サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

WARM AUDIO WA 76の使用レビュー!ドライブ感が気持ち良い1176のクローンコンプ!

WARM AUDIO WA76のレビューです(´◔౪◔)◞

WARM AUDIOはNeveなどのクローン系機材を多くラインナップしてますが、WA76がその先駆け的な存在でした。

使用感などを!

*過去記事を加筆修正しました

1176型コンプのクローン

本家UNIVERSAL AUDIO 1176は完全プロ仕様の定番コンプ。

 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 1176LN  サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / 1176LN サウンドハウス

様々なソフトメーカーにプラグイン化されているほど有名なコンプです。

コロナ禍以降は品切れが続いてますが、、、お値段はかなりお高め。

そんな大定番機のクローン版が、WARM AUDIO WA76です!

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA76 コンプレッサー   サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA76 コンプレッサー サウンドハウス

値段は約4分の1と狂った価格設定になっております(笑)

本家が高すぎるとも言えますが(´⊙౪⊙)۶

以前は1176クローンはWA76が代表格でしたが、最近はKLARK TEKNIK というメーカーも販売してます。

 KLARK TEKNIK ( クラークテクニック ) / 76-KT コンプレッサー  サウンドハウス

KLARK TEKNIK ( クラークテクニック ) / 76-KT コンプレッサー サウンドハウス

こちらは更にお安くなってます、、、。

実際に仕様したレビュー記事はこちらに。

このクローンもバッチリアナログ感を味わえます(´⊙౪⊙)۶

KLARK TEKNIK 76-KTの使用レビュー!お手頃すぎる1176の実力は?

UAD1176とWARM AUDIO WA76の違い

残念ながら実機のUA1176を僕はDTMで使ったことがありません、、、。

レコスタでは何度もお目にかかってはいるものの、自宅環境への導入経験は0。

ということで、プラグインのUAD1176LNとの違いについて書かせていただきます。

UAD1176はさすが本家がモデリングしているだけあって非常に評判が良いプラグインです。

再現度も高いらしいですよ( ・ὢ・ )

こちらが僕のWA76。

音の違いですが、WA76を通した方が音が分厚くなります

これは正にプラグインとアナログハード機材の違い。

UAD1176プラグインの掛け録りもかなり使いやすく好きですが、スキッとしてクリアな感じになります。

クリアな分、音の厚みは少ないイメージ。

あとWA76は音の入力を増やしていくと、ハイが歪んでいくのがカッコいいですね。

いわゆるドライブするというやつ。

プラグインでも歪感を加えることはできますが、上品な感じに聴こえます。

でも、実はその歪感の方が本家に近い可能性もあります、、、(UADプラグインの再現性すごいので)

WA76はドライブさせると割と歪み感が強く出やすいという評価をどこかで読んだ気がします

僕はカッコいいと思いましたけど( ・ὢ・ )ここは好みで別れそうですね!

今まで色々な楽器の録音に使ってきましたが、特に好きだったのがベースとエレキギターに使った時でした(`・ω・´)

アコギや歌にも使ってましたが、LA2Aタイプのクローンを買ってからはWA76の出番は少なくなりました。

あと、ソフト音源にアナログ感をプラスしたい時、ラインで音を取り込むのもGoodです!

グイッと音を突っ込んでドライブさせると、良い感じに音が馴染みやすくなります。

トランスがCinemag製!

WA76のトランスは、なんとCinemag製です!

部品マニア的には嬉しいポイント!

Cinemagはとても品質の高いトランスを生産しているアメリカのメーカーです。

WA76は販売価格の割に、大事なところにコストかけてくれてますね( ・ὢ・ )

逆に利益が出るのか心配になるくらいです、、、(?)

また、WA76はICを使わずにオリジナル回路を再現しているようです。

内部は完全ディスクリート

WARM AUDIO製品はどれもこれもコスパ良すぎ(;´༎ຶД༎ຶ`)

気になる所がありましたが、、、

コスパも良く、部品にもこだわりを感じるWA76ですが気になる点も正直あります( ・ὢ・ )

まず、電源がアダプターなのがちょっと残念です。

できたら内部に電源回路を組んでくれてたら、、、更にテンション上がったなーと。

ただ、そこまで求めるのは流石に酷な販売価格ではあります。

ここはなんとか目を瞑りましょう、、、。

ただ、これだけはヤベエと思ったのが、フロントパネルのダサさ(;´༎ຶД༎ຶ`)!!

-見辛くてすみません-

特にWのところに立ち昇る、う○こから出る湯気みたいなマークはいただけません!!

なんだよこれ。

、、、と思ったら、デザインが変わってました!!

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA76 コンプレッサー   サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA76 コンプレッサー サウンドハウス

湯気が、ない!!

、、、どうやら、あの湯気のヤバさに気づいたようですね。

ふぅ、よかったです。

まとめ

ということで、デザインも変わり一安心なWARM AUDIO WA76。

WA76が気に入り、他のWARM AUDIO機材を試してみましたが、どれも使い勝手が良く素晴らしかったです!

特にNeveコピーシリーズはコスパめちゃくちゃ良いので、マイクプリをお探しの方には是非試して欲しい一品!

音も太くていいですよー(´⊙౪⊙)۶

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ