サウンドハウス今日のセール商品はこちら

世界のオーディオトランスメーカーまとめ【音響TRANSFORMER】

アナログアウトボードの音色を左右すると言われる部品「トランス」

実に様々なメーカーが存在します。

マニアックなトピックですが、世界のメーカーをまとめてみました。

買える場所や、どんな機材に使われているのかも一緒に書きました。

【NEVE】シルキーにオーガニックにクリーミィ?アウトボードの音色を表す言葉たち【マイクプリアンプ】

トランスとはなんぞや?

まずざっとトランスの役目についてを。

トランスは音響機材のインプットやアウトプット部分に挟まっていて

  • アンバランス↔︎バランス接続変換
  • インピーダンス変換
  • ゲインを稼ぐ、又は下げる

のを基本的な働きとしている部品です。

そして副次的に

音色が変化する

効果があります。

この音色変化が音楽的で、現代でも実に美味しいとされている部分。

むしろこの効果がメインと言っても過言ではありません。

-Neveコピーでよく使われるCarnhill製トランス-

アウトボードの「アナログらしさ」を担う部分でもあります。

ルパートニーブさんもトランスによる音響変化を積極的に利用しています。

世界のトランスメーカーを並べてみる

それではマニアックに行ってみましょう!

古今東西、REC機材に使われてきたトランスメーカーたち。

Marinair(マリンエア)

ご存知Old Neveの伝説的トランスといえばマリンエア。

1x Marinair LO 1166/A Vintage Output Transformer for Neve 1073 1084 etc 

LO1166はアウトプットトランスの決定版。

1x Marinair T1444 / 10468 Vintage Mic Transformer BLACK

Li10468はマイクインプットトランス。

Neve 1073 Preamp + EQ with rare Vintage Marinair Transformers (icluding Octal) | eBay

世界一有名なマイクプリ、Neve1073に搭載されています。

Belclere c 1970s microphone input transformer mic pre 1/4, 1/2 original vintage neve

Neveのトランスは時の流れとともに、St.ives(セントアイブズ)やBelclere(ベルクリア)と言った代替機種に変わって行きます。

NEVE(ニーブ)系マイクプリアンプ選び完全ガイド【知って得する!】

CARNHILL(カーンヒル)

マリンエアを現代に蘇らせてくれたのがCARNHILL。

元々マリンエアを作っていたのもCARNHILL社でした。

Neve人気でNeveのコピー/インスパイア製品が多く出回ったのも再生産の理由かも?知れません。

カーンヒルのおかげで、僕らはお手頃価格でNeve系の質感をゲットすることができています(;´༎ຶД༎ຶ`)

 WARM AUDIO  WA-73EQ  サウンドハウス

WARM AUDIO WA-73EQ サウンドハウス

僕も持ってるNeveコピーのWA-73EQにもカーンヒルが入ってます。

WARM AUDIO WA-73EQの実機使用レビュー!音源あり【NEVE 1073タイプ】

CARNHILLトランスは海外から直輸入できます。

別記事にて購入方法など書いております。

Carnhillトランスの導入方法②

自分で買うと意外と安いです(´⊙౪⊙)۶

トランスボックスは割と自作しやすいので、DIYにもおすすめ。

JENSEN(ジェンセン)

アメリカのトランスメーカーJENSEN(ジェンセン)。

ヴィンテージのAPIモジュールに入っていたり、DIに入っていたりします。

 RADIAL ( ラジアル ) / JDI  サウンドハウス

RADIAL ( ラジアル ) / JDI  サウンドハウス

明るくパキッとした音色が特徴的。

トランスだけを買う場合、日本に代理店があったのですが現在はページにアクセスできず、、。

オークションを漁るか本家ページに問い合わせるしかなさそうです。

僕はどうたどり着いたか忘れましたが、アメリカの通販サイトで買ったことがあります。

API 512Cの使用レビュー!カラッと晴れた音色の定番マイクプリアンプ

Lundhal(ルンダール)

スウェーデンのメーカーLundahl。

ヨーロピアンな柔らかでクリアなサウンドと言われてます。

Lundahl LL1538 Mikrofon Input 

LundahlはFocusriteのISAシリーズや、デンマークのNTP製モジュールに入っていたりします。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One  サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / ISA One サウンドハウス

トランスだけを国内で買う場合、アトムトランスさんで買えます。

こちらでDI用の巻線比のやつを注文したことがありますが、とても親切でした(*´ω`)o。

ルンダールのトランスも世界中でとても人気があります。

Cinemag(シネマグ)

アメリカ製でJENSENと知名度を二分するメーカーCinemag(シネマグ)

近年だとJENSENよりも幅をきかせているイメージです(笑)

オフィシャルHPより引用-

有名アウトボードメーカーがこぞって使っています。

個人での注文もできそう、、、、ですが、値段はHPに出していないよう。

問い合わせてくれとのこと。

一個とかだと難しいのかも知れません。

 WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-2A  サウンドハウス

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) / WA-2A サウンドハウス

僕がレビューした製品だとWARM AUDIO WA-2AがCinemag製のトランスです。

1176コピーもCinemagでしたね。

タムラ

日本のメーカータムラ。

2x TAMURA A – 4734 10K output Sakuma special transformers A4734 A-4734

YAMAHAのミキサーなど国産の音響機材にも多く使われていますが、

オーディオ用途でも人気があります(((༼•̫͡•༽)))

僕のガラクタ箱の中にもタムラのトランスが入ってました。

Japan Neveの異名を持つYAMAHA PM1000というミキサーモジュールについていたやつです。

海外でも人気の隠れアイテムです。

現行品のタムラ製トランスは国内で購入することができます。

真空管アンプの自作用に使われるのが多いのでしょうか( ・ὢ・ )

SOWTER

イギリスのメーカーSOWTER。

様々な伝説的録音機材の再現トランスを販売しています。

Sowter 8230F Recording Quality Microphone Preamp Input Transformer 1:5 Mu core

普通のトランスも売っていますが、

LA-2AやPULTECの特性を再現したトランスを売っている点が面白いです。

Telefunken V72のトランスも売っていたりと(笑)、好きな人にはたまらないと思います。

CARNHILLと並んで現在イギリスを代表するメーカーではないでしょうか。

HAUFE/PIKATRON

ドイツのヴィンテージ音響機材に使われているのがHAUFE(ハウフェ)やPIKATRON(ピカトロン)。

Haufe Audio / NF Übertrager RK 484/4, 1:1,74 für Lawo & Co., Preamp-Out

ドイツ機材が好きな方には馴染み深いと思います。

僕も大好きです(´◔౪◔)◞

ドイツ製のトランスは他にも色んなメーカーがあります。

SiemensやTelefunkrnやRFZ製のものも。

どれも現行では手に入らないので、ebayなどのオークションで発掘する必要があります。

古くても品質がトップクラスなものはまだまだ発見できると思います。

TRIAD/Western Electric/UTC

その他オークションでよく取引されているアメリカ製トランスをまとめて、、、

TRIAD(トライアド)、Western Electric(ウェスタンエレクトリック)、UTC(ユーティーシー)。

2 X TRIAD HS-75 OUTPUT TRANSFORMER

TRIAD、Western Electricはオーディオ用途に人気なイメージ。

Western Electric Trans GA-50766 RCA/XLR input/output great for CD and Pre

Western Electricは線材や真空管でも人気ですよね。どんな音なのか聞いたことないけど、、、。

2 NOS UTC A-23 Interstage Transformers Pri: 500 Ohms; Sec: 16 Ohms

UTCはよくヴィンテージ機材のグレードアップ用で使われているのをみますね( ・ὢ・ )

AMPEXの古い真空管アンプやFIARCHILDのアウトプットがこれになっていたことことも。

これらのトランスも中古市場でないと現在手に入りません。

ヴィンテージトランスです。

そろそろ飽きてきました

他にもメーカーがあったような気がしますが、飽きてきました、、、。

思い出したらまた追加させていただきます☜(◉ɷ◉ )

まとめ

マニアックすぎてどこに需要があるのかわからない記事になりましたが、、、

トランス、深追いしていくと面白い世界です。

国内にも人気のREC用トランスボックスがありますが、

確かにトランスを通すと音が良くなること、ありますよね〜(´◔౪◔)◞

手軽にアナログ感を演出するのに役立ちますので、

もう一味欲しい!という時に使ってみるのはいかがでしょう??

最後までお読みいただきありがとうございました〜!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ