ん、、、」となってました。

ほんとね、ちまちま細かいレイアウトを変更したりしている時間が勿体無い!

 

そこで、別で運営しているポートフォリオ系サイトには既にTCDのテーマを使っていたので、当サイト(音楽機材のレビュー記事とか書いてます)にも導入してみようかなと思ったわけです。

 

ただネットで検索してみると「TCDはSEOに弱いから、デザインにつられて移行しない方が良い」という情報が結構ひっかかってくるので、これまた「う〜ん」と導入するかどうか悩んでいました。

しかし結局デザインの誘惑にやぶれ、TCDのMAGを導入したわけですが、アクセス数には特に影響もなく変更後も定期的に記事を更新し続けているので、逆にアクセス数は増えている状況です。

 

では何に気をつけ、実行したら「SEOに弱い」と言われてしまう問題?を克服できたのでしょうか。

 

h1やh2の見出しタグ割り振りを変更

これをやったからかなと思います。

TCDのテーマは見出しタグの割り振りがちょっと変わっていて、普通は記事のタイトルにh1が割り振られると思うのですが、なんとサイトのタイトルにh1が割り振られる仕様になっているんですよ、、、。

これの何が問題なのかというと、そのまま見出しタグの割り振りがずれていってしまうので、記事タイトルがh2に、本来h2の見出しだった部分がh3になってしまうため検索結果に悪い影響が出てくる可能性があると言われています。

そもそも見出しは、seo的にはページ内の言葉の中で最も重要なキーワードをGoogleに伝えるために使うものですよね?

Googleの検索順位決定の要素の中に、見出しはh2からh1へと上がるにしたがって記事ページ内での重要度(キーワードの)が上がると言われているので、デフォルトのままだと、サイトのタイトルが一番伝えたいワードなんだとGoogleに評価されてしまう可能性があるわけです(サイト名がh1になるので)

サイトの名前なんてユーザーからしたらどうでもいい!ですw

欲しい情報を読みたいだけなんですから、やはり記事のタイトルがページ内で一番強いキーワードであって欲しいわけです。

 

ですので、この部分は絶対に変更した方が良いでしょう。

やり方はこちらのサイト様が詳しく書かれていますので、ご参考ください!

TCDの見解

そもそもなんでSEO的に不利になりそうな仕様にしているのか謎ですが、TCD側としてはこんな言い分があるようです。

TCDシリーズ各テーマではH1タグをロゴに設定しておりますが、SEOを考慮してH1タグを記事の見出しに使いたいというお問い合わせをいただくことがあります。H1タグを記事見出しに使うことがSEOに効果が有るか否かに関しては意見が分かれるところではあります。

厳密な見出しタグのルールによると、H2タグやH3タグの後にH1タグを表示する事は、文章の構造上間違っていると判断されます。これはSEOとして不利になる可能性があります。

見出しタグのルールにつきましては、以下のサイトを参考ください。
・見出しタグ(h1~h6)の正しい使い方。使用上のルールとは?

弊社テーマでは、ロゴよりも前に文章や見出しがないことから、文章構造ミスを生じる可能性を最小限にするために、H1タグをロゴに設定するという仕様とさせていただいております。

私たちは、H1タグを不自然な形で表示するのではなく、デザインに沿った自然な表示方法を選択することが、長期的に見て最も有効なSEOであると考えております。

※SEOに関しては、あくまでも弊社としての考え方であり、その効果を約束するものではありません。

だそうです。

でも、とりあえずタグの割り振り変更はやっておいた方が良さそうです(一応)

他にやることは?

見出し部分の変更以外は特に何もやっていません!

子テーマも作らず、親テーマを直接いじりました。

MAG自体がもう結構前にリリースされているテーマなので、バグ修正とかはある程度FIXされているのかな?とも思いますし。

アクセス数は普通に上がっています

当サイトは結構ニッチなネタを扱っているので、アクセス数はそんなに自慢できるほどはないのですが、、、(現在30000pv/月くらいです)

テーマをTCDに変えてからもゆっくりとですがアクセス数は増えていますし、サイトの収入も下がったりはしていません。

実際に今もテーマはMAGのまま。

下がっていたら、速攻でAFFINGERに戻してますw

デザイン面では言わずもがな非常に満足しておりますし、価格も10980円とリーズナブルだったのが嬉しかったです。

他のテーマもすごくおすすめ!

僕はMAGの他にUNIQUEを別サイトで使っていますが、両方とも素晴らしいですよ。

アクセスは少ないサイトですが、見せ方がいいのか、物品を購入してくれる方が増えました、、、ありがたい。

UNIQUEは友人のサイトを作ってあげた時に使ったんですが、こちらもポートフォリオ系に最適で、作ったサイトを友人に見せたら驚愕していましたw

僕がデザインを全てやったんだと思ったんでしょう(´ゝ౪◔`)

ものづくり系のサイトにぴったりですね。

>UNIQUEのDemoサイト<<

結論

見出しの仕様だけ変更すれば、TCDはSEOに弱くはなかったです!

AFFINGERと比べても変化がなかったほどなので、むしろ結構強いんではないのかな?

管理画面もわかりやすくて優秀なので、ブログを書くのが楽しくなりますよ。

ちまちまとサイトのデザインをいじる時間は本当に勿体無いです。

コンテンツ制作に時間を当ててさらにSEOに強くなりたいですね。

 

迷っている方のご参考になれば幸いです(((༼•̫͡•༽)))

お読みいただきありがとうございました〜

 

>>MAGの販売サイト<<