オーディオインターフェース

  (更新日:2018.05.24)

Universal Audio からArrowがリリース!でも仕様を調べると、、微妙、、?

こんにちは、はじまりです(o´・ω・)

 

Universal Audioが、Apolloシリーズの廉価版に当たる?Arrowという製品をリリースしたようです!

 

apolloについては以前の記事にも書いていますように、とても良いオーディオインターフェースで僕も使用していて大満足な製品なんですが、Arrowは一体どこが新しいポイントなのでしょう?

 

見た目もapollo twin MK2に似ています。

 

気になる、、、ということで、スペックについて調べてみたら、なんか中途半端じゃないですか?これ、と正直思ってしまったので、、、そこいらへんについても書いてみましょう。

ArrowとApollo Twin MK2の違い

調べたところ大きな違いは、Arrowは接続がThunderbolt3のみで電源はPCからのバスパワーのみ、UADプラグインを使うための専用DSPは一基搭載(SOLO)モデルのみ

Apollo Twin mk2普通のThunderboltで、別途アダプターで電源をとる必要があり、DSPは必要に応じて4基搭載まで選べる(SOLO、DUO、QUAD)

 

 UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / ARROW サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / ARROW サウンドハウス

 

 

参考価格はArrowが¥58,000(税抜)、Apollo MK2 Soloが¥76,800(税抜)。

同じDSPスペックで比べると、Arrowの方が2万円近く安いですね。

 

あとは、アウトプットの数が違います。

Apollo MK26アウトで、モニターアウト×2、ラインアウト×2、ヘッドフォンアウト×2になっていますが、Arrowはモニターアウト×2、ヘッドフォンアウト×2のみの4アウトです。

インプットの数はそれぞれ同じで2インプットですね。

 

AD/DAの質は?

オーディオインターフェースの肝とも言えるAD/DAの質については、詳しいスペックへの言及はどこにも見当たらずだったのですが「クラス最高のオーディオコンバーター」という記述はありましたので、少なくともApollo MK2と比較しても同等なものが搭載されているだろうと推測できます。

つまるところ、Apollo 8シリーズのようなフラッグシップモデル級と同じということ。

だとしたら、この点はかなりポイント高いですね( ゚∀゚)!

 

AD/DAって?という方にはこちらをご覧ください!

UAD導入から2年後の今、僕がApollo Twin MK2をオススメする理由

で、これは”買い”なアイテムなのか?

ここからは、あくまで僕の見解ですが、、、、スペックをみていると正直微妙だな、、、と思うところがあるので、あげてみます。

一応、自分がapolloユーザーということも付け加えておきます。

 

接続方法がThunderbolt3のみっていうのがきつい

接続方法はThunderbolt3のみでしか行えません!ここすごく注意しないといけないところではないかと。

USB-CポートがついているPCでもThunderbolt3に対応していないと使えません。

MacもWindowsも一緒。

この規格ってどのくらい今普及しているんですかね、、、。

 

個人的には、この接続方法のみというのが微妙だなと思いました。

日本の代理店でも、この接続方法に関する注意換気があったので、要チェックです。

 

DSPがSoloのみだと、プラグインはほとんど使えません

これは、すこぶるきついです(;´༎ຶٹ༎ຶ`)

UAのオーディオインターフェースを使う一番の目的って、uadのプラグインを使うことだと思うんです。

それがなかったら、例えば現行のRMEの方が音は良いですし、モニターもしやすい(フラット)です。

 

DSPはSOLOだと、すぐに使用上限に達してしまって、ミックスではほぼ何もできないです。

僕はQUADを使っていますが、それでも考えながらプラグインをさしていかないと、すぐに上限に達してしまいます。

本当はOCTO(8基)は欲しいくらい、、、、。

 

ですので、録音の入り口にプラグインを挟んで”掛けどりに使うのみ”くらいの思い切りで導入するくらいしか、使い道があまりないのではないかと。

 

Unison機能(搭載されているマイクプリアンプをNeveやAPIの質感に切り替えられるチート機能)を使うのみだったらSoloでもいけますから(それでも使うプラグインが重かったり、多段がけをしたりすると足りなくなる場合もある)、音の入り口の質感をとりあえずアナログチックに仕上げたい!という場合には良いかもしれません。

 

しかしせっかくならば、ミックスでも使ってみて欲しいです、、、素晴らしいプラグインが本当に多いので。

 

となると、DSPはQuadくらいはあった方が良いと、、、、、僕は経験上そう思います。

 

Apolo Twin MK2のSOLOを買うなら、Arrowの方が良い!、、、くらい

Twin soloを買うならArrowの方が、単純に値段が安いので検討しても良いのかな、と思うくらいですね。

アウトが2つ減って、接続がTunderbolt3でOKならば。

 

僕なら、買わないです

実際デモってもいないのにこんなこと書くのはあれですが、、、情報だけ見ると残念ながら良いところが、見当たらない◝(๑⁺д⁺๑)◞՞

見た目はかっこいいですけどね!

実際使ったら、色々ともっとわかるかもしれません。

どなたかの使い込んでみてのレビューをネットで読んでみたい!デス。

 

やっぱりおすすめはこれ

Apollo Twin MK2 QUADです!

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD サウンドハウス

UNIVERSAL AUDIO ( ユニバーサルオーディオ ) / APOLLO TWIN MKII QUAD サウンドハウス

 

 

値段は安くないですけどね、、、、長い目で見ると、DSPは必ずQUADくらいは最低限必要に感じてきちゃうと思います。

あとでDSPだけ買い足すのも、一つの手ですけどね。

 

まとめ

ということで、まとめて見ると。

 

  • 掛けどりにUADプラグインを使う目的で導入したい!
  • なるべく安くUAのオーディオインターフェースを使いたい!
  • Thunderbolt3のポートがPCにある!

 

という場合にオススメのアイテムです!

 

今回はちょっとdisっぽくなっちゃいましたが、UAは大好きです(;´༎ຶ益༎ຶ`)♡僕、ヘビーユーザー

 

ではーρ(・ω・、)

UADの掛けどり機能で音にどれだけ違いが出るのか実験!【データあり】

 

【断定】おすすめのDAWソフトTOP3はこれ!【2018年度】作りたい音楽ジャンルで選ぼう


ピックアップ記事

  1. Elektron Analog Rytmの使用感レビュー!
  2. オーバードライブの基礎回路を自作して録音比較してみた!
  3. 【2018年】おすすめのマスタリングソフトとマスタリングとミックスの違いについて…
  4. アーユルチェアで腰痛と肩こりと鬱から解放された話
  5. SSL 4000Eプラグインの各メーカーごとに音を比較してみた!【オススメはこれ…

関連記事

  1. オーディオインターフェース

    STEINBERG UR22mkII レビュー Focusrite Scarlettと比較!

    おそらく日本で一番売れているオーディオインターフェース、STEINBE…

  2. オーディオインターフェース

    UADのUNISON機能で音にどれだけ違いが出るのか実験!【データあり】

    UADのapollo8を導入してから、今では当たり前のように使っている…

Recent posts

  1. サンレコやギターマガジンがKindle Unlimitedで…
  2. 【音圧を自然に上げる方法】音像を大きく録音できるとプロの音に…
  3. ANALOG LAB 3が使える子すぎてトラック制作めっちゃ…
  4. Ozone8 vs FG-X vs Waves L316…
  5. CHANDLER LIMITED Redd.47のヤバいとこ…
  6. 最高峰真空管マイク!Brauner VM1のレビュー
  7. ミックスに使える!おすすめのプラグイン【前編】
  8. おすすめのハイエンド系マイクプリアンプ5選!これがあればもう…
  9. USBケーブルで録音の音質が変わるか実験したみた!【ギター】…
  10. 200v電源と壁コン100v電源で録音にどれだけ差が出るのか…
  1. DIY

    ギターのコンデンサーを変えて音色がどう変わるのか録音してみた!
  2. オーディオインターフェース

    Universal Audio からArrowがリリース!でも仕様を調べると、、…
  3. プラグイン

    Ozone8 vs FG-X vs Waves L316 マスタリング選手権…
  4. DIY

    マイクケーブル自作方法のすべて【完全保存版】
  5. エフェクター自作

    自作オーバードライブにローパスフィルターとバッファー回路を追加してみる実験
PAGE TOP