MENU
サウンドハウスのSALE情報を見る

DTMer/ミュージシャン/アーティストのためのwebサイト制作のススメ

DTMer/ミュージシャン/アーティストがHPを持つべき理由や、おすすめの作成サービスなどについてです(´◔౪◔)◞

僕もこのサイトは全て自分で管理してますが、音楽活動用のサイトも自ら制作しています。

自分で制作するのは大変ですが、慣れればとても管理が簡単ですし、何より自分で管理できれば維持コストが最小限で済みます(`・ω・´)

HPを作る利点や、おすすめのサービスについてを。

目次

ミュージシャンやアーティストがwebサイトを持つ利点について

まず前提としてですが、音楽活動やアーティスト活動をする方が、自身のwebサイトを持つことは利点しかありません

作っていない方は、いまからでもすぐに作るべきです。

  • 恒常的に作品を掲示できる(アーカイブ化できる)
  • ファンが自発的に情報を受け取ることができる
  • 自身の活動の世界観を構築、表現することができる
  • 文章で作品への想いを語ることができる

ざっくりとですがwebサイトにはこんな利点があります。

「SNSでも同じことができるのでは?」

と考えられるかもしれませんが、SNSの情報は良くも悪くも鮮度が高い分、劣化するスピードが恐ろしく早いです(`・ω・´)

  • リリース情報
  • ライブやイベントの情報
  • 作品への想い
  • 積み重ねてきた作品へアクセスしてもらう

など、こちらから発信する情報を固定しておく方向には向いていません

ファンになってくれた人が自発的に情報を取りに行ける場所がwebサイトになります。

特に音楽系でwebサイトを持っていないアーティストはほぼいません( ・ὢ・ )

これから音楽活動をしようと思っている方には、是非自分のwebサイトを持つことをおすすめします!

無料で始められるwebサイト作成サービスについて

音楽活動用webサイトを無料で作れるサービスがあります

検索すると一番初めに出てきますよね(`・ω・´)

が特に有名です(´◔౪◔)◞

音楽活動に特化したサービスが付属しているので、まず利用してみようという方も多いはず。

僕も漏れなく過去に利用したことがありました。

Wixjimdoも無料プランと有料プランがありますが、無料プランだと、

  • サイトにweb広告が勝手に出る(自分の活動と全然関係ない広告が常に出ます)
  • ドメイン(URL)をオリジナルにできない

など、アーティスト活動にもっとも大切なブランディング世界観を表現するという部分が制限されます。

制限を解除するためには、有料プランに移行しないといけません

両サービスとも簡単にHP作成ができて人気ですが、無料プランにはそんな制限があります。

WORDPRESS(ワードプレス)が一番おすすめ

さてここからが本題です!

個人的に色々なサイトをこれまで立ち上げてきた経験上、webサイトを作るならWORDPRESSで作るのが一番おすすめです(´◔౪◔)◞

アーティストサイトもワードプレスが一番よいです。

当サイトもWORDPRESSで構築しています。

自分の音楽活動用サイトもすべてワードプレスで作っています。

ワードプレスのいいところは挙げたらキリがないんですが、一番いいところは自由度が高い部分

Wixjimdoよりもオリジナリティの高いサイト構築が可能です。

またワードプレス自体は無料で利用することができます(`・ω・´)

WORDPRESSのデメリット

ただ、ワードプレスにもデメリットがあるのでそこを先にピックアップします。

WORDPRESSでHPを運営する場合もコストはかかる

ワードプレス自体は無料、と書きましたが、自分でウェブサイトを構築するには、

  • ドメイン料金(URL利用料金)
  • サーバー代(文章や画像や音楽などをネット上に保管しておく代金)

の二つが必ずかかります。

当サイトを例にすると、

  • ドメイン料金→年間1500〜1800円ほど
  • サーバー代→月に1000円ほど

で、合計すると、だいたい月に1150円くらい固定費が最低でもかかります。

少しだけweb用のプログラミング言語の知識がいる

HTMLやCSSと言ったweb用のプログラミング言語の知識が必要になる場面もあります。

ただ、0からプログラムする状況は一切なく、基本的にはパズルをいじる様に直感的にHPを作っていくことができます

「ああー、もう少しここの部分がこうなったらな〜」なんて時にweb言語でいじったりしますが、検索すれば誰かがその方法を公開してプログラムまで提供してくれることも多いので、コピペで済んでしまう事も多いです(笑)

デメリットはこれくらい

パッと思いつくワードプレスのデメリットはこれくらいでしょうか、、。

SNSと比べて利用コストがかかってしまう点と、慣れるまで作るのが少し難しい(かもしれない)点。

ちなみにWixjimdoも有料プランにすると同じくらいかそれ以上の利用料がかかります。

個人的にはDTMをやっている方だったら、ほぼ100%ワードプレスを扱えると思っております。

DAWで音楽を作る方がずっと難しいです( ・ὢ・ )個人的見解ですが。

ワードプレスでwebサイトを作る手順

ちょっとしたデメリットはありますが、基本的にワードプレスはメリットだらけ。

ということで、ざっくりとですが、ワードプレスでwebサイトを作る手順はこんな感じになります。

ドメイン(サイトURL)をゲットする

ドメイン(サイトURL)をゲットします。

僕のサイトだとdtmdriver.comの部分がドメインになります。

ドメインを提供しているサービスはいくつかあるんですが、個人的におすすめなのはムームードメイン

同じGMOが運営しているドメイン会社に「お名前.com」がありますが、こっちは癖が強いので僕はおすすめしません(一見安いようで実は、、、ということがありました)

ムームードメインはとてもまともなサービスです(`・ω・´)5個くらい今もドメインここで管理しています。

ドメインの決め方について

ドメインはなるべくシンプルに短く、わかりやすくするのが鉄則。

できたら自分の活動名をそのまま使えたらベスト( ・ὢ・ )!

ファンにもURLを覚えてもらいやすいですし「しっかり意思を持って活動してます!」というアピール/ブランディングにもなります。

ドット以降はcomやnetやjpなどが定番ですが、種類によって料金が変わってきますので維持費と相談して決めてください。

わかりやすさとコストの点で僕はcomをよく使います。

サーバーを契約する

サーバーは文章や音楽データや画像などをweb上に保管しておくクラウドみたいなものです。

ここにワードプレスを展開して、みんながサイトにアクセスできる様にします。

サーバーを提供しているサービスはいくつかありますが、僕のおすすめはConoHa WINGです。

このサイトもConoHa WINGで運用しています。

他にも


が有名なサーバーです。

サーバー会社ごとに少しずつカラーが違うのですがそれぞれ試した結果、

  • webの表示速度
  • 接続の安定性
  • 利用料金

の点で、一番バランスいいなと僕が思ったのはConoHa WINGでした。

ロリポップ!さくらインターネットは料金が安いプランもあり、そこまで表示速度にこだわりがない方ならいいかもしれません(`・ω・´)

ConoHa WINGは表示速度が早く、接続がとても安定しています(web運営では後々結構重要なポイントになります)

またConoHa WINGならドメインも無料で取得できる(更新費用もかからない)ので、初めてサイトを開設する際もおすすめですよ。

サーバーにワードプレスをインストールする

ドメインとサーバーを契約したら、サーバーにワードプレスをインストールします。

ここから先の構築の仕方は各サーバーサービスごとに違ってきますが、ConoHa WINGはとても簡単にインストールからセットアップまでできます(`・ω・´)

こちらのページに手順が書いてありますが、本当に簡単です。

この流れで知り合いのwebサイトもいくつか作ってきました(笑)

テーマ(サイトのテンプレート)を選んでサイトをデザインしていく

ワードプレスをインストールしたら、サイトをデザインしていきます。

ワードプレスには無料で使えるサイトのテンプレートがたくさんあります(`・ω・´)

無料のテーマがたくさん

ブロガー向けや、企業向けのテーマも多くありますが、アーティスト用サイトに使えそうなものも根気よく探せばいくらでも出てきます。ディグるのも楽しいですよ(´◔౪◔)◞

有料のテーマを使うとサクッとかっこよく仕上がることも

無料テーマでも十分立派なサイトは作れますが、テーマには有料のものも数多く存在します

有料テーマは有料だけあってかっこよく仕上げるのがよりイージーになります。

ちなみにこのサイトはSWELLという有料テーマで作成しています(´◔౪◔)◞

ブログサイト用なので、ミュージシャンやアーティスト向けのデザインではないですが、とても気に入っております。

ミュージシャン/アーティスト向けのおすすめテーマはまた別記事でまとめてみようと思います!

僕も興味があるので、改めて調べてみよう( ・ὢ・ )

クラウドソーシングを利用するのも手

ワードプレスでサイト制作なんてする暇はない!

けど、本格的なサイトを持ちたい!

という場合は、クラウドワークスココナラなどのクラウドソーシングを利用して制作依頼をするのもおすすめです。

web制作会社に依頼するととんでもない金額になってしまいますが、クラウドソーシングだったらかなり割安に制作してもらえます。

とはいえ数万〜かかるのが相場

できたら時間をかけてでも自力で構築していけたら、後々のメンテナンスも考えると有用じゃないかと思います。

同じく

  • ロゴ制作
  • アーティスト写真撮影
  • グッズデザイン

などもクラウドソーシングを利用して得意な人に作ってもらう、撮影してもらうのもおすすめ。

僕も上記3つに関して本気の時は外注でお願いしています(´⊙౪⊙)۶

特にアー写を自分で撮るのは難しいので。

餅は餅屋に。

まとめ

以上、ざっくりとですが、webサイトを持つ意味と制作の仕方についてでした。

実はワードプレスには、DTMでお馴染みの「プラグイン」も豊富に存在します( ・ὢ・ )

プラグインを挿せば様々な機能を簡単に追加できるので、DTMと似ている部分もあります。

長い目で見ると確実な財産となるので、ワードプレスでのサイト制作はとてもおすすめです(`・ω・´)

勉強するのが面倒な場合は、Wixjimdoをとりあえず使ってみるのもアリでしょう!

とりあえず自分の活動用サイトは必ず作っておくことをおすすめします。

最後までお読みいただきありがとうございました!

お得に機材をゲットしよう!

サウンドハウスは、音楽機材通販最大手のショップ。最低価格保証付きなので国内最安値で手に入る機材が盛りだくさんです。2000円以上の購入で送料無料。驚異の全品3年保証も大きな魅力。

IKEBE楽器は、品揃え国内最大級のショップ。他のショップで見つからないアイテムもここなら見つかるかも?!是非チェックして欲しいお店。渋谷にある巨大な実店舗は圧巻。

PLUGIN BOUTIQUEは、海外から直接プラグインを買う時に使いたいショップ。日本のお店で買うより安い場合も多いです。セールを頻繁にやっています。英語がわからなくてもなんとかなりますよ。

Rock oN Lineは、楽天市場で機材を買うのにオススメのショップ。ポイント倍率の設定がいつも高め。定期的にポイント10倍セールを開催することも。楽天ポイントをよく利用する方はチェックを!

Reverb.comは、世界中の中古楽器や音響機材が買えるフリマサイト。ヤフオクやメルカリにはないレアなアイテムが見つかることも。新品の機材を代理店を通さず割安で買うことも可能です。

ebayは、世界最大のオークションサイト。ヴィンテージマイクや録音機材、マニアックな音響部品まで、探せばすごいお宝が見つかることも。英語がわからなくてもなんとかなります。

注目の編曲サービス!

Super dolphinは、今注目のオンライン編曲サービス。第一線で活躍する編曲家チームが88,000円であなたの曲をプロクオリティに仕上げてくれます。

  • 本気でオリジナル曲デビューしたい
  • 勝負曲を一気にブラッシュアップしたい
  • プロと自分の差を知りたい
  • 結婚式で自作の曲を最高の状態で披露したい

例えばこんな方におすすめです。破格!

返金保証つきなので仕上がりに納得できなかった場合注文後でもキャンセル可能無料でオンラインも相談できます(専任スタッフが対応)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よろしければシェアしてください
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次
閉じる