その他

  (更新日:2018.05.9)

TUBE-TECH PE 1C EQ

デンマーク製のスタジオ鉄板のメーカーTUBE-TECHのEQの記事です。

ジョン・ピーターセンさんによる設計。

インスパイア元は、伝説の真空管EQのPULTEC EQP-1。

 

PULTECのEQP-1を現代風にアレンジしたのが本機の前身「PE-1A」。

そして今も現行で販売されているのがその後継機であるこの「PE 1C」になります。

真空管式出力/パッシブEQ

 

“真空管式のEQ”ということですが、真空管が作用している部分はEQの部分ではなく、最終の音の増幅部分だけです。

 

EQ部分は電力を使わないパッシブ方式になっていて、IC等電力で動かす部品を使ったEQに比べて音響的に歪みが少ない方法と言われており、元になっているPULTECがもう完成形として伝説的名機になっている程に、このパッシブ方式は他に替えが効かないシステムと言えます。

 

TUBE-TECHのPE 1Cは真空管がECC82×1本、ECC83×1本 と、今でも手に入れるのが容易な型なので、自分好みにチューブを交換して音をアレンジする楽しさもありますよ(∩❛ڡ❛∩)

 

そして肝心な音質に関してですが、真空管というと”ウォーム”や”ざらついている”というイメージを持たれる方も多いと思いますが、こちらはとてもクリーンで歪みを一切感じない音質を出してくれます。透明感があり、ツヤっとした感じでしょうか。

 

EQのブーストもカットもとても滑らかに、自然に効いてくる感じです。これも嫌な歪み等一切なく「つるつやクリーン」という感じがぴったりな音です。

 

逆に倍音感や太さなどは、あまり付加される感じではなく、ここが元のモデルとなっているPULTECとはちがう所なのかもしれません。

 

まとめ/感想

 

とにかくこのメイカーの機材はプリアンプからコンプまで、あらゆるレコスタで見ないことがないというほど導入されています(((༼•̫͡•༽)))

それだけ柔軟に色々なジャンル、演奏に耐えられるということなのでしょう!

 

僕はヴォーカル素材のちょっとしたピークカットや、ドラムのキックをDAWからアウトして取り込みしたりしてますが、面倒ですけど結果はいつもGoodです!

またつまみだけを見てぐりぐりと音を変化させていけるので、視覚にたよることなく気持ちよさを探れるのも、

ハードならではの良さかもしれません。

 

またプラグインでも精密なモデリングがなされています!

実機と比べた事がありますがかなりの完成度で、びっくりするぐらい近い質感でした(((;◔ᴗ◔;)))

 

 

■真空管式プログラムイコライザー、3U ■入力インピーダンス 600Ω(2HOTバランス、トランス付) ■出力インピーダンス 60Ω以下(2HOTバランス、トランス付) ■ゲイン調整範囲 0dB ■歪率 0dBm/0.15%以下(THD+n @40Hz) ■+10dBm/0.15%以下(THD+n @40Hz) ■最大出力レベル +26dBu以上(1% THD+n) ■最大入力レベル +21dBu以上(1% THD+n) ■周波数特性 5Hz~40kHz(-3dB) ■使用真空管









ピックアップ記事

  1. RODE NT1-Aのレビュー!NT2-Aとの違いについても
  2. Fuzz Face(ファズフェイス)を自作! ゲルマニウム PNPタイプ編
  3. 自作エフェクターの電源を±18Vに変えて実験してみた!
  4. 【最強】スロートコートの効果と、最速で入手する方法について!【喉ケアドリンク】
  5. 最高峰真空管マイク!Brauner VM1のレビュー

関連記事

  1. その他

    Softube Console 1 mk2 のクオリティーが最高な件

    Softube Console 1がmk2になり、さらに値段が半額の6…

  2. その他

    サウンドハウスの9V電池と水やっすーい

    9v電池。DTMerにはあまり馴染みがない方も多いかもしれませ…

  3. その他

    WARM AUDIO WA 76 のレビュー

    こんにちは”はじまり”です。今回は、UA1176のクローンでハ…

  4. その他

    SONY MDR-CD900ST 定番 モニターヘッドフォン

    定番のレコーディング用モニターヘッドフォンSONY MDR-CD900…

  5. その他

    PRESONUS FaderPort、作業の効率がめっちゃ上がる鬼フィジコン

    こんにちは、はじまりです(((༼•̫͡•༽)))…

Recent posts

  1. サンレコやギターマガジンがKindle Unlimitedで…
  2. 【音圧を自然に上げる方法】音像を大きく録音できるとプロの音に…
  3. ANALOG LAB 3が使える子すぎてトラック制作めっちゃ…
  4. Ozone8 vs FG-X vs Waves L316…
  5. CHANDLER LIMITED Redd.47のヤバいとこ…
  6. 最高峰真空管マイク!Brauner VM1のレビュー
  7. ミックスに使える!おすすめのプラグイン【前編】
  8. おすすめのハイエンド系マイクプリアンプ5選!これがあればもう…
  9. USBケーブルで録音の音質が変わるか実験したみた!【ギター】…
  10. 200v電源と壁コン100v電源で録音にどれだけ差が出るのか…
  1. 腰痛・ケア

    アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話
  2. エフェクター自作

    Fuzz Face(ファズフェイス)を自作! ゲルマニウム PNPタイプ編
  3. オーディオインターフェース

    Focusrite Scarlett solo G2レビュー。値段を優に超えた赤…
  4. マイク

    SENNHEISER E935のイケメンな音質!とE945の美麗さを語るレビュ…
  5. マイクプリアンプ

    Neveクローンの最終兵器!?WARM AUDIO WA-73EQがリリース!!…
PAGE TOP