サウンドハウスで秋の大幅値下げセール中!

DTMにオススメの吸音材は、結局これだった!目的を知って選びたい

DTMのための吸音材を数種類試してきたので改めてまとめました(`・ω・´)

使いたいシーンや目的によって最適な吸音材も変わります。

吸音材選びの参考にしていただけたら幸いです!

*過去記事を加筆修正しました

吸音箇所を詰める目的について

まず一番大事なのは、どんな目的で吸音材を導入したいのか?ということですよね。

  • 吸音と防音の違い

などは省かせていただきます。

この記事をお読みいただいている方には説明不必要かと思いますし、

検索すればわかりやすい記事がヒットします(`・ω・´)

ということで参考までに、

僕の場合はどんな目的で吸音材を導入してきたのか?

というのを例にしながら書かせていただきます(´◔౪◔)◞

モニター環境を改善するための吸音

まず一番初めに吸音材の必要性を感じるようになったのは、

「モニター環境をどうにか良くしたい!」

と思った時でした。

ほとんどの方のDTM環境は、普通の何の変哲も無い部屋の中だと思います。

僕もそうです。

部屋の構造は和室洋室様々ですが、僕は和室なので床が畳です。

フローリングに比べれば反響は少ないです。

ただそれでもかなりライブな状態、、、。

モニタースピーカーの音が濁って聴こえ、ヘッドフォンとの乖離がひどかったです。

まずはここで吸音材が必要なのかな?と思うようになりました。

録音の音をよくするための吸音

その後初めてコンデンサーマイク(RODE NT2A)を導入した時のこと。

部屋鳴りが起こす奇妙ダブリングを体験することに!

ダイナミックマイクでは起こらなかったのに(;´༎ຶД༎ຶ`) !

ご存知、コンデンサーマイクは感度が高いので、

部屋の空気、変な反響をモロに収録してくれちゃいます

せっかくマイクを買ったのに、まさかのがっかり(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

あるあるですね。

録音でも吸音の必要性を実感したのでした。

吸音の目的は2つ

つまり吸音の目的は、

  1. モニター環境の向上
  2. マイク録音の音質向上

です!

両方とも非常に重要!

こんな吸音材を試してきた

ということで、ここから実際に僕が試してきた吸音の話を。

失敗したなあ、というのもたくさんあるので、

ぜひ失敗しないように反面教師にしてください(´⊙౪⊙)۶

そして最終的に満足できた吸音方法も最後に書いてます。

防音カーペットを買ってみた

とりあえず6畳の床全面分のカーペットを購入しました。

どうせなら防音もできたらなあ、と防音カーペットを選択。

残念ながら、防音効果はほぼ無かったです。

多少足音が軽減される?くらい。

階下の人には、僕が音楽を楽しんでいるのモロバレでした。

とはいえ、防音カーペットは吸音には多少効果がありました!

畳よりはカーペットの方が反響は減ります

フローリングだったらかなり効果が出るんじゃないでしょうか!

しかし、まだまだ全然吸音は足りませんでした

やっぱり壁や天井にも吸音材を使わないといけないのかー、と。

次のアイテムを探すことに。

防音カーペットの吸音評価
吸音度
(2.0)
費用対効果
(2.0)

防音カーテンを買ってみた

懲りてません(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

また防音しなさそうなアイテムを!

ただ、防音カーペットと同様、吸音効果が少しはあるのかな?

という期待がありました。

防音能力は、、、やっぱり低いです、はい。

無いよりもはましな具合。

そして吸音については、全くダメ

これは失敗でした!

防音カーテンの吸音評価
吸音度
(1.0)
費用対効果
(1.0)

グラスウールのパネルを知り合いからもらった

その後、知り合いからグラスウールのパネルを一枚いただけることに。

レコスタの録音ブースにあったものらしいです。

これは期待できる!とテンションが上がったのですが、、、

これ一枚ではほとんど何も変わらず╰(◉ᾥ◉)╯

そりゃそうです。

6畳といえど反射スポットだらけですからね。

モニタースピーカーの裏に設置をしてみても、大きな変化は得られず、、、。

若干?は変わったような気がするくらい。

これも微妙でした。

グラスウールパネルの吸音評価
吸音度
(1.5)
費用対効果
(2.0)

SONEXの吸音材を買った!

もうダメだ、ちゃんとした定番のものを買おう

と決心。

費用はかかりますが吸音材といえばこれ!

定番アイテムSONEXの吸音材をようやくゲット。

8枚入りの吸音板をサウンドハウスから購入。

モニタースピーカーの後ろに敷き詰めたところ、

むむむ!?

ほーい(´⊙౪⊙)۶!!

これは効いてる!

さらに天井に貼り付けたり、コンデンサーマイクの周りに設置すると、

モニターでも録音でもかなり変化を実感できました(*´ω`)o !!

もちろん良い変化!

グラスウールのパネルとは比較にならないくらいでした。

 SONEX ( ソネックス ) / VLW-53H Eggshell 6枚 61cm x 122cm 吸音材 サウンドハウス

SONEX ( ソネックス ) / VLW-53H Eggshell 6枚 61cm x 122cm 吸音材 サウンドハウス

吸音効果をちゃんと求めるならばSONEXはとってもお勧め!

是非お試しあれ!

SONEXの吸音評価
吸音度
(5.0)
費用対効果
(5.0)

リフレクションフィルターを導入する

SONEXを導入したあたりで、ヤマハの防音室も導入。

爆音でモニターを鳴らすために月額リースを始めました。

防音室内にSONEXを配置しつつ、

さらにマイク録音の質を高めるためリフレクションフィルターを導入。

プロのレコスタでよくみるアレです(´⊙౪⊙)۶

これとか。

これとか。

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Proは、

とても良くできているリフレクションフィルターの定番!

値段と効果のバランスが秀逸です!

KAOTICA EYEBALLは使えるマイクを選びます(個別記事参照のこと)

作りに対して価格が高め。

デザインは未来的でかっこいいです!

SE ELECTRONICS Reflexion Filter Proの吸音評価
吸音度
(3.5)
費用対効果
(5.0)
kaotica eyeballの吸音評価
吸音度
(3.5)
費用対効果
(2.0)

リフレクションフィルターは、部屋鳴りを整えた後に使いたい

リフレクションフィルターは録音専用の吸音材です。

部屋鳴りをある程度コントロールした後に使った方がベター(`・ω・´)!

導入の順番としては、

SONEX(壁貼り吸音材)→リフレクションフィルターが良いです。

リフレクションフィルターはマイクの集音効果を高めるとはいえ、

完璧に部屋鳴りをカットできるわけではありません。

その点、ご注意ください( ・ὢ・ )

最終、NiCSo Twofoldを導入して落ち着く!

紆余曲折を経て、SONEX+リフレクションフルターにたどり着き、

ほぼほぼ満足してました。

しかし!

SONEXにも不満点がありまして、、、。

空間が圧迫される!

当然です。壁に厚さ数センチの板を設置するんですからね。

ただ、これが結構圧迫感があるんですよ(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

防音室の中はそもそも狭く、ちょっとでも広く使いたい。

わがままです。

うーん、何か良いアイテムないかな?

と探していたところ、発見したのがNiCSo Twofold

可搬性、収納性、吸音力、全て良い!!

一見普通のグラスウールパネルっぽいですが、

知人にもらった前述のパネルとは吸音力が雲泥の差(ごめんなさい)

耳をパネルに近づけるとめっちゃデッドになるがわかります。

さらに使わないときは折りたたんで収納できるのも便利!

軽いので持ち運びも余裕です。

女性でも運ぶの余裕だと思います(*´ω`)o

ということで、NiCSo Twofold導入から1年半ほど経ちますが、

こちらでずっと落ち着いています。

モニターするときだけ、SONEXを設置したりしなかったりしてます。

NiCSo Twofold一枚だと、さすがにSONEX×8枚セットの吸音力には負けちゃいますが、

利便性はNiCSo Twofoldの方が上だと思います。

状況によりけりですね。

SONEXの圧迫感が気にならない方は、SONEXが最高だと思います!

NiCSo Twofoldの吸音評価
吸音度
(4.0)
費用対効果
(5.0)

結局吸音材はこれがあればバッチリ!そして、

普通の家の普通の部屋でしたら、SONEXを必要量ゲットするのがおすすめ!

ばっちりです。

SONEX ( ソネックス ) / VLW35 8枚 サウンドハウス

SONEX ( ソネックス ) / VLW35 8枚 サウンドハウス

ここからマイク録音の焦点をさらに絞るならリフレクションフィルターを。

吸音材に圧迫感を感じるようならSONEXを減らし、

NiCSo Twofoldのような可搬式の吸音板を使うと良いと思います!

防音カーテンやカーペットにはあまり期待しない方が、、、

良いと思います。

まとめ

吸音は地味ですが、DTMでは結構重要なポジションを占めています。

無駄な回り道をするのも一興ですが、、、

なるべく最短距離で環境構築できた方が良いですよね。

少しでもご参考になりましたら幸いです!

最後までお読みいただきありがとうございました。

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ