サウンドハウス今日のセール商品はこちら

NEUMANN TLM102のレビュー。ノイマンだけど、、使い辛いマイクかも

ノイマン TLM102のレビューです。

高価格なNeumannマイクの中でも最も手の出し易い価格設定で、販売開始時にはかなり話題になりました。

-TLM 102-

TLM102の発売前には、見た目がそっくりなTLM103が既にリリースされていました。

DTMer仲間の間でもかなり評判がよく、実際に僕も何度かお借りして使わせてもらっていました。

 

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

103すごく良い音!とても好き。

と言うこともあり、TLM102が発売されたとき気がつけばポチってました

103と見た目ほんとにそっくりですし、、、。音も近いのかなと。

こっちがTLM102↓

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM102 NICKEL サウンドハウス

TLM102は距離間の設定(マイキング)が決まり辛い、、、!

サウンドハウスで注文後すぐに到着。早い!

-ホルダーが精巧!-

梱包を開くと、TLM系でよく使われているマイクホルダーと本体が登場。

このホルダーが、簡素ながらとても精密に作られています。

こういうところが流石ドイツ製。

他の音響機器の作りを見ても感じますが、ドイツ製品の精巧さは素晴らしい。

そしてワクワクしながらマイクスタンドにセットし、声の収録テストで、まずどんな音なのかを探ってみたのでした。

しかし、

なんか、難しいぞ、、、、

なんだろう、うまくいい感じにまとめられないのは、なんだ、なんだ?

、、、と、アレコレと機材の組み合わせも変えながら録音テストを繰り返す事に。

特に中低域辺りの音の拾い具合が、いつも通りやっていてもなんかでこぼこしてしまう、、、

TLM103の時はいつも一発で決まるのに。

TLM102は音源からの距離のセッティングがとても難しく感じました。

結局声のテストでは満足のいく結果が出ず(( ༎ຶ‿༎ຶ ))

これは僕の腕の問題もあるとも思います。

ネガティブなことを書きたいわけではありませんが、残念ながらTLM103とは全くの別物と判断することに。

音はノイマンっぽさがあります

その後メインパートで使うことは残念ながらありませんでした。

パーカッションや、エレキギターやアコギのアンビエンスにハマる場合、時々使う程度。

僕が持っていても勿体ないので今は手放しています、、、。

しかし、音はNeumannっぽさがあるので、じっくり向き合っていけばおいしいところが解ってくるのかもしれません。

僕にはそこまで耐えられませんでした。

まとめ

ということで、僕は結局TLM103を買ってしまいそうです。

後少し頑張って数万円上乗せして、上のランクのラインを検討した方が最終的にハッピーになれるのではと思っております。

とはいえ使い方次第では、十分なクオリティーを確保できるのかも?

ただ、他のノイマンマイクの方が圧倒的にセッティングしやすいです。

TLM102も安いマイクじゃないんですけどね、、、。初心者用ではないんじゃないかな、、

オーテクとかの方が正直使いやすいと思います。

 audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT4040 サウンドハウス

audio technica ( オーディオテクニカ ) / AT4040 サウンドハウス

ノイマンだったら103からのがおすすめですね!

 NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

NEUMANN ( ノイマン ) / TLM103 サウンドハウス

最後までお読みいただきありがとうございました!

機材をお得にゲットしよう

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。1000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る» 3年保証は本当?

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

» 公式サイトを見る » 最新セールを見る » 利用方法の記事へ

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。みんな大好きNeveもずらり。英語がわからなくてもなんとかなります。

» 公式サイトを見る »Neveを眺めてみる » 利用方法の記事へ