本日の機材セール情報!

Focusrite Scarlett solo G2レビュー。値段を優に超えた赤い魔法!

こんにちは、はじまりです(◍ ´꒳` ◍)b

 

先日、どうしても試したい機材があり購入しました。

Focusriteのオーディオインターフェース、Scarlett solo G2です!

このAIF、世界規模だとかなりのシェアを占めているらしく、一体何がそんなにいいんだろう?という単純な好奇心と、開発元のFocusriteといえば、アナログ機材でも伝説的な名機を数多く残してきており、僕とってずっと憧れだったメーカーでもあったので、オーディオ視聴用の別機にでも使えたらいいなあ、という期待もあり導入したのでした。

価格も手を出しやすかった。

 

Scarlettの名前のごとく、真っ赤な筐体は、今では伝説となっているマイクプリ、REDを彷彿とさせるナイスなデザイン。

 

音に関してもきっと妥協がないんじゃなかろうかと、とても期待しながら、しかし同時に、AIFとしてはとてもじゃありませんが胡散臭いほど安すぎる価格(Focusriteなのに!)に不安も感じながら、変なテンションで商品の到着を待っておりました。

 

そしてついに音が聴けたので、そのレビューを僕の愛機であるUniversal AudioのApolloとも比較しながらレビューしたいと思います。

はっきり言って、比較にならないと思っていましたが、、、、いやはや驚きました。

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett Solo G2 サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett Solo G2 サウンドハウス

 

 

ヘッドフォンアンプめっちゃ良くないですかこれ、、、?

びっくりです(((;꒪ꈊ꒪;)))!!

 

 

Scarlett solo G2を僕は サウンドハウスで購入したのですが、価格は¥8,618 (税込)。

オーディオインターフェースとしてはかなり安い、というかこれ以下になるとベリンガーとかしかなくなってくるのでは?というくらいな価格帯なのに、、、

 

なんでこんな音すんの、、、、?!!

 

すごくハイファイに、しっかり鳴っている!!

僕の耳がおかしくなったのかと思いました、、、。

 

すごく良いんじゃないですか、再生音!この値段でこんな音が聴けるなんて、最近のテクノロジーがやばいのか、Focusriteの技術がやばいのか、良くわからないのですが、とんでもない時代だなと驚愕しました( ꒪﹃ ꒪)

大げさでしょうか?とも思うんですが、僕はまだまだ何も知らないのだなーと、、、少し恥ずかしくなりました。

 

ちなみにいつも使っているAIF(面倒なんで略してますがオーディオインターフェースです)は、新品で買うとScarlettの30倍くらいするんです、、、。チャンネル数はずっと多いですけどね。ボーナスをつぎ込んで、清水の舞台から飛び降りる覚悟で買った僕の愛機。

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO 8 QUAD

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO 8 QUAD サウンドハウス

 

そのヘッドフォンアンプと比べても、カラーの違いだけで、十分実用に耐えうる音なんじゃないこれ?、、、、となったものですから、びっくりしちゃって、若干混乱しています、、、。

 

録音でもやってくれます

結論としては、、、、

 

もう、これで十分じゃね、、、、(∩❛ڡ❛∩)?

 

というほど、音質的にも優れております、、、、、。

 

なんだってんだ、このコスパの高さは!!

 

もちろん、ただ普通にこのインターフェースを使っているだけはなく、僕は作業部屋に200vの専用電源を引いてダウントランスで電源を綺麗にしてみたり、諸々の録音ケーブルにも多少はこだわったりしていたりはします、、、。

特に200v電源は、音をいい方向に引っ張り上げてくれるので、これだけでどんな機材でもパフォーマンス自体がかなり向上する、ということは付け加えさせていただきますが、、、

 

200V電源を部屋に引いた話

 

それにしても、Scarlett単体だけでも、十分素晴らしい音で録音ができてしまうという事実に、僕はすっかり自分の基準を見失ってしまったような感覚にさえなっています。

 

値段ってなんなんだ?

 

プロ機ってなんなんだ、、、?

 

最近の、技術進化しすぎじゃない、、、?

 

、、、と、これまで僕がこだわってきたと思っていた録音機材への常識に、若干ですが(そう思いたい)ヒビが入ってしまっている状態です、、、ヾ(´゚Д゚`;)ゝ

 

それくらい、はっきり言って、 FOCUSRITE Scarlett Solo G2、及び FOCUSRITE Scarlettシリーズは、値段をドカンと超えたパフォーマンスを与えてくれますよ。

 

なーんて、大げさな!

 

と、思われる方もいらっしゃるでしょうが、ぜひ試して欲しいものであります。

 

これを買った僕の本当の目的は、、、

導入した理由は、憧れのFocusriteが作ったAIFの質を体験したかったというのも勿論ありますが、実は別でももっと大きな期待がありました。

それは付属のプラグインです!

この二つが欲しかったのです(((༼•̫͡•༽)))

Focusrite REDシリーズのコンプとEQ!

この実機が、とにかく憧れで、憧れで、、、。

マイクプリもですけど、すごく欲しかったけど高嶺の花だった機材たち。

それがプラグインになっていて、しかもAIFを買えば無償でインストールできるときたので、この二つを手に入れるためだけでも僕にとってはScarlett導入の価値はありました。

ただの勘でしかなかったですが、このプラグイン絶対いい音する気しかしていなかったです。

 

そしてインストールしてトラックに挿してみたら、、、、

 

イヤっほーーーーーー(・∀・)!!

 

めっちゃええーーー☚(꒪ټ꒪☚)

 

特にコンプは、第一線で使えるクオリティーですね。買ってよかった〜

 

UADのプラグインに混じっても全然良さそうです!

 

こんなに素晴らしいのに、なぜか無料の付属品になっていて、叩き売りっぽくなってますが普通に買ったら£229.99(ポンド)します。

 

3万円以上、、、。

とはいえわざわざ買う人、なかなかいないでしょうけど。

 

うーん、組み合わせ方がオカシイデス(`・∀・´)っ!

 

その他にも本体購入金額以上のプラグインがたくさんついてる、、、オカシイ

他にもsoftubeのプラグイン数種類やAddictive drumで有名やXLN Audioのピアノ音源、Addictive Keysなど、個別に買ったら余裕でScarlett solo G2の本体価格を超える付属物がこれでもかと盛り込まれています。

 

オカシイ!!

XLN AUDIO ( エックスエルエヌオーディオ ) / Addictive Keys サウンドハウス

XLN AUDIO ( エックスエルエヌオーディオ ) / Addictive Keys サウンドハウス

 

このピアノ音源、普通に後々まで使えるクオリティーですし、DEMOで使っちゃうと買ってしまいたくなるくらいいいですよฅ(ミ・ﻌ・ミ)ฅ

 

 

DAWソフトも2つ、ついていますが、、、、

DAWソフトもProtoolsAbleton Liveの簡易版が無料でついてきます。

ですので一応、DTMがすぐに始められる!という謳い文句ですが、この二つを初めてのDAWソフトとして使い始めるのはおすすめしません!

理由は機能制限が多すぎるのと、はじめて使うなら他のDAWソフトにもっとおすすめなのがあるからです(個人的見解100%ですが)

こちらにそれは書いています↓

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう

 

ですので、DAWソフト含めてオーディオインターフェースを購入したい方は、STEINBERG社のUR22mkIIの方が合っているかもしれないですね。

Cubaseの簡易版がついてきます。CubaseはおすすめのDAW!

 

 

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII サウンドハウス

STEINBERG ( スタインバーグ ) / UR22mkII サウンドハウス

 

こちらの音質については、、、また後日こちらも記事にします。

Scarlettとの比較も真剣にやってみたら面白そう(・∀・)!

 

※比較記事完成しました↓

 

STEINBERG UR22mkII レビュー Focusrite Scarlettと比較!

 

USBケーブルを変えてみると、気になるハイがマイルドに

さらに一歩進んで、個人的にハマっている使用法を。

こちらも以前記事にしたのですが、付属のUSBを、別の物に変えることによって音が変わります。

 

USBケーブルで音が変わるのは本当?unibrainで試してみた

 

信じられないかもしれませんが、、、、本当に変わるんですよ(体験談、、、信じるか信じないかは、、、、)

 

このオーディオインターフェースの癖として、若干ハイがきついかな、と思っていたのですが、unibrainというメーカーのUSBに変えることでちょうどいい具合にハイが収まり、ミッドが力強く響くようになりました。

これは録音でも同じ効果を与えてくれます!

 

 

音質は好みですから、元のままの少しハイ上がりで解像度が高い感じが気に入れば全然問題ない範疇に収まっているので、それもありかと思いますが、もし気になる場合はUSBケーブルをこちらに変えてみるのもおすすめです。

 

僕は、この組み合わせで音楽を聴き始めてから、リスニング用途ではもっぱらScarlletを使うようになってしまっています。

apollo 8という大枚はたいて購入したインターフェースもあるのですが、、、なんかScarlletで聴いてしまうんですよね。

 

それは多分、普通に音質が好みなのもありますが、電源の供給がバスパワーなので(USBからのみ)、PCに繋ぎっぱなしにしておけばすぐに音が鳴るというお手軽さも手伝っているのだと思います。

 

Apollo8もただ電源をカチッとあげればいいだけなんですけどね、、、、ちょっと待つんですよ、音が出るまで。

そんな”ちょっと”が、意外に使用頻度の差にもなっているのかなと。

これは自分でも驚きです。

 

”直感的に操作できる”というのは、日常やルーティンを形作る上で、殊の外大きな要素なのかもしれません、、、。

 

DTM初心者にとっては不足なし!というか有り余る!!

これからDTMを始めよう!と思っているかたでしたら、この機材、めっちゃおすすめできます。

値段が1万円切っているからと、昔のAIFのようなひどいオモチャみたいな音には決してなりませんので。すごく進化してます(昔のEdirolのはひどかったなぁ、、、遠目)

むしろ上位機種ともタメはれますよ。

とりあえず、付属品の価値が非常に高いので、これだけでも買う価値があるんじゃないの、、、?という嘘みたいなAIFだなと思います。

特にSoloは8000円代ですからね。

プラグイン代だけでも元が取れてしまいます。Addictive keyだけで普段は単体で79.95ドルですから、、、。

最安値は、安定のサウンドハウス

 

Soloがいいのか2i2がいいのか

入力が1chのsoloが良いのか、それとも2chある2i2モデルが良いのか。

これは悩みどころだと思います。

僕も、この機種を買うとき、2ch用の物を選ぼうかとどうか迷っていたのですが、正直ここまで良いものだと思っていなかったので、一番安い1chで感じを見れれば十分だろ、と高をくくってsoloを購入したのですが、、、(一番の目当ては付属のプラグインをGETすることでした)結果はご存知、ここまで書いてきた通り立派な機材でしたので、初めてオーディオインターフェースを買うのなら、ここは2i2にした方が無難かと思います。

 

 FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2  サウンドハウス

FOCUSRITE ( フォーカスライト ) / Scarlett 2i2 G2  サウンドハウス

 

とはいえ、現状soloでも十分demo作りに役立ってくれちゃってますから、ここは是非是非悩んじゃってください☚(꒪ټ꒪☚)!

 

ステレオ録音する時が後々ありそうだったら(例えば、ハードシンセを流し込んだり弾いたり、外部のステレオ音源を流し込んだり)値段もsoloとそこまで変わらないので、2i2一択でしょう。

うん、chが多くて困ることはないですから、、、、。

 

入力チャンネル数以外の大きな差は、ヘッドフォン単体のボリュームがついているか(SOLOはモニターアウトとヘッドフォンのボリュームつまみ一つで両方兼用します)と、アウトプットの端子がRCA(SOLO)かフォーンタイプ(2i2)かの違いです。

 

RCAはアンバランス出力、フォーンは多分バランス出力になっているはず。

 

とはいえ、ライブハウスでケーブルを引回す訳でもないと思いますので、ホームユースではどちらでも問題はありません。

 

モニターアウトとは別にヘッドフォン用のボリュームがついているっていうだけでも、使いやすさは2i2のが良さそうですね(((༼•̫͡•༽)))

 

 

DACとしてもかなり優秀ではないのかと

PCオーディオ用のDAC(daコンバーター)としても結構いいんじゃないかと、、、、僕は強く思いました。

8000円のクオリティーは優に超えています。

ハイが若干きつい気もしますが、解像度や音の躍動感の再現は相当のものだと思いますし、単純に音楽が楽しく聴こえます( ✧Д✧)

ハイレゾにももちろん対応しています(24bit 192kHz)

 

ものすごくこだわりはしなけど、ハイファイな音を手に入れたい(なるべく安く)!という方にはぴったりです。

 

ドライバのインストールが必要です(Windows)

Macはドライバーなしで繋げばすぐに使えるようになってますが、Winはドライバーのインストールが必要なので気をつけてください。

英語のサイトで色々と登録をしないといけない場面もありますから、PCよくわからない!という方は、ちょっと身構えて気長に解読していってください。

 

 

まとめ

という訳で、Scarlettレビューでございました。

 

僕個人としては、すごくおすすめできるオーディオインターフェースとなります。

 

DTMerにとって、良い音で録る、良い音で曲を聴く、という用途では全く不足はないかと!

 

見た目も、値段のわりに全然ちゃちくないですから、使っていくうちに愛着が湧いてきますよ〜ლ(´ڡ`ლ)

付属のプラグインも、UADやwavesに混じりながらRecでバシバシ活躍中です!

 

それでは〜