サウンドハウスでBLACK FRIDAY セール開始!

Neveトランスの変遷について(マリンエア/st.Ives/ベルクレア/CARNHILL)

Neve大好きマンです(´◔౪◔)◞ 

Neveのトランスに関連する記事です。

トランスは機材のカラーを決める大事な部品

現在Neveのクローンプリアンプがたくさんラインナップされていて、どれも非常に完成度が高いと評価されていますね。

  • Chameleon Labs
  • WARM AUDIO
  • Vintech audio
  • Golden age project

等は、ここ数年とても人気のあるメーカーです。

Chameleon Labs 7602は友人に音を聴かせてもらったりしたことがあるのですが、

とても使い勝手がよく(EQも効きが良かったです)好印象でした。

 WARM AUDIO  WA-73EQ  サウンドハウス

WARM AUDIO WA-73EQ サウンドハウス

僕はWARM AUDIO WA-73EQを現在使ってます。

こちらもすごく使い勝手が良く、音もいいです!

WARM AUDIO WA-73EQの実機使用レビュー!音源あり【NEVE 1073タイプ】

そしてどのNeveクローンでも良く話題にあがるのがトランス部分

トランスとは

transformer(トランスフォーマー)の略です。

音響機材のインプットとアウトプットに入っている部品。

その名の通り、音声信号のインピーダンスを最適な状態に変換します。

バランス⇆アンバランス変換の役目も。

この部品の善し悪し、使われている材質によって機材のカラーも変化します。

Neveには色々な伝説がありますが、中でもトランス部分は非常に重要視されるトピック。

時代とともにメーカーや名称が変わっていくのですが、種類によって音が違うので、

アンプカード以上にNeve好きの間では話題の中心です。

バランスケーブルとアンバランスケーブルの仕組みと使い方の違いについて【解説】

Neveトランスの変遷

Neveのトランスは古い順から3タイプに移り変わってきました。

1 Marinair→2St.ives→3Belclere

中でもMarinair(マリンエア)とSt.ives(セントアイヴズ)が、特に人気です。

値段も高いです。

もっとも有名なNeve1073のインプットアウトプット共にMairnair。

1x Marinair LO 1166/A Vintage Output Transformer for Neve 1073 1084 etc 

特にアウトプットのLo1166は非常に高い価格で取引されていまね。

昔、とある業者さんから単体で購入したことがあるんですが、8万円ほど支払いました、、(汗)

ちょっと高すぎた(;´༎ຶД༎ຶ`)かもー

現在手に入れるなら、5万円目安で落とすのが良いかなと思います。

Belclereはヴィンテージだけどオールドニーブではない?

Belclere(ベルクレア)は、ルパートNeveさんが会社を去った後の後期コンソールによく搭載されています。

いわゆるオールドニーブ(1073など)とは音の作り方も変わってます。

Belclereの方が音色が明るい印象。

でも、音は素晴らしいです。

ヴィンテージに変わりありませんが、1073等とは分けて考えた方がいいと思います。

VRコンソールやV3にたんまり載っています。

この頃にはモジュールのアウトプットが電子バランスになっているので出力にトランスは入ってません。

インプットのみ。

だと思いますが、実はアウトプットもあったりするのでしょうか、、、、。

僕は見たことありません。

NEVE(ニーブ)系マイクプリアンプ選び完全ガイド【知って得する!】

もうNeveのトランスは中古でしか買えない?

現在残念ながら上記の3種類のトランスは生産中止です。

NEVE MARINAIR 10368 MIXING BUSS OR SUMMING AMP INPUT TRANSFORMER 1272 | eBay

中古市場でしか手に入れることができません。

国内オークションでも入手可能ですが、かなり割高なので、、、

必要な時はebayやreverb.comで探すようにしています。

新品のNeveトランスが買える?

ヴィンテージトランスは中古市場でしか手に入りません。

しかし、Neveのトランス生産を請け負っていた大本の会社がまだ現存しています

Carnhill(カーンヒル)というメーカーです。

ありがたいことに、Neveトランスの復刻版をリリースしてくれています。

現代でも手に入れることができちゃうんですね(;´༎ຶД༎ຶ`)やったー!

CarnhillトランスがNeveクローンで大活躍

そして現在Neveクローンとして作られている製品には、Carnhillトランスを積まれている物も多いです。

とはいえ、Carnhillトランスじゃないマイクプリもありますので、

自分でトランスだけ入れ替えるMODがDIY好きの間で広く行われています。

その方法は次の記事でご紹介させていただきます!

Carnhill(カーンヒル)トランスの買い方と型番の選び方について NEVE

まとめ

Neveトランスの変遷や現状についてのざっとしたまとめでした!

オールドニーブトランスも最高ですが、現行の復刻品も張りのあるいい音です( ・ὢ・ )

現代でも安心してNeveカラーを堪能できるのが本当にありがたい。

最後までお読みいただきありがとうございました!

世界のオーディオトランスメーカーまとめ【音響TRANSFORMER】
機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ