【延長!】サウンドハウスで在庫商品10倍ポイントバック中!

WARM AUDIO WA 76 のレビュー

こんにちは”はじまり”です。

今回は、UA1176のクローンでハイコストパフォーマンスな値段が話題となったWARM AUDIO WA76を使ってみての雑感を。

 

1176と言えば、このサイトでも崇め奉っているUADのUNIVERSAL AUDIOが本家の超絶名機ですが、とにかくDTMerにとって実機はお高いです、、、、。

完全プロなレコスタクラスのハイエンド価格なので、相当気合いの入ったDTM狂でなければなかなか手出しできないと思います。

本家の価格はこちらでご確認下さい。

20万は超えてきます、、、、(((;꒪ꈊ꒪;)))

 

そんななかこのレプリカ、コピーを6万円代でリリースしてきたのがWARM AUDIOという新興メーカー!

狂ってます!

 

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA76 サウンドハウス

 

とうわけで、ハード機材も大好き僕”はじまり”は、このコンプがリリースされた時、この値段も相まって速攻でポチったのでした。

 

そして今でもこのコンプが欲しいソースには時によく使っています!

 

本家の1176は勿論所有しておりませんので、ハード同士の比較レビューをすることはできません、、、、すみません。

 

なので、DTMerらしくプラグインとどう違うのか?を比べてみましょう。

UAD1176とWARM AUDIO WA76の違い

大好きなUADのプラグインの中でも、やはり本家本元だけあって非常に再現度の高いLN1176。

 

 

一方僕のW76。

 

 

比べると言っても、はっきり言って、ハードとプラグインじゃ使う場面が全然違うので、一概に比較するのが難しいのですが、やはり掛け録りするときの音はWA76を通した方が音が分厚くなります。

UADはプラグインの掛け録りもハードのように行なえますが、こっちのほうがスキッとしてクリアな感じでしょうか。その分音の厚みは物足りなく感じます。

あとWA76は音の入力を増やしていくと、ハイが歪んでいくのがカッコいいですね。いわゆるドライブするというやつ。

プラグインの方はもっと上品に歪みが付加されていく感じ。こっちの方が本家に実は近いのかな、、、?

 

WA76はハイの歪み方をどうとるかで好みが別れそうです。

僕は好きでしたけど、ここが気になるってマニアな方もいらっしゃるかと、、、。

 

ぼく的には、今まで色々な楽器の録音に使ってきましたが、特に良かったのがベースとエレキギターでしたね( ꆤωꆤ )y─┛

アコギや歌系には、La2aタイプのクローン(別で持っている機材です)の方がはまるので、WA76は余り出番がありません。

あと、ソフトシンセ音源にアナログ感をプラスしたい時に音を取り込んでアウトしたりもします。

いい感じになまって馴染んでくれるので結構いいですよ(◍ ´꒳` ◍)b

 

動画を発見したのでペタっと。

前半はずっと外人さんがくっちゃべってるだけなので、後半の方から音の感じをご覧ください。

 

 

トランスがCinemag製

それと、僕にとって購入の決めてになった部分が、トランスにCinemag製のものを採用していることです!

部品マニアなので、、、、重要なトランス部分にもしっかりとコストをかけてくれているのが嬉しいです。

 

Carnhillトランスの導入方法①

 

というか、6万の売値でここまでコストをかけてしまっていいんだろうか、、、、?と心配になるくらいです。

トランスも結構良い値段しますからね。

中の回路も完全ディスクリートで、ICを使わずにオリジナルを再現しているということで、安易な模倣品ではないことが解ります。

音良いですもんね(((༼•̫͡•༽)))

 

気になる所

電源がアダプターなのが、仕様では唯一気になるところです。

できたらここもしっかり電源回路を組みたいところですが、なんたって6万円、、、さすがにそこまで求めるのは酷ですね。

 

それと一番僕が気になるのが、フロントパネルのダサさ!!

 

 

 

特にWのところに立ち上る、う○こからでる湯気みたいなマークはいただけません(( ༎ຶ‿༎ຶ ))

なんだよこれ。

 

 

、、、と思ったら、最近デザインが変わっとる!!

 

 

湯気がない!!

 

、、、どうやら、あの湯気のヤバさに気づいたようですね。

 

ふぅ、よかった。

 

僕も新しいデザインのがいいなー、、、、、。

 

まとめ

ということで、デザインも変わり一安心なWARM AUDIO WA76。

他にもLA2Aにそっくりなクローンをリリースしていたりと、このままコストパフォーマンスが良い製品を届け続けて欲しいと思います。

Pultecのコピーが気になって仕方がありません、、、。どんな音何だろう。

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / EQP-WA サウンドハウス


動画も見ちゃうと欲求がヤバい事に、、、。

 

うーん、よさげです、、、。

最近出たNeve1073のコピーについての記事はこちら。

 

Neveクローンの最終兵器!?WARM AUDIO WA-73EQがリリース!!

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2019年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ