今日のサウンドハウスSALE情報!

【評判】音響機材DIYにRSオンラインを利用しまくってる僕の感想【ラッキング&コンポーネンツ】

音楽機材のDIYラッキングや、自作電源を作る時度々お世話になっているのがRSコンポーネンツが運営するWEBショップRSオンライン

トロイダルトランスはここで数え切れないほど買いました、、、☚(꒪ټ꒪☚)

-右端の丸いやつがRSのトロイダルトランス-

最近発見した超お手頃な19インチのラックマウントケースも先日RSから購入しました。

音楽機材のDIYに役立つこと必至なRSオンラインについての記事です(´◔౪◔)◞

トロイダルトランスが安い

電源を自作するときに必要な重要部品に、電源トランスがあります。

電源トランスは大まかに種類を分けると

  1. 四角い普通のトランス
  2. トロイダルトランス
  3. Rコアトランス

となり番号順にグレードが上がっていき、Rコアが性能的に最上と評されています。

同じ容量なら、値段も1〜3の順に上がっていくのが一般的。

Rコアに関してはなかなか欲しい規格ぴったりの品にお目にかかることがないので、僕はフェニックスさんに特注することが多いです。

ということで、なんだかんだ入手方法や価格、品質を鑑みると結局一番バランスが良くなってくるのがトロイダルトランスとなるんですよね。

電圧や容量も種類が豊富なので、ちょっとこだわって電源を組むDIYerが一番使うトランスではないでしょうか(((༼•̫͡•༽)))

ちなみに市販の音響機材にトロイダルが使われていたらそれだけでプロユース

コストをかけられているしっかりとしたアイテムと判断できます(僕の一つの価値判断基準)

コンシューマー向けな価格帯の機材はコストの関係で、電源トランスを省き電源アダプター(スイッチング電源)で済ませているものが多いです。

そんな贅沢な部品、トロイダルをお手頃な価格でゲットできるのがRSオンラインなんです!

電圧は115V仕様しかありません

ただ、ちょっと困ったのがAC100V仕様のものが売ってないという、、、。

元々イギリスに本社を構えていたらしく、RSは思いっきり外国の会社です。

サイトは日本語バッチリですが、トランスの電圧は115V(アメリカ電圧仕様)か230vイギリス電圧仕様)のものばかり。

でも大丈夫

115V用のやつでも100vでもしっかり使えるのを確認済み

任意の電圧にちゃんと落とせます。

もしそれが気持ち悪いようでしら、昇圧トランス(100v→115~120v)をかますとかで解決!

国内だと最安に近いのでは

トロイダルトランスに関しては国内で最安なのではと個人的に思っているので、いつも利用してます。

直リンクできないので、こちらのトップページから「トロイダルトランス」の検索で価格はご確認くださいლ(´ڡ`ლ)

RSオンラインは個人でも利用可能

法人じゃないと利用できない雰囲気がありますが、個人でも全く問題なく部品購入できます

アカウント登録時に「個人」を選べばOK。

ラックマウント用の空ケースもありえないほど安い

19インチのラックマウント用ケースはタカチが有名ですが、価格はなかなかなお値段。

しかしRSなら3000〜4000円で買えます、、。

ちょっと写真だとわかりづらいですが、RS製の2Uのラックマウントケースです↑

SSL9000用の電源ケースにする目的で購入しました。

確か3000円台だった気が、、、。

しかも作り自体しっかりしてます!

別売りの本体上蓋がベコベコしてちょっと頼りなかったですけど、それ以外は普通のラックマウントケースです。

前面がブラックのやつとかもあってカッコいいですよ。

自分用に使うのならば十分なクオリティだと思います(´◔౪◔)◞

コンデンサーや抵抗も

コンデンサーや抵抗も売っていますし、むしろほぼ全ての電子パーツを一通りゲットすることもできるので、ここで必要なものをまとめ買いすることもできます。

ただ、僕はトロイダルとラックマウントケース以外の部品は別のお店で買うことが多いですね。

オーディオ系パーツというより、汎用パーツが多くを占めているので。

こだわったパーツが欲しい時はギャレットオーディオさんとか定番ですね。

ギター系の自作パーツはこちらが最高です!

一見の価値あり!

音響機材のDIYをするならば、RSオンラインは一度覗いておいて損はありません!

わけのわからないパーツもたくさん見れて面白いです╰(◉ᾥ◉)╯

【c】RSコンポーネンツ

まとめ

機材のDIYに役立つお店RSについての記事でした!

ご参考になりましたら幸いです!

お読みいただきありがとうございましたლ(´ڡ`ლ)

RSコンポーネンツ