MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

【録音機材】回路図の簡単な読み方【Neve1073】

録音機材をDIYで動かす。

壊れてしまった機材をDIYで直す。

そんな時に必要になるのが回路図を読む力

僕もよくDIYをするので、回路図の重要性は身にしみてわかります。

ここだけ押さえておけば大体なんとかなる

というポイントを今回記事にさせていただきます。

DIYのお役に立てば。

*過去記事を加筆修正しました

目次

左から右に読む

例外もありますが、基本的に回路図は左から右に読みます

例としてみんな大好きNeve 1073の回路図をピックアップ。

-画像をクリックで拡大↑-

いきなりこれだけ見ると意味不明かと思います、、、。

しかし基本は左から右に

-画像をクリックで拡大↑-

インプットとアウトプットと電源の給電ポイントを探す

まずモージュル状態の機材を動かす場合。

Neve 1073 Preamp + EQ with rare Vintage Marinair Transformers (icluding Octal) | eBay

-ラッキングされた1073モジュール-

インプット(MIC INやLINE IN)とアウトプット(出力)と電源をつなぐポイントを探します。

電源はBやB+やB-や0Vと書かれている、もしくはモジュールの電圧規格が数字で(+24vなど)描いてあることが多いです。

電源の+ →B B+ +24Vなど。

電源のー →B- 0Vなど。

こんな風に表記されています。

この回路図を見る限り、Neve1073の電源はピンUに+24V、ピンEに0Vをつなぐのが正解となるようですね。

Neve 1073のピンアウト

一応Neve1073のコネクターピンアウトについても記しておきます。

ソースはAURORA AUDIOの創始者でNeveの開発エンジニアだったgeoff tannerさんなので、間違いないかと。

A = Mic IN+(HOT)
B = Mic IN-(COLD)
E = 0v
F = Line IN+(HOT)
H= Line IN-(COLD)
K= Fader send
L = Fader return (use E for Fader ground)
P = Unbalanced O/P
R = O/P+(アウトプットHOT)
T = O/P -(アウトプットCOLD)
U = +24v
V = GROUND

ソースはこちら。

-画像をクリックで拡大↑-

ピンアウトと上記回路図を見比べると、より理解がしやすいかと思います!

 AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTQ2 サウンドハウス

AURORA AUDIO ( オーロラオーディオ ) / GTQ2 サウンドハウス

ところで、モジュールとは何か?

ちなみにモジュールとはこういう状態の物。

あわせて読みたい
ヴィンテージアウトボードが故障から復活!プロに修理をお願いして思ったこと 手持ちのヴィンテージアウトボードが故障したのですが、プロの方のリペアーで復活しました(;´༎ຶД༎ຶ`)よかった -この機材は故障機とは関係ありません- ヴィンテージ機材...
自己責任ですが、ご興味ある方はご参考までに!
+-電源のキットを買うなら海外から買うとかなり割安です。
国内ならRSが部品をざっと集めやすいですね。

まとめ

音響機材のDIYもハマるととんでもなく面白いです。
Reverb.comebayでは国内市場でなかなか目にしないようなお宝アンプがまだまだ流通しているので、機会があれば試してみてはいかがでしょうか?
お読みいただきありがとうございました!

注目の編曲サービス!

Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

  • 本気でオリジナル曲デビューしたい
  • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
  • プロと自分の差を知りたい
  • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

例えばこんな方におすすめです。破格!

返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

お得に機材をゲットしよう!

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる